Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

EP-19 全身脱毛症の眉毛脱毛に対してアートメイクを用いた症例

51 views

Published on

第60回日本形成外科学会総会・学術集会 【 2017年4月12日(水)~14日(金) 大阪国際会議場 】で発表した内容です

Published in: Healthcare
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

EP-19 全身脱毛症の眉毛脱毛に対してアートメイクを用いた症例

  1. 1. 全身脱毛症の眉毛脱毛に対して アートメイクを用いた症例 HSクリニック 白澤 友裕 EP-19
  2. 2. 【目的】  全身脱毛症は、頭髪を含め全身の毛が脱毛してしまう 疾患である。まず保存的治療が行われることが多く、こ の治療が奏功することもある。  しかし、奏功しない場合、頭髪はウイッグで代用でき るが、その他は代用が難しい。なぜなら、一般的に頭髪 が存在する場合は、眉毛や睫毛などは頭髪をドナーとし た自毛植毛で再建できるが、全身脱毛の場合、ドナーと すべき頭髪がないので、毛による再建は不可能になるか らである。  今回、全身脱毛症の眉毛脱毛に対して、アートメイク を用いて再建したので報告する。
  3. 3. 【方法】  実際のアートメイクでは、眉がより自然に見えるよう に「植毛様マユ※」の手法を用いた。これは、あたかも 植毛したように1本1本眉毛を描き、染色していく方法 である。  まず、両側の眉をデザインし、そのデザインに沿い、 アートメイクカラーで染色する。染色は繊細さが要求さ れるので、手彫りで行った。 ※植毛様マユとは、私自身が提唱・実践している手法で、 アートメイクに美容・形成外科における自毛植毛の要素 をも取り入れ、1本1本描かれたマユがあたかも毛を植 毛したかのように見える方法。
  4. 4. 【植毛様マユのデザインの一例】
  5. 5. 【症例1】  30代女性  幼少時より全身の毛が脱毛してしまい、5年程前まで 大学病院等で治療を受けていたが、発毛しなかった。 施術前1 施術前2 施術前3
  6. 6. 施術後1 施術後2 施術後3
  7. 7. 施術後4 施術後5 施術後6 ウィッグも使用
  8. 8. 症例1の施術動画
  9. 9. 【症例2】  40代男性  10才頃より頭髪の脱毛が始まり、その後全身の毛が脱 毛した。大学病院などで治療したが、改善しなかった。 施術前 施術後1 施術後2 (ウィッグ使用)
  10. 10. 【症例3】  40代女性 生来よりの全身脱毛症 施術後1(ウィッグ使用)施術前1 施術前2 施術後2(ウィッグ使用)
  11. 11. 【結果】  アートメイク「植毛様マユ」を用いて染色 した眉は、立体的で違和感が少なかった。  また、ウイッグを併用することで、自然な 感じが高まった。
  12. 12. 【考察】  全身脱毛症で、全身の毛が脱毛し再生しな いケースでは、眉をアートメイクで再建す ることは有意義である。  ただし、眉はお顔の中心的パーツであり、 その人の印象を決める重要な部位なので、 眉のデザインや染色方法に習熟する必要が あると思われる。
  13. 13. 日本形成外科学会学術集会 利益相反 開示 HSクリニック・白澤 友裕 演題発表に関連し、開示すべき利益相反関係にある 企業などはありません。 様式1

×