ROOM G
Speaker          長沢 智治日本マイクロソフト エバンジェリストScrum Alliance 認定 スクラムマスター 10年以上にわたるソフトウェア開発プロセスの経験 開発支援ツール ベンダーを 3社経験 職歴: ソフトウ...
Message          ソフトウェア開発が          ビジネスの成功を          左右する時代へ          継続的にビジネス価値を提供し続ける          新たな開発スタイルの確立へ
ビジネスと IT
ビジネスと IT の関係 ~ ’90s  ‘90s                       ‘00s            ’10s Business                    Business                 ...
ビジネスと IT の関係 ~ ’00s  ‘90s                           ‘00s            ’10s Business                        Business         ...
ビジネスと IT の関係 ~ ’10s  ‘90s                        ‘00s            ’10s  Business                    Business               ...
先手必勝の IT へ                                                            顧客に                                                 ...
先進的なビジネスへの要素                                  DevOps                        先進的な 先進的なアプリケーション           アプリケーションライフサイクル   ...
IT のユーザーは誰か?顧客                    従業員The customer buying   The employees workingfrom us               for us
ビジネス価値の継続的な提供
変化していく価値提供のリズム‘90s                            ‘00s                  ’10sBusiness                        Business          ...
従来のソフトウェア開発                    ‘90s                  ‘00s                   Business              Business                ...
これからのソフトウェア開発                  ‘00s               ’10s               Business                   IT                        ...
変化していく価値提供のリズム‘90s                          ‘00s                            ’10sBusiness                      Business    ...
変化していく価値提供のリズム‘90s                          ‘00s                            ’10sBusiness                      Business    ...
先進的なアプリケーションライフサイクル
先進的なソフトウェア開発戦術継続的フィードバック   継続的クオリティ   継続的デリバリー
先進的なソフトウェア開発戦術 Define   Develop   Operate
継続的なカイゼンの   フレームワーク ビジネス価値提案            動くソフトウェア
サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction      ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction      ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction      ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
徹底的な透明性と結束Integration and Transparency       ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
徹底的な透明性と結束Integration and Transparency       ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
徹底的な透明性と結束Integration and Transparency       ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
徹底的な透明性と結束Integration and Transparency       ビジネス価値提案                       動くソフトウェア
開発作業のムダ取りWaste Elimination       ビジネス価値提案                    動くソフトウェア
開発作業のムダ取りWaste Elimination       ビジネス価値提案                    動くソフトウェア
開発作業のムダ取りWaste Elimination       ビジネス価値提案                    動くソフトウェア
2012
Visual Studio 2012Ideas to Working Software                                  統合開発環境       ビジネス価値提案                       動...
Visual Studio 2012Ideas to Working Software                                  統合開発環境       ビジネス価値提案                        ...
Visual Studio 2012Ideas to Working Software                                  統合開発環境       ビジネス価値提案                        ...
プロセス   要求 / タスクポリシー   バグ / テスト   ソースコード   ビルド   テスト環境   ダッシュボード   レポート         Team Foundation Server 2012
PowerPoint           ストーリー           ボーディング           Excel                Visual Studio IDE   Test Manager    Feedback Cl...
関連セッションSC-020         17:10 ~ 18:00Visual Studio 2012 新機能解説絶対にここだけはおさえておきたい主要機能      このあと、この会場にて実施
• Visual Studio 2012 http://www.visualstudio.com• Continuous Value                     はじめましょう Team Foundation Server Powe...
アジャイルソフトウェアエンジニアリングソフトウェア開発の市場動向とVisual Studio のコンセプトをバランスよく解説                        参考書籍
日本マイクロソフト 貴社担当営業お付き合いのある販売パートナーALM パートナー ( 9社 )http://pinpoint.microsoft.com/ja-JP/companies/search?fcrc=JPN&fs=100120エバンジ...
© 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered tr...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Visual Studio 2012 の世界観

1,530 views

Published on

Visual Studio 2012 の世界観 -
戦略的な IT を実現するためのソフトウェア開発戦術とは

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,530
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
471
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Visual Studio 2012 の世界観

  1. 1. ROOM G
  2. 2. Speaker 長沢 智治日本マイクロソフト エバンジェリストScrum Alliance 認定 スクラムマスター 10年以上にわたるソフトウェア開発プロセスの経験 開発支援ツール ベンダーを 3社経験 職歴: ソフトウェア エンジニアリング スペシャリスト / プリンシパル コンサルタント / ソリューション アーキテクト
  3. 3. Message ソフトウェア開発が ビジネスの成功を 左右する時代へ 継続的にビジネス価値を提供し続ける 新たな開発スタイルの確立へ
  4. 4. ビジネスと IT
  5. 5. ビジネスと IT の関係 ~ ’90s ‘90s ‘00s ’10s Business Business IT IT IT Business IT は 便利‘90s  確立したビジネスモデル  全体計画 → 全体リリース  技術的な意思決定は IT 部門に Cost Center
  6. 6. ビジネスと IT の関係 ~ ’00s ‘90s ‘00s ’10s Business Business IT IT IT Business IT は 有効‘00s  ビジネスモデルに IT が関与  ニーズの応じたリリース  技術的方向性は経営者層より Key Infrastructure
  7. 7. ビジネスと IT の関係 ~ ’10s ‘90s ‘00s ’10s Business Business IT IT IT Business IT は 不可欠‘10s  ビジネスを IT がドライブ  ジャスト イン タイム  IT 計画と投資は、顧客中心に Morphing IT
  8. 8. 先手必勝の IT へ 顧客に ダイレクト 先進的な に響く活動  アプリケーション  アプリケーションライフサイクル管理  データセンター つながる 商談の継続先進的なアプリケーションと開発プラクティス 先進的なの創発 業務環境 独自性と Enthusiasts Visionaries Pragmatist Conservatives Skeptics 競合優位性 s スタートアップ エンタープライズ クラウド サービス ベンダー
  9. 9. 先進的なビジネスへの要素 DevOps 先進的な 先進的なアプリケーション アプリケーションライフサイクル 先進的なデータセンター Modern Applications Modern Applications Lifecycle Modern Data CenterBetter Faster Cheaper
  10. 10. IT のユーザーは誰か?顧客 従業員The customer buying The employees workingfrom us for us
  11. 11. ビジネス価値の継続的な提供
  12. 12. 変化していく価値提供のリズム‘90s ‘00s ’10sBusiness Business IT IT IT Business Business IT Business IT 非同期 同期
  13. 13. 従来のソフトウェア開発 ‘90s ‘00s Business Business IT IT Business IT 非同期 投資対効果が低い固定 投資対効果が高い 十分な猶予
  14. 14. これからのソフトウェア開発 ‘00s ’10s Business IT IT Business Business IT 同期変動 / 柔軟
  15. 15. 変化していく価値提供のリズム‘90s ‘00s ’10sBusiness Business IT IT IT Business Requirements Long Batch Delivery Requirements Long Batch Delivery 固定 完全 固定? 完全?
  16. 16. 変化していく価値提供のリズム‘90s ‘00s ’10sBusiness Business IT IT IT Business Requirements Long Batch Delivery Requirements Small Batch Continuous Delivery 固定 完全 変化 継続
  17. 17. 先進的なアプリケーションライフサイクル
  18. 18. 先進的なソフトウェア開発戦術継続的フィードバック 継続的クオリティ 継続的デリバリー
  19. 19. 先進的なソフトウェア開発戦術 Define Develop Operate
  20. 20. 継続的なカイゼンの フレームワーク ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  21. 21. サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  22. 22. サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  23. 23. サイクルタイムの短縮Cycle Time Reduction ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  24. 24. 徹底的な透明性と結束Integration and Transparency ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  25. 25. 徹底的な透明性と結束Integration and Transparency ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  26. 26. 徹底的な透明性と結束Integration and Transparency ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  27. 27. 徹底的な透明性と結束Integration and Transparency ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  28. 28. 開発作業のムダ取りWaste Elimination ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  29. 29. 開発作業のムダ取りWaste Elimination ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  30. 30. 開発作業のムダ取りWaste Elimination ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  31. 31. 2012
  32. 32. Visual Studio 2012Ideas to Working Software 統合開発環境 ビジネス価値提案 動くソフトウェア
  33. 33. Visual Studio 2012Ideas to Working Software 統合開発環境 ビジネス価値提案 統合テスト環境 動くソフトウェア
  34. 34. Visual Studio 2012Ideas to Working Software 統合開発環境 ビジネス価値提案 統合テスト環境 フィードバック 動くソフトウェア
  35. 35. プロセス 要求 / タスクポリシー バグ / テスト ソースコード ビルド テスト環境 ダッシュボード レポート Team Foundation Server 2012
  36. 36. PowerPoint ストーリー ボーディング Excel Visual Studio IDE Test Manager Feedback Client ValuesIdeas Project/ OSS / Web I/F Project Server Eclipse サードパーティ オペレーション プロセス 要求 / タスク ポリシー バグ / テスト ソースコード ビルド テスト環境 ダッシュボード レポート Team Foundation Server 2012
  37. 37. 関連セッションSC-020 17:10 ~ 18:00Visual Studio 2012 新機能解説絶対にここだけはおさえておきたい主要機能 このあと、この会場にて実施
  38. 38. • Visual Studio 2012 http://www.visualstudio.com• Continuous Value はじめましょう Team Foundation Server Power Tools, Productivity Power Tools, Visual Studio 2012 Update 1• Team Foundation Service Preview http://tfspreview.com
  39. 39. アジャイルソフトウェアエンジニアリングソフトウェア開発の市場動向とVisual Studio のコンセプトをバランスよく解説 参考書籍
  40. 40. 日本マイクロソフト 貴社担当営業お付き合いのある販売パートナーALM パートナー ( 9社 )http://pinpoint.microsoft.com/ja-JP/companies/search?fcrc=JPN&fs=100120エバンジェリスト 長沢 智治✉ tomohn@microsoft.com コンタクトブログ: http://SoftwareEngineeringPlatform.comTwitter: @tomohn
  41. 41. © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×