EnjuKaigi 2013諸注意

•Ustream配信により、ビデオ録画、
インターネット中継しています
•お手洗いは隣の建物の1階
• いったん2階の渡り廊下から移っ
てください
パネル討論
• 業務分析、標準化の重要性
• これまでの取り組み
• 自分たちは何をするか?
• 図書館の現場
• プロジェクトNext-L

• 合宿、勉強会、ワークショップ
•
•
•
•

問題解決のツール、考え方
現場に活かすために
隣...
パネル討論
• 業務分析、標準化の重要性
• 合宿、勉強会、ワークショップ
• 本の整理の局面に役立てる
• 図書館におけるシステム化、自動化の対象・
シーン
パネル討論・議論
•

これまでの図書館システム仕様
•
•
•
•

図書館規模の大小、カスタマイズ、費用(コスト)
カスタマイズの比率大? もしくはパッケージ部分の比率大
図書館システムパッケージの乗り換えの難しさ
前例踏襲としての仕様…
...
•

RFPを検討するための館内WG
•
•

•

4ヶ月程度
家族連携、貸出履歴など、課題になりそうな機能部分も中心に

図書館間の共通仕様
•

代替案になりうるモノを検討できる可能性

•

対象を限定する必要?

•

開発標準
•
...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20131123 enjukaigi

431 views

Published on

EnjuKaigi2013・パネル討論時のメモ

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
431
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20131123 enjukaigi

  1. 1. EnjuKaigi 2013諸注意 •Ustream配信により、ビデオ録画、 インターネット中継しています •お手洗いは隣の建物の1階 • いったん2階の渡り廊下から移っ てください
  2. 2. パネル討論 • 業務分析、標準化の重要性 • これまでの取り組み • 自分たちは何をするか? • 図書館の現場 • プロジェクトNext-L • 合宿、勉強会、ワークショップ • • • • 問題解決のツール、考え方 現場に活かすために 隣の人と比べてみる 利用者カードの発行 • 本の整理の局面に役立てる • 簡単に立ち上げて、使えるモノ • 図書館におけるシステム化、自動化の対象・シー ン • どこが?
  3. 3. パネル討論 • 業務分析、標準化の重要性 • 合宿、勉強会、ワークショップ • 本の整理の局面に役立てる • 図書館におけるシステム化、自動化の対象・ シーン
  4. 4. パネル討論・議論 • これまでの図書館システム仕様 • • • • 図書館規模の大小、カスタマイズ、費用(コスト) カスタマイズの比率大? もしくはパッケージ部分の比率大 図書館システムパッケージの乗り換えの難しさ 前例踏襲としての仕様… • • (田辺)ワンパーソンライブラリの場合 • • 業務分析の必要 ひとりだと分析しようという気力も起きない… (熊谷)リプレース作業中 • • 情報システム調達の仕組み 地方自治体では情報システムを最適化する方針 • なぜ情報システム導入が必要なのか、が問われる • 業務分析を含む • 定量的な算出も含む:従事時間、省力化、etc. • 訂正評価:付加価値をどう見積もるか • • 最初は業務をそのまま電算化する方針(フルスクラッチ) 大手ベンダーによるパッケージ導入に移ってきた • • 担当者に求められる動きは大変、しんどい 最適化による調達コストはだいぶ進んできた • • • 次は仮想化やクラウドなど、ハード部分の最適化へ移りつつある 調達最適や業務分析の動き • • • • カスタマイズ部分は除いて詳細設計はパッケージに任せる EA(Enterprise Architecture)など、 図書館システムの場合、パッケージに対するカスタマイズ比率の高さ 複数の図書館からの要望として、図書館システムの変更を求めていく(標準化) 提案依頼書として、パッケージ+カスタマイズと言う形なのは変わらない • • • • • 様々な部署の人を呼んでヒアリング。 非常勤職員を含めてどのような要望があるか話してもらう しだいに、システムの話だけではなく、図書館としてのサービス、ビジョンを踏まえた話、業務の話になってくる 図書館の自己評価、中期計画も、全職員による議論 複数の図書館からの声をまとめるには、自由書式で出させるしかないのかも。 • 本当にまとまるのか、という疑問も。 • フレームワークを決めて、まとめていくという手も。 • 業務分析の粒度 • 分析担当者を決めて、サンプルを選択して収集
  5. 5. • RFPを検討するための館内WG • • • 4ヶ月程度 家族連携、貸出履歴など、課題になりそうな機能部分も中心に 図書館間の共通仕様 • 代替案になりうるモノを検討できる可能性 • 対象を限定する必要? • 開発標準 • • • Next-L Enjuのモジュール • • • • • 蔵書管理や小さな規模でも使える 開発ワークショップのような定例での活動 インストール済みPCが入手できるとして… 大学の学生にやってもらった結果、動き始めたら簡単なんですねとの感想も また、NDLサーチのAPIをExcelで活用できるようにすると簡単 いかに簡単に書誌情報を登録して、見てもらって、リクエスト集約 • • • • 別の物と連携するときの難しさ(相手側の詳細がわからないと…) オープンソースならやりやすい面もありかも。 NDLサーチの改造版で分離方式を試している 無料で気軽に使えるオープンソースのツールとして • • • • • • 開発する人を分ける!? 例えば、次世代OPAC等のOPAC部分の分離 • • • • 検索やUI enju_flower 書誌管理 enju_bibliography 貸出、予約、利用者 enju_circulation 複数館をまとめる機能 enju_root 新しい機能と通常の図書館業務 • • RFP記載基準 業務システムの範囲 蔵書管理、市町村に渡して、意思表示してもらって、それを集約する サイボーズやKintoneやExcelなども検討 市町村の負担を減らすために 個人の蔵書管理でも使える可能性はある

×