Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スラム街出身のフィリピン人海外稼ぎ労働者安全な海外就労に対する考察 -ナボタス町サント・ニーョ村 C3 地区を対象に -

1,052 views

Published on

東大院国際協力学専攻修士論文「スラム街出身のフィリピン人海外稼ぎ労働者安全な海外就労に対する考察」と題して130人位インタビューした結果を纏めてます。

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

スラム街出身のフィリピン人海外稼ぎ労働者安全な海外就労に対する考察 -ナボタス町サント・ニーョ村 C3 地区を対象に -

  1. 1. スラム街出身のフィリピン人 海外出稼ぎ労働者の安全な海外就労に対する考察 -ナボタス町サント・ニーニョ村C3地区を対象に- 47116769 貝野 綾 2/5 修士論文 最終発表
  2. 2. Agenda 2 7.結論 4.5.6.調査結果ナボタス・インタビュー 調査 牛久・インタビュー調査 オンライン記事の内容 分析 3.既往研究のまとめ 2.目的と方法 1.背景
  3. 3. 1.背景  フィリピンは、海外出稼ぎ先からの巨額の送金で経 済を支えている。  2007年にフィリピン人海外出稼ぎ労働者は約800万 人おり、その中でも非正規フィリピン人海外労働者 は約107万人いると推定されている。  非正規フィリピン人海外労働者には海外労働庁 (POEA)からの労働認可が下りていないため、人権 が保障されず、渡航先で様々なトラブルに巻き込ま れていると言われている(青木, 2009)。 3 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  4. 4. 4  出稼ぎ労働者の中で赴任先でトラブルの無かった人 はどのような人であったかを明らかにする。  【トラブルの定義】過剰労働、人権の問題、また訴 訟、事故、逮捕を含むものが一つでも起きた場合、 「トラブルに巻き込まれた」として数えている。  方法 A) ナボタス・インタビュー調査 B) 牛久(東日本入国管理センター)・インタビュー調査 C) オンライン記事の内容分析 2.目的と方法 背景 目的と 方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  5. 5. 2.目的と方法 5 ? ?? ? インターネット 渡航形態の選択 渡航先で トラブル なし ゴール 赴任国 学歴 渡航前の収入 個人属性 C3地区の出稼ぎ労働者 媒介中心性が高 い 近接中心性が高 い 情報ネットワーク Direct Hiring エージェンシー 出稼ぎに関する メディアを通じた 情報収集 雑誌、新聞 友人・家族 渡航形態
  6. 6. 3.既往研究のまとめ 6 【フィリピン人出稼ぎ労働者に関する研究】 1. 出稼ぎ労働のメカニズム(De Jong et al.,1983) 2. 国内経済への影響(Manalo I,1992) 3. 労働力輸出政策(山形,1991) 4. 労働者の実態調査 (Vicky C,1999) 5. 出稼ぎ労働者の社会ネットワーク(Fe Caces et al.,1985) (例:友人や家族といった親しい人を上手く利用して就職先を 得た。)  しかし、フィリピン人出稼ぎ労働者のどのような行動が安 全な出稼ぎ労働に対して効果的なのかという事について の研究は少ない。 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  7. 7. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.1概要 【時期】2011年9~10月・ 2012年5~6月 【研究対象地】ナボタス町 サント・ニーニョ村C3地区 【対象者】出稼ぎに過去に 行ったことがある103人  C3地区の人口は自治会に よれば531世帯(約2000人)  15歳以上の労働力人口は 178人であり、うち就業者は 157名。(太田,2009) 7 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  8. 8. 8 Legal agency 58 Illegal agency 27 Direct Hiring (渡航国での直接雇用) 15 その他 1 無回答 2 合計 103  【Legal agency】とは POEA(海外労働庁)から認 可が下りたフィリピン国内の エージェンシー  【Illegal agency】とは POEA(海外労働庁)から認 可を得ていないフィリピン国 内のエージェンシー。  【Direct Hiring】とは 渡航先で直接仕事を申し込む こと。法律で現地のエージェン シーを利用する事は禁止。 表:渡航形態 4.ナボタス・インタビュー調査 4.1概要:渡航形態 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  9. 9. 9 表:トラブルの有無 表:トラブルの種類(複数回答可) 4.ナボタス・インタビュー調査 4.1概要:トラブルの有無と種類 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論 トラブルの種類 人数 契約書とは違う仕事を させられる 35 過剰労働 29 その他 14 差別 12 セクシュアル ハラスメント 6 visa の失効 4 Total 114
  10. 10. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.1概要:渡航形態とトラブルの有無 トラブル なかった あった Total Direct Hiringで 行っていない 42 46 88 Direct Hiringで 行った 15 0 15 Total 57 46 103  Direct Hiringで行く場合、 「現地先でのトラブルは 無かった」と答えた人が 15人全員だった。  Χ2検定を行い、有意水 準1%の確率で帰無仮説 が棄却されたので、対 立仮説「Direct Hiringの 選択によってトラブルの 有無に差がある」を採 択する。 表:Direct Hiringと渡航先のトラブル の有無のクロス表 10 Pearson chi2(1) = 7.5592 Pr = 0.006 Direct Hiringとトラブルの有無に関係が見られる
  11. 11. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.1概要:渡航形態とトラブルの有無 11 【Direct Hiringで行った人の共通している事柄】  知人や親戚などに紹介された家で直接雇用されて 働いたので、働き先について予め知ることが出来た。 【何故Direct Hiringは安全な渡航チャンネルなのか】 1. 家族や友人から体験談を聞き出せる。 2. 雇用者と直接コンタクトを取ることが出来、労働条 件に関して相談、交渉が可能。 (Fehl D, 2008) 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A)ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  12. 12. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.2出稼ぎ労働者の渡航前の情報収集 12  渡航前「友達から海外就 労に関する情報を得るこ と」とトラブルの有無との クロス集計とχ2検定を用 いて分析した。  有意水準10%の確率で帰 無仮説「友達と話す頻度 と渡航時のトラブルの有 無は関係が無い」が棄却 された。 トラブル 友達から 情報を貰 わなかっ た 貰った Total なかった 5 42 47 あった 13 41 54 Total 18 83 101 Pearson chi2(1) = 3.0973 Pr = 0.078 表:友達からの情報収集の有無と トラブルの有無のクロス表 友達との会話の使用の有無と トラブルの有無は関係が見られた。
  13. 13. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.3情報ネットワーク分析 13 【情報ネットワークの設定】 出稼ぎ労働者に「C3地区で渡航前に 出稼ぎに関する情報を提供して貰った 3人」を挙げてもらう。 点:C3地区に住んでいる人 矢印:出稼ぎに関する情報を与えた 【属性】 緑=出稼ぎに行った事がある103人 赤=家族(渡航歴あり) 青=家族(渡航歴なし) ピンク=友達(渡航歴あり) 黄=友達(渡航歴なし) 橙=隣人(渡航歴あり) Q.どのような人と繋がれ ば安全な出稼ぎに繋がる のか? 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A) ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  14. 14. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.3情報ネットワーク分析 図:ナボタスサント・ニーニョ村C3地区の海外渡航に関する情報ネットワーク (n=146)※名前は全て仮名。14
  15. 15. (1)ネットワークが密な部分 15 Q.知り合いが多い事と 安全な海外就労は関係しているのか? 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A) ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  16. 16. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.3情報ネットワーク分析 16  ネットワークが密なのに何 故トラブルの回避に繋がら なかったのか? 契約書と違う仕事をやらされた =赤 その他のトラブル=黄色、 トラブル無し=緑 【インタビュイーの記述により分かった理由】 (1)初めて出稼ぎに行った人同士で繋がっていた (2)トラブルのあった同じエージェンシーAを使用した 背景 目的と方法 既往研究 結果(A) 概要 結果(A) ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  17. 17. (2)Direct Hiringを使用した人のネットワーク 17 Q.Direct Hiringで行った人はどのような人か?
  18. 18. 18 【共通項】  Direct Hiringで行った人同士知り合いだった。  漁師同士だった。  海外で働けるための必要条件(健康診断等)の情報を共有し ていた。 4.結果(A)ナボタス・インタビュー調査 4.3情報ネットワーク分析 ※◇はillegal agencyを使用した人 (トラブルあり) ○がDirect Hiringを使用した人 (トラブルなし)  共通してDirect Hiringを利用 した人(全員トラブルなし)は どのようなネットワークの中 にいるのか? 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワー ク分析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  19. 19. 4.ナボタス・インタビュー調査 4.2情報ネットワーク分析:中心性の計算 19 渡航時のトラブルの有無に対して人との繋がりの強さは 関係があるか。  近接中心性:ある人から他の人まで,平均的にどれくらい近 いか (Beauchamp,1965)  Cc(i)= 𝑖以外の点の数 点iとほかの全ての点との距離の総和  他のノードへの最短距離の合計に、自分以外のノードの数を割る。  媒介中心性:ある点がその他の2点を結ぶ最短経路である 度合(佐藤,2006)  CB(i) = 点𝑖を通る経路数の総和 点𝑖を除く点の組合せ数 19 相関比(トラブルの 有無と近接中心性) 0.102 相関比(トラブルの 有無と媒介中心性) 0.091 人との繋がりの強さと安全な海外就労の間には関連性が 見られない。
  20. 20. 20  どういう人から情報を提供して貰えると安全な海外就労 に繋がるのか 4.ナボタス・インタビュー調査 4.3情報ネットワーク分析:結論 既に出稼ぎに 行っている友達 や家族 同僚 安全な出稼ぎ労働 知り合いが多い 初めて出稼ぎに 行った人 知り合いが多いことではなく、既に出稼ぎに行っている家族や 友人と知り合いだと安全な海外就労に繋がる (知り合いの質>量)。
  21. 21. 21 4.ナボタス・インタビュー調査 調査のまとめ 渡航先で トラブルなし 赴任国 学歴 渡航前の収入 個人属性 C3地区の出稼ぎ労働 者 媒介中心性が 高い 近接中心性が 高い 情報ネットワーク 渡航形態 Direct Hiring メディアを通じた 情報収集 友人からの 情報収集 ○ ○ × ×
  22. 22. 22 安全な海外就労 Direct Hiring そんなに単純な問題? 友人との会話 Direct Hiringなら本当に安全な海外就労につながるのか? Direct Hiringで行き入管に収容された人(Direct Hiringの失敗例) へのインタビュー 東日本入国管理センター【入管】はvisaが切れた外国人労働者を 収容する所。(1~2年収容)  1~2年で仮放免申請(不法滞在などで入国管理局に収容され、 強制退去処分や在留特別許可などを待つ外国人について身柄 の拘束を一時的に解く措置)が下りるまで出られない。 5.牛久・インタビュー調査 5.1概要 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・イ ンタビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  23. 23. 茨城県牛久市にある東日本入国管理センターに行きました。 23
  24. 24. 5.牛久・インタビュー調査 5.1概要 24 • 日本に就労した人にインタビューを行う。 • 対象:東日本入国管理センターに収容された10人のフィリ ピン人 ① ② 正規労働者として働いていたが もっと日本で働きたくて居残った =4名 初めからtourist visaで来て、 現地で仕事を探した =6名(Direct Hiring) 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・イ ンタビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  25. 25. 5.牛久・インタビュー調査 5.2結論 25  牛久の例:Direct Hiringの 失敗例  ナボタスの例:Direct Hiringの 成功例(全員トラブルなし) 【失敗の理由】 ①渡航前に周囲から日本で の就労体験談を多く聞き出 せなかった。 ②信頼できる者から仕事を 紹介して貰えなかった。 【成功の理由】 ①フィリピンにいる間もtext mailを通じて渡航先の情報 を得ることが出来た ②渡航者の友人、家族が雇 用先に仕事を斡旋して貰え るように頼めた。 安全な海外就労にはDirect Hiring+コネクションが必要 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・イ ンタビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  26. 26. 6.オンライン記事の分析 6.1海外就労のリスクの過小評価の理由  「不法就労(オーバーステイ)ありき」で来るフィリピン人 海外労働者はいずれ捕まり、牛久で長期間拘束される。  ただ、「ビザが取れない」、「オーバーステイしたらペナル ティが重い」という現実をもう少し渡航前に知るべきだっ たのではないか →何故、知ることが出来なかったのか? 【仮説:メディア(記事・広告)の影響】  根拠:牛久でのインタビューで、「フィリピン国内の雑誌や 新聞を読み、出稼ぎに行けば大金が稼げると思った」人 が全員 →フィリピンのメディアは海外就労に対して好意的な記事 ばかり報道しているのではないか? 26 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・イ ンタビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  27. 27. 6.オンライン記事の分析 6.2内容分析 27 【方法】海外就労に関する記事の内容分析  【対象】 PHILIPPINE HEADLINE NEWS ONLINE  インタビューで『渡航前の情報収集でよく利用していた』という 記述がある。  「OFW」(フィリピン人海外労働者)と検索してヒットした記事 183件(計1906文、9029単語)  【使用するソフト】 KH Coder  【分類】①「名詞」「動詞」「形容詞」 ②記事の内容の種類分け 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  28. 28. 6.オンライン記事の分析 6.3結果 28 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概 要 結果(A)ネッ トワーク ①概要 ネットワーク 分析 定性分析 (b)牛久・イ ンタビュー オンライン 記事の内容 分析 結論  動詞の分析  「海外就労における行動」を示す 単語の出現頻度が高い。(例:「行 く」「送られた」)
  29. 29. 6.オンライン記事の分析 6.3結果 29  名詞の分析  「首相・海外就労に関する組織」を 示す語の出現頻度が高い。  アロヨ前大統領・エストラダ元大統 領が労働者を褒めた事について の記事が多い。 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  30. 30. 6.オンライン記事の分析 6.3結果 30  形容詞の分析  「否定的」な単語(「negative」や 「poor」)が全体の約3%  「肯定的」な単語(「good」等) が 全体の約10% 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネット ワーク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事内容分析 結論
  31. 31. 6.オンライン記事の分析 6.3結果:記事の種類分け 31  海外就労に対して肯定的な 記事(海外就労褒め称える、 GNP・送金額増えた)は計 51件  海外就労に関する注意喚 起やマイナスな情報(病気・ 死亡、逮捕、仕事減った)を 伝える記事を計14件 表:記事の種類 海外就労に関するネガティブな 記事よりはポジティブな記事が 多い。 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論 記事の種類 数 海外就労の為のサービス設置・税金免除等 58 受入国について 25 海外就労褒め称える 29 GNP・送金額増えた 22 派遣 7 安全な国を知らせる 6 個人の功績 6 病気・死亡 5 逮捕 5 危険喚起 4 帰還した 4 エージェンシーについて 4 仕事減った 4 禁止事項について 2 無事を知らせる 2 計 183
  32. 32. 32 既に出稼ぎに行っている家族や友人と知り合いだと 安全な海外就労に繋がる。 7.結論 フィリピン人海外労働者 労働者個人のトラブル対策がブラックボックス Direct Hiring 友人との 会話 既に出稼ぎに行って いる友人や家族 の出稼ぎ先の紹介 (つまりコネ) 安全な 海外就労 と関係 メディアの 影響 そもそも 海外就労の リスク認知が 何故しにくい か? OFWに関する 肯定的な記事 マイナスな情報を 与えない
  33. 33. 33  フィリピン政府はエージェンシーを通じた公式な移民を 推奨しているが、移民にとってエージェンシーよりは 人的ネットワークが安全な海外就労に対して有効。  エージェンシーがネットワークの役割を果たそうとせずに 労働者に向けて (1)どのようなネットワークを作成した方が良いか (例:就労経験がある人と繋がる等) (2)どのような問題が移民した先で発生するか (例:中東で働く場合訴訟や逮捕が多い) についてアドバイスをしたほうが、安全な海外就労に 繋がっていくのではないか。 7.結論 7.2安全な海外就労の為に公的機関がすべき事 背景 目的と方法 既往研究 結果(A)概要 結果(A)ネットワー ク ①概要 ネットワーク分 析 定性分析 (b)牛久・インタ ビュー オンライン記 事の内容分析 結論
  34. 34. 参考文献  青木 秀男「フィリピン(労働力の送出・受け入れについて)」『アジア太平洋レビュー』2009年12月24日、 1―23ページ。  太田麻希子「重層する戦略の場としての住民組織マニラ首都圏のスクウォッター集落住民組織における女性の活動事例から」『アジ ア研究』Vol. 55, No. 3,2009年6月, 79ページ。  佐藤忍「グローバル化で変わる国際労働市場 ドイツ、日本、フィリピン 外国人労働力の新展開」明石 書店、2006年  佐藤 恵介「大規模ネットワーク解析・可視化プログラムPajek」北陸先端科学技術大学院大学知識科学 研究科、 2006 年11 月7 日  佐藤 忍 『フィリピンからみた外国人労働問題研究の現在』大原社会問題研究所雑誌、No.529(2002年 12月)、1―10ページ。  盛山和夫「社会調査法入門」有斐閣ブックス、2004年  Bruce A. Lindquist, Systems and Social. Process of International Movement from the Philippines, Master‘s Thesis, University of Hawaii, 1991.  Gordon F. De Jong et al.(1983), International and Internal Migration Decision Making:AValue-Expectancy Based Analytical Framework of Intensions to Move from a Rural Philippine Province, in: International Migration Review, Vol.17 No.3, pp.470-484.  Jon Goss, Bruce Lindquist(1995), Conceptualizing International Labor Migration:A Structuration Perspective, in: International Migration Review, Vol.29 No.2, pp.317-351.  Dean Tiburcio Alegado(1992), The Political Economy of International Labor Migration from the Philippines, Ph.D thesis, Political Science, University of Hawaii.  Luthke, M. F., & Cropley,A. J. (1990). Decision-making and adjustment difficulties:A counselling strategy for working with Migrants1. Australian Psychologist, 25(2), 147-164. 34
  35. 35. Thank you for listening! 35

×