Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CSS Nite in Ginza, Vol.51発表資料

1,448 views

Published on

2010年8月19日に開催した「CSS Nite in Ginza, Vol.51」の発表資料です.

Published in: Education
  • Be the first to comment

CSS Nite in Ginza, Vol.51発表資料

  1. 1. 専門出版社が考える電子書籍・雑誌とその取り組み 株式会社技術評論社 クロスメディア事業部 馮 富久
  2. 2. 本日の流れ••自己紹介••出版業界の今(プレイヤーと役割)••現状の電子出版とは?••電子出版のコンテンツタイプと対応 デバイス,フォーマット••出版社が取り組まなければいけない課題••電子出版物の制作に求められるスキル
  3. 3. 自己紹介馮 富久(ふぉん•とみひさ)Twitter•ID @tomihisa1975 年 1 月•横浜出身。1999 年 4 月•株式会社技術評論社に入社。• • • • • 『Software•Design』編集部に配属。2004 年 1 月• 『Software•Design』編集長就任。2004 年 9 月『Web•Site•Expert』創刊, 同誌編集長就任。2008 年 9 月•クロスメディア事業部設立。• • • • • 同部統括,現在に至る。IPA オープンソースデータベースワーキンググループ委員,サービス検討ワーキンググループ委員,アックゼロヨン・アワード 2008 他各賞審査員,電子書籍を考える出版社の会事務局長なども務める。
  4. 4. 出版業界の今(プレイヤーと役割)
  5. 5. 知っておきたい出版知識・用語
  6. 6. 雑誌と書籍の違い雑誌コードと ISBN コードで判別 雑誌コード ISBN コード05827-08 978-4-7741-4290-6   固有     月 国 出版社  固有
  7. 7. 再販制再販売 価格維持 制度値引きのできない価格設定 雑誌 書籍 が行える 音楽ソフト 新聞
  8. 8. 発行(保証)印税 日本の商慣習で 印刷した部数 に対して支払われる印税例 保証印税=••初版部数= 5,000 部 定価× 5,000 × 0.5 × 0.08••保証部数= 50%••印税率= 8%
  9. 9. • 雑誌コード,書籍コード• 再販制• 発行(保証)印税 etcこれら出版業界固有の概念・慣習が,電子出版とともにいま,変わろうとしています
  10. 10. 現状の電子出版ビジネス
  11. 11. 日本の電子出版ビジネスのこれまで 実はこれまでも 電子出版に対する取り組みは 数多く行われていたCD-ROM 各種団体の インターネット/ PCや専用端末 設立 /汎用フォーマット
  12. 12. しかし,その多くが大きなビジネスには至らなかった• 出版社など,提供側の 体制が整っていなかった• 読者に身近ではなかった• 権利関係・販売関係の問題 ※ケータイコミック市場は除く
  13. 13. 電子出版ビジネスの転換期 2008 年以降, 大きな転換期を迎える• Amazon Kindle の登場• iPhone/iPad の登場• Android 端末の登場
  14. 14. ユーザの手元に“コンテンツのある” デバイスが登場した
  15. 15. 電子出版のコンテンツタイプと 対応デバイス, フォーマット
  16. 16. 現状見られる電子出版物の種類••紙もの→電子(ビューワ型)••紙もの→電子(リフロー型)••電子オリジナル
  17. 17. イメージビューワ型
  18. 18. リフロー型
  19. 19. 電子オリジナル 引用:『元素図鑑』
  20. 20. 今後注目したい電子ブックリーダーたち•• •Amazon•Kindle•/•Kindle•DX/ 国際版••iPhone•/•iPad••Nook••Sony•Reader••ALEX
  21. 21. Amazon•Kindle•2•/•DX•/ 国際版•• 6 インチ /9.7 インチディスプレイ•• E•Ink•• 閲覧可能フォーマット AZW,MOBI,PDF,HTML 他•• Amazon.com 経由で AZW 書籍の購入が可能<本体価格>•• 139 ドル(WiFi)•• 189 ドル(WiFi + 3G)•• 389 ドル(DX)
  22. 22. iPhone•/•iPad•• 3.5 インチ /9.7 インチディスプレイ•• 液晶タッチディスプレイ•• 閲覧可能フォーマット ePub,AZW,MOBI,.book,PDF,HTML 他•• AppStore 経由での単体アプリ, 各種販売サイトから電子コンテンツの購入が可能<本体価格>•• iPhone• :プランによる(3GS + WiFi)•• iPad• • :48,800 円〜(WiFi + 3G)
  23. 23. Nook•• 6 インチ E•Ink + 3.5 インチ液晶タッチディスプレイ•• 閲覧可能フォーマット ePub,PDF,HTML 他•• barnesandnoble.com 経由で 電子コンテンツの購入が可能<本体価格>•• 149 ドル(WiFi)•• 199 ドル(WiFi + 3G)
  24. 24. Sony ReaderTouch Editon / Daily Edition / Pocket Edition•• 6 インチ /7.1/5 インチディスプレイ•• E•Ink•• 閲覧可能フォーマット •ePub,BBeB,PDF,Word,MP3•• Sony•eBook•Store 経由でコンテンツ購入 が可能 (Touch/Pocket は PC 経由で購入)<本体価格>•• 169 ドル•• 249 ドル(WiFi + 3G)•• 149 ドル
  25. 25. ALEX•• 6 インチ E•Ink + 3.5 インチ液晶タッチディスプレイ•• 閲覧可能フォーマット ePub,PDF,HTML 他•• 専用ショップ未確認<本体価格>399 ドル(WiFi + 3G)
  26. 26. おもな電子書籍・雑誌フォーマット••ePub••Mobi(Mobipocket)••AZW••XMDF••.book 他,HTML や PDF も
  27. 27. 技術評論社のコンテンツ• iPhone / iPad ビューワ型• PC ビューワ型• iPhone / iPad リフロー型• バックナンバー PDF詳しくはhttp://gihyo.jp/book/dpub iPhone / iPad アプリの開発・配信は 図書印刷様が担当
  28. 28. 出版社が取り組むべき課題
  29. 29. 出版社の課題• 現状把握• コンテンツの種類を再確認• 契約・出版社の権利 業界全体で 考えなければ いけない課題• 販売に関する課題• 技術に関する課題
  30. 30. 出版社の課題 販売 契約・権利 技術 技術
  31. 31. 電子書籍を考える出版社の会 http://ebookpub.jp/ 電子データにおける新たなるコンテンツ, 電子書籍・雑誌の開発と普及を目的として 研究と情報交換を進める団体。 (2010 年 8 月 19 日現在,44 社が参加)
  32. 32. 電子出版物の制作に求められるスキル
  33. 33. 電子出版物の制作に求められるスキル• 情報設計(文書構造の作り方) →デジタルに対応した編集• デバイスに適した UI/ グラフィックデザイン →グリッドの概念を越えたデザインスキル• 最適な配信形式の選択 →印刷・製本に替わるもの
  34. 34. ここで,いったん 西村さんにバトンタッチ!
  35. 35. まとめ
  36. 36. まとめ• 今は電子出版の過渡期であることを再認識• 業界の発展やデバイスの進化により エディトリアルデザインと Web デザインが 近づいている• 電子でも紙でも大事なのは“コンテンツ”
  37. 37. ぜひ一緒に電子出版の時代を楽しみましょう!
  38. 38. ご静聴 ありがとうございました!

×