Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
let p1 = 1299.00
let p2 = 649.00
let p3 = 399.00
let ps = [p1, p2, p3]
let m = ps.max()
let priceOfMacBook = 1299.00
let priceOfIPhone = 649.00
let priceOfAppleWatch = 399.00
let pricesOfProducts = [priceOfIPho...
let maxCapacity = 100
maxCapacity = 20
var amount = 10
amount = 20
let maxCapacity = 100
var amount = 10




struct Cup {
let maxCapacity: Int = 100
var amount: Int = 10
mutating var add(amount: Int) {…}
mutating var drop(amount: I...
// 引数として渡したい値は、決めたら変わらない
let n = currentMonth - startMonth
// 算出した結果は、決まったら変わらない
let pairOfAnimals = fibonacci(n)
/// 動物を入れる籠
class Cage {
// ケージの中の数は、状況に応じて変わる
var numberOfAnimals: Int
}
// 不変値変数なら let で定義
let pi = 3.14
// 可変値変数なら var で定義
var attempts = 1
Double 型
Int 型
// 明記すれば、確実にその型として扱える
let pi: Double = 3.14
// 変数の型と値の型が異なれば、エラーで検出可能
let attempt: Int = 1.05
Double 型
let pi: Double = 3.14




// UILabel を、その継承元の UIView として扱う
let view: UIView = UILabel()
// 整数値を Int? として扱う
var value: Int? = 100
UIView 型
Int? 型
// 浮動小数点数リテラルを Float 型で扱う
let pi: Float = 3.14
// 明記しなければ、リテラル毎に決められた既定の型
let pi = 3.14
代入先が Float なので、Float として扱われる
浮動小数点...
// 整数リテラルを Double 型として扱う
let value = 100 as Double
// アップキャスト
let view = NSTextField() as NSView
// ブリッジ
let string = NSSt...
let maxAttempts: Int
if retryingEnabled {
maxAttempts = 10
}
else {
maxAttempts = 1
}
// 初期値つきで定義(型は推論)
let red = 0.5, green = 0.3, blue = 1.0
// 型指定つきで定義(遅延初期化)
let red: Double, green: Double, blue: Double
/...
// 全て Double 型
let red, green, blue: Double
// a だけ Int 型、b と c は Double 型
let a: Int, b, c: Double
// 初期値によって型は影響を受ける(初期値...
// 初期値つきで定義(型は推論)
let (red, green, blue) = (0.5, 0.3, 1.0)
// 型指定つきで定義(遅延初期化、同時初期化も可)
let (red, green, blue): (Double, Dou...
struct Color {
var red: Int
var green: Int
var blue: Int
}
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift

369 views

Published on

みんなで Swift 復習会 (http://cswift.connpass.com) の談笑で使った資料です。これを題材に2時間ばかり、集まったみんなと談笑しました。

Published in: Software
  • Be the first to comment

みんなで Swift 復習会での談笑用スライド – 4th #minna_de_swift

  1. 1. let p1 = 1299.00 let p2 = 649.00 let p3 = 399.00 let ps = [p1, p2, p3] let m = ps.max()
  2. 2. let priceOfMacBook = 1299.00 let priceOfIPhone = 649.00 let priceOfAppleWatch = 399.00 let pricesOfProducts = [priceOfIPhone, priceOfMacBook, priceOfAppleWatch] let maxPriceOfProducts = pricesOfProducts.max()
  3. 3. let maxCapacity = 100 maxCapacity = 20
  4. 4. var amount = 10 amount = 20
  5. 5. let maxCapacity = 100 var amount = 10 
 

  6. 6. struct Cup { let maxCapacity: Int = 100 var amount: Int = 10 mutating var add(amount: Int) {…} mutating var drop(amount: Int) {…} } let var
  7. 7. // 引数として渡したい値は、決めたら変わらない let n = currentMonth - startMonth // 算出した結果は、決まったら変わらない let pairOfAnimals = fibonacci(n)
  8. 8. /// 動物を入れる籠 class Cage { // ケージの中の数は、状況に応じて変わる var numberOfAnimals: Int }
  9. 9. // 不変値変数なら let で定義 let pi = 3.14 // 可変値変数なら var で定義 var attempts = 1 Double 型 Int 型
  10. 10. // 明記すれば、確実にその型として扱える let pi: Double = 3.14 // 変数の型と値の型が異なれば、エラーで検出可能 let attempt: Int = 1.05 Double 型
  11. 11. let pi: Double = 3.14 
 

  12. 12. // UILabel を、その継承元の UIView として扱う let view: UIView = UILabel() // 整数値を Int? として扱う var value: Int? = 100 UIView 型 Int? 型
  13. 13. // 浮動小数点数リテラルを Float 型で扱う let pi: Float = 3.14 // 明記しなければ、リテラル毎に決められた既定の型 let pi = 3.14 代入先が Float なので、Float として扱われる 浮動小数点数リテラルの既定の型は Double 型
  14. 14. // 整数リテラルを Double 型として扱う let value = 100 as Double // アップキャスト let view = NSTextField() as NSView // ブリッジ let string = NSString() as String 右辺が Double 型なので、変数の型は Double 型と推論
  15. 15. let maxAttempts: Int if retryingEnabled { maxAttempts = 10 } else { maxAttempts = 1 }
  16. 16. // 初期値つきで定義(型は推論) let red = 0.5, green = 0.3, blue = 1.0 // 型指定つきで定義(遅延初期化) let red: Double, green: Double, blue: Double // 初期値をつけたり、型をつけたり、推論したり let red = 0.5, green: Double, blue: Double = 1.0
  17. 17. // 全て Double 型 let red, green, blue: Double // a だけ Int 型、b と c は Double 型 let a: Int, b, c: Double // 初期値によって型は影響を受ける(初期値優先) let a, b: Int, c = 5, d: Double // 初期値を指定した変数の前は、型明記が必要 let a, b = 5
  18. 18. // 初期値つきで定義(型は推論) let (red, green, blue) = (0.5, 0.3, 1.0) // 型指定つきで定義(遅延初期化、同時初期化も可) let (red, green, blue): (Double, Double, Double) // よくあるタプルの使い方とは別な印象 let color: (red:Double, green:Double, blue:Double)
  19. 19. struct Color { var red: Int var green: Int var blue: Int }

×