Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Facebook活用基本編

22,840 views

Published on

Facebook勉強会用に作成した資料です。

Published in: Technology, News & Politics
  • Be the first to comment

Facebook活用基本編

  1. 1. カンバセーショナルマーケティング ~ Facebook 活用編~ 2011 年 3 月 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 Copyright © 2010 Agile Media Network, Inc.
  2. 2. 徳力基彦  Copyright © Agile Media Network, Inc.   NTT にて法人営業や IR 活動に従事した後、 IT 系コンサルティングファームや、アリエル・ネットワークを経て、 2006 年からはアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。 2007 年 7 月に取締役に就任。 2009 年 2 月より代表取締役。  日経ネットマーケティング「カンバセーショナルマーケティングの近未来」の連載等、最新のネットマーケティングに関する複数の執筆講演活動も行っている。  個人でも「 tokuriki.com 」や「ワークスタイル・メモ」等の複数のブログを運営するなど、幅広い活動を行っており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、「アルファブロガー」等がある。   http://blog.tokuriki.com/   http://twitter.com/tokuriki   http://www.facebook.com/tokuriki
  3. 3. 『 カンバセーショナル・マーケティング 』のリーディング企業として、 企業がブログやツイッター等のソーシャルメディアをマーケティングに 活用する際の支援をします。 企業 ソーシャルメディア ( ブログ、 SNS ツイッター ) 利用者 企業と、消費者がコミュニケーションをとることができる場の提供 ブログ等の書き手の支援、ブログ文化の活性化ブログメディアの価値の向上 企業のブログ・ツイッター等の ソーシャルメディアにおける マーケティング活動支援 アジャイルメディア・ネットワーク( AMN )のミッション Copyright © Agile Media Network, Inc.
  4. 4. Facebook 活用編の目次です。 <ul><li>日本と米国における Facebook の現状分析 </li></ul><ul><li>企業による Facebook 活用の基本概念 </li></ul><ul><li>マーケティングにおける Facebook の可能性 </li></ul>※ 資料中のデータは特に言及がない限り 2011 年 3 月の調査時点のものです。
  5. 5. 昨年末から日本でも Facebook が話題になってますが、 実際、現在はどういうステージにあるのでしょうか?
  6. 6. Facebook は世界中で利用者を増やしており、今年すでに 6 億アクティブユーザーを突破したと言われています。 http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/
  7. 7. 特にアメリカでは既にアクティブユーザーが 1.5 億人を超え、 インターネット人口の 6 割以上が使っているといわれています http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/united-states
  8. 8. Google トレンドで見ても、アメリカでは 2004 年のサービス リリース以降、順調に検索数も増えてきているようです。 http://www.google.com/trends?q=Facebook&geo=us
  9. 9. また、アメリカでは Twitter や blog という言葉に対しても、 検索数では大きく水をあけていることが分ります。 http://www.google.com/trends?q=Facebook%2CTwitter%2Cblog&geo=us
  10. 10. 日本でも今年ユーザー数が急増し、 250 万を超えてきました。 ただし、ネット人口に対する比率はまだ 3% 以下です。 http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/japan
  11. 11. 米国では、 Facebook のようなソーシャルメディアは、 Google や Yahoo! を超える存在と言われています。 ■ アメリカ ・人口   3 億 1400 万人 ・ Google   1 億 5000 万人 ・ Yahoo   1 億 3000 万人 ・ Facebook     1 億 3000 万人  
  12. 12. 日本では、 mixi やツイッターですら、まだ一部の人にしか 使われていません。 ■ 日本 ・人口   1 億 2700 万人 ・ mixi  約 1000 万人 ・ Twitter  約 1000 万人 ・ Facebook    約 200 万人  
  13. 13. 目次 <ul><li>日本と米国における Facebook の現状分析 </li></ul><ul><li>企業による Facebook 活用の基本概念 </li></ul><ul><li>マーケティングにおける Facebook の可能性 </li></ul>※ 資料中のデータは特に言及がない限り 2011 年 3 月の調査時点のものです。
  14. 14. 米国では、約 7 割の企業が Facebook ページを開設していると言われており、利用するのが当たり前の状況のようです。 http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20100831/216044/?P=4
  15. 15. ただし、米国と日本の、現在のファン登録者数の違いには 注意が必要です 1996 万ユーザー Uniqlo 3 万人 Coca-Cola (グローバル) 2,293 万人 Starbucks (グローバル) コカ・コーラ パーク 3,643 人 広瀬香美 5,915 人 Lady Gaga 2,980 万人 自由民主党 3,162 人 Barack Obama 1,857 万人
  16. 16. ちなみに、去年の今頃のツイッターでは、 下記のような差でした。 157 万フォロワー 339 万フォロワー 38 万フォロワー 80 万フォロワー 1 万フォロワー 453 万フォロワー 27 万フォロワー 3 万フォロワー ※ 2010 年 3 月時点
  17. 17. また、 Facebook は企業のための宣伝の場ではなく 利用者同士の「会話」の場であることに注意して下さい。 マスマーケティング  ソーシャルメディア マーケティング ■ 短期間での認知向上を得意  とする ■ 短期間での認知向上は不得意 ■ 不特定多数の視聴者や読者  にリーチすることが容易 ■ 不特定多数の利用者にリーチ  することは比較的苦手 ■ 視聴者や読者は受身なので  宣伝に対しても比較的寛容 ■ 利用者にとっては会話の場  土足の宣伝が炎上するケースも ■ メッセージのコントロール  が可能 ■ 会話のコントロールは不可能
  18. 18. Facebook は数あるソーシャルメディアの一つであり、他のツールと組み合わせることで、より効果が上がりえます。 Twitter     Facebook      ページ    リアルタイム(主にモバイル) 編集が必要(主に PC ) 多数への情報発信 少数の会話 日記系 ブログ ニュース サイト mixi ボイス 携帯メール PC メール mixi 日記 メディア系 ブログ
  19. 19. SNS の Facebook と、 Facebook ページは全く違うものと 認識して下さい。 Twitter Facebook ページ Facebook アカウント mixi アカウント ブログ 利用対象 制限無し 主に企業 個人のみ 個人中心 制限無し 拡散性 片方向フォロー 片方向フォロー 双方向承認 双方向承認 特に無し リアルタイム性 ○ ○ ○ △ × 検索可能性 ○ △ ( ページ単位 ) × (存在のみ) × ○ リッチ性 (写真や動画) × ○ ○ ○ ○ アーカイブ性 (再利用等) × ○ △ △ ○ スマートフォン対応(アプリ) ○ △ ( ウォールのみ ) ○ △ (一覧のみ) ▲ ( ブログによる ) ガラケー対応 ○ △ ( ウォールのみ ) ○ ○ ▲ ( ブログによる )
  20. 20. ソーシャルメディアの活用においては、 タイムラインとコンテンツの二つの役割で考えてみて下さい  タイムライン  コンテンツ 利用者が他の利用者の動向や発言を 見るための場所。 ・ Twitter や Facebook のタイムライン ・メールソフトのメール一覧 ・ mixi やアメブロのトップページ 共有される対象となるコンテンツ ・つぶやき ・ニュースやブログの記事 ・写真や動画 ・アプリの更新情報などなど
  21. 21. Twitter はタイムラインに特化し、 コンテンツは基本的に他のサービスに依存しています。  タイムライン  コンテンツ Twitter はタイムラインに特化。  つぶやきは Twitter 内で完結するが それ以外のコンテンツは外部サービスに リンクで対応 ■ Twitter のタイムライン ■ Twitter のつぶやき、ブログや動画
  22. 22. Facebook は、タイムラインとコンテンツの両方の役割を 果たすことができるプラットフォームです。  タイムライン  コンテンツ ツイッターと同様のリアルタイムの タイムラインとしての役割も担う。 単文のテキストだけでなく、長文の記事、 動画や写真のコンテンツも中で完結可能 ■ Facebook のタイムライン ■ Facebook 内のコンテンツページ
  23. 23. 全てを Facebook ページ内で完結させる必要もありません。 Twitter 同様、リンク先への誘導に使うという手もあります。 ■ 公式ブログ ■ 公式 YouTube チャネル ■ 公式 Facebook ページ ■ 公式 Twitter アカウント  タイムライン  コンテンツ
  24. 24. 逆に Facebook をコンテンツの掲載場所の中心に据えて、 Twitter からも Facebook へ誘導することも可能です。 ■ Facebook 内のコンテンツページ ■ 公式 Facebook ページ ■ 公式 Twitter アカウント  タイムライン  コンテンツ
  25. 25. 目次 <ul><li>日本と米国における Facebook の現状分析 </li></ul><ul><li>企業による Facebook 活用の基本概念 </li></ul><ul><li>マーケティングにおける Facebook の可能性 </li></ul>※ 資料中のデータは特に言及がない限り 2011 年 3 月の調査時点のものです。
  26. 26. Facebook を企業が活用する方法としては、 様々な目的や可能性が考えられます。   1. 傾聴戦略 :利用者の声に耳を傾ける 2. 会話戦略 :利用者に直接語りかける 3. 活性化戦略 :利用者にもっと語ってもらう 4. 支援戦略 :利用者の間の会話を支援する 5. 統合戦略 :利用者を社内に巻き込む ※ 参考:グランズウェル(翔泳社)
  27. 27. 1. 傾聴 まず Facebook ページを作る前に、検索をして Facebook 内で製品やサービスが語られているか見てみましょう。
  28. 28. 2. 会話 Facebook ページで得やすい成果は、利用者の声や反応を手軽に聞くことができるという点です。 ■ Facebook のメリット 1. 無料で利用することができる 2. 投稿に対して利用者からコメントをもらえる 3. 投稿に対して「いいね」というリアクションをもらえる
  29. 29. 3. 活性化 Facebook では、利用者の様々な行動が、他の利用者に 自動的に可視化されることが大きなメリットとなります。  タイムライン ■ Facebook ページのファン登録をする ■ 「いいね!」ボタンを押す  コンテンツ
  30. 30. 3. 活性化 静的なウェブサイトで実施していた企画も、 Facebook 上で行えば、自動的に利用者のフレンドに可視化されます。 ■ 利用者参加型企画に Facebook を組み合わせる ・ Facebook アンケート企画 ・ Facebook プレゼント企画 ・ Facebook 投票企画 ・ Facebook 写真投稿企画 ・ Facebook クイズ企画 ・ Facebook 大喜利企画  ・ Facebook チャリティ企画 ・ Facebook コンテスト企画  等々・・・  
  31. 31. 4. 支援 Facebook ページを宣伝の場ではなく、利用者のサポートを する場と位置づけることも可能です。 自社の製品やサービスの話を超えて、事業ドメインやニーズ に関する Facebook ページを開設するという手もあります。
  32. 32. 5. 統合 自社のコアなファンを、自社の製品企画や、販促企画の プロセスに統合していくことも可能です。 http://www.youtube.com/watch?v=Y8-tGoNuK1A
  33. 33. Facebook ページの展開を 3 つのステップで育てていくこともお勧めです。 傾聴( Listen ) 利用者の声に耳を傾け、利用者の考えていることや思いを理解する 会話( Talk ) 利用者に自社の思いやこだわりを伝えるとともに意見を求める 活性化( Energize ) ファンによるクチコミをより活性化させるための仕掛けや仕組みを提供 統合( Embrace ) 利用者と一緒に事業を盛り上げたり、製品やサービスを開発できる仕組みを構築する 支援( Support ) 利用者同士が、製品に 関する話題についてサ ポートしあったり情報 交換できる場の提供 Copyright © Agile Media Network, Inc. ■ 3 つのポイント 1. ファンとの関係づくり 2. ファンの可視化 3. ファンのサポーター化 ファン ファン兼情報発信者
  34. 34. 参考:カンバセーショナルマーケティングの視点で考える効果測定 Copyright © Agile Media Network, Inc. 視聴率、購読部数 コンバージョン数 ■ 従来の効果測定 ■ これからの効果測定 露出数、最大認知数 認知者数 興味者数 検討者数 購入者数、申込件数 ファン数
  35. 35. Facebook の効果測定も、複数の視点が考えられますが、 効果が出るまでには時間がかかることを覚悟すべきです。 Facebook 経由の購入者数 サービス登録数等 Facebook を利用しているファンの数 ファンの製品に関する投稿数等 Facebook 経由の資料請求数、試用数 購入検討者の質問数等 Facebook ページのファン数、 いいね!の数、サイトへの誘導数 Facebook ページへの投稿の閲覧数 いいね!された発言の閲覧数
  36. 36. <ul><li>Facebook ページは、  </li></ul><ul><li>  Facebook 内に作るホームページと考えて下さい。 </li></ul><ul><li>  </li></ul><ul><li>活用法の正解は一つではなく、 </li></ul><ul><li>      活用の選択肢は、無数にあります。 </li></ul>
  37. 37. ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。   アジャイルメディア・ネットワーク    徳力基彦         [email_address] ウェブサイト   http://agilemedia.jp/   http://twitter.com/tokuriki   http://www.facebook.com/tokuriki  

×