熱中症対策セミナー

951 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
951
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
152
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

熱中症対策セミナー

  1. 1. 熱中症対策セミナー
  2. 2. 犬は寒さに強い動物・温かい被毛に覆われている・余分な体温の低下を防ぐために体表には汗腺がほとんどない (肉球のみ汗腺がある)・体温調節のほとんどを呼吸器に頼っている とにかく、暑さに弱い生き物
  3. 3. 熱中症になりやすいケース
  4. 4. ①車内での留守番 犬の熱中症の原因で一番多い。 夏の日中、車内は50℃を簡単に超える。数分で熱中症になる事も。 「ちょっとだけ」が命取りに!!②閉め切った室内での留守番・真夏にエアコンをつけずに外出。・カーテンをせず直射日光が室内に入る。・ケージに入れているので、犬が自分で涼しい場所へ移動できない。
  5. 5. ③蒸し暑い日に屋外で過ごす・炎天下の中、外で長時間遊ばせる。・直射日光のあたる場所に繋留する。④暑い日、暑い時間帯での散歩犬は人間よりも地面との距離が近い→照り返しによる放射熱を受けやすい。真夏のアスファルトは50℃を超える熱さ→肉球を火傷してしまう事も!!
  6. 6. 熱中症になりやすい犬
  7. 7. ・短頭種シーズー、パグ、ペキニーズ、フレンチブル、ブルドッグなど・北方原産の犬シベリアンハスキー、サモエドなど・肥満の犬皮下脂肪のせいで熱が体内にこもりやすい。脂肪で気管が圧迫される→呼吸による体温調節がダウン・子犬、老齢犬体温調節の機能が低下している。・毛色が黒い犬日光の熱を吸収しやすい。
  8. 8. 熱中症の症状
  9. 9. ・パンティング(ハァハァと浅く速い呼吸)・目が充血して、元気がない。・呼吸が速く粘り気のあるヨダレを流す。・体温が40℃を超え、ぐったりしている。・下痢、嘔吐する。・痙攣、発作を起こす。
  10. 10. 熱中症になってしまったら・・・
  11. 11. 〈意識がある場合〉 涼しい場所に移動させて水をたくさん飲ませて水分補給する。 スポーツドリンクなどを2倍程に薄めて飲ませると効果的。 冷水で濡らしたタオルを体にかける。体の冷やし方 保冷剤を使って首や脇の下、内股などを冷やす。 風呂場や流し台で体全体に冷水をかける。※体温は下げすぎないよう、こまめに体温測定を。39℃付近まで下がったらなるべく早く病院に連れていく。〈意識がない場合〉 冷水をかけるなどの応急処置を行いながら病院と連絡を取り一刻も早く病院に連れていく。
  12. 12. 大切なのは・・・・ とにかく体を冷やす事!!!!一番大切なのは・・・ 慌てないこと!!!! 意識がないことに慌てて応急処置を何もせずに病 院へ向かえば途中で症状が悪化しかねない。
  13. 13. ところで・・・犬の体温ってどうやって測るの?
  14. 14. 通常、犬の体温は直腸温といって肛門に体温計を入れて測ります。①体温計にカバーをつける(なければサランラップを巻いてもよい)②犬の尻尾を持ち上げ肛門に先端を入れる(やさしく回転させながら、1㎝ほど入れる)③測定スイッチを押す
  15. 15. 熱中症にならないために
  16. 16. ①留守番させる場合・・・・室内の風通しに気をつける・エアコンをドライ(除湿)モードでつける・飲み水の量や場所に気をつける・温度の上がりやすい場所にサークルを設置しない・ペット用のクールマットや、水を入れて凍らせたペットボトルを置く 突然の停電やエアコンの故障でも安心 温度だけでなく、湿度にご注意を! 犬は体温調節のほとんどを呼吸による気化熱に 頼っている。湿度が高いと空気中に水分が移動 できず気化熱が発生しにくく、体温は下がりにくい。
  17. 17. ②車で出かける場合・・・とにかく、車内に一人で留守番させない!!!真夏の日中、窓を閉めた車内は50℃を超える暑さになり、わずか数分の留守番が命取りになる。③日中の長い散歩はやめましょう夏場のお散歩は早朝か夜が良い。夕方になって暑さが和らいだように感じても、アスファルトはかなり長い時間熱を持っているので注意が必要。どうしても散歩の時間が日中になってしまった場合は、公園などの草地に行ったり、日陰の多いコースを選びましょう。散歩中は水で濡らした服を着せるのも効果的。それでも 日中の散歩は短めに切り上げましょう!!!※散歩中の休憩や水分補給も忘れずに
  18. 18. 最後に・・・
  19. 19. 熱中症は飼い主が正しい知識をもって、しっかり予防すれば防げる病気です。それでも、万が一愛犬が熱中症になってしまった場合は、決してパニックにならず適切な応急手当てを行って、病院に連絡をして下さい。 皆さん、可愛い愛犬と 良い夏を(^-^)!!

×