Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック

4,373 views

Published on

2011.07.20 に開催された Agile Conference tokyo 2011 のセッション資料です。

Published in: Technology, Business

【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック

  1. 1. 日本マイクロソフト株式会社デベロッパー&プラットフォーム統括本部エバンジェリスト長沢 智治
  2. 2. Engineer at Intec Consultant at Rational Software Consultant at IBM Rationalながさわ ともはる Consultant/Architect at Borland Software Tomoharu Nagasawa ASTER Tool WG E-AGILITY 協議会 XPJUG Twitter Facebook LinkedInhttp://twitter.com/tomohn http://facebook.com/tomoharu.nagasawa http://linkedin.com/in/tomohn SlideShare YouTube MSDN Channel 9http://slideshare.net/tomohn http://youtube.com/user/tomoharunagasawa http://channel9.msdn.com/Niners/tomohn ITmedia Blog MSDN Bloghttp://blogs.itmedia.co.jp/nagap http://blogs.msdn.com/tomohn © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  3. 3. .NET Framework Visual Studio Silverlight ExpressionInternet Explorer 9 Office SQL Server IIS 7.5 SharePoint DynamicsWindows 7 Windows Phone 7 Windows Embedded Windows Server 2008 R2 Windows Azure © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  4. 4. .NET Framework Visual Studio Silverlight ExpressionInternet Explorer 9 Office SQL Server IIS 7.5 SharePoint DynamicsWindows 7 Windows Phone 7 Windows Embedded Windows Server 2008 R2 Windows Azure © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  5. 5. 本セッション の スタンス アジリティを向上させる開発支援環境の進化  Visual Studio の 今とこれから  竹やり vs. 戦艦 皆様の現場の直接的な現実解のご提示  現場の解は、現場にしかない  このセッションは、ひとつの きっかけ にしたい ふりかえり | 過去2回でお伝えしたこと  ダイジェスト版で、ふりかえり  Visual Studio 2010 のパワー © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  6. 6. プラットフォーム技術の成熟によりクラウド コンピューティングを含めたプロセスのサポートが急務業務・システムの結び付きが強まり、数多くの構成要素からなる異種システムの開発と多種多様なシステムの関連への対応クラウド、アウトソーシングの活用の増加に伴い、速いペースと少ないリソースで結果を出すことが要求可能な限りの良質のエクスペリエンスを確実に提供するために、ソフトウェアへの関係者と関与するタイミングは、より増加 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  7. 7. Session Task Board © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  8. 8. Session Task Board © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  9. 9. Microsoft and Large scale Agile Whidbey Beta 1 Orcas Beta 1 stats Product bugs only ALL bug debt © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  10. 10. Agile & Tools © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  11. 11. Tools Evolution  Smooth transitions between activities  Greater scope for automated testing  Transparency  Real-time collaboration © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  12. 12. the thing ?, it the way ?, it ? Testers Team Developers TeamProject ManagerProduct Owner Stakeholders  分散したリポジトリ  本業に専念できない  長い WIP によるフィードバック遅れ  リアルタイムな共有 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  13. 13. Agile Ready! Visual Studio 2010 ALM開発チームの生産性向上 / 本業への専念 Testers Team Developers Team Project Manager Product Owner Stakeholders開発チームの有機的な共有 Value Flowレポート・情報の自動化と共有 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  14. 14. 手動テストを自動化し、 開発者テストに反映 Visual Studio ALMテスト影響分析 1. 手動テストをナビゲート 製品コード バグ 2. 二回目以降の手動テストを 自動化(Fast Forward Test) 3. 成功したテストを 開発者自動テスト化 テスト  バグはいつでも省力化登録・追跡 UI テスト ケース 単体テスト テストコード DB テスト OK ソースコード Client App NG Server開発者テストの ビルド DB Server自動テストを  ビルドテストケース化  コード分析 テスト対象ビルド テスト環境  自動テスト テスト環境構成 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  15. 15. Session Task Board © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  16. 16. Ken Schwaber  Iterative  Process Automation  Incremental development  Linking & Tracing w/ self-organizing  Reporting  Cross-functional teams シンプルに目的を遂行する方向性 ビジネス目的に対するツール活用にフォーカス  複雑なツール、ツール間データ連携は主ではない 出典: http://www.microsoft.com/showcase/en/us/details/7ce09927-19f3-4202-a2e4-365e6f721491 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  17. 17. Keynote Session |  関係者全体の最適なコラボレーション  実行可能なフィードバックによる労力の最適化  ワークスタイルの尊重とナチュラルなツール活用  アジャイル プラクティス適用と透明性の確保 ストーリー ボード バックログ管理スプリント計画と実行 実行 運用環境のモニターと記録 フィードバックの実行 運用監視とフィードバック収集 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  18. 18. Keynote Session |  関係者全体の最適なコラボレーション  実行可能なフィードバックによる労力の最適化  ワークスタイルの尊重とナチュラルなツール活用  アジャイル プラクティス適用と透明性の確保 ストーリー ボード バックログ管理スプリント計画と実行 実行 運用環境のモニターと記録 フィードバックの実行 運用監視とフィードバック収集 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  19. 19. 他のチーム メンバーとの動きが揃わないため、優先順位に従わない対応不可能で、やり直しが頻発する。チーム感の引き継ぎと規律があいまいツールの使い方を学習する時間と、繰り返し頭を切り替える負担オーバーヘッドの増加と、生産性の循環の喪失 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  20. 20. ステークホルダーによるフィードバックのデリバリー フィードバックの取 デイリーサイクル り込み フィードバック の要請ユーザーストーリー の導入 バックログ管理 スプリント計画 スプリント実行 ステークホルダー へのデリバリー 実行可能なフィードバック © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  21. 21. 計画プロセスとチーム全員の関与 の透明性維持。スケール可能なアジャイル計画ツール ツールによりプラクティスを自分 たちのペースで採用可能に。 早いタイミングからより自然なや り方で要求のフィードバックを取手軽な要求獲得と共通認識 得し、受け入れる 関係者の期待に沿う動くコード。 開発プロセス全体でフィードバッ関係者のフィードバック クを受け取り、順応する新たな ツール コード レビューの強力なサポー ト、単体テスト フレームワークアジャイルな品質保証 の強化。探索的テストのサポート によるコード品質の向上 運用環境でのバグの修正時間を短 縮する。運用チームと開発チーム開発と運用の足並み揃え の結びつきと洞察力の強化 通常の開発作業のエクスペリエン スをさらに向上することによる、開発 UX の向上 集中できる時間の拡大を実現 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  22. 22. 計画プロセスとチーム全員の関与の透明性維持。スケール可能なツールによりプラクティスを自分たちのペースで採用可能に。Agile Planning | © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  23. 23. 計画プロセスとチーム全員の関与の透明性維持。スケール可能なツールによりプラクティスを自分たちのペースで採用可能に。Agile Planning | © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  24. 24. 計画プロセスとチーム全員の関与の透明性維持。スケール可能なツールによりプラクティスを自分たちのペースで採用可能に。Agile Planning | © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  25. 25. 計画プロセスとチーム全員の関与の透明性維持。スケール可能なツールによりプラクティスを自分たちのペースで採用可能に。Agile Planning | © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  26. 26. 早いタイミングからより自然なやり方で要求のフィードバックを取得し、受け入れるStories Board PowerPoint Plug-in © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  27. 27. 関係者の期待に沿う動くコード。 開発プロセス全体でフィードバックを受け取り、順応する新たなツール バグ発見個所の操アプリケーションを操作しな バグ発見時は、即座に起票。 作ステップを選択すがら、Good / Bad をメモ 操作ステップ、画面ショットなど ることで、バグ再現へ付きで自動記録。 自動的にバグ票に登録 のステップを最小化 して提示 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  28. 28. コード レビューの強力なサポート、単体テスト フレームワークの強化。探索的テストのサポート によるコード品質の向上今やるべき開発作業を 今から作業するタスクを 今、作業しているタスク 今、チェックインすべきタ チェックインと CI の結果即、把握 宣言 とコードを即、把握 スクを把握し、1クリック を即、把握 チェックイン © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  29. 29. コード レビューの強力なサポート、単体テスト フレームワークの強化。探索的テストのサポートによるコード品質の向上 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  30. 30. コード レビューの強力なサポート、単体テスト フレームワークの強化。探索的テストのサポート によるコード品質の向上実行すべき単体テスト 1 クリックで即時、 結果も一望。テストの 失敗箇所の提案機能を 何度でもテストをいつでもを一覧で可視化 テストを実行 再実行が可能 搭載 実行 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  31. 31. Session Task Board © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  32. 32. Tools Requirements Models IDEDevelopment Tools SCM CRM Test Tools Test Suites Test Cases Test Result © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  33. 33. Gap between Tools and Flow of Value Requirements Models IDE Development ToolsBusiness Business Needs Values SCM CRM Test Tools Test Suites Test Cases Test Result © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  34. 34. ALM Platform© 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  35. 35. 専用ツール指向 専用ツール指向 最適ツール指向 ALM Platform © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  36. 36. Agile & Tools Value Flow © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  37. 37. リポジトリで一元管理、各情報を有機的に関連し、追跡可能一番使い慣れたツールからアクセスし、本来ほしい情報のみを取得・更新 eclipse Java / .NET SDK © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  38. 38. RESTful, HTTP, AtomPub, JSON http://odata.orgIBM WebSphere SharePoint SQL Server SQL AzureFacebook Insights ebay Twitpic Stack OverflowOGDI (Open Government Data Initiative)Web Browsers ExcelClient Library: JavaScript, PHP Java, .NET, iPhone (Objective C), WP7 , https://<tfs-odata-service>/DevTeam/Projects(‘V1’)/Builds https://<tfs-odata-service>/DevTeam/Changesets OData Service TFS © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  39. 39. Session Task Board © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  40. 40. Session Task Boardツールを使いこなすことではなく、やらなければならないことを実現するためのツールの議論を。 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  41. 41. 最大 日試用可能 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
  42. 42. ✉ tomohn@microsoft.com © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows 7, Visual Studio and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×