30分でできる!「アウェイ」でTOCfEを広めるための「追体験アプローチ」_2014tTOCfEシンポジウム_06

928 views

Published on

30分でできる!「アウェイ」でTOCfEを広めるための「追体験アプローチ」

TOCfEの名前を出した勉強会ではTOCfEを知っている人ばかり。私たちは参加者がTOCfEもTOCも知らない人が多いアウェイな場で、TOCfEを使ってみたいと思ってもらえるセッションをしてきました。
場面は二千人規模のITエンジニアが集う、最新の技術についての知識交流を行うカンファレンス「Developers Summit」。TOCfEの話ができるのは実質30分程度という短い時間で、TOCfEを使ってみたいと思ってもらうために私たちが考えたのは「追体験」。現場での問題を取り上げ、最初に描いたクラウドから修正?解決策?実施した結果までの流れを考えた事・葛藤・思い込みを交えて話し、参加者の方々が今問題に取り組んでいる気持ちになれるような発表を行いました。
その「追体験」ストーリーを10分間に凝縮してお伝えします。

Published in: Education
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
928
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
123
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

30分でできる!「アウェイ」でTOCfEを広めるための「追体験アプローチ」_2014tTOCfEシンポジウム_06

  1. 1. こんにちは
  2. 2. TOCfE Boot Camp からきました
  3. 3. 2011年 夏 京都 4日間
  4. 4. 2012年9月 XP祭り:セミナーとワーク (早稲田大学) 2012年4月:クラウドを書いてみるワーク (オラクル青山センター)
  5. 5. 自らも問題 解決
  6. 6. 2012年 年の瀬
  7. 7. 遅刻!
  8. 8. 喧々諤々
  9. 9. 因果関係 明瞭性 十分性
  10. 10. 黙って眺める
  11. 11. 急に 問題の構造 が頭の中に 入ってきた
  12. 12. IT技術者が 集まる イベント
  13. 13. No Idea!
  14. 14. 人の思考を追う →問題解決でき た気になった 追体験?!
  15. 15. 仲間と一緒に困る
  16. 16. 同じツール を使う仲間
  17. 17. 正確な使い方 << 使えるツール
  18. 18. 「どうやったの?」
  19. 19. 仲間 が増える!
  20. 20. かわのさん お願いします
  21. 21. 前提 当日の内容を クラウドの予備知識がある方向けの 短縮バージョンで
  22. 22. 背景 2013年、ECサイトの 顧客サポート をしていた時の話
  23. 23. 顧客サポートの現場は お客さんに ・怒られてばかり・・・ ・言われるがまま・・・ ・夜遅くまで全力で対応・・・ しかし感謝もなく、毎日が ストレスだらけ! 腹立つ!!
  24. 24. これを クラウドで解決した話を 追体験!
  25. 25. 実際の話 私は30件程の保守の案件を抱えています。 そのうち、とあるA社は、至急で対応してくるように、 いつも言ってきます。 そのため、急な割り込みにより作業が 中々進まないためにイライラする毎日でした。
  26. 26. ステップ1 読む! 作って D’:行動 B:要望 C:要望 A:共通目標 D:行動 立場1 立場2 共通目標 要望 要望 行動 行動 問題
  27. 27. 作ってみた D':対応を 後回しにする B:仕事を 早く片付ける C:仕事の 邪魔をされない A:円滑に業務 を進める D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 共通目標 要望 要望 行動 行動 理想的な 状況は? 対立する 2つの行動は? 動機は? 至急の問い合わせが多い事一体何にモヤモヤ しているのか? 動機は?
  28. 28. 次は 読んでみた
  29. 29. 読んでみた D':対応を 後回しにする B:仕事を 早く片付ける C:仕事の 邪魔をされない A:円滑に業務 を進める D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 ①③~ためには~必要がある。 ②④~ためには~べきだと感じる 共通目標 要望 要望 行動 行動 同じ内容? 違和感? ① ② ③ ④ しっくりこない・・・。
  30. 30. 内容を修正 D':対応を 後回しにする B:お客さんを 安心させる C:仕事を予定 通りに進める A:お客さんと 良い関係を築く D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 共通目標 要望 要望 行動 行動 見直すと? 得たい物は? 視野が広がった・・・! 得たい物は? 要望とは、得られる物、満たされる物
  31. 31. 直したら・・・ D':対応を 後回しにする B:お客さんを 安心させる C:仕事を予定 通りに進める A:お客さんと 良い関係を築く D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 共通目標 要望 要望 行動 行動 ~ためには~必要がある。 ~ためには~べきだと感じる
  32. 32. なぜならば なぜならば 共通目標 要望 要望 行動 行動 ステップ2 D’:行動 B:要望 C:要望 A:共通目標 D:行動 解決! 立場1 立場2 解決! 解決! ヒントを 探して
  33. 33. 解決策1 D':対応を 後回しにする B:お客さんを 安心させる C:仕事を予定 通りに進める A:お客さんと 良い関係を築く D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 なぜならば・・・ 障害が取り除かれないと不安だから 共通目標 要望 要望 行動 行動 ・お客さんの不安を聞き、不安解消の手を打つ ・定期連絡を取る(1時間ごと、1日ごと) 不安に させない 方法は? できそうな感じ!
  34. 34. 解決策2 D':対応を 後回しにする B:お客さんを 安心させる C:仕事を予定 通りに進める A:お客さんと 良い関係を築く D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 なぜならば・・・ 割り込みにより仕事が中断する事で 予定が崩れてしまうから 共通目標 要望 要望 行動 行動 ・期限を伝え、後で行えるか順番を調整する 中断させ ない方法 は? これもできそう!
  35. 35. 共通目標 要望 要望 行動 行動 解決策3 B:お客さんを 安心させる C:仕事を予定 通りに進める A:お客さんと 良い関係を築く D':対応を 後回しにする D:すぐに 対応する 立場:自分 立場:自分 何をしているかを 日次報告する 安心させつつ予定通り進めるには? ちょっとめんどう・・・
  36. 36. 解決策が出たので やってみた
  37. 37. やってみた1 ふと社内を見渡すと、タスクボードが・・・ これを使おう! 日次報告
  38. 38. 分かり易くすると 問い合わせを状態で振り分け 未着手 着手 完了 問い合わせ1 問い合わせ2 問い合わせ3 問い合わせ4 問い合わせ5
  39. 39. やってみた2 お客さんの不安を聞いて、メモっておこう! 期限をつけて、後回しにできるか相談してみよ う! 不安解消 順番調整
  40. 40. 先ほどのタスクに 不安要素と期限を追加 未着手 着手 完了 問い合わせ1 問い合わせ2 問い合わせ3 問い合わせ4 問い合わせ5 不安要素1 不安要素2 【2/20まで】 【2/27まで】 【2/15まで】 この内容を日次メールで連絡
  41. 41. 結果は・・・ 至急の対応要請が 激減! うれしい!
  42. 42. なぜ? ・今何をしているのか ・お客さんの不安、懸念 が分かるようになったから。
  43. 43. そうすると・・・ コミュニケーションが生まれる 相談がしやすくなる 話しやすい 関係!
  44. 44. 結局のところ・・・ 実際にやった事って とっても簡単な事
  45. 45. なぜならば なぜならば 共通目標 要望 要望 行動 行動 何をしたかと言うと・・・ D’:行動 B:要望 C:要望 A:共通目標 D:行動 立場1 立場2 これらの思い込みを崩しただけ。
  46. 46. 私の思い込み ・至急って言われたらすぐに対応しなければならない。 ・システムは完璧でなければならない。 ・タスクボードは社内で使う物と思っていた。
  47. 47. 最大の思い込み ・あいつらは人間じゃない。 敵だ!
  48. 48. つまり これらの思い込みを崩す事で 行動が変わった! (全力ですぐに対応 → 報告、連絡、相談)
  49. 49. 問題は 思い込みを崩すだけで、 簡単に解決できる!
  50. 50. そして… TOCfE BootCamp メイド長 大和 3分間で48枚のスライドです。
 覚悟して聴け
  51. 51. 今回のチャレンジ その1
  52. 52. Not ツールの習得
  53. 53. 興味の喚起
  54. 54. 問題解決の楽しさを
  55. 55. 問題解決できることを
  56. 56. 追体験
  57. 57. 良くある(?)TOCfEの イベント
  58. 58. 使い方を教える 解説をする
  59. 59. 良くある フィードバック
  60. 60. いい話をありがとう
  61. 61. でも、やんない
  62. 62. おまえらに やれると思わせたい
  63. 63. 今回のチャレンジ その2
  64. 64. TOCと無関係 IT技術カンファレンス
  65. 65. クラウド クラウドコンピューティング
  66. 66. ブランチ バージョン管理システム
  67. 67. 主な話題
  68. 68. 話題 技術 や 開発プロセス
  69. 69. Not 人と人の問題 (言い切ると怒られるけどね…)
  70. 70. でも、やってきた
  71. 71. アンケート結果
  72. 72. だまされた!と思うほど カンタンなことですね。 アンケート結果 1/5
  73. 73. 気持ちこもってました ありがとうございました アンケート結果 2/5
  74. 74. 常に客観的に自分を見る 第三者になれる自分が 必要なのかも! アンケート結果 3/5
  75. 75. ちょうどお客さんとケン カしたばかりだったので、 とても参考になりました。 アンケート結果 4/5
  76. 76. ブースは 一方
  77. 77. 人が来ません
  78. 78. でもね
  79. 79. 来たら帰りません!
  80. 80. 自分の問題を語るから
  81. 81. その場でクラウドを 描き始めるから
  82. 82. もうひとつ アンケート回答で
  83. 83. コスプレに対する説明 がない! アンケート結果 5/5
  84. 84. 正装です!!
  85. 85. 戦闘服です!!
  86. 86. 私が楽しいから
  87. 87. そして
  88. 88. 絶対に忘れられない
  89. 89. 結論
  90. 90. 使い方や結果 よりも
  91. 91. 使っているときに
  92. 92. 何を思い 何を考えた
  93. 93. 興味が湧きます
  94. 94. Good Luck!!
  95. 95. Good Luck!!
  96. 96. It’s Not Luck!!

×