Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

TOC:根幹となる基本的仮定からの説明

4,719 views

Published on

・ものごとはそもそもシンプルである。
・現実には対立など存在しない!
・人はそもそも善良である。

本資料には、
これらTOCの根幹をなす仮定と、
TOCの思考ツールの関係が示されています。

Published in: Education
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

TOC:根幹となる基本的仮定からの説明

  1. 1. キャシー・スエルケン 教育のための TOC 会長 ⓒ December 2004, 2008 翻訳 飛田 基
  2. 2. <ul><li>一方の答え: TOC とは マネージメントの哲学である </li></ul><ul><li>「哲学」とはどういう意味でしょうか? </li></ul><ul><li>ギリシャ時代の定義:理論的あるいは実用的な知恵あるいは、物事とその原因の知識を愛し、研究し、追求すること。 Miriams-well.org/glossary/index. </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  3. 3. <ul><li>なぜ知識を追求する必要があるのでしょうか?物理学者、著者、 TOC の発明者、そして、教育のための TOC の創始者でもあるエリヤフ・ M ・ゴールドラット博士による 引用。 </li></ul><ul><li>「われわれの世界を理解することそのものは、追求すべき対象ではありません。 </li></ul><ul><li>  私は、世界をより良くするために、そして人生をより意味のあるものにするために、知識を追求すべきであると信じています。」      ザ・ゴール </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  4. 4. <ul><li>世界をより良くするために、私たちは知識を追求すべきでしょうか? </li></ul><ul><li>その方法をしらなかったら、何かをより良くすることはできるでしょうか? </li></ul><ul><li>改善を何度でも繰り返しもたらすことができるような方法 、 つまりプロセス が必要ではないでしょうか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  5. 5. <ul><li>TOC によると、継続的に望みの改善効果を得るには、以下の3つの質問に答えることができなくてはな りません 。 </li></ul><ul><li>何を変えるのか? </li></ul><ul><li>何に変えるのか? </li></ul><ul><li>どうやって変えるのか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  6. 6. <ul><li>TOC を、そして TOC がとてもパワフルである理由を 理解するためには、私たちは TOC の根幹をなす 仮定を理解しなくてはなりません。 </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008 仮定 仮定 仮定 仮定 仮定 仮定 仮定 仮定 TOC
  7. 7. <ul><li>私たちはシンプルなアプローチと、複雑なアプローチどちらを探すべきでしょうか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  8. 8. <ul><li>どうしたらシンプルなアプローチを見つけることができるでしょうか? </li></ul><ul><li>私たちが遭遇する複雑な問題の中に隠れているシンプルさを見つけることは可能でしょうか? </li></ul><ul><li>学校でたまに見られる問題について考えてみましょう。 </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  9. 9. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 それぞれの円は、これらの問題の1つ1つを表しているとしましょう。例えば: 1. 宿題をやらない生徒がいる。 2. 中退する生徒がいる。 3. 成績の達成度が低い生徒がいる。 4. 多くの場合、生徒は学校で習うことに興味を持たないし、実生活と関連があるとは思わない。 5. しつけや行動に問題がある。
  10. 10. <ul><li>これらの問題に、われわれは普通どうやって対処するでしょうか? </li></ul><ul><li>これら1つ1つを分けて考え、それぞれに委員会を立ち上げたりしないでしょうか? </li></ul><ul><li>もし、これらの問題をつなげ、もっとも効果がある1つの問題だけに集中して取り組み、それが他の問題解決にも効果があるとしたらどうでしょうか? </li></ul><ul><li>多くのことに集中するのと、1つのことだけに集中するのとどちらがよりシンプルでしょうか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  11. 11. 4 1 5 2 3 <ul><li>1. 宿題をやらない生徒がいる。 </li></ul><ul><li>2. 中退する生徒がいる。 </li></ul><ul><li>成績の達成度が低い生徒がいる。 </li></ul><ul><li>多くの場合、生徒は学校で習うことに興味を持たないし、実生活と関連があるとは思わない。 </li></ul><ul><li>しつけや行動に問題がある。 </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  12. 12. システムA:従来の慣行 システム B : TOC © TOC for Education, Inc 2004, 2008 問題を分けて考え 互いに関連性はないとみなす
  13. 13. システムA:従来の慣行 システム B : TOC © TOC for Education, Inc 2004, 2008 因果関係のロジックを使って、問題間の関係を見つけ、多くの問題にではなく1つの問題にだけリソースを集中させる
  14. 14. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 <ul><li>「どのような複雑なシステム/環境にもシンプルさが内在している…。そして、システムを管理、制御、改善するための最高の方法とは、そのシンプルさを最大活用することである」 </li></ul><ul><li>ザ・ゴール の20周年記念 インタビューより </li></ul>
  15. 15. 4 1 5 2 3 © TOC for Education, Inc 2004, 2008 うん、でも…仮にどの問題に集中すべきか分かったとしても、その問題をどうしたらよいのかいつも分かっているわけではないでしょう?私たちはそれをどのように使っていったらよいか、つまり「最大活用」できるか知っていますか? 多くの場合 生徒は学校で習うことに興味を持たないし、実生活と関連があるとは思わない。 どうしてこれを直せないのでしょうか?我々が学習と実生活を関連付けたくないからでしょうか?それとも、何か他の障害があるのでしょうか?
  16. 16. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 TOC にはこのような問題を定義し、分析するためのツールがあるでしょうか?
  17. 17. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 試験に合格 するために必要なことを教える 生徒は学習に 意欲的である 生徒は 試験の準備が できている 生徒にとって 興味深く実生活に関連がある ことを教える すばらしい 教育を授ける 両方を やれる時間は な い 教育ポリシーに 従わなくては ならない 多くの場合 生徒は学校で習うことに興味を持たないし、実生活と関連があるとは思わない。 生徒は試験の 準備ができている
  18. 18. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 試験に合格 するために必要なことを教える 生徒は学習に 意欲的である 生徒は 試験の準備が できている 生徒にとって 興味深く実生活に関連がある ことを教える すばらしい 教育を授ける 両方を やれる時間は な い 教育ポリシーに 従わなくては ならない 多くの場合 生徒は学校で習うことに興味を持たないし、実生活と関連があるとは思わない。 これらは良いこと でしょうか?
  19. 19. <ul><li>大半の人は、いい人であり、意味ある要望を満たすことができるような、価値ある目標を達成するために努力しているものです。 </li></ul><ul><li>それなのになぜ、ツリーの下側は良いことで… </li></ul><ul><li>ツリーの上側はあまり良くないことなのでしょうか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  20. 20. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 L L L L L それは、途中のどこかに負の結果を引き起こす原因 、 つまり対立 があるからでしょうか? もし対立を取り除く方法があったとしたら、その対立は現実に存在することがあるでしょうか? 学校の例の範囲で対立を検証してみましょう。
  21. 21. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 試験に合格するために 必要なことを 教える 生徒にとって 興味深く 実生活に関連があることを 教える 両方をやれる 時間はない 教育ポリシーに従わなくてはならない 生徒は学んでいる 内容を面白いとも 自分に関係があるとも 思っていない 何に変えるのか? この対立を取り除くことができる解決策 私たちは、追加の指導時間を かけずに 、それでいて生徒が日々の生活との関連性を見出せるような方法で必要な内容を伝える方法を使います。 この対立を 説明できる仮定
  22. 22. <ul><li>対立とは人生における真実なのでしょうか…それとも </li></ul><ul><li>私たちの認知に基づいた、人生の見方なのでしょうか? </li></ul><ul><li>対立は、私たちのものの見方だけが唯一正しいと考える(仮定する)ために存在しているのでしょうか? </li></ul><ul><li>現実は本当にある1つの見方によってのみ構成されているのでしょうか…たとえば私の見方、あるいはあなたの見方といったように? 異なる見方が衝突するときに、対立を経験するのではないでしょうか? </li></ul><ul><li>それでは、両方の見方を単に認めるだけではなく、威厳さえつけるような方法で現実を考える方法があったらどうでしょうか? </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  23. 23. 現実を見るための新しい方法 一方の行動を 採用する 他方の要望を 満たす 一方の要望を 満たす 状況に 効果的に 対処する 他方の行動を 採用する -- 人を名指しで批判することなく、重要な要望を妥協せずに、対立している認識を取り除くことができ る ような方法で異なる見方を分析する手法です。 どうやって変えるのか © TOC for Education, Inc 2004, 2008
  24. 24. <ul><li>現実には対立など存在しない! </li></ul><ul><li>対立は、私たちの現実の認識の仕方が異なるために存在しているのです。「なんであれ、あなたが真実であると仮定しているものは、あなたには本当に見えるのです。」 ロバート・アンソニー </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  25. 25. <ul><li>TOC では、これらの仮定に基づいた非常に パワフルな思考ツールがあります。 </li></ul><ul><li>どのような環境/システムに も シンプルさが潜んでいる。 </li></ul><ul><li>大半の人は良い人であろうとしている。 </li></ul><ul><li>現実には対立など存在しない。 </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  26. 26. <ul><li>TOC では、ある目的のために知識を使います。 </li></ul><ul><li>ゴールドラット博士によると… </li></ul><ul><li>「私たちが公言しているゴールは、知識をつくりあげ、普及させることです。 おそらく別の方法で表現する方が、このゴールを明瞭にお伝えできるでしょう。私たち から見ると 、知識を作り、広めていくことは、以下のことと同じです。 </li></ul>© TOC for Education, Inc 2004, 2008
  27. 27. © TOC for Education, Inc 2004, 2008 そして 人々の目に輝きを取り戻すこと
  28. 28. © TOC for Education, Inc 2004, 2008
  29. 29. <ul><li>Be the change you want to see in the world </li></ul><ul><li>( 理想の世界があるのなら、それをつくるのはあなたです ) </li></ul>

×