Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション

4,684 views

Published on

http://redmine.tokyo/versions/13

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション

  1. 1. redmine.tokyo 第7回勉強会 2014-11-15 @tkusukawa
  2. 2.   名前は くすかわ と言います  仕事は システム開発部門の(残念な)部門長  Redmineに日々大変お世話になっております  工数入力・集計プラグイン:WorkTime を個人的に作成/仕事で使用/OSSとして公開しています 自己紹介: @tkusukawa 2014/11/15 2redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション
  3. 3.  Ustreamで映像配信しています 顔出しNGな方は言って下さい 録画をYouTubeにUpする予定です NGまたは要編集は言って下さい 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 3 確認
  4. 4.  ディスカッションの 進め方 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 4 説明
  5. 5.  ①まず、私からみなさんに 質問をします ディスカッションの進め方 2014/11/15 5redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション Redmineの使い方で よく議論になる事柄について、です。
  6. 6.  ② 選択肢の中から選んで 挙手で意思表明して下さい (全員) ディスカッションの進め方 2014/11/15 6redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション どちらとも言えない選択肢ばかりですが、 あえて選んで下さい。
  7. 7.  ③ なぜ「そう思う」のか 手を上げて発言して下さい ディスカッションの進め方 2014/11/15 7redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション あえて主張してみて下さい。 (つっこみ所、大盛りでお願いします)
  8. 8.  ④ 補足/反論して下さい ディスカッションの進め方 2014/11/15 8redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション (多少脇が甘い感じがGoodです)
  9. 9.  ⑤ みなさんの日々の苦労が 醸し出されることを期待 ディスカッションの進め方 2014/11/15 9redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 各自のドメイン・現場を前提とした意見 になるのは とても自然なことです。
  10. 10.  ⑥それぞれのドメイン・現場 で正解は異なる → それぞれのドメインで 「やってみないと解らない」 ディスカッションの進め方 2014/11/15 10redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション
  11. 11.  ⑦他の人の意見から なんらかの疑似体験/気付き があれば幸いです ディスカッションの進め方 2014/11/15 11redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション
  12. 12.  ⑧ 意見が変わった → 了見が狭かった → 得るものが有った◎ ディスカッションの進め方 2014/11/15 12redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション
  13. 13.  ① まず、私から選択的な質問をします ② 選択肢の中から挙手で答えて下さい(全員) ③ なぜ「そう思う」のか発言して下さい ④ 補足/反論して下さい ⑤ みなさんの日々の苦労が醸し出されます ⑥ やってみないと解らない事が多い今日この頃 ⑦ なんらかの疑似体験/気付きがあれば幸いです ⑧ 最初と意見が変わった → 得るものが有ったということ ディスカッションの進め方 2014/11/15 13redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション (つっこみ所 大盛りで) (多少脇が甘い感じがGoodです)
  14. 14.   挙手のお願い  拍手のお願い  笑いのお願い  呟きのお願い(ハッシュタグ: #redmineT )  発言のお願い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 14 お願い
  15. 15.  ディスカッションを はじめましょう 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 15
  16. 16. <アンケートの回答から> プログラム開発を大前提としている(と理解している)ので、運用業務に特化したチームでの 活用が、Redmineでそのメリットを十分に享受できるのか(乗り出しても効果があるのか)に ついてはまだ疑問です。 【質問:二択】  A: Redmineは 運用管理ツールとして十分使える  B: Redmineは 開発(プロジェクト)管理用のものだ 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 16 Redmineの用途について
  17. 17.  アンケートの中にこの言葉が多かった 【質問:二択】  A: Redmineの導入で簡単にトレーサビリティを 確保できる  B: Redmineを導入しても トレーサビリティを 確保する運用は大変だ 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 17 トレーサビリティについて
  18. 18.  【質問:二択】  A: 課題管理はRedmineがあればエクセルは不要  B: Redmineがあっても課題管理にはエクセルが必要 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 18 課題管理とエクセルについて
  19. 19.  【質問:二択】  A: 工程管理はRedmineがあればエクセルは不要  B: Redmineがあっても工程管理にはエクセルが必要 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 19 工程管理とエクセルについて
  20. 20.  【質問:二択】  A: 全ての業務をチケット駆動にすべきだ  B: 一部の業務はチケット駆動にはできない (一部の「ヤミ作業」は やむを得ない) 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 20 No Ticket, No Workについて
  21. 21.  【質問:二択】  A: チケットの完了基準は予め定義すべき  B: チケットの完了基準は最初は曖昧でも良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 21 チケットの完了基準について
  22. 22.  【質問:二択】  A: チケットのコメントの数が多過ぎるのは良くない  B: チケットのコメントの数は際限なく多くても良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 22 チケットのコメント(Note) の数について
  23. 23.  【質問:二択】  A: 初心者が戸惑うので限定的な仕様にして欲しい  B: 汎用的なことは良いことだ 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 23 Redmineの汎用性の高さ について
  24. 24.  【質問:二択】  A: 思いついたら【プロジェクト】を作って良い  B: 【プロジェクト】はよく考えて作るべき 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 24 プロジェクトの作成について
  25. 25.  【質問:二択】  A: 【プロジェクト】は一定期間でクローズすべき  B: 終わらない【プロジェクト】があっても良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 25 プロジェクトのライフサイクル について
  26. 26.  【質問:二択】  A: 【チケット】は一定期間でクローズすべき  B: 終わらない【チケット】があっても良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 26 チケットのライフサイクル について
  27. 27.  【質問:二択】  A: チケットの最終責任者を【担当者】にすべき  B: チケットの今の作業者を【担当者】にすべき 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 27 チケットの担当者について
  28. 28.  【質問:二択】  A: 知っておいて欲しい人をウォッチャーに入れる  B: 知っておきたいチケット/Wikiのみウォッチする 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 28 ウォッチャーの使い方について
  29. 29.  【質問:二択】  A: 個別にRedmineを立てるのが小回りが効いて良い  B: 一つのRedmineを全員で使った方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 29 Redmine構築の粒度について
  30. 30.  【質問:二択】  A: ワークフローをしっかり作り込んだ方が良い  B: ステータスやロールは少ない方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 30 ワークフロー設定について
  31. 31. 【質問:五択】  A: 新規開発案件に対してチケット/Wikiに追記する  B: 新規開発案件に対してチケットを作成する  C: 新規開発案件に対してバージョンを作成する  D: 新規開発案件に対してプロジェクトを作成する  E: 新規開発案件に対してRedmineを立てる 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 31 新規開発案件の取扱方について
  32. 32.  【質問:四択】  A: 開発ドキュメントはチケットに書く/添付する  B: 開発ドキュメントはWikiに書く/添付する  C: 開発ドキュメントは文書/ファイルに置く  D: 開発ドキュメントはバージョン管理に入れる 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 32 開発ドキュメントについて
  33. 33.  【質問:四択】  A: 運用ドキュメントはチケットに書く/添付する  B: 運用ドキュメントはWikiに書く/添付する  C: 運用ドキュメントは文書/ファイルに置く  D: 運用ドキュメントはバージョン管理に入れる 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 33 運用ドキュメントについて
  34. 34.  【質問:二択】  A: なるべく最新バージョンのRedmineに更新すべき  B: 頻繁にRedmineのバージョンを上げない方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 34 バージョンアップについて
  35. 35.  【質問:二択】  A: Redmineの標準機能のみを使った方が良い  B: 積極的にプラグインを活用した方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 35 標準機能とプラグインについて
  36. 36.  【質問:二択】  A: 標準のフィールドは なるべく活用した方が良い  B: 不要なフィールドは なるべく使わない 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 36 チケットフィールドについて
  37. 37.  【質問:二択】  A: いつも書く項目は カスタムフィールドにすべき  B: なるべく説明に書く運用で済ませた方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 37 チケットへの記述事項について
  38. 38.  【質問:二択】  A: モジュールはなるべく活用した方が良い  B: 必要最小限のモジュールのみ使った方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 38 プロジェクトで使うモジュール について
  39. 39.  【質問:二択】  A: Redmineとチャットがあれば社内メールは不要  B: そんなことはない 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 39 メール不要論について
  40. 40.  【質問:二択】  A: Redmineを他システムと連携させた方が良い  B: Redmineは他システムと連携させない方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 40 他システムとのシステム連携 について
  41. 41.  【質問:三択】  A: もっと多くの機能を標準で持つべき  B: これ以上の機能はプラグインで追加するのが良い  C: 機能が多過ぎるので削った方が良い 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 41 Redmineの機能の数について
  42. 42.  【質問:二択】  A: できればRedmineの運用指南を他社に頼みたい  B: Redmineでも何でも運用設計は自社でやるべき 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 42 Redmineのコンサルティング について
  43. 43.   A:  B: 2014/11/15 redmine.tokyo 第7回勉強会 ディスカッション 43 質問:二択

×