SlideShare a Scribd company logo

出版学会プレゼンアップ用

1 of 37
Download to read offline
メディア論から見
         た
      「電子書籍」論
             2012年日本出版学会
            春季研究発表会発表資料
                 林 智彦

※本スライドは一部を除いて下記URLで閲覧できます。
   http://www.slideshare.net/tomohikohayashi
                                               1
                 出版学会2012/05/16
この発表でいいたいこと

「電子書籍」についての議論には、過去の
メディア受容史において見られたのと類似
の論点が、くりかえし現れている。
議論の空転を防ぐために、過去の議論と現
在の議論の「差分」を確認する。
その「差分」が本来の意味の「電子書籍」
論。


        出版学会2012/05/16   2
構成

1.   「電子書籍」論の趨勢
2.   「電子書籍」論、主要な論者
3.   「電子書籍」論、主要な論点と分析
4.   テクノロジー受容史と電子書籍
5.   外側から見た「電子書籍」論
6.   まとめ



           出版学会2012/05/16   3
1.「電子書籍論」の
    趨勢

        Google Trendsで「電子書籍」を検索




検索日時:2012/04/26 12:20         検索数全体の平均を1とした場合の指数

                        出版学会2012/05/16         4
1.「電子書籍論」の趨
     勢

        「電子書籍」関連記事(3全国紙+NHK)

     1000

      900                                                                                       895

      800

      700
                                                                                                      644
      600

      500

      400

      300

      200
                                                                                                            157
      100
                                                                                           74
                                        12 3               28 38 30 26 38 47 19 47 29 33
        0   0   0   0   0   0   0   8          0   0   0




 ソース:@Nifty新聞・雑誌記事横断検
 索
 検索日時:2012年4月25日6時14分                          出版学会2012/05/16                                                     5
1.「電子書籍論」の
    趨勢

         「電子書籍」関連文献(国会図書館サーチ)
   350



   300                                                                                                               298



   250
                                                                                                                            234

   200



   150



   100



    50                                                                                                       51
                                                                     34                                                            31
                                                             13              16      17              17
                                        7             5                                      10
     0      1      3      3      4             4
         1987   1994   1998   1999   2000   2001   2002   2003    2004    2005    2006    2007    2008    2009    2010   2011   2012




  検索日:2012/04/25
                                                    出版学会2012/05/16                                                                      6

Recommended

出版学会プレゼンアップ用(PDF版)
出版学会プレゼンアップ用(PDF版)出版学会プレゼンアップ用(PDF版)
出版学会プレゼンアップ用(PDF版)Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
2007短期研修 戦略的経営と広報:大学図書館活性化作戦!イキイキ・ワクワク働くには
2007短期研修 戦略的経営と広報:大学図書館活性化作戦!イキイキ・ワクワク働くには2007短期研修 戦略的経営と広報:大学図書館活性化作戦!イキイキ・ワクワク働くには
2007短期研修 戦略的経営と広報:大学図書館活性化作戦!イキイキ・ワクワク働くには理子 茂出木
 
知財学会 1 i8_jpaa中嶋
知財学会 1 i8_jpaa中嶋知財学会 1 i8_jpaa中嶋
知財学会 1 i8_jpaa中嶋Kazuaki Nakashima
 
初期研修医のための学会スライドのキホン
初期研修医のための学会スライドのキホン初期研修医のための学会スライドのキホン
初期研修医のための学会スライドのキホンk-kajiwara
 
流体解析入門者向け超初級講習会@関東 修正版
流体解析入門者向け超初級講習会@関東 修正版流体解析入門者向け超初級講習会@関東 修正版
流体解析入門者向け超初級講習会@関東 修正版Masashi Imano
 

More Related Content

Similar to 出版学会プレゼンアップ用

「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通
「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通
「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通Syun Tutiya
 
0722 Webライティング研究会2
0722 Webライティング研究会20722 Webライティング研究会2
0722 Webライティング研究会2loftwork
 
野生の研究について
野生の研究について野生の研究について
野生の研究についてTsubasa Yumura
 
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向Yutaka HAYASHI
 
Next infosociety(20100824)
Next infosociety(20100824)Next infosociety(20100824)
Next infosociety(20100824)真 岡本
 
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術新潟コンサルタント横田秀珠
 

Similar to 出版学会プレゼンアップ用 (10)

「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通
「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通
「電子ジャーナル」以降 つまり今と近未来の学術情報流通
 
米国自己出版市場報告書
米国自己出版市場報告書米国自己出版市場報告書
米国自己出版市場報告書
 
0722 Webライティング研究会2
0722 Webライティング研究会20722 Webライティング研究会2
0722 Webライティング研究会2
 
6 22 pc
6 22 pc6 22 pc
6 22 pc
 
野生の研究について
野生の研究について野生の研究について
野生の研究について
 
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向
国内の公共図書館における電子書籍サービスの動向
 
Next infosociety(20100824)
Next infosociety(20100824)Next infosociety(20100824)
Next infosociety(20100824)
 
メディアドゥが描く電子書籍配信ビジネスの未来
メディアドゥが描く電子書籍配信ビジネスの未来メディアドゥが描く電子書籍配信ビジネスの未来
メディアドゥが描く電子書籍配信ビジネスの未来
 
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術
美崎栄一郎さん11/27講演in新潟:SNSを活かした人脈形成術
 
図書館総合展発表
図書館総合展発表図書館総合展発表
図書館総合展発表
 

More from Tomohiko (TOMO) Hayashi

JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131
JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131
JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008 A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008 Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
An untold story of the Mangamura controversy 2018
An untold story of the Mangamura controversy 2018An untold story of the Mangamura controversy 2018
An untold story of the Mangamura controversy 2018Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
洋書(英語情報源)に見るDXの定義
洋書(英語情報源)に見るDXの定義洋書(英語情報源)に見るDXの定義
洋書(英語情報源)に見るDXの定義Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
21世紀の出版をつくる会資料
21世紀の出版をつくる会資料21世紀の出版をつくる会資料
21世紀の出版をつくる会資料Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
電子書籍カニバリズム研究資料
電子書籍カニバリズム研究資料電子書籍カニバリズム研究資料
電子書籍カニバリズム研究資料Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリストTomohiko (TOMO) Hayashi
 
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2Tomohiko (TOMO) Hayashi
 
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2Tomohiko (TOMO) Hayashi
 

More from Tomohiko (TOMO) Hayashi (20)

JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131
JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131
JEPAセミナー「電子書籍元年・第二章」講演資料_20130131
 
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008 A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008
A lecture on e-book at Tokyo University of Science 20141008
 
An untold story of the Mangamura controversy 2018
An untold story of the Mangamura controversy 2018An untold story of the Mangamura controversy 2018
An untold story of the Mangamura controversy 2018
 
洋書(英語情報源)に見るDXの定義
洋書(英語情報源)に見るDXの定義洋書(英語情報源)に見るDXの定義
洋書(英語情報源)に見るDXの定義
 
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」
AJEC講演資料「電子出版ビジネスの「今」と「これから」~破壊ではなく創造へ~」
 
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...
Forum franco-japonais Livre et numérique: La lecture numerique par Dr Thierry...
 
21世紀の出版をつくる会資料
21世紀の出版をつくる会資料21世紀の出版をつくる会資料
21世紀の出版をつくる会資料
 
Waseda SILS Lecture
Waseda SILS LectureWaseda SILS Lecture
Waseda SILS Lecture
 
電子書籍カニバリズム研究資料
電子書籍カニバリズム研究資料電子書籍カニバリズム研究資料
電子書籍カニバリズム研究資料
 
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」
リーズ大学修士論文「企業支配としてのグローバリゼーション」
 
出版学会(活字離れ)資料
出版学会(活字離れ)資料出版学会(活字離れ)資料
出版学会(活字離れ)資料
 
電子書籍はなぜ消えるのか
電子書籍はなぜ消えるのか電子書籍はなぜ消えるのか
電子書籍はなぜ消えるのか
 
藤井さん対談参考資料
藤井さん対談参考資料藤井さん対談参考資料
藤井さん対談参考資料
 
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト
経産省緊急デジタル化事業制作タイトルリスト
 
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)
ExcelでCSVファイルを開いてはいけない52の理由(の1つ)
 
電流協講演資料1
電流協講演資料1電流協講演資料1
電流協講演資料1
 
Jepaセミナー渋谷資料3
Jepaセミナー渋谷資料3Jepaセミナー渋谷資料3
Jepaセミナー渋谷資料3
 
Jepaセミナー渋谷資料2
Jepaセミナー渋谷資料2Jepaセミナー渋谷資料2
Jepaセミナー渋谷資料2
 
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料2/2
 
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2
第22回 JUCC秋季定例セミナー 「電子書籍時代を生きるための“必須知識”」資料1/2
 

出版学会プレゼンアップ用

  • 1. メディア論から見 た 「電子書籍」論 2012年日本出版学会 春季研究発表会発表資料 林 智彦 ※本スライドは一部を除いて下記URLで閲覧できます。 http://www.slideshare.net/tomohikohayashi 1 出版学会2012/05/16
  • 3. 構成 1. 「電子書籍」論の趨勢 2. 「電子書籍」論、主要な論者 3. 「電子書籍」論、主要な論点と分析 4. テクノロジー受容史と電子書籍 5. 外側から見た「電子書籍」論 6. まとめ 出版学会2012/05/16 3
  • 4. 1.「電子書籍論」の 趨勢 Google Trendsで「電子書籍」を検索 検索日時:2012/04/26 12:20 検索数全体の平均を1とした場合の指数 出版学会2012/05/16 4
  • 5. 1.「電子書籍論」の趨 勢 「電子書籍」関連記事(3全国紙+NHK) 1000 900 895 800 700 644 600 500 400 300 200 157 100 74 12 3 28 38 30 26 38 47 19 47 29 33 0 0 0 0 0 0 0 8 0 0 0 ソース:@Nifty新聞・雑誌記事横断検 索 検索日時:2012年4月25日6時14分 出版学会2012/05/16 5
  • 6. 1.「電子書籍論」の 趨勢 「電子書籍」関連文献(国会図書館サーチ) 350 300 298 250 234 200 150 100 50 51 34 31 13 16 17 17 7 5 10 0 1 3 3 4 4 1987 1994 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 検索日:2012/04/25 出版学会2012/05/16 6
  • 7. 1.「電子書籍論」の 趨勢 「電子書籍」関連書籍(国会図書館サーチ) 検索日 2012/5/16 出版学会2012/05/16 7
  • 8. 1.「電子書籍論」の 趨勢 Google Trendsで「電子出版」を検索 検索日 2012/5/18 出版学会2012/05/16 8
  • 9. 1.「電子書籍論」の 趨勢 「電子書籍&セミナー」で検索 「電子書籍ANDセミナー」の検索結果(NHK+3全国紙+ビジ ネス雑誌) 35 30 25 20 15 10 5 0 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 ソース:@Nifty新聞・雑誌記事横断検索 検索日時:2012/05/18 検索対象:NHKニュース、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、週刊東洋経済、日経BP雑誌横断検索 検索対象発行日:1999年〜2012年 出版学会2012/05/16 9
  • 10. 1.「電子書籍論」の趨勢 まとめ 1. 「電子書籍元年」が到来したかどうかは 定かではないが、「電子書籍論元年」は 2010年であった。 2. 99年、04年にも小さな盛り上がりはあっ たが、データで見る限りは、今回のピー クは比較にならないほど大きい。 3. では、その中身は? 出版学会2012/05/16 10
  • 11. 2.「電子書籍論」の主要な論 者 佐々木俊尚氏 立入勝義氏 ジャーナリスト ソーシャルメディア・プロデューサー 『電子書籍の衝撃』 『電子出版の未来図』 西田宗千佳氏 山田順氏 ジャーナリスト 元光文社社員。作家。 『電子書籍革命の真実』 『出版大崩壊 電子書籍の罠』 前田塁(市川真人)氏 日垣隆氏 批評家 作家。 『紙の本が亡びるとき?』 『電子書籍を売ってみたけれど、やっぱり本が好き 田代真人氏 岸博幸氏 電子書籍出版社「アゴラ 慶応義塾大学大学院教授 ブックス」取締役 『アマゾン、アップルが日本を蝕む』 『電子書籍元年』 大原ケイ氏 文芸エージェント 『電子書籍大国アメリカ』 ※画像は基本的にそれぞれ著者公式サイトなどより 出版学会2012/05/16 11
  • 12. 2.「電子書籍論」の主要な論 者 植村八潮氏 萩野正昭氏 『電子出版の構図』 『電子書籍奮戦記』 村瀬拓男氏 中西秀彦氏 『電子書籍の真実』 『我、電子書籍の抵抗勢力 たらんと欲す』 歌田明弘氏 津野海太郎氏 『電子書籍の時代は本当に来るのか』 『電子本をバカにするなかれ』 出版学会2012/05/16 12
  • 13. 2.「電子書籍論」の主要な論 者 • 「古参」の論者と「新参」の著者との間 の温度差 • 「どの時間軸で現象を見るか」という差 も • 99年、04年との違いは、Kindle、iPadとい う成功例→「変革は近い」という点では一 致 • しかし、似た論点が何度も提示されてい る 出版学会2012/05/16 13
  • 14. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅰ「中抜き」仮説 メディア論・社会論・文化論的な意味の「中抜き」 ※経済的な意味の「中抜き」は 「電子書籍の時代になると……こういう怪しいビジネスはもう成り立たなくな る。誰でも本を出版できるようになるからだ」(佐々木) 「(音楽でおきた)潮流は、当然のように本の世界にもやってこようとしてい ます。 第一に、ソーシャルメディアを駆使して書き手が読者とダイレクトに接続す る…… 第二に、電子ブックによってパッケージとしての紙の本は意味を失い…… 第三に、セルフパブリッシングの世界では大手出版社かどうかは意味がなく なり……購読空間の中で同じようにフラット化していく」(佐々木) 「電子書籍は、情報の送り手と受け手を直接つなぐこと で社会を変革する」という見方。 ※赤字部分は後述 出版学会2012/05/16 14
  • 15. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅰ「中抜き」仮説 メディア論・社会論・文化論的な意味の「中抜き」論の検討のベース (大衆)メディア論 大衆社会論 大衆文化論 電子テクノロジー論 出版学会2012/05/16 15
  • 16. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅰ「中抜き」仮説 テクノロジーが消費者を生産者に変え、直接民主主義の理想を実現する、とい う主張はこれまでも数多くなされている(テクノ・ユートピアニズム・エンパ ワーメント論)。 「大衆が作家になる」(エンツェンスベルガー『メディア論のための玉手 箱』) 「プロシューマー」(ダニエル・ベル『第三の波』) 「スマートモブズ」(ハワード・ラインゴールド) 「We the Media」(ダン・ギルモア) 大衆メディア、ニューメディアは常に双方向的な「誰でもメディア」幻想をか きたててきた。新しいものではない→供給側だけでなく、需要側の要因も考え る必要がある(メディア論版「セーの法則」 ) ※「書き手と電子ブックの間に入って電子ブック化のお手伝いをするディストリビューターは、いまアメリカでいくつも現れ てきています」(佐々木)→「中抜き」論と矛盾? 出版学会2012/05/16 16
  • 17. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅱ「電子書籍≠本」仮説 「電子書籍は本ではない」という議論。三つのタイプがある。 ①「電子書籍は紙の本の代わりではなく、別のもの。だから紙とのカニバリズ ムにはならない。むしろ出版社のチャンスは広がる」 ①B「電子書籍は本とは別のもの。そのため、出版社のノウハウが生きず、出 版社以外のプレイヤーが手がける」 ②「電子書籍は紙の本の代わりにならないし、そうすべきでもない、文化や文 明に悪影響を及ぼす」→Ⅳ文化破壊論へ ①、②はコンテンツとしての電子書籍の議論と、市場の議論が混在している。 コンテンツの議論としては、下記の2パターン。 「別のもの」A: マルチメディアを駆使したアプリ 「別のもの」B: レプリカであっても、目的、用途、経験が異なる 出版学会2012/05/16 17
  • 18. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅱ「電子書籍≠本」仮説 ①②について、「市場」は、下記のどのパターンをたどるかによる パターン1:電子書籍と紙の本は パターン2:電子書籍と紙の本 パターン3:電子書籍と紙の本 完全代替=カニバリズム は一部代替=カニバるが、トー は一部代替だが、担い手は出版 タルでプラス 社ではない 紙の本 紙の本 電子書籍 電子 紙の本 書籍 電子書籍 紙の 本 パターン4:電子書籍と紙の本 電子書 はまったく別の市場 籍 出版学会2012/05/16 18
  • 19. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅲ「プラットフォーム=垂直統合」仮説 左図は岸による。複数のレイヤー 著者 コンテンツ の融合により、市場における支配 力を強めることが、アマゾンや 編集者 アップル、グーグルの戦略であり、 「垂直統合に基づいたビジネスモ 校正者 プラットフォー デル」こそが電子書籍事業成功の ム カギ」という主張が複数の著者か カメラマン らされている(岸、佐々木) しかし①技術的必然性からそう レイアウター なっているに過ぎないケースと、 インフラ そうでないケースを分けられるの 写植 か、②Appleのコンテンツでの売り 上げは5%程度。Googleはもっと少 版下 ない。コンテンツはハードや他の DTP業者 端末 サービスを売るためのエサでしか なく、Kindleの利用者も多い。彼ら の戦略をコンテンツの作り手の見 本とできるのか? 技術の進展で 必要性が減少 ※たとえば、iTunesには日本国内で した業種は多 も複数のディストリビューターが い。 ある。「統合」していないわけで ある。 出版学会2012/05/16 19
  • 20. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅳ「文化破壊」仮説 ①ナショナリズム的な意味の「文化破壊」論 コンテンツは文化を体現しています。しかし、米国ネット企業が他国の文 化への愛や理解に欠けることは、ネットの普及に伴って世界中で文化と ジャーナリズムが衰退を始めたという、これまでのネット帝国主義の経験 から明らかです(岸)。 ……彼らのいう「守るべき日本の出版文化」とはなんなのだろう? 日本以外 の国の出版には文化的なものがないとでも言いたいのだろうか? それは外 国仕様のガジェットやソフトウェアを使うと損なわれてしまう脆いものなの だろうか?……実のところは自分たちの既得権益にほかならない(大原)。 出版学会2012/05/16 20
  • 21. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅳ「文化破壊」仮説 ①ナショナリズム的な意味の「文化破壊」論 ナショナリズム的な「文化破壊」論は、海外からのラジオ、テレ ビ、映画作品の流入が、自国文化を脅かすとした「文化帝国主 義」論と類似している。 例)ドラマ「ダラス」の輸出に対して世界中の批評家から批 判 「我々はひとつの事実を受け入れなくてはならない。『ダラ ス』に人気があるのは、多くの人がそれを見て楽しんでいる からであるという事実を」(トムリンソン) 同書は「文化帝国主義」の主張を子細に分析し、表面的な言説とは別の 「意図」が込められていることが多いことも明らかにしている。 「守る」といっても「何を」守るのか、誰が、どう決めるのか、不合理な制 度も変えないことが正義なのか、技術的変化にどう対応するのか、などの疑 問が残る。 出版学会2012/05/16 21
  • 22. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅳ「文化破壊」仮説 ②文明論的な意味の「文化破壊」論 「 電 子書 籍が紙の本 「人間」は……私たちの目 の 出 版を 根絶やしに の前で消えゆこうとして いる……アルファベットで し て しま ったら 、 そ 書かれたテクストという の 文 化を 再興するこ 支配的メタファーが、コ と は ほと んど不可能 ンピュータのスクリーン に な って しまうだろ という別のメタファーと う」 正面衝突したのである…… 罪悪感、良心、そして自 「 紙 の本 が遠くない 己は、識字世界において 未 来 、 こ れまで果た のみ可能である。 し て きた 役割を終え る」ということだ…… 馬 車 が自 動車に置き 換 え られ たよりはる か に 大き な質的転換 とともに 出版学会2012/05/16 22
  • 23. 3.「電子書籍」論の主要な 論点 Ⅳ「文化破壊」仮説 「本」の定義による。「字によって思考を伝える」という行為は、太古の昔か ら変わっていない→「人間」はそう終わらないのでは? 出版学会2012/05/16 23
  • 24. 4.電子テクノロジー受容史と電子 書籍 エーコ「黙示録派と取り込まれ派」 大衆文化の発展に対してこの世の終わりがきたかのよ うに言いつのる「黙示録派Apocalyptic」知識人と、批判 精神を放棄して耽溺する「取り込まれ派Integrated」知 識人の両方を批判、どちらも同じ文化現象の両面だと した。 グーテンベルク以降、本は読者を生み、読者は本を生 んできた。つまり、人間を離れたメディアはありえな い。メディアとの自由なつきあい方をこそ追求すべき だとした(Eco)。 すべてのメディア、電子書籍にもあてはまる 出版学会2012/05/16 24
  • 25. 4.電子テクノロジー受容史と電子 エンツェンスベルガー対ボードリヤール論 書籍 争 電子メディアの可能性をめぐる論争。 “電子メディアには解放的ポテ “電子メディアが実現するコミュ ンシャルがある。プロレタリ ニケーションはコミュニケーショ アートが奪い取ればいい” ンなんてものじゃない。むしろ ディスコミュニケーション” 出版学会2012/05/16 25
  • 26. 4.電子テクノロジー受容史と電子 書籍 繰り返される構図 断絶 ボードリヤール エンツェンスベルガー 前田塁 マクルーハン ラインゴールド 佐々木俊尚 小林弘人 ギルモア 主体性論 運命論 ウンベルト・エーコ 連続 出版学会2012/05/16 26
  • 27. 5.外側から見た「電子書籍」論 1983〜1993 AppleのCEO 著書『スカリー』(原著は1987年 刊。邦訳は早川書房)で、タブ レット・コンピューター・スマー トフォンの先駆けとなる「ナレッ ジ・ナビゲーター」のコンセプト を提示。 92年、Newtonを発表。Newtonの ためにARMを設立、このARM系 CPUは、スマホ、タブレット等モ バイルデバイスで圧倒的なシェア を誇っている。 「ナレッジ・ナビゲータ」が実現 する世界、それはコンテンツとデ バイスが渾然一体となった「コン バージェンス」の世界。 「コンバージェンス」は90年代〜 21世紀初頭まで、メディア企業の コングロマリット化を促すバズ 出版学会2012/05/16 27 ワードとなった。
  • 30. まとめ 「電子書籍」論は、「出版(界)は」「編集者は」「本は」どうする、どうな る、というように、「既存のメディア」を主語に置きがち。→既存のプレイ ヤー同士をどのように合従連衡(垂直統合を含め)させるか、という話にな る。 しかし、テクノロジー企業など、外部のプレイヤーからは別の絵が見えてい る。「垂直統合」は「最適な経験を届ける」サービス開発の結果でしかない。 「誰でもメディア化」という言葉は、個人がメディアになれる、という意味で はなく、メディアとメディア以外の境界がなくなっている、メディア業界が草 刈り場になっている、という意味に解すべき。 「電子書籍」論は、「メディア」を主語としないメディア論、「出版」を主語 としない出版論への脱皮が必要ではないか。 出版学会2012/05/16 30
  • 32. 【今後の方向性】「電子書籍論」の5つの 次元 1.文化 •理念 •コンテント •行為としての読書 •編集 2.主体 •「形」としての本 •本の定義 5.発見と評 •読者 •出版の本義 価 •国民文化 •筆者 •ディスカバビリティー •編集者 •検索 •印刷会社 •評価 •取次会社 •ランキング •書店 •評者 •リコメンド •出版社(者) 電子書籍論 •書評・レビュー •図書館 •書誌 •ナショナリティ •店頭ポップ 4.ビジネ 3.技術 ス •コンテント •通信方式・帯域 •プラットフォーム •デバイス •流通 •フォーマット •ストア •プラットフォーム •価格 •書誌 •産業構造 •データ形式 •補助金 •ユーザー •フォーマット
  • 34. 【今後の方向性】出版のアクターの役割(これま で) 4.ビジネ 5.発見と アクター 1.文化 2.主体 3.技術 ス 評価 著者 ? ○ ? ○ △ 編集者 ○ ○ ? ? ○ 読者 ○ ? ? ? △ 印刷会社 ○ ? ○ ○ ? 取次会社 ? ? ? ○ ○ 書店員 ○ ○ × ○ ○ 書評者 ○ ? ? ? ○
  • 36. 参考文献 Bolz, N.W., 識名章喜 & 足立典子 (1999) グーテンベルク銀河系の終焉  新しいコミュニケーション : 立入勝義 (2011) 電子出版の未来図. PHP研究所. のすがた. 法政大学出版局. 津野海太郎 (2010) 電子本をバカにするなかれ  書物史の第三の革命. 国書刊行会. : David, N. (2012) Former Apple CEO John Sculley cruises CES, recalls Newton’s impact on the mobile industry 中西秀彦 (2010) 我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す. 印刷学会出版部. and the iPad | TabTimes [Internet]. Available from: <http://tabtimes.com/news/ittech- 西田宗千佳 (2010) iPad vs.キンドル  日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏. エンターブレイン. : tablets/2012/01/13/former-apple-ceo-john-sculley-cruises-ces-recalls-newton-impact> [Accessed 18 May 西田宗千佳 (2010) 電子書籍革命の真実  未来の本 本のミライ. エンターブレイン. : 2012]. 野村総合研究所, 前原孝章, 川元麻衣子 & 石田樹生 (2011) 2015年の電子書籍  現状と未来を読む. 東 : Eco, U. & Lumley, R. (1994) Apocalypse postponed. Indiana University Press. 洋経済新報社. Eco, U., Carrière, J.C. & 工藤妙子 (2010) もうすぐ絶滅するという紙の書物について. 阪急コミュニ 萩野正昭 (2010) 電子書籍奮戦記. 新潮社. ケーションズ. 日垣隆 (2011) 電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。. 講談社. Enzensberger, H.M. & 石黒英男 (1977) 意識産業 ET - 新版. 晶文社. 本の学校 (2011) 出版デジタル化の本質を見極める. 出版メディアパル. Enzensberger, H.M., 中野孝次 & 大久保健治 (1975) メディア論のための積木箱. 河出書房新社. 前田塁 (2010) 紙の本が亡びるとき? 青土社. Gordon, R. (2003) Convergence Defined [Internet]. Available from: 松本淳(インターネット) (2011) スマート読書入門  メモ、本棚、ソーシャルを自在に操る「デジタ : <http://www.ojr.org/ojr/business/1068686368.php> [Accessed 18 May 2012]. ル読書」. 技術評論社. Horkheimer, M., Adorno, T.W. & 徳永恂 (1990) 啓蒙の弁証法  哲学的断想. 岩波書店. : 宮下志朗 (2008) 本を読むデモクラシー  “読者大衆”の出現. 刀水書房. : Interview, B.G., Enterprises, P. & Bank, O. (1994) The Bill Gates Interview [Internet]. Available from: 村瀬拓男 (2010) 電子書籍の真実. 毎日コミュニケーションズ. <http://beginnersinvest.about.com/od/billgates/l/blbillgatesint.htm> [Accessed 18 May 2012]. 山田順 (2011) 出版大崩壊  電子書籍の罠. 文藝春秋. : Manguel, A. & 原田範行 (1999) 読書の歴史  あるいは読者の歴史. 柏書房.: 湯浅俊彦 (2007) 日本の出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化とその歴史的意義. ポッ Mattelart, A., Mattelart, M., Taponier, S.G. & Cohen Dr, J. (1998) Theories of communication  a short : ト出版. introduction. SAGE Publication. McLuhan, M. & 森常治 (1986) グーテンベルクの銀河系  活字人間の形成. みすず書房. : Petroski, H. & 池田栄一 (2004) 本棚の歴史. 白水社. Sanders, B. & 杉本卓 (1998) 本が死ぬところ暴力が生まれる  電子メディア時代における人間性の崩 : 壊. 新曜社. Shepard, A. & 平林祥 (2010) 私にはもう出版社はいらない  キンドル・POD・セルフパブリッシング : でベストセラーを作る方法. WAVE出版. Yoffie, D. (1997) Competing in the Age of Digital Convergence. Harvard Business Press. アイゼンステインE.L. (1987) 印刷革命. みすず書房. 間中範雄 (2011) 自己出版の時代  電子書籍時代に生き残る出版社の経営戦略を語る. ブイツーソ : リューション. アンダーソンB. (2007) 定本想像の共同体: ナショナリズムの起源と流行. 書籍工房早山. 池沢夏樹 (2010) 本は、これから. 岩波書店. 石川幸憲 (2010) キンドルの衝撃  メディアを変える = Kindle revolution. 毎日新聞社. : 植村八潮 (2010) 電子出版の構図  実体のない書物の行方. 印刷学会出版部. : 歌田明宏 (2010) 電子書籍の時代は本当に来るのか. 筑摩書房. 大原ケイ (2010) ルポ電子書籍大国アメリカ. アスキー・メディアワークス. 岡本真 & 仲俣暁生 (2010) ブックビジネス2.0  ウェブ時代の新しい本の生態系. 実業之日本社. : 岸博幸 (2011) アマゾン、アップルが日本を蝕む  電子書籍とネット帝国主義. PHP研究所. : 国際通信経済研究所 (2004) メディア・ジャイアントの戦略 発展過程、事業展開、国際戦略 平成1 6年. 財団法人国際通信経済研究所. 小林雅一 (2011) ウェブ進化最終形  「HTML5」が世界を変える. 朝日新聞出版. : 酒井邦嘉 (2011) 脳を創る読書  なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか. 実業之日本社. : 佐々木俊尚 (2010) 電子書籍の衝撃  本はいかに崩壊し、いかに復活するか? ディスカヴァー・トゥ : エンティワン. 佐々木俊尚 (2011) キュレーションの時代  「つながり」の情報革命が始まる. 筑摩書房. : サスティーンC. (2003) インターネットは民主主義の敵か. 毎日新聞社. 清水徹 (2001) 書物について  その形而下学と形而上学. 岩波書店. : 高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野渉, 深沢英次 & 沢辺均 (2010) 電子書籍と出 版  デジタル/ネットワーク化するメディア. ポット出版. : 武井一巳 (2010) アップルvsアマゾンvsグーグル  電子書籍、そしてその「次」をめぐる戦い. 毎日 : コミュニケーションズ. 田代真人 (2010) 電子書籍元年  iPad & キンドルで本と出版業界は激変するか? インプレスジャパ : ン. 出版学会2012/05/16 36
  • 37. 参考文献(スカリーの図) 出版学会2012/05/16 37