Successfully reported this slideshow.

【デブサミ関西 A-1】 Continuous Value Delivery to the NEXT DECADE

2

Share

1 of 59
1 of 59

【デブサミ関西 A-1】 Continuous Value Delivery to the NEXT DECADE

2

Share

Download to read offline

このセッション資料は、2012年9月14日に神戸で開催された Developers Summit 2012 in Kansai (デブサミ関西)の A-1 セッションのものです。動画でご覧になりたい方は、http://www.youtube.com/watch?v=mwlgyXKCnY4 にアクセスしてください。

※詳細情報は、http://softwareengineeringplatform.com/articles/developers-summit-2012-in-kansai-devsumi/ に集約しています。

このセッション資料は、2012年9月14日に神戸で開催された Developers Summit 2012 in Kansai (デブサミ関西)の A-1 セッションのものです。動画でご覧になりたい方は、http://www.youtube.com/watch?v=mwlgyXKCnY4 にアクセスしてください。

※詳細情報は、http://softwareengineeringplatform.com/articles/developers-summit-2012-in-kansai-devsumi/ に集約しています。

More Related Content

More from 智治 長沢

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

【デブサミ関西 A-1】 Continuous Value Delivery to the NEXT DECADE

  1. 1. Continuous Value Delivery to the NEXT DECADE Developers Summit 2012
  2. 2. セッション資料は、 以下でもご覧いただけます。 • 静的コンテンツ: http://bit.ly/KansumiA1pjqt • 動的コンテンツ: http://www.youtube.com/watch?v=mwlgyXKCnY4 Developers Summit 2012
  3. 3. 感謝
  4. 4. はじめに、まじめに マイクロソフトの公式見解ではありません 10年以上のキャリアで得た あれやこれやをお話したい 現場の解は、現場の仲間と探してください このセッションで得た ”何か” を、 大切な “あの人” に伝えてください
  5. 5. 本セッションの骨子 価値を提供し続けるために これからの10年も見すえて ぼくらができること、やるべきこと スタートラインに立とう!
  6. 6. 本日のダンドリ
  7. 7. あなた あなたのチーム あなたの関係者 あなたのエンドユーザー あなたの エンドユーザーのビジネス
  8. 8. あなた あなたのチーム Scrum of Scrum Dunber’s Number あなたの関係者 あなたのエンドユーザー あなたの エンドユーザーのビジネス
  9. 9. あなた あなたのチーム あなたの関係者 あなたのエンドユーザー あなたの エンドユーザーのビジネス
  10. 10. あなた あなたのチーム あなたの関係者 あなたのエンドユーザー あなたの エンドユーザーのビジネス Value
  11. 11. ビジネス × テクノロジー ’90s Business ’00s Business IT ’10s IT IT Business 便利 有効 不可欠 Information Technology Business Technology * * Forrester
  12. 12. ビジネス × テクノロジー ’90s Business ’00s Business IT ’10s IT IT Business 便利 有効 不可欠
  13. 13. ビジネス × テクノロジー ’90s Business ’00s Business IT ’10s IT IT Business 便利 有効 不可欠
  14. 14. ビジネス × テクノロジー ’90s Business ’00s Business IT ’10s IT IT Business 便利 有効 不可欠
  15. 15. 確立したビジネス/完成したIT ’90s Business ’00s Business IT IT 便利 有効
  16. 16. 確立したビジネス/完成したIT ビジネス価値 投資対効果が低い → ムダ! 固定 投資対効果が高い 十分な猶予 期間
  17. 17. ビジネスと共に成長するIT ’00s Business IT ’10s IT Business 有効 不可欠
  18. 18. 確立したビジネス/完成したIT ビジネス価値 投資対効果が低い → ムダ! 固定 投資対効果が高い 十分な猶予 期間
  19. 19. 確立したビジネス/完成したIT ビジネス価値 投資対効果が低い → ムダ! 固定 投資対効果が高い 十分な猶予 期間
  20. 20. ビジネスと共に成長する IT ビジネス価値 可変 十分な猶予 期間
  21. 21. これからの現場はどこにある? 無秩序 Requirements やや 複雑 複雑 やや 単純 複雑 Technology Stacey Matrix
  22. 22. 今までの戦い方 ~ I’m done. 単純、やや複雑 ワークダウン Milestone 確立されたセオリー Task #1 Task #2 Task #3 WIP Task #4 求められている機能 自分の 自分の 仕事 仕事 自分の 自分の 仕事 自分の仕事 仕事
  23. 23. これからの戦い方 ~ We’re done. 複雑 確立させていくセオリー WIP バリューアップ 求められている機能
  24. 24. 開発者のまちがった魔法 ムリ、ムダ、ムラの悪循環へ
  25. 25. 開発者のまちがった魔法 ムリ、ムラ、ムダの悪循環へ
  26. 26. これからは魔法は効かない!
  27. 27. 新時代にあったスタイル アジャイル コンセンサス 透明性のある現場 ムリ、ムラ、ムダの軽減 価値の流れを維持
  28. 28. アジャイル プラクティスの実践 スクラムによる検査と適応のフレームワーク ビジネス価値 ビジネス価値 ビジネス価値 ビジネス価値 ストーリーA ストーリーD ビジネスとシステム ビジネス価値/課題に 実装するストーリー ストーリーの価値を 応じた優先順位づけ の決定 受け入れテスト ストーリーC ストーリーB ストーリーA ストーリーD ストーリーC ストーリーB ストーリーA ストーリーD ストーリーA ストーリーD 優先順位 Product Backlog Sprint Backlog Sprint Sprint Done
  29. 29. アジャイル プラクティスの実践 スクラムによるサイクルタイムとコラボ ビジネス価値/課題に 実装するストーリーの決定 応じた優先順位づけ ストーリーC ストーリーB ストーリーD ストーリーA ストーリーC ストーリーB ストーリーD ストーリーA プロダクト エンドユーザー オーナー ストーリーの実装とテスト 優先順位 ビジネスとシステム ストーリーD ストーリーA ビジネス価値 ビジネス価値 ビジネス価値 ビジネス価値 ストーリーD ストーリーA チーム ストーリーの価値を受け入れテスト ストーリーD ストーリーA
  30. 30. Continuous Value Delivery リリース ユーザー フィード バック プロダクト フィード ビジネス バック 価値 デイリー リリース可能な 動くソフトウェアの リリース スプリント 積み上げ 計画 受け入れ テスト プロダクト バックログ
  31. 31. ソフトウェアエンジニアリング支援 これからの時代に必要な プロセスのフレームワーク 高度な透明性とプロセスの加速化で エンジニアリングに昇華
  32. 32. ソフトウェアエンジニアリング環境 バックログ テスト ビルド (CI) 動くソフトウェア
  33. 33. 対症療法 vs 原因療法 かつての原因療法は対症療法へ バックログ テスト ビルド (CI) 動くソフトウェア
  34. 34. Point vs Flow バックログ テスト ビルド (CI) Point Solutions 動くソフトウェア 不自然な流れ I/F I/F I/F Store Store Store BTS/ITS CI Backlog SCM Test 不自然なトレーサビリティ、透明性
  35. 35. Point vs Flow バックログ テスト ビルド (CI) Point Solutions 動くソフトウェア 不自然な流れ I/F I/F I/F Store Store Store BTS/ITS CI Backlog SCM Test 不自然なトレーサビリティ、透明性
  36. 36. Point to Flow バックログ テスト ビルド (CI) Flow Solutions 動くソフトウェア 自然な流れ I/F BTS/ITS CI Store Store Store Backlog SCM Test 自然なトレーサビリティ、透明性
  37. 37. Point to Flow バックログ テスト ビルド (CI) Flow Solutions 動くソフトウェア 自然な流れ I/F BTS/ITS CI Store Store Store Backlog SCM Test 自然なトレーサビリティ、透明性
  38. 38. 継続的三兄弟
  39. 39. 継続的フィードバック アイディア ⇒ 動くソフトウェア インシデント ⇒ ソリューション more shorter Cycle Time, MTTR
  40. 40. 継続的フィードバックを阻むもの アイディア ⇒ 動くソフトウェア インシデント ⇒ ソリューション more shorter Cycle Time, MTTR
  41. 41. 継続的フィードバックを阻むもの 不十分な 対処可能なフィードバック アイディア ⇒ 動くソフトウェア インシデント ⇒ ソリューション 要求への相互理解 の明瞭な収集が困難 • 不確かな優先順位 稼働環境での障害の • 付けたしとしての品質 分析、早期解決が困難 • 透明性と追跡可能性の欠如 • 集中できない作業環境 利用者による 確認と受け入れの遅延 開発と運用の分散/関連 の困難なリポジトリ 要求の実現可否や、 配置内容が不明確 more shorter Cycle Time, MTTR
  42. 42. 課題克服のためのテーマ 軽量な相互理解の促進 アイディア ⇒ 動くソフトウェア インシデント ⇒ ソリューション 強力な障害診断能力 ショートバッチ/タイムボックス 技術的負債の解消 開発/テスト ラボ管理 継続的テスト実行 統合的なインシデント運営 受け入れテスト駆動開発 継続的フィードバックの仕組み more shorter Cycle Time, MTTR
  43. 43. 開発者に求められるもの 技術的負債 バッファを積みまくる あきらめ タスクを取りに行かない 無関心 できない理由をまず探す 聖域を作り、そこからでない
  44. 44. 開発者に求められるもの  常に進化する意識  利用者視点  技術と相乗りする勇気
  45. 45. 持続可能な継続が改善へ 習慣となるために何が必要か?  プロセス / プラクティス 実証的プロセス 辛くならない  ツール インフラ/支援 ツール
  46. 46. 世界でのトレンド from ALM Summit BTS/ITS, SCM/DVCS テスト バックログ ビルド Continuous Integration (CI) Test Driven Development 動くソフトウェア ALM, DevOps Continuous Delivery Continuous Feedback Acceptance Test Driven Development
  47. 47. リリース ユーザー フィード バック プロダクト フィード ビジネス バック 価値 デイリー リリース可能な 動くソフトウェアの リリース スプリント 積み上げ 計画 受け入れ テスト プロダクト バックログ
  48. 48. リリース ユーザー フィード バック プロダクト フィード ビジネス バック 価値 デイリー リリース可能な 動くソフトウェアの リリース スプリント 積み上げ 計画 ✔ 俊敏に順応 ✔ ジャスト イン タイム 受け入れ ✔ 競合優位性 プロダクト ✔ フィードバック テスト ループ バックログ ✔ 価値の最大化 ✔ アジャイル

×