EnjuKaigi 2012物質・材料研究機構における Next-L Enjuの導入事例独立行政法人 物質・材料研究機構 科学情報室           高久雅生   TAKAKU.Masao@nims.go.jp               ...
本日のお品書き•       物質・材料研究機構(NIMS)の紹介•       図書館サービス•       Next-L Enju導入にあたって•       NIMSにおけるNext-L Enjuの運用    •    ライブラリーポータ...
National Institute for Materials Science
• つくば市中心部に3拠点• 千現地区以外は、無人に  よる図書室サービス
NIMS図書室(千現)              5
独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS)•   研究分野:材料研究(基礎研究所)    •   鉄鋼材、セラミックス、ガラス、超電導、生体材料など•   約500名の研究員(エンジニアや企画部門職員等含めると    約1,200名)•   ...
予算の縮減と進む国際化                      職員のうち                                2割強が外国運営費交付金      雑収入                から(40カ国        ...
図書館サービス•   専門図書室の運営    •   物質・材料分野の専門書、専門雑誌    •   最新研究情報のほとんどはEジャーナル、Eブックに    •   おもに3拠点(千現、並木、桜)        •   総蔵書数は、単行書:約2...
図書管理システムの更新にあたって•   背景    •   2001年の独法化を受けた2研究所統合の後、旧来の商用        システム(富士通ILIS/Wing21)を更新    •   ソフトウェア/ハードウェアの保守期限切れ、更新を検討...
図書管理システム Next-L Enju•   導入にあたっての主要検討点で評価    •   予算面での合理性    •   ソフトウェアとしてのカスタマイズ性・拡張性に優れる•   特長    •   国際化対応    •   次世代型の検...
国内初、研究機関でオープンソース図書館システムを採用•   電子資料, 紙資料の双方に対応した資料情報の提供•   国際化対応•   既存サービスの質を下げない, コスト削減•   システムデザイン(サービス)を自らの手でRef.http://...
NIMS Enju (1)図書システムをデジタルライブラリーのポータル(窓口)として活用•   Eリソース対応や購読データベースへのリンク等によ    り、研究者が文献探索する際の総合ポータルへ。•   図書の貸出状況からグーグルブックスの活用...
よく使わ資料をまとめて検索   図書館からのお知らせ                                          れる外部                                          データ     ...
Enju検索機能•   Googleライクな使いやすく、速い(Apache Solr)•   検索対象も設定変更可能•   ファセット風の検索絞り込み                         National Institute for...
National Institute for Materials Science
NIMS Enju (2)書架案内図•   蔵書点検結果を反映し、図書室内のどの書架、棚にある    かを反映                    National Institute for Materials Science
NIMS Enju (3)書影表示とプレビュー•   グーグルブックスを対象とし、書影表示およびプレ    ビューリンクを追加                    National Institute for Materials Science
NIMS Enju (4)貸出履歴•   いつでも自分が借りた書籍情報が確認できる                    National Institute for Materials Science
National Institute for Materials Science
NIMS Enju (5)セルフ貸出・返却•   職員は24時間入退室可能、セルフ用端末+職員カード    (IC)でのバーコードを使ったセルフ貸出・返却
National Institute for Materials Science
Next-L Enju: NIMSからの貢献•   機能追加    •   セルフ貸出・返却    •   定期刊行物(シリーズ情報)への対応    •   Eリソース管理(2012年4月より本格運用を開始)    •   機関リポジトリ連携(...
National Institute for Materials Science
まとめと今後に向けて•   Enju導入館としての評価と課題    •   Next-L Enju: 多機能    •   構成がそこそこ複雑    •   Enju運用のプロは少ない        •   ドキュメントの重要性•   オープン...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

物質・材料研究機構におけるNext-L Enjuの導入事例

1,390 views

Published on

EnjuKaigi2012における事例報告・発表資料です。

http://www.next-l.jp/?page=EnjuKaigi2012

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,390
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

物質・材料研究機構におけるNext-L Enjuの導入事例

  1. 1. EnjuKaigi 2012物質・材料研究機構における Next-L Enjuの導入事例独立行政法人 物質・材料研究機構 科学情報室 高久雅生 TAKAKU.Masao@nims.go.jp National Institute for Materials Science
  2. 2. 本日のお品書き• 物質・材料研究機構(NIMS)の紹介• 図書館サービス• Next-L Enju導入にあたって• NIMSにおけるNext-L Enjuの運用 • ライブラリーポータル、図書貸出履歴、蔵書点検、書架案内、 書影表示とプレビュー機能、セルフ貸出・返却• 課題と今後に向けて National Institute for Materials Science
  3. 3. National Institute for Materials Science
  4. 4. • つくば市中心部に3拠点• 千現地区以外は、無人に よる図書室サービス
  5. 5. NIMS図書室(千現) 5
  6. 6. 独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS)• 研究分野:材料研究(基礎研究所) • 鉄鋼材、セラミックス、ガラス、超電導、生体材料など• 約500名の研究員(エンジニアや企画部門職員等含めると 約1,200名)• 科学情報室 • 専門図書室の運営(千現図書室、並木図書室) • オープンアクセスの英文学術雑誌(Science and Technology of Advanced Materials)の発行 • ウェブポータルサイト, 情報サービスの運営 • 機関リポジトリ: NIMS eSciDoc • 研究者総覧サービス:SAMURAI• 図書室の運営 • 電子リソースへの対応 • 管理システム, 利用システムのサポート対応 • Next-L Enju National Institute for Materials Science
  7. 7. 予算の縮減と進む国際化 職員のうち 2割強が外国運営費交付金 雑収入 から(40カ国 職員の国籍 以上) 2000 1500 1000運営費交付金1%減 500200120022003200420052006200720082009 0 National Institute for Materials Science
  8. 8. 図書館サービス• 専門図書室の運営 • 物質・材料分野の専門書、専門雑誌 • 最新研究情報のほとんどはEジャーナル、Eブックに • おもに3拠点(千現、並木、桜) • 総蔵書数は、単行書:約2万冊、雑誌:約1200タイトル程度• 図書担当スタッフ:3名 • 業務の多くは合理化を進めている • 職員カードによる365日・24時間入退室 • セルフ貸出返却• 電子リソース • 論文データベース/Eジャーナル/Eブック/リンクリゾルバー (SFX)等の対応
  9. 9. 図書管理システムの更新にあたって• 背景 • 2001年の独法化を受けた2研究所統合の後、旧来の商用 システム(富士通ILIS/Wing21)を更新 • ソフトウェア/ハードウェアの保守期限切れ、更新を検討• システム更新に向けての主要な検討点 • セルフ端末による利用者対応 • 国際化対応:すべてのサービスを日本語・英語で • Eリソース(オンラインジャーナル, Eブック)管理 • ウェブOPACの公開を通じた情報提供 • 他のシステムとの連携可能性:機関リポジトリ等 National Institute for Materials Science
  10. 10. 図書管理システム Next-L Enju• 導入にあたっての主要検討点で評価 • 予算面での合理性 • ソフトウェアとしてのカスタマイズ性・拡張性に優れる• 特長 • 国際化対応 • 次世代型の検索・ナビゲーション性能 • セルフ端末対応(新規開発) • Eリソース(オンラインジャーナル, Eブック)管理(新規開発) • API・外部連携可能性:機関リポジトリ, 所内データ対応 • オープンソースソフトウェア • 開発成果の図書館界・コミュニティへの還元 National Institute for Materials Science
  11. 11. 国内初、研究機関でオープンソース図書館システムを採用• 電子資料, 紙資料の双方に対応した資料情報の提供• 国際化対応• 既存サービスの質を下げない, コスト削減• システムデザイン(サービス)を自らの手でRef.http://www.nims.go.jp/news/press/2010/11/p201011080.html National Institute for Materials Science
  12. 12. NIMS Enju (1)図書システムをデジタルライブラリーのポータル(窓口)として活用• Eリソース対応や購読データベースへのリンク等によ り、研究者が文献探索する際の総合ポータルへ。• 図書の貸出状況からグーグルブックスの活用まで。 http://library.nims.go.jp National Institute for Materials Science
  13. 13. よく使わ資料をまとめて検索 図書館からのお知らせ れる外部 データ ベース, リ ソース 新着資料の一覧 National Institute for Materials Science
  14. 14. Enju検索機能• Googleライクな使いやすく、速い(Apache Solr)• 検索対象も設定変更可能• ファセット風の検索絞り込み National Institute for Materials Science
  15. 15. National Institute for Materials Science
  16. 16. NIMS Enju (2)書架案内図• 蔵書点検結果を反映し、図書室内のどの書架、棚にある かを反映 National Institute for Materials Science
  17. 17. NIMS Enju (3)書影表示とプレビュー• グーグルブックスを対象とし、書影表示およびプレ ビューリンクを追加 National Institute for Materials Science
  18. 18. NIMS Enju (4)貸出履歴• いつでも自分が借りた書籍情報が確認できる National Institute for Materials Science
  19. 19. National Institute for Materials Science
  20. 20. NIMS Enju (5)セルフ貸出・返却• 職員は24時間入退室可能、セルフ用端末+職員カード (IC)でのバーコードを使ったセルフ貸出・返却
  21. 21. National Institute for Materials Science
  22. 22. Next-L Enju: NIMSからの貢献• 機能追加 • セルフ貸出・返却 • 定期刊行物(シリーズ情報)への対応 • Eリソース管理(2012年4月より本格運用を開始) • 機関リポジトリ連携(2012年内に運用開始予定)• 大量のバグ報告、不具合修正 • 非公開版GitHubリポジトリ上で開発管理および進捗管理 National Institute for Materials Science
  23. 23. National Institute for Materials Science
  24. 24. まとめと今後に向けて• Enju導入館としての評価と課題 • Next-L Enju: 多機能 • 構成がそこそこ複雑 • Enju運用のプロは少ない • ドキュメントの重要性• オープンソースソフトウェアの拡張性を活かし た柔軟なカスタマイズと開発 • 自分たちで考える図書システム, サービスを実現• オープンソースソフトウェアの活用 • コスト削減を実現 • オープンソースで図書館コミュニティに還元 National Institute for Materials Science

×