Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
株式会社日立ソリューションズ
業務革新統括本部 技術革新本部 研究開発部
2017/10/25
工藤 雄大
Kollaをインストールしてみ...
© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
1. はじめに
2. Kolla概要
3. Kolla-AnsibleのDeploy手順
1
Contents
4. Customize ...
2© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
1. はじめに
3© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
私はだれ?
 所属等
 工藤 雄大(くどう たけひろ)
 株式会社日立ソリューションズ / 研究開発部
 インフラ系新技術・新製...
4© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
なぜKolla?
 挙動解析をしていると何度も(数十~百回単位で)OpenStackをインストール
 手動は無理がある
 Pack...
5© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
用語:kolla-ansibleコマンド
 kolla-ansible prechecks
 設定ファイル等のPrecheck
 ...
6© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
2. Kolla概要
7© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Kolla概要
 Kolla provides production-ready containers and deployment ...
8© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Kolla-Ansible概要
 OpenStackのコンポーネントをコンテナ化する仕組み(もしくはコンテナ自体)と、
そのDeplo...
9© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
3. Kolla-AnsibleのDeploy手順
10© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
構成図
 Kolla Server1にAll in One構成で構築。 (Kolla Server2は後述)
 NICは2本。片方...
11© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Kolla-Ansibleによる構築手順1(CentOS 7/All in Oneの場合)
2. 前提パッケージインストール
yum ...
12© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
pip install kolla-ansible
Kolla-Ansibleによる構築手順2(CentOS 7/All in One...
13© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
kolla-ansible -i all-in-one deploy
Kolla-Ansibleによる構築手順3(CentOS 7/A...
14© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
4. Customize & TIPS
15© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Custom Config設定方法1
/(root)
etc/kolla/
config/
nova-compute/nova.con...
16© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Custom Config設定方法2
 仕組み
 /etc/kolla/config に適切なディレクトリを作成し、
適切なファイ...
17© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Custom Config設定方法3
 設定ファイル配置ルール(続き)
② /etc/kolla/config/<Project>....
18© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Custom Config設定方法4
 設定ファイル配置ルール (続き)
④ /etc/kolla/config/<Project>...
19© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Custom Config設定方法1(再掲)
/(root)
etc/kolla/
config/
nova-compute/nova...
20© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Destroyコマンドの挙動1
 下記コマンド投入で、コンテナ、/etc/kolla/が一部以外削除される
 Networkは、サ...
21© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
Destroyコマンドの挙動2
 Destroy後に単に再DeployするとHorizonの画面が崩れる。(stylesheetが消...
22© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
複数台構築時の注意事項
 同一セグメントで【別の】kolla環境を複数台構築すると、後から構築したほうが動かない。
(Multi n...
23© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
まとめ
 Deployはものすごく簡単
 設定変更も、(複雑な)ルールがわかっていれば便利
 Destroyで環境崩して作り直し...
© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
株式会社 日立ソリューションズ
業務革新統括本部 技術革新本部 研究開発部
https://www.slideshare.net/tkkd...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Openstack kolla 20171025 josug v3

841 views

Published on

「Kollaをインストールしてみた」
日本OpenStackユーザ会 第36回勉強会
https://openstack-jp.connpass.com/event/68475/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Openstack kolla 20171025 josug v3

  1. 1. © Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 株式会社日立ソリューションズ 業務革新統括本部 技術革新本部 研究開発部 2017/10/25 工藤 雄大 Kollaをインストールしてみた https://www.slideshare.net/tkkd/ 日本OpenStackユーザ会 第36回勉強会
  2. 2. © Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 1. はじめに 2. Kolla概要 3. Kolla-AnsibleのDeploy手順 1 Contents 4. Customize & TIPS
  3. 3. 2© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 1. はじめに
  4. 4. 3© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 私はだれ?  所属等  工藤 雄大(くどう たけひろ)  株式会社日立ソリューションズ / 研究開発部  インフラ系新技術・新製品の評価・ソリューション開発担当  Network → AP仮想化 → VDI → Neutron周辺 → Ceph  特技:製品・技術を外から挙動解析(Sourceを読みません読めません)  Open Standard Cloud Association(OSCA)技術分科会、OpenStack Days Tokyo実行委員  最近はCeph芸人関連がメイン  OpenStack×CephによるHCI  OpenStack ハイパーコンバージドインフラ (HCI) のポイントとベンチマーク結果考察 http://ja.community.dell.com/techcenter/m/mediagallery/3798  今度は79,200パターン!OpenStack&CephによるHyper Convereged Infrastructure検証結果 http://openstackdays.com/wp-content/uploads/2017/08/4-B4-8.pdf  その他 (https://www.slideshare.net/tkkd)
  5. 5. 4© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. なぜKolla?  挙動解析をしていると何度も(数十~百回単位で)OpenStackをインストール  手動は無理がある  PackStackだとHost OSごと入れ直しするのが面倒  TripleOはConfig書くのが難しい (一度作れば楽)  Kollaならコンテナを使ってるので、OpenStack環境だけ綺麗に消せるのかも??  Deploy、再Deployツールとしての視点で評価  Kolla自体はあまり詳しくありません。Kolla Projectにはノータッチ。  Deploy時:Document通りだと、はまりどころ多数  DockerのVersionにやられる。ConfigがDefaultだとやられる。  再Deploy時:予想と違う挙動  Destroyという全て削除するコマンドがあるが、その後のDeployは問題あり
  6. 6. 5© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 用語:kolla-ansibleコマンド  kolla-ansible prechecks  設定ファイル等のPrecheck  kolla-ansible pull  kolla-ansible用Docker ImageをRegistory ServerからLocal RepositoryへPull  kolla-ansible deploy  Docker Imageを用いてOpenStack環境をDeploy。Pullもしてくれる。  kolla-ansible post-deploy  admin-openrc.shの生成  kolla-ansible reconfigure  OpenStack Serviceの再設定。Custom Config変更時はコンテナも再構築される。  kolla-ansible destroy  Docker Imageや設定等を全部消す(と期待していた)
  7. 7. 6© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 2. Kolla概要
  8. 8. 7© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Kolla概要  Kolla provides production-ready containers and deployment tools for operating OpenStack clouds that are scalable, fast, reliable, and upgradable using community best practices.  Kolla-AnsibleとKolla-Kubernetesが存在。 今回はKolla-AnsibleのDeployとConfigについて。 (https://www.openstack.org/software/releases/ocata/components/kolla より)
  9. 9. 8© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Kolla-Ansible概要  OpenStackのコンポーネントをコンテナ化する仕組み(もしくはコンテナ自体)と、 そのDeploy Toolを提供  Deployを簡単に  Operation(Upgrade含む)を簡単に インストール Registry Serverから 又は kolla-buildで生成 kolla-ansible deploy kolla-ansible reconfigure Kolla以外 Kollaの場合 Registry Server Neutron Nova
  10. 10. 9© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 3. Kolla-AnsibleのDeploy手順
  11. 11. 10© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 構成図  Kolla Server1にAll in One構成で構築。 (Kolla Server2は後述)  NICは2本。片方はインターネット接続。
  12. 12. 11© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Kolla-Ansibleによる構築手順1(CentOS 7/All in Oneの場合) 2. 前提パッケージインストール yum update yum install epel-release yum install python-pip pip install -U pip yum install python-devel libffi-devel gcc openssl-devel libselinux-python yum install ansible 3. NTP設定 yum install ntp systemctl enable ntpd.service systemctl start ntpd.service ★Dockerは手動で入れない!Docsに従うと、Version不一致で後が入らなくなる。 1. OSインストール  NIC1にIPアサイン、NIC2はOn bootだけ有効に。DNS設定必須。
  13. 13. 12© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. pip install kolla-ansible Kolla-Ansibleによる構築手順2(CentOS 7/All in Oneの場合) 5. Kolla-Ansible インストール 6. 設定諸準備 cp -r /usr/share/kolla-ansible/etc_examples/kolla /etc/kolla/ cp /usr/share/kolla-ansible/ansible/inventory/* . vi etc/kolla/globals.yml openstack_release: "4.0.0" # 文頭コメントアウト外し。"4.0.0" or "master" へ。 kolla_internal_vip_address: "192.168.111.102" # haproxyのVIP用。NIC1と同セグメントで、NIC1とは別のIPを設定。 network_interface: "eno1" # 文頭コメントアウト外し。 NIC1のIFを指定。 neutron_external_interface: "eno2" # 文頭コメントアウト外し。 NIC2のIFを指定。 ★global.ymlのダブルクオーテーション( " )は正確に。 4. Libvirtd停止(しなくてもいいかも) systemctl stop libvirtd.service systemctl disable libvirtd.service
  14. 14. 13© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. kolla-ansible -i all-in-one deploy Kolla-Ansibleによる構築手順3(CentOS 7/All in Oneの場合) 9. Deploy (Docker ImageのPullもここで勝手にされる) 10. Post Deploy (admin-openrc.shの生成) kolla-ansible post-deploy 8. Precheck (あまり意味がなさそう) kolla-ansible -i all-in-one prechecks 7. Automatic Bootstrap kolla-genpwd kolla-ansible -i all-in-one bootstrap-servers ★Dockerはここで勝手に入れてくれる。 Thanks to Red Hat中島さん、HPE石川さん、SUSE井川さん
  15. 15. 14© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 4. Customize & TIPS
  16. 16. 15© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Custom Config設定方法1 /(root) etc/kolla/ config/ nova-compute/nova.conf nova-scheduler/nova.conf nova/ <hostname>/nova.conf ★ルール④ nova-compute.conf ★ルール③ nova-computeの nova.confにオーバレイ <hostname>のnova-xxxの nova.conf全てにオーバレイ neutron-server/neutron.conf global.conf ★ルール① nova.conf ★ルール② 全<Project>.confオーバレイ nova-xxxのnova.conf全てにオーバレイ <Service> / <Project>.conf
  17. 17. 16© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Custom Config設定方法2  仕組み  /etc/kolla/config に適切なディレクトリを作成し、 適切なファイル名で設定ファイルを配置  設定ファイルの中身  /etc/kolla/<Service>/<Project>.confにオーバレイされる  kolla-ansible reconfigureを実行すると、 元のConfig + オーバレイされた設定をもとに、コンテナが再生成される。  設定ファイル配置ルール ① /etc/kolla/config/global.conf →全ての<Project>.conf(*)にオーバレイ →/etc/kolla/nova-api/nova.conf /etc/kolla/nova-compute/nova.conf /etc/kolla/neutron-server/neutron.conf ・・・・ 言葉の定義例 /etc/kolla/nova-compute/nova.conf <Service> <Project> [<Section>] <Parameter> = <Value> [DEFAULT] debug = True 例書式 (*)keystone.conf、nova.conf、 neutron.conf、heat.conf、 glance-api.conf、 glance-registry.conf、etc...
  18. 18. 17© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Custom Config設定方法3  設定ファイル配置ルール(続き) ② /etc/kolla/config/<Project>.conf →/etc/kolla/<Service>/<Project>.confにオーバレイ #<Project>に対応する<Service>すべてに反映 例)/etc/kolla/config/nova.conf →/etc/kolla/nova-api/nova.conf /etc/kolla/nova-compute/nova.conf ・・・・ のように、nova-xxx全てにオーバレイ × /etc/kolla/config/nova-compute.conf この書き方はNG ③ /etc/kolla/config/<Project>/<Service>.conf →<Service>の<Project>.confにだけオーバレイ ★逆になるので非常にわかりづらい 例)/etc/kolla/config/nova/nova-compute.conf →/etc/kolla/nova-compute/nova.conf にだけ反映される × /etc/kolla/config/nova/nova.conf この書き方はNG 言葉の定義例(再掲) /etc/kolla/nova-compute/nova.conf <Service> <Project>
  19. 19. 18© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Custom Config設定方法4  設定ファイル配置ルール (続き) ④ /etc/kolla/config/<Project>/<hostname>/<Project>.conf →/etc/kolla/<Service>/<Project>.confにオーバレイ #<hostname>の<Project>に対応する<Service>すべてに反映 例)/etc/kolla/config/nova/localhost/nova.conf →/etc/kolla/nova-api/nova.conf /etc/kolla/nova-compute/nova.conf ・・・・ のように、nova-xxx全てにオーバレイ × /etc/kolla/config/nova/localhost/nova-compute.conf この書き方はNG  同一<Parameter>を異なる<Value>で複数のルールに記述した場合、 ①②③④のルール順にオーバレイされる。(④が強い) 言葉の定義例(再掲) /etc/kolla/nova-compute/nova.conf <Service> <Project>
  20. 20. 19© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Custom Config設定方法1(再掲) /(root) etc/kolla/ config/ nova-compute/nova.conf nova-scheduler/nova.conf nova/ <hostname>/nova.conf ★ルール④ nova-compute.conf ★ルール③ nova-computeの nova.confにオーバレイ <hostname>のnova-xxxの nova.conf全てにオーバレイ neutron-server/neutron.conf global.conf ★ルール① nova.conf ★ルール② 全<Project>.confオーバレイ nova-xxxのnova.conf全てにオーバレイ <Service> / <Project>.conf
  21. 21. 20© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Destroyコマンドの挙動1  下記コマンド投入で、コンテナ、/etc/kolla/が一部以外削除される  Networkは、サーバ再起動するまでOVS設定が少し残る。 kolla-ansible destroy --yes-i-really-really-mean-it destroy直後 destroy→サーバ再起動後
  22. 22. 21© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. Destroyコマンドの挙動2  Destroy後に単に再DeployするとHorizonの画面が崩れる。(stylesheetが消える)  Destroy時にコンテナもConfigも一度消えているはずなのに・・・ 初回Deploy後 Destroy→Deploy後
  23. 23. 22© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 複数台構築時の注意事項  同一セグメントで【別の】kolla環境を複数台構築すると、後から構築したほうが動かない。 (Multi nodeのことではない)  haproxyのVRRPで使っているVRIDが被るのが原因  global.ymlのkeepalived_virtual_router_id: "51"を、 他のKolla環境(又はVRRPを使用しているサービス)と かぶらないように変更が必要。 Thanks to HPE石川さん
  24. 24. 23© Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. まとめ  Deployはものすごく簡単  設定変更も、(複雑な)ルールがわかっていれば便利  Destroyで環境崩して作り直しは少し懸念あり。 少なくとも、Destroy後にサーバ再起動を推奨。
  25. 25. © Hitachi Solutions, Ltd. 2017. All rights reserved. 株式会社 日立ソリューションズ 業務革新統括本部 技術革新本部 研究開発部 https://www.slideshare.net/tkkd/ Kollaをインストールしてみた 2017/10/25 工藤 雄大 END ・Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 ・OpenStack®の文字表記とOpenStackのロゴは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり, OpenStack Foundationの許諾を得て使用しています。日立製作所はOpenStack FoundationやOpenStackコミュニティの関連企業ではなく、また支援や出資を受けていません。 ・OSCAは、Dell,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。 ・その他、記載の商標やロゴは、各社の商標または登録商標です。 本講演は、情報提供のみを目的としており、誤字脱字、技術上の誤りには一切責任を負いません。 本講演の内容は一般的な原則を記しており、すべての環境での動作を保証するものではありません。 本講演の内容は検証時のものであり、明示的、暗示的を問わず、いかなる内容も保証いたしません。

×