Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
GR-CARRYで
ジェスチャーの機械学習
ニャンパス 登尾
http://bit.ly/iotlt-carry
1
登尾 徳誠(@tnoborio)
• ニャンパス代表 / ソフトウェア開発
• 書籍「はじめてのClojure」
• Tokyo.clj等勉強会諸々開催
• 越谷市にて、コワーキングスペース
HaLake(http://halake.com)を...
GR-CARRY
• ルネサス製
• BLE、加速度センサー、タッチセン
サー、フルカラーLED
• ボタン電池で動く
• (未発売) → ルネサスさんのイベント

「がじぇるねメイカソン」に参加し
たことでゲット!
3
がじぇるねメイカソンで

作ったもの
4
コンセプト:ジェスチャーで
エアコンやライトのON/OFFを制御!     
仕組み
加速度センサーからジェスチャー
を認識し、各種リモート操作が可
能なデバイスへ制御を行う
IRKit(赤外線制御)や、Wemo(電源
制御)など、Wifi経由で操作できる
ガジェットが対象
がじぇるねメイカソンでの

ジェスチャー認識
• ソフトウェアにProcessingを使用
• 加速度をタップされた強度として数値化し、その数値から動いたと判断
• 強度だけではジェスチャー認識は限界がある
6
ということで
• 流行りの機械学習を使って、

ジェスチャー認識をやってみたい!
• 機械学習ライブラリが充実のPythonを
使用
• 「実践機械学習システム」オライリー刊
を必要そうなところをかいつまんで読む
7
機械学習3ステップ
1. ジェスチャーを行い、加速度センサーからの
情報をデータとして保存(record.py)
2. 保存されたファイルから分類器を作成
(learn.py)
3. 分類器を使って実際の認識 → 外部のデバイス
へ指示(ges...
学習の具体的な流れ
• 取得できるのは、時間ごと
のXYZなので、これを一次
元のデータに変換
• scikit-learnを使いサポート
ベクターマシン(SVM)で、
多項式での分類
• データの半分を訓練に使い、
残り半分を評価するための
...
今後の展開
• より多くのサンプル・データ採取
• シリアル通信からの脱却 → BLEでやりと
り、スマートフォンとの連携
• HaLakeにてIoT勉強会、機械学習勉強会を
開催、知見を広める
10
コワーキングスペースHaLake
http://halake.com/
• 越谷市レイクタウン駅から徒歩30秒
• IoTガジェットの貸出も始めました
• 月額会員(1万2000円/月)になると、
• 3時間の技術支援
• 毎週日曜開催の親子!...
IoT開発の貸し出しサービスもスタート!
http://iot.halake.com/
12
ESP8266や、GRシリーズなど面白いボード、
マイコンが出ていて、IoTの波が来ています。

一緒に楽しみましょう!
資料 -> http://bit.ly/iotlt-carry
13
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

GR-CARRYで ジェスチャーの機械学習 - かぎーぱみゅぱみゅVer.2

2,239 views

Published on

10/15に発表しました、IoT縛りの勉強会発表資料です!

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

GR-CARRYで ジェスチャーの機械学習 - かぎーぱみゅぱみゅVer.2

  1. 1. GR-CARRYで ジェスチャーの機械学習 ニャンパス 登尾 http://bit.ly/iotlt-carry 1
  2. 2. 登尾 徳誠(@tnoborio) • ニャンパス代表 / ソフトウェア開発 • 書籍「はじめてのClojure」 • Tokyo.clj等勉強会諸々開催 • 越谷市にて、コワーキングスペース HaLake(http://halake.com)を運営 2
  3. 3. GR-CARRY • ルネサス製 • BLE、加速度センサー、タッチセン サー、フルカラーLED • ボタン電池で動く • (未発売) → ルネサスさんのイベント
 「がじぇるねメイカソン」に参加し たことでゲット! 3
  4. 4. がじぇるねメイカソンで
 作ったもの 4 コンセプト:ジェスチャーで エアコンやライトのON/OFFを制御!     
  5. 5. 仕組み 加速度センサーからジェスチャー を認識し、各種リモート操作が可 能なデバイスへ制御を行う IRKit(赤外線制御)や、Wemo(電源 制御)など、Wifi経由で操作できる ガジェットが対象
  6. 6. がじぇるねメイカソンでの
 ジェスチャー認識 • ソフトウェアにProcessingを使用 • 加速度をタップされた強度として数値化し、その数値から動いたと判断 • 強度だけではジェスチャー認識は限界がある 6
  7. 7. ということで • 流行りの機械学習を使って、
 ジェスチャー認識をやってみたい! • 機械学習ライブラリが充実のPythonを 使用 • 「実践機械学習システム」オライリー刊 を必要そうなところをかいつまんで読む 7
  8. 8. 機械学習3ステップ 1. ジェスチャーを行い、加速度センサーからの 情報をデータとして保存(record.py) 2. 保存されたファイルから分類器を作成 (learn.py) 3. 分類器を使って実際の認識 → 外部のデバイス へ指示(gesture.py)
 
 https://github.com/nyampass/gr-carry-gesture 8
  9. 9. 学習の具体的な流れ • 取得できるのは、時間ごと のXYZなので、これを一次 元のデータに変換 • scikit-learnを使いサポート ベクターマシン(SVM)で、 多項式での分類 • データの半分を訓練に使い、 残り半分を評価するための テストに使う 9 時間 X Y Z 0 -0.9051 -0.25746 0.2247 1 -0.9051 -0.25746 0.24006 2 -0.90186 -0.24702 0.2391 3 -0.90186 -0.24702 0.2391 4 -0.90186 -0.24702 0.23526 5 -0.8613 -0.25692 0.23526 6 -0.8613 -0.25692 0.23526 7 -0.8613 -0.25692 0.23526 8 -0.84642 -0.27174 0.24048 9 -0.84642 -0.27174 0.24048 10 -0.84642 -0.27174 0.24048
  10. 10. 今後の展開 • より多くのサンプル・データ採取 • シリアル通信からの脱却 → BLEでやりと り、スマートフォンとの連携 • HaLakeにてIoT勉強会、機械学習勉強会を 開催、知見を広める 10
  11. 11. コワーキングスペースHaLake http://halake.com/ • 越谷市レイクタウン駅から徒歩30秒 • IoTガジェットの貸出も始めました • 月額会員(1万2000円/月)になると、 • 3時間の技術支援 • 毎週日曜開催の親子!プログラミング教室(Arduino、Scratch)に 無償で参加 • イベント続々 • 10/31開催のlittleBitsワークショップ • 11/6 ルネサスさんとのプロデューサーミーティング • 今後のHaLakeでのイベント情報
 https://halake.doorkeeper.jp/ 11
  12. 12. IoT開発の貸し出しサービスもスタート! http://iot.halake.com/ 12
  13. 13. ESP8266や、GRシリーズなど面白いボード、 マイコンが出ていて、IoTの波が来ています。
 一緒に楽しみましょう! 資料 -> http://bit.ly/iotlt-carry 13

×