Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UE4 パーティクルへのライティング(後半)

26,565 views

Published on

第2回 Unreal Engine4 勉強会で講演した際の後半パート
『パーティクルへのライティング』の資料になります。
(実演と口頭での解説をカバーするために追記しています)

半透明のライティング周りの設定はかなりややこしいので、半透明を主に扱うエフェクト担当の人以外はそこまで気にしなくて良いかも知れません。

ちなみにスライドの元はパワポ書類ですが、SlideShareで文字のフチや背景ロゴといった半透明表示が失われてしまい、とても見難い感じになっていますがご了承ください。

Published in: Art & Photos

UE4 パーティクルへのライティング(後半)

  1. 1. 第2回 Un「eaー Engine4' 勉弓蛍会 凵E4'の丿這ーテノrク丿ーノ工フエクi丶 2又ヨ又工Zて 巨 (薔菱睾薯竿
  2. 2. 第一音B ノヾーテイク丿ーノエフエク卜のマテ'丿ア丿'“ 第二立B 謳 。 一 , 一ノ“一 ング` ノ丶ーナノ. ク丿ーノへ のフ ーずイ
  3. 3. 鼻〟繍一立B 弟一ロ 丿 ヾ一テイク丿レへのラノ「テイング` (主ー二半透日月のライテイング`周〝丿ー二つL丶て)
  4. 4. {〟"{〟〟縄ー〔 』 ー ー 一}」{』一一ーー一一ー干 L ^] =ー一=
  5. 5. ” 一一ー{ー}一ー〟一】〟ー〟 ”{}〕ー〝 ー〝 {仙」帆吶〝 ー]〕, 』}ーーー”】【』ー { ,縄 ー
  6. 6. 。' 基本色 スぺキュラ 。ゝ ラフネス 。・ エミ-ンシプ色 0' ワー丿レド位責オフセ'ン ト アンピエン 卜ォク丿レージョン ~"yヾ『 y【 `ーyy-ry=【 一]ー】,ーー一ーー_】〝^^ = 〔 ・ † 「y】"=ー典cV竄y V 〝~レ〝dn y 工mー繍 "臼」ー'〈nn"〟 y ー 癖撤 一}{ーー〔〝ーーー一}ー{一ー_ー ー
  7. 7. 〝芋ヰ ぺ一スマテ'丿ア丿レの「言受定ーニつし丶て 言羊細ウインドウー 二ーま合成モ一ドの言受定のイ也 ライティング`周L丿の言受定や半透日月専用の言受定ブよど 重要な言受定エ頁目ヵヾ享尺山並んでし丶ます まずーま主な言受定エ頁目を上ヵ丶ら]ー頂ー二角軍言兒してし丶きます
  8. 8. ~ ぺ一スマテ'丿ア丿しの言受定ー二つし丶て ※マーケ`ン卜で『C。ntent Exsampーes』をDLして 『 Mate「iaー一P「。pe肬ieS・umap 』のレぺ丿レを開し丶て サンフ〝丿レを石崔言忍しなヵヾら言売み進めてみてくナ三さし丶
  9. 9. 『翼 {す }ー- {』{[ ーーー ^ {一{ ー},{ 【一{ー ーー一{ーー一一】一 一 ー 」一`ー`= 讐 逐 剛 d 〝 牌 B 薫 則 ` 鋤 攣 〇 鱒 M }一 ー{ 〕ー】}
  10. 10. ~ ぺ一スマテ'丿ア丿レの言受定ー二つし丶て まナニ、下言己フ`ログ`の言己事も言売んでみて〈ナ三さL丶 httpニ//e仔ect.hatenabー。g-C。m/ent「y/20ー 4/ー 0/27/0240ー 。 ゲ一ム工フェクトデザイナ一のフ`口グ`(UEム) K$F'3 _一 ',〝 _髑 " 〝一〝 =《_"`〝 _ `_ゝ〝_ フ口士 ' 「 k縄 】 藻二C`一 埴篆冬マテリア丿レ入カの各ホ一トーこつし丶て 青昆 鱧(^ -” 「 … 巳 〕一 〈ぞ丿'一-,`二 ダ〔わ-ーe【aー`}二ju_ 一 寶茎 +ニ〝汽【亡'ニ蒼 憧霧
  11. 11. 『今 ぺースマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 f丶都 r管〟'『二管 垢”i “…〟『 [ 寶ゴ“ i〝ー”ー 〟麦繍 i Fー 一マテ'丿ア丿しの手重美頁一
  12. 12. D^ 鱧 どー 弩~'〟曇す'寶”寶'享縄「璽〝「言静〝 〝,〟『 ・ ー_`:` `:` 『ゝ 含 ノ 麦` 昼~~丶 ` ”寶一 De ferred De鱒ー 憂`g〝丶 〒〝〝c叉丶〟〝
  13. 13. 〝芋 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 デ力一丿レで‡受景彡しナニし丶ケースーまイ夜ーjえーま-' 血痕F焦ーヂ昆亦『金充痕F足足亦、などなど デ力一丿しー二もBーend M。deヵヾ色々あつて 基本白勾ー二半透日月であL丿つつ享去糸泉マ`ンフ遭も未ーj用できます
  14. 14. ャ卜+掌 ネ_{一一}一 ]十`計』ナ 〝 一_ー{〟_一一〟一一,ー〟 }{}〕ー〟 ー〝 盲ゞ『 傳 一岬† 〝一"] 』]]〕 』一】 ーニ一繍 L縄 ー
  15. 15. 〟芋ヰ ぺースマテ'丿ア丿し『iwateriaー』 『「 。paque "不透日月 『『 Masked ・・不透日月〈‡友きあ叫丿) 『『 Transーucent -'半透日月 `〝 AddtiVe "力ロ算 「『 M。duーate ・ ・乗算(ライテイング`ーまサポ一ト外〉
  16. 16. 〇 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Materiaー』 乗算を除き`半透~日月でもライティング`可肯巨です Maskedーま不透明ですヵ離透日月音B分を‡旨定できます ー・ー 一 BーendM。d藝
  17. 17. 〝芋 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 キャラクタ一をフェードさせナニし丶時プよど Masked言受定でうまくディザ'丿ング`を表現できれーま 不透日且オフ`ジエクトを半透日月つーま〈 見せることヵヾできるヵ丶も"
  18. 18. _一] _一 」ー一{ー ] 縄 } 一 一ー一一ーー一一-ー 〟 L 隷^廿 け「一 ー ~ {ー一繍縄〝ー〟 } ト 一繍一 繍一}〕ー〟 ー〝
  19. 19. 『芋ヰ ぺースマテ'丿ア丿し『iwateriaー』 「『 Defauーt Lit ・ '‡票準〈ライテイング`する〉 「『 Unーit '・‡票準(ライテイング`しなし丶) 「『 Subsuげace ・-ラkやロウ`ノクプよどー二向〈 「争 Preintegrated Skin --人月几プよどー二向〈
  20. 20. 〟芋 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 {} 岩や煙などライティング`の必`要ヵヾある場合のみ Defauーt Litー二して` 必丶要なし丶場合ーまじnーitーニ言受定 才 r ^' (` 繍 〝 〝〈『 } 丶` ( " 鱧 嶼 ーー丶 ` ' ' `_' ' ノー '〝 “' ー・ ` 璽 璧〟ゝノ . 】ニ/丿 ぺ〝 尋,寶亨' 牛〝〝〟 ,ノ皇*〝 ~ 〝〝' 濤 丿 _ ` 丶 ` ` 丶 }{ヴ〝 'き 『^一「`}「 〝一丶~ 「「」ノ〝 ` ー 丶 ー
  21. 21. 『寶 ぺースマテ'丿ア丿し『iwateriaー』 エフエク卜でーま岩『煙『薬黄などライテイング`の 必丶要ヵヾある場合のみDefauーt Litー二しますヵヾ 必`要なし丶場合ーまUnーitー二言受定しておヵ丶なL丶と 無駄な処王里ヵヾ発生するらしし丶ので 基本白勾ー二凵nーitー二してし丶ます
  22. 22. 〔 】一一}一ーー一ー一一】ーー 〟 』 繍一}〕ー』 ー〝 {ー一ーー 』]]〕 一』_ュ]{ 一土 泳齔
  23. 23. 〝 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 メ`ンシュで両面表示しナニし丶場合ーま。Nー二しますヵヾ Transーucentでびま‡苗画ィ憂先Fロ『題カヾ発生するのでご芽主意 尤. /ニ二" } `丶丶`丶 丶 ^寶青こ〟L璽~衰〝ダ籠言縄』鱗跚 〝〝寶繍〝鼻て ” 《 甦
  24. 24. 〟ー , {縄 〟 〟 ー ーー {〟 】一一 戸〟ー- _一}」 〟濃嬲〟ゎ卜饗鐵 す `ー= 譲ぎ y ソ隷
  25. 25. 〝 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 ビ`丿レポ一ド`ノヾ一ティク丿レー二対して ‡掌是イ以白芍ーニ王求面ー二見せることヵヾできる‡幾肯旨です テクスチャヵヾ球イ本のタ卜ー二出なし丶ようー二する必丶要あL丿
  26. 26. 〝芋 ぺ-スマテ'丿ア丿レ『iwateriaー』 ぎ麦述するTransーucency Lighting M。deーの言受定ヵヾ 最もイ氏コストの「~~N。n Directi。naー」でも 未ーj用できるので、煙などー二イ吏用すると良し丶ヵ丶も?
  27. 27. 『} 「~耆ー〝i 量轍一 〟L『} ”亭ゝ~一 〝サ退` 垢零 阜 り { 「 } 亭 』〟-} ^ 垢 }〟〔=一ー ーー}〕ー〟 ー〝
  28. 28. 譬 〝 ヰ ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 通常の‡苗画ノヾスでの半透日月の処王里と【ま分ーナて 処王里することで`‡皮写界享栞度の景彡響を受ーナな〈できる 下図のサやンフ~丿レーま左イ貝ー]ヵヾ。FF、右イ貝ー]ヵヾ。N
  29. 29. 鱗 ~ ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 キャラクタ一ヵヾ丈然えてし丶ナニ~丿背景の‡公日且の炎など 力メラヵ丶ら萬佳れナニイ立置で長時Fョ『表示される 可含旨〝ー`生のある半透日月オフ`ジエクトの場合 ‡皮写界菱栞度ヵヾヵ丶ヵ丶らな「し丶と『菱享し丶て見えてしまL丶ます
  30. 30. 譬 〝 〝 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 「なら全て。FFでし丶し丶んじゃ?」と,思うヵ丶もですヵヾ 半透日月のネ皮写界菱梁度ー二ーま菱梁亥ーjなFロ守題ヵヾあって 不透日且のZ Depth'ー'青幸反を元ー二ーまヵ丶しをヵ丶ーナるので 半透日月オフ`ジエク卜ヵヾ力メラーニ近し丶のーニ ーまカ丶しヵヾヵ丶ヵ丶つてしまつナニL丿します
  31. 31. 【,議ごー『「'コヮ」 ノv L ,f〟す 〝 ,す 野`〟圓 `ー 遭ー 臂二}`ー 寶亡遣`! 肇` 〝 ー ` ー 〝占ニ寶麦{; ー野藻 ー』ー 「'ノ一 」ー [ `〝〟〕 野 }ー三一一 』 ト 一,一一 』一一一一一一 ー 繍一}]ー〟 一〝 「 〟 離す
  32. 32. 譬 寶 ヰ べ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 これFロ『題ーまUE4牙虫自のFロ『題でーまな〈 近年のゲ一ム開発で抱える言果題のーつです (The Last 。f Us でも起こってます) 半透日月の彡栗度を考慮してーまヵ丶すナニめの ノ長フオ~マンスの余力ヵヾあれーまし丶し丶のですヵヾ・-
  33. 33. 譬 〝 〝 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 とし丶うことで、基本的ーニーまデフオ丿レ卜の。N" 壁際ーニ言受置しナニ半透日月オフ`ジエクトや 一目舜しヵ丶表示されなし丶エフエク卜、 まナニ力`ントシ一ンなどコントロー丿レしやすし丶斗犬享兄 などでーま。FFー二するのもあL丿ナ三と,思し丶ます
  34. 34. “ 士 ~ ぺ一スマテ'丿ア丿レ『TranSーuCenCy』 下i”aiーSーし!C6iーCゝ丿 「-ig管ー'主iiーg 「都0C管e 一 半透日月のライすテイング`方式 一
  35. 35. 鱗 ~ ヰ べ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 煙のようー二半透日月でヵ丶つライテイング`する場合ーま 最も重要な言受定のーつ 忙 岸〝オ〝 〝 丶^ 燐丿〝/ノノノ#丿丿グヅー'丿'.・”ノ丿丿〝'##〝・,'丿 〝'/ *グ 〟 ` ' ` ` 〈 〝`丶"'〝丶“~ ' ` 〝 " 翼 〝丶丶丶ゝ 肇ゝ半-丶丶'~竈マ'丶 ^v^ 丶` ~丶`丶`ヾ二 ~ ~`丶ゞ羹鹸丶~~丶丶丶隷
  36. 36. 譬 〝 ヰ ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 ~』〝 TLM V0ーumet「iC N。n DireCti。naー -・モデ丿レの享去糸泉カ〝考慮されなし丶(最も負荷ヵヾイ氏し丶) ~す TLNi V。ーumet「iC DireGti。naー --モデ丿レの享去糸泉を考慮〈N。rmaー未ー]用時ーまこちら) ~〝 TLM SuげaCe - -反身寸キャフ~ チャの H央 彩丿 込みあ叫丿 (金属時ー二基本色ヵヾ反日央されるようー二もなる)
  37. 37. 〟~ぬ ペ 丶ス〉丶 荼ー」ァ 丿し『T ト{ransー ucency』 こ丶 N。rma" 〝の言受定ヵヾ「T〝クス宇ャ妻 LM丶 ィ吏L 童日央きれなL Dir離〝〝i〝〝〝奮ナこL丶峙'ま ナ` 〝 丶のて、 」ー二ぁ 丶 丶丶 ゝ 〝享主寒〝 *つて {吏L丶ナ〝L`量書卜で「TL棋殉量必丶〝〝すL丶プょL丶と ーまあ顎L丿範凵離〝〝〝」妻 ""L丶ヵ丶も〝
  38. 38. “ 量 〝 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『T「anSーuCenCy』 下廣”己iーSーし!C6iゴCゝ丿 贋〝i甘〝6c'齔i。iーaー 『-ig管ー'齔iiゴg 昆iー'齔6iーSi'置ゝノ 一 半透日月のライテイング`の景彡響の弓蛍さ 一
  39. 39. 譬 〝 〝 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 最イ氏の。.ー ー二するとエミ`ソシフ`みナニし丶な糸吉果ーニなL丿ますカヾ` セ丿レフシャド`ウの夏農さなどーまぎ麦述するエ頁目で 言受定できるので、 ここーまデフオ丿レ卜のーで良L丶ヵ丶プよと
  40. 40. 一 ー 一一ー{』一 【】繍 土 一ーー一】ー雫 L コ「」 垢 }ヾ 〟 浴 麦 繍一}〕ー〟 ー〝
  41. 41. 譬 〝 〝 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 この言受定「を。Nー二するとZテス卜しナよし丶ので 不透日月オフ`ジエクトを全て無ネ見して 最も手前ーニ‡苗画されます
  42. 42. 譬 〝 ヰ ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Transーucency』 本来エフエク卜でーま集中糸泉などー番手前ー二 ‡苗画しナニし丶場面ヵヾ糸吉‡蕾あるので一見イ吏未ーjなのですヵヾ 半透日月オフ`ジエクト同士ーま乙`ノ一トでーー頂序ヵヾ享央まる ようで、手前ー二半透日月オフ`ジエクトヵヾあると B慧れてしまし丶、 これでーまイ吏う場面ヵヾなL丶ヵ丶もです' '
  43. 43. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『TranSーuCenCy Seーf Shad。Wing』 Ti”呂iーs^ーし!Ceiー'齔 S管ーaC麦。`グ`丿 DeサiーSi'齔ゝ/ SCa〝ーe 一景彡の芽農さ一
  44. 44. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『T「anSーuCenCy Seーf Shad0Wing』 セ丿レフシャドウとキャス卜シャドウの 両方ー二景彡響するエ頁目です デフオ丿レトの0.5ナ三とどちらの景彡も薄〈なL丿ますヵヾ 半透日月ー二変えナニ途立崗、景彡ヵヾ薄〈なるのーまこのナニめです ーまつき叫丿と景彡をイ寸ーナナニし丶場合ーまーヵヾ良し丶と,思し丶ます
  45. 45. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『T「anSーuCenCy Seーf Shad0Wing』 TranSーuCent Seーf ShaC讐。W DenSity SCaーe 一セ丿しフシャドウの享農さ一
  46. 46. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『T「anSーuCenCy Seーf Shad0Wing』 キャス 卜シャドウーまぎテつて谷欠しし丶ーナど セ丿レフシャドウーま碧冒めナニし丶" とし丶つナニような時ー二ここで言周整します 0で全〈セ丿レフシャド`ウヵヾイ寸きません
  47. 47. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『TranSーuCenCy Seーf Shad。Wing』 T「ansーucent i粡し!ーtipーe sCa'竈te「ing EXtinCti0n 一セ丿しフシャド ウ ーニ景彡響する色? 一
  48. 48. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『T「anSーuCenCy Seーf Shad0Wing』 デフオ丿しトのク'丿一ム色のままナ三と セ丿レフシャド`ウヵヾ茶色〈黒ずむ感じで景彡響するので 基本白芍ー二ーま真つ白ーニするのヵヾ良さそうです 夜のシ一ンナ三ーナで表示する煙プよどーま 青とヵ丶言受定しても良し丶のヵ丶も矢ロれません
  49. 49. 〝會 ぺ一スマテー丿ア丿レ 『TranSーuCenCy Seーf Shad。Wing』 T「anSーし!Cent Seーf Shad。W SeC。ndへ〝 へ†〝 一2つ目のセ丿しフシャドウの言受定一
  50. 50. 〝嘗 べ一スマテー丿ア丿レ 『T「anSーuCenCy Seーf Shad0Wing』 マニュア丿しを言売みつつ数イ直を変えてみても 因果関イ系ヵヾよく分ヵ丶L丿ません・・ ここのイ吏し丶方をご存じの方`孝文えて欲しL丶です !
  51. 51. ー{一 〕〝 一一 縄〟〝」」」」』」 〝{ 〟ー}〕ー〟 ー〝 屯一一一"麓【』 {嬲 ー 一 _一] ャ卜+掌 ”〔【{』]〕 」 "
  52. 52. 〝芋 ぺ一スマテ'丿ア丿レ『Usage』 マテ'丿^ア丿レのイ吏用先を言受定します ノヾ一ティク丿レやメ`ンシュなどで参旦責されると 自 動的ー二チエ`ソクヵヾ入〝丿イ呆存ヵヾ必丶要な斗犬態ー二なL丿ます (開発でーまイ呆存して忘れずコ三`ン卜するよう享主意〉
  53. 53. 芋 べ一スマテ'丿ア丿レ C。ntent Exampーeー二ーまマテ'丿ア丿レ関・{系の Umapナミ【ナでも5つ又丶つてし丶ますヵヾ 全て見てお〈のを乃~スス》(します
  54. 54. } 一]繍}』一一一一一一一干一 ”落ネ繍茗{ ネ亭 L ] L 一 ぃ 「退 「 す 〝个 〟一鳥-[{ 縄 ー ー- 〕〕 』 〟 〝^
  55. 55. 〟ー , { }〝 〟 繍 ー 一ー ー一「 」 】一一 戸〟ー- _ー} 遣'』 ゝ$†ャ卜告轄 一鵬 繍}〟ーニ【』 {繍 ー
  56. 56. 芋 力スケ一ドの言受定『B。uds』 Cascadeの Pa仕icーe Systemの言羊細言受定 の 中 ー二 工フエク卜の‡苗画を半ーj定するボ`ンクスサイズの 言受定場戸斤「B。unds」ヵヾあL丿ます '*` 襄り蝕!丑庄コ ーLゞ; 邦こ(贅ー =ー=}=ー籠'ー= =饗ー】ー丿ーてーnー遵 =…ー)二“ 諏二(ヰ' =(輩}=ー〝',= =g・】ー〈ーご'nー聾 =奮')二 コ '“ ",nー X 一ー0Cゝ0.0 ゝ「ー Y 一ー0C'0〟0 ゝ` Z ・ー000〟0 ゝ` 「コ D 、'〝ー='ニ X ー000〟0 ゝ「ー Y ー000〟0 、` Z ー000.0 、` fコ
  57. 57. 芋 力スケ一ドの言受定『B。uds』 まずーまノヾウンディング`ボ`ンクスを表示します `ソ一丿しノ ヾーの「ノヾウンド」をク'丿`ソクすれーま。K 4〕 `一 ' _ `〟 ゴ g〝ニ【_丿' 丶 〉 〝~ " 野 「”』置ヰ』〟J_宣縄言萱 ';充t嚢寶言…毒;” 〝縄~誕牽^ゝ註'=ィr 縄丿レ 丿'〝きワ ン }= 〝〟E霊鼻鍔實整ー 萱;繍重 工譬 ツ'夕
  58. 58. 芋 力スケ一ドの言受定『B。uds』 このボ`ンクスヵヾ力メラヵ丶ら見切れると 甘舜時ーニエフエク卜の‡苗画をやめます(つまL丿力 '丿 ング`)
  59. 59. ~芋ヰ 力スケ一ドの言受定『}B。uds』 ボ`ンクスヵヾ丿]丶さし丶と`ゲ一ム中の力メラ‡果イ伯ー二よって 突然/ヾ一ティク丿レヵヾ享肖えるとし丶っナニことヵヾ起きます しヵ丶し無駄ー二大き〈すると処王里〈ぞ麦述)ヵヾ勿イ本なし丶ので 適正プよサイズーニ言受 定する必`要ヵヾあL丿ます
  60. 60. ~芋ヰ 力スケ一ドの言受定『}B。uds』 とーま言え、実ーまボ`ソクスサイズーま 力'丿ング`ナ三ーナー二景彡響するので在まあ叫丿ません 丿ヾ一テイク丿しのキャストシヤドウー二大き〈関イ系します
  61. 61. - 〉 ( 〝{} _{一}】}”〔 一 一一〝一一一一一一 ーー 」一一一一 {ー 〟]ー一一』一
  62. 62. 芋 力スケ一ドの言受定『B。uds』 まナニ、ボ`ソクスサイズを大き〈するーまど キャス 卜シャド`ウ の角睾イ象度ヵヾ米且〈なL丿ます どこヵ丶ーニノヾーテイク丿レのシヤドウマ`ンフ遭の角睾イ象度の 言受定場戸斤ヵ寶あるヵ丶も矢ロれませんヵヾ見当ナニL丿ません 「ニ 三触 ー 〝… X 一ー叩.0ゝ'ーY 一ー叩.0 ゝ`ーZ 一ー叩.0ゝ' レ」 〝””””〝” ””" X ー叩`0 ・`ーY ーm{。 .`ーZ ーm。 ゝ' レJ
  63. 63. ~芋ヰ 力スケ一ドの言受定『B。uds』 とし丶う言尺で丶 以上のことヵ丶ら 力'丿ング`とシヤドウの両方を考慮しなヵヾら ボ`ソクスのサイズを穿央める必`要ヵヾあ叫丿ます
  64. 64. ~芋ヰ 力スケ一ドの言受定『}B。uds』 デフオ丿レ卜でーまノヾーテイク丿レ【二合わせて'丿ア丿レタイムー二サ イズヵヾ自動で変わる言受定ー二なってし丶ますヵヾ 処王里負荷ヵヾ士曽すようなので基本的ーニイ吏用せず ノヾーテイク丿レデ一タごとーニ手動でサイズを言受定します
  65. 65. ~芋ヰ 力スケ一ドの言受定『}B。uds』 ちなみー二、ボ`ソクスヵヾ力メラヵ丶ら見切れてヵ丶ら 一定時Fョ『〈言受定『可肯旨)ヵヾ糸圭過すると言十算も止ま〝丿ます ポ`ンクスサイズヵヾあま叫丿ー二大きし丶と /ヾ一ティク丿レ自イ本ーま見切れてし丶ても言十算を 糸売ーナてしまうと,思うので享主意ヵヾ必丶要そうです
  66. 66. 〝芋 力スケ一ドの言受定ー二つし丶て 「一管g『寸'齔 〝〝“〝`管}〝 ^コ-声^」「「~ 一エフエク卜ー二よる簡易的なポイントライ卜 一
  67. 67. ー 」 ~ 一{亀一 一 } 一 }一ー一一一一一一 L 一 ー ー 〟ー } 榎贅「t管囗野巳 團籠i[圓 ヾ=. 3 麓〝一遭干 ~ ー図一 図" 曰 ゴ讐 袖〕撃 剛 n縄 ,…ー w 廿 〝^d 色 胸印凵 -ー"撃 ゴ竄 e げ L e r 2 e .ー ) S 〇 創 r 〟m 血 m C 〟_〟.ョ 曰 Li囗ht
  68. 68. ~ 力スケ一ドの言受定『Lightモジュー丿レ』 処王里負荷としてーま` ライ卜の委女よL丿も 重プよる委文の方ヵヾク'丿ティ力丿レー二プよるようです なのでーつーつの景彡響範囲ヵヾ丿]丶さーナれーまFロ『題なし丶ヵ丶も 一応`方文出するノヾ一テイク丿レ数ー二対して ライ卜を適用する害ー]合も言受定できます (丿ヾ一ティク丿レー0イ固表示【二つきライトーイ固みナニし丶ブよ) 蟲鼻童~'」譬縄ー土` 戸仁旦屋旦:厘亘ず董量二ーすー土` ー .D L『 “】
  69. 69. 力スケ一ドの言受定『Lightモジュー丿レ』 告ーjB良もあ~丿ます まずキャストシャドウーま生成できません〈多分) 左の青し丶ポイン卜ライトでーま景彡ヵヾ落ちてL丶ますヵヾ 右の赤し丶ノ ヾーテイク丿レライ卜でーま景彡ヵヾ落ちません 〇 董祟 グ
  70. 70. 芋 力スケ一ドの言受定『Lightモジュー丿レ』 景彡ヵヾ落ちナよし丶=遮蔽を考慮しナよし丶ので ライトヵヾ壁を貫通してしまし丶ます あとGPUノヾーティク丿レでーまイ吏用できプよL丶ので穿主意 ラ吼〝〟ゝ〟 ァ 〝 】 f ' 誉丶 ~ ,其 典一一 }〟麦"一~~ー ー 會一」 '^ '・」 ー【 ー 」ー`
  71. 71. 傘芋 力スケ一ドの言受定『Lightモジュー丿レ』 ポイントライトーまデフオ丿レトで半透日月オフ`ジエクトを 具琶らす言受定ですヵヾ、 Lightモジユ一丿レーまデフオ丿レトでーま チエ`ンクヵヾタ‡れてし丶るので享主意 (下図の黒し丶床ーま半透日月オフ`ジエクト) ュ~眞翼贋荏董臣菫奮亘閏 〝「 亡量ー團ー!=菫暑董量ー責ら~g寶「` ・f ・”〝~ ~ゴ
  72. 72. ト 一繍一 】一一〟{ー一一ー一一】ーー L 』ー}一〟 一〝
  73. 73. ー 一一一一』一一ーー一一 L 一 ー ー } 〟ー}〕ー〟 一〝
  74. 74. 〝〝 ガ`ンマー二つし丶て ガ`ンマ‡甫正ー二つし丶てーまちゃんと王里角睾できてなし丶ので Fョ『違つナニことを害し丶てる可肯旨”ー生大なのでご了承を'・ (言羊しし丶方、フ`ログ`プよどで角睾言兒して欲しし丶 ! )
  75. 75. 〝 ガ`ンマー二つし丶て まず、テクスチヤの圧糸宿フオ一マ`ン卜ー二よつて sRGBのフラグ`ヵヾあるもの`なし丶ものヵヾあL丿ます イ夜ーーえーまじE4のテクスチャのフ~口ノ ヾテイで「TC Aーpha」 つまL丿BC4を言受定しナニ場合、ガ`ンマネ甫正されません ア丿レフア'ー'青幸反用なので当然と言えーま当然です 攣髑 〝蜻彗董羞藁…葺 `謹!']旦翼竄董主 門ー董} 離ー董i'】 ..則..隷.・`~・・則..則ゆ昆囗「〝翼昆E3一囗E「 '蟲!]旦膏董暮髑〝 …ー暮遭「 〝則ー『ー遡退管郢 2ロー 2一 囗野一 囗昆 2昆ニー 丘ニコ日 凡 體膏=團里` 壁乱
  76. 76. 〝〝 ガ`ンマー二つし丶て ア丿レフアチャン ネ丿レも同‡蒙ー二sRGBーま考慮されません しヵ丶しそれを力ラ一”ー`青幸反として‡及し丶ナニL丶場合なども 当然ある言尺で`そのままでーま想定よ叫丿も 日且る〈表示されてしまし丶ます
  77. 77. 〇ガ`ンマー二つし丶て そこで、P。we声パ累乗〟〉丿一ド ーニ』2.2〝を言受定して 下図のようー二才央み込んでやL丿ます 謳 LーVS 〇' 亭 〇' BaSE E鸞p
  78. 78. 〇 ガ`ンマーニつし丶て '・と、ここまでーま良し丶のですヵヾ Maya等で言受 定 しナニ丁頁 点力ラーーまsRGBヵヾ 考慮されなし丶^のヵ丶`想定よ繍し丿も日且る〈表示されます こちらもP。wer2.』2を挟むと想定〝の日月るさーニな~丿ます
  79. 79. 〝〝 ガ`ンマー二つし丶て ・・しヵ丶しー番のFロ『題なのーま Maya等で言受『定しナニ丁頁,点力ラ一のア丿レファのイ直や テクスチャのア丿レファチャンネ丿レを 。pacityー二繋く〝と想定よL丿も不透日月度ヵ〝高〈な叫丿ます そうし丶うものナよのでしようヵ丶?
  80. 80. _ ^ ^ .^ . ー 亭 一 ' 醸レェミ'ソシプ色 ” 〝 ~ ' 訃 『 亀ゝ ォ丿(シティ 卦 一 艸 。 ワ一丿レド位萱オフ寶『 一' - 〟 ” 縄 尊' L ブP0Weー(ぇ' 2ー2憂 プ; ` ' 下 體ゝ Base 慮' EXp Text}re真m昆ー管 丼 UV S ー〝{ 〝ー”ーー]繍一 }一{繍 ー
  81. 81. 〝「}{す,]} 〝]-ト 「一一】 一 酬亀'ー"'y'f'馨尋 {一”{】}一一〝{』}ーーー{一一一_{一ー一ー 〟 わ 色 責 プイ 位 ーン一『 F ツ丶ソ ル b 、、`バ 一 鮒 エォ ワ m @〇 。 【マ聯ー マ劇 一剛 剛 ー幽AB 血^B ーM M 一マ聯 一マ蠍 マ働 織 櫛 瓜 2 2 2 佛e 佛e 佛e 剛離離 剛離帥 岬繍帥 P閤 P野 隷閤 A〟 {ゝ m , 糧 〟 v墨 一〟 吶 繍 a 關, S X 鵬s ' 離.〝 m w 縄 ,T
  82. 82. 〝〝 ガ`ンマー二つし丶て 半透日月をメインで‡及うエフエク卜の場合ーま ア丿レフアヵヾ綺麗ー二表示されるヵ丶ヵヾ品質ー二直糸吉します まず最ネ刀ー二足質し丶ナニのヵヾこのFロ『題 ー二なL丿ます P。werを‡央まなし丶で云斉む なら‡央みナニ〈プょL丶ので イ也ー二良し丶方享去ヵヾあれーま孝女えて〈ナ三さし丶!
  83. 83. 〝〝 ガ`ンマー二つし丶て もしもこれヵヾ凵E4の半透日且の整イ蒲のFロ『題なら 今〒麦角軍享肖されナニ際ー二P。werを外す必丶要ヵヾ出てきます なのでマテ'丿ア丿レフアンクシヨンー二内包して 運用してお〈ことをオススメします ぞ菱カ丶らフアンクシヨン内のP。werを外せーま ファンクションを未ーj用してし丶る全マテ'丿ア丿レー二 P。werの除去を反日央すさせることヵヾできます
  84. 84. 管 ` ー 帆ぃ〝 』 L一 `」`ー す}^艸^`{ 縄 〉J , 【野- 一繍一{〟_一一〟一】〟一〟 繍{}〕ー〟 ー〝 L 一』_ュ]{ {縄 ー
  85. 85. , 轄ポ叶 バ`ハ嶋 【 一一 縄ー_』〟{ ー 一一]一』一一ーー一一 L 一 ー ー 一 〟ー}〕ー〟 ー〝

×