愛するペットのために…Vol.352動物医のアドバイスダイアリー73 2013.3 皆さん、最初に犬を飼おうと思ったとき、「うちにはどんな犬が合っているんだろう」と悩まれたことはないでしょうか? 現在、小型犬から超大型犬までさまざまな種類の犬が...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

時局352

377 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
377
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

時局352

  1. 1. 愛するペットのために…Vol.352動物医のアドバイスダイアリー73 2013.3 皆さん、最初に犬を飼おうと思ったとき、「うちにはどんな犬が合っているんだろう」と悩まれたことはないでしょうか? 現在、小型犬から超大型犬までさまざまな種類の犬がペットショップやシェルターにいます。各家庭のライフスタイルも考慮して、犬を検討していくことが重要です。 まずは、今のライフスタイルが犬を飼える状況かどうかを判断します。犬を迎えたら、十五年近くは一緒に生活することになります。その間、多くの時間とお金を犬のために使わなければいけません。最期まで責任を持って犬と一緒に暮らしていけるのかどうか、しっかり考えましょう。「かわいいから」だけでは、犬と生活してはいけません。 犬を迎えると決めたら、大きさ、メスかオスか、子犬か成犬かを検討した上で、どこから犬を入手するのかを考えます。今回はこの入手方法についてお話ししましょう。 日本ではペットショップで購入することが一般的ですが、海外ではペットショップは存在せず、シェルターにいる犬を引き取って育てることが一般的になっている国もあります。日本にもいくつかの愛護団体が存在しており、定期的に里親会などを行っています。 こうした愛護団体には、さまざまな理由から保護されている犬がたくさんいます。犬たちが保護されている理由は、ペット不可住宅への引っ越し、ライフスタイルの変化からの飼育放棄など、人間の都合によるものが多くを占めています。また、ペットショップやブリーダーの廃業によって、行き場をなくしてしまった犬たちもいます。 ペットブームと言われている裏側でどういったことが起きているのか、知っていくことも犬たちと暮らしている私たちの義務ではないでしょうか。そして起こっていることを伝えていくことも必要であると考えています。 この事実が広まって、「ペットショップに犬を見に行こう」というのが「里親会に犬を見に行こう」という流れになっていけば、飼育する側の選択肢も広がり、救える命も増えていきます。 里親会が人と動物をつないでいく〝未来のペットショップ〟になればいいな、と思います。【未来のペットショップ】松波動物病院メディカルセンタートレーナー 藤原優紀

×