Successfully reported this slideshow.

工数把握のすすめ 〜WorkTimeプラグインの使い方〜

6

Share

1 of 32
1 of 32

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

工数把握のすすめ 〜WorkTimeプラグインの使い方〜

  1. 1. ⼯数把握のすすめ 〜WorkTimeプラグインの使い⽅〜 redmine.tokyo 第10回勉強会 2016年5⽉14⽇ @tkusukawa
  2. 2. ⾃⼰紹介: @tkusukawa くすかわ と申します。 ⽇々の業務でRedmineに⼤変お世話になっております。 今回ご紹介するWorkTimeプラグインの作者です。 第9回の redmine.tokyoのディスカッションで
 ⼯数管理の話題があり、
 ⼀度⼀通り共有しておいたほうが良いと思ったので
 ご紹介させて下さい。 2
  3. 3. 何の⽬的で⼯数が要るの? 原価把握、資産化計上 ⾒積もり精度、進捗計測 それだけではない気がしています 3
  4. 4. 共通テーマ:成果の最⼤化 躊躇せずに
 ⼿を動かせるようにする! 4 ちゅうちょ
  5. 5. 躊躇してしまう仕事とは? 無駄に感じている仕事 リーダーとメンバーで
 費⽤対効果の認識にギャップがある
 or 任せっぱなしで そもそも知らない
 (どんだけ⼤変か知らんのとちゃう?) 逆に、⼤変さ=⼯数をフィードバック出来れば、 かけた⼿間がいくらか報われる気がする
 (どれだけ⼤変だったかは知っていてもらえてる) 5
  6. 6. ⼯数把握のすすめ メンバーの⼿間は報われる必要がありますよね
 → ⼿間を⾒える化したい 想定外の⼯数(認識ギャップ)には
 打ち⼿を講じるべき その⼯数(業務)の責任をリーダーが負っている
 と感じられればメンバーは躊躇しない 6
  7. 7. 業務状況を⾒える化したい No Ticket, No Work !
 全ての業務について必ずチケットがあり、
 チケットで状況共有と記録が⾏われる環境
 → これ、おすすめです♪ 統制や監査などの⼤義名分で導⼊しても
 → 実はメンバー間共有の効果が⼤きい 7
  8. 8. 全ての業務がチケット化されている ということは… 各チケットに
 要した⼯数を記録すれば⼀⽯⼆⿃ 何に⼿間がかかったか
 すごく解りやすい 逆に、⼯数を記録する必要性から
 必ず(漏れなく)チケットが作られる
 → No Ticket, No Workが補完される!
  (運⽤の完全性のチェック機構って⼤事) 8
  9. 9. そして、すばらしいことに、
 チケットに⼯数を記録する機能が 元々Redmine本体にあるんです! が、しかし… 実際に⼊⼒してみると とても⼤変 なぜなら… 各チケットに要した時間が
   正確にはわからない
 (メール、チャット、相談、打ち合わせ等、
   業務中は割り込み作業がいっぱいですよね) 9
  10. 10. → 働いた時間から逆算して つじつま合わせで
 ⼯数を⼊れたい! 例: その⽇の業務時間は9時間で、Xに1時間ぐらい取られて、
 事務処理を30分ぐらいやったから、残りの7.5時間はYだよね Redmineの元々のUIでは
 ⼯数を⾜したり引いたりして
 ⼀⽇の合計時間を合わせるには
 ちょっと不向きなんです… 10
  11. 11. どうしたもんじゃろのー。 → ⼯数⼊⼒のUIの観点で
 WorkTimeプラグインが使えるかも、というご紹介 11 プ ラ グ イ ン 使 お う そ う だ。 、
  12. 12. WorkTimeプラグイン ⽉間⼯数表 ⽇毎⼯数 (時間⼊⼒) ⽇毎個⼈メモ 12 集計や他ユーザ参照はこちら 個⼈の⼯数はPJ横断 ※全プロジェクトの⼯数が表⽰されていることにご注意下さい
  13. 13. ⽉間⼯数表 13
  14. 14. ⽇毎⼯数 14
  15. 15. ⽇毎の個⼈メモ 15 Wikiと同じ表記 プロジェクトタブで表⽰していると プロジェクトの他のメンバーの⼯数とメモを参照できる。 → これ、朝会のために作りました
  16. 16. WorkTimeのインストール⽅法 1.Redmineのpluginsディレクトリにコードを展開
 https://bitbucket.org/tkusukawa/redmine_work_time/downloads
 からzipをダウンロードするか、mercurialが使えるなら
 
 
 でバージョンアップも安⼼ 2.DBマイグレート
 
 
 ※ WorkTime⽤のテーブルをいくつか作成します 3.Redmineの再起動 16 $ cd plugins $ hg clone https://bitbucket.org/tkusukawa/redmine_work_time $ cd .. $ RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:plugins:migrate
  17. 17. 全体設定
 アカウントメニュー表⽰ 17
  18. 18. ロールの権限設定 18
  19. 19. プロジェクトのモジュール選択 19
  20. 20. (0.3.2新機能)集計開始⽇の設定 20
  21. 21. ⼯数集計専⽤の
 PJとチケットの作成 21 個別の作業チケット以外に ざっくりと⼯数をつけられる チケットを作ります ※忘れがち
  22. 22. ⼯数をつけるチケットを表⽰させる 22 表 ⽰ 追 加 最初は何も表⽰されないので、 なんだこれ?ってなる
  23. 23. ⼯数をつけるチケットは
 各個⼈で選びます 23 その⽇に更新したり、 期間が設定された担当チケットがあると 勝⼿に表⽰される 複数チケットを⼀気に追加 1チケットずつ追加
  24. 24. 表⽰したチケットを並べ替える 24 追加してすぐは とりあえず ⼯数を⼊れられるのみ 更 新 次回以後の表⽰は プロジェクト毎になる 数字をクリックして 番号を変更することで 表⽰順序を変更できます
  25. 25. あとは⽇々各⾃の⼯数⼊⼒ 25
  26. 26. チームの⼯数集計 26 ⼯数管理専⽤の PJとチケット (ざっくり) 実チケット(具体的) 粒度が違う → 付け替えたい!
  27. 27. ⼯数のチケット付け替え 27
  28. 28. ⼯数のチケット付け替え 28 更 新 付け替え完了!
  29. 29. ⼯数のチケット付け替え 29 Before After
  30. 30. つまり、⼯数をつける粒度を
 統⼀する必要はないんです 最初は なるべくザックリとした項⽬で始めて、
 必要に応じて(必要な部分だけ)
 具体化すれば良いと思います ⼀般業務として「闇業務」というチケットを
 作っても良いでしょう
 → 誰がどれぐらい闇業務があるか解るだけでもメリット⼤ですよね これで業務の全てが
 チケット化されました! 30
  31. 31. No Ticket, No Work
 できましたね (全ての Work に対する Ticket が必ずあるんですから) 31
  32. 32. 32 まとめ やり⽅は何れにしても、
 チームを良くする上で
 ⼯数(業務)を把握・共有することを 
 おすすめします。 そして、そのやり⽅としては、 
 No Ticket, No Work が 
 いい感じだと思います。

×