11 06-12 meidensha japanese-results_q2-1

146 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
146
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

11 06-12 meidensha japanese-results_q2-1

  1. 1.   平成25年3月期  第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 平成24年10月30日上場会社名 株式会社 明電舎 上場取引所  東・大・名コード番号 6508 URL  http://www.meidensha.co.jp代表者 (役職名) 取締役社長 (氏名)稲村 純三問合せ先責任者 (役職名) 広報・IR部長 (氏名)鶴田 功 TEL  03-6420-8222四半期報告書提出予定日 平成24年11月14日 配当支払開始予定日 -四半期決算補足説明資料作成の有無: 有四半期決算説明会開催の有無      : 有 (機関投資家・アナリスト向け) (百万円未満切捨て)1.平成25年3月期第2四半期の連結業績(平成24年4月1日~平成24年9月30日) (1)連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益  百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 25年3月期第2四半期 69,733 8.7 △5,095 - △6,038 - △3,900 - 24年3月期第2四半期 64,123 19.5 △5,496 - △6,419 - △4,322 -(注)包括利益 25年3月期第2四半期 △4,660百万円 (-%)   24年3月期第2四半期 △5,127百万円 (-%) 潜在株式調整後 1株当たり  1株当たり 四半期純利益 四半期純利益  円 銭 円 銭 25年3月期第2四半期 △17.19 - 24年3月期第2四半期 △19.05 - (2)連結財政状態  総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産  百万円 百万円 % 円 銭 25年3月期第2四半期 210,481 46,280 21.6 200.06 24年3月期 211,732 53,421 24.2 225.63(参考)自己資本 25年3月期第2四半期 45,402百万円   24年3月期 51,205百万円2.配当の状況 年間配当金  第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計  円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 24年3月期 - 0.00 - 4.00 4.00 25年3月期 - 0.00 25年3月期(予想) - 5.00 5.00(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無: 無3.平成25年3月期の連結業績予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日) (%表示は、対前期増減率) 1株当たり  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 当期純利益  百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通期 200,000 10.4 8,500 35.4 7,000 32.9 4,000 138.2 17.63(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無: 無
  2. 2. ※  注記事項 (1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動): 無 新規  ―社  (社名) 、除外  ―社  (社名) (2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用: 無 (3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ①  会計基準等の改正に伴う会計方針の変更        : 無 ②  ①以外の会計方針の変更                      : 無 ③  会計上の見積りの変更                        : 無 ④  修正再表示                                  : 無 (4)発行済株式数(普通株式) ①  期末発行済株式数(自己株式を含む) 25年3月期2Q 227,637,704株 24年3月期 227,637,704株 ②  期末自己株式数 25年3月期2Q 698,383株 24年3月期 693,620株 ③  期中平均株式数(四半期累計) 25年3月期2Q 226,941,283株 24年3月期2Q 226,946,900株※  四半期レビュー手続の実施状況に関する表示 この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続きの対象外であり、この四半期決算短信の開示 時点において、金融商品取引法に基づく四半期連結財務諸表に対する四半期レビュー手続きは終了しておりません。※  業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項 本資料の業績予想は、当社が発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後 様々な要因によって予想数値と大きく異なる可能性があります。
  3. 3. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信○添付資料の目次   1.当四半期決算に関する定性的情報 ………………………………………………………………… 2 (1)連結経営成績に関する定性的情報 …………………………………………………………… 2 (2)連結財政状態に関する定性的情報 …………………………………………………………… 3 (3)連結業績予想に関する定性的情報 …………………………………………………………… 3 2.四半期連結財務諸表 ………………………………………………………………………………… 4 (1)四半期連結貸借対照表 ………………………………………………………………………… 4 (2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………………………………… 6 四半期連結損益計算書   第2四半期連結累計期間 …………………………………………………………………… 6 四半期連結包括利益計算書   第2四半期連結累計期間 …………………………………………………………………… 7 (3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ……………………………………………………… 8 (4)継続企業の前提に関する注記 ………………………………………………………………… 10 (5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記重要な後発事象 ……………………… 10 (6)セグメント情報等 ……………………………………………………………………………… 10 (7)重要な後発事象 ………………………………………………………………………………… 10  - 1 -
  4. 4. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信1.当四半期決算に関する定性的情報(1)連結経営成績に関する定性的情報 当第2四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、欧州や中国など世界経済の減速感が強まり、国内では震災復 興の需要があるものの長引く円高の影響等により、依然として厳しく不透明な状況で推移しました。 このような情勢の中、当社グループでは全社的な原価低減、固定費削減に努めると同時に、中期経営計画「POW ER5」フェーズⅢで掲げる明電グループの新たな飛躍に向けた“ものづくり力”の強化に取り組んでおります。 当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高が69,733百万円(前年同期比5,609百万円増加)となりました。 損益につきましては、営業損失は5,095百万円(前年同期比401百万円改善)、経常損失は6,038百万円(前年同期 比381百万円改善)、当期純損失は3,900百万円(前年同期比422百万円改善)となりました。 セグメント別の状況は次のとおりであります。なお、売上高につきましては、セグメント間の取引を含んでおりま す。 ① 社会システム事業分野 受注高が、前年度下半期以降堅調に推移したことや、震災後の電源対策需要等により、売上高は前年同期比21.7% 増の43,885百万円となりました。 (社会システム事業関連) 他社との競争が激化しており、受注環境は厳しさを増しております。主力である発電・変電・電力変換製品の 徹底した原価低減により競争力を強化するとともに、節電対策や事業継続計画(BCP)に対応する製品・サービス の積極的な提案活動を行っております。また、太陽光発電設備など再生可能エネルギーを活用した各種エネルギ ーシステムの拡販に取り組んでおります。 (水・環境事業関連) 公共投資の削減や新たな浄水場・下水処理場建設の減少、他社との競争激化などにより事業環境は厳しさを増 しております。 このような中、浄水場、下水処理場向け電気設備の新規および更新物件の受注獲得への取り組みを強化すると 同時に、水道施設の運転維持管理業務の受託への取り組みも積極的に進めております。また、下水・排水処理用 セラミック平膜を用いた工業排水再利用設備の共同研究をシンガポール政府機関と進めるとともに、量産体制の 整備及び海外販売体制の強化にも注力しております。 (海外事業関連) 円高基調により受注環境は厳しい状況が続いております。 このような中、国内外における電力用変電機器の拡販に努めるとともに、東南アジア市場を中心に鉄道プロジェ クトの受注獲得に取り組んでおります。また、当社が得意とする真空技術を用いたしゃ断器(Eco-VCB)などの単 体機器の拡販にも積極的に取り組んでおります。 ②産業システム事業分野 コンポーネント事業関連の一部の市場には引き続き停滞感があるものの、動計・搬送事業関連は堅調に推移してお り、売上高は前年同期と同水準の15,203百万円となりました。 (コンポーネント事業関連) 半導体製造装置等に組み込まれる機器の需要は前年度下半期から踊り場状態がつづいておりますが、エレベー タ用モータの需要は中国及び新興国向けを中心に増加しております。また、三菱自動車工業株式会社様の電気自 動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」に搭載されるモータ・インバータの 量産に取り組んでおります。 (動力計測・搬送事業関連) 国内においては、電気自動車、ハイブリッド車また超低燃費車など、環境対応車の開発投資を中心に受注環境 は緩やかに回復しており、試験設備の拡販に取り組んでおります。また、日系メーカーの海外での実験棟建設 や、研究開発設備の需要が増加している中国、タイ、インド、ブラジルなど、海外市場での拡販にも積極的に取 り組んでおります。 - 2 -
  5. 5. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信 搬送システム分野では、フォークリフト用モータ・インバータの需要が緩やかに増加するとともに、自動車部 品メーカーをはじめ、化学メーカーや物流倉庫などで無人搬送車(AGV)の需要が増加しております。また、海外 でも中国、タイなどで需要が高まっており、現地法人での生産・販売体制を強化しております。 ③エンジニアリング事業分野 メンテナンスサービスの分野では、厳しい価格競争が続いており、売上高は前年同期比18.6%減の6,626百万円と なりました。 通常の保守・点検に加え、震災以降に需要が高まった電源設備のメンテナンスや、設備の状況や余寿命の診断を付 加した提案活動にも積極的に取り組んでおります。 ④不動産事業分野 業務・商業ビルThinkPark Tower(東京都品川区大崎)を中心とする保有不動産の賃貸事業を行っており、売上高 は前年同期と同水準の1,643百万円となりました。 ⑤その他の事業分野 その他の製品販売、従業員の福利厚生サービス、化成製品を提供するなど、報告セグメントに含まれない事業につ いては、売上高は前年同期比6.0%増の13,844百万円となりました。    (2)連結財政状態に関する定性的情報 当第2四半期連結累計期間末の総資産は、前連結会計年度末(以下「前期末」)比1,251百万円減少し、210,481百 万円となりました。 流動資産は、前期末に計上した売上債権の回収が進み売掛金が減少し、前期末比2,916百万円減少し113,668百万円 となりました。 固定資産は、土地及び無形固定資産等の取得に伴い、前期末比1,665百万円増加の96,812百万円となりました。 負債は、前受金と退職給付引当金の増加等により前期末比5,890百万円増加し164,200百万円となりました。 当第2四半期連結累計期間末の純資産合計は、四半期純損失の計上及び剰余金の配当に伴い前期末比7,141百万円 減少して46,280百万円となりました。この結果、自己資本比率は前期末の24.2%から21.6%となりました。   (3)連結業績予想に関する定性的情報 当社グループの事業は、電力会社や官公庁向けの各種電気設備や、地方自治体向けの上下水処理設備等において、 年度末に売上が集中する傾向がございます。そのため、当第2四半期連結累計期間につきましては、売上高は年間の 数値に対して相対的に低い水準にとどまり、また損益についても大幅な損失を計上しておりますが、業績は概ね予想 通り推移しており、平成24年5月11日に公表いたしました業績予想については、変更ありません。  - 3 -
  6. 6. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信2.四半期連結財務諸表(1)四半期連結貸借対照表 (単位:百万円) 前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間 (平成24年3月31日) (平成24年9月30日)資産の部 流動資産 現金及び預金 12,747 10,481 受取手形及び売掛金 65,389 43,583 商品及び製品 4,335 6,811 仕掛品 25,189 39,804 原材料及び貯蔵品 2,045 3,745 繰延税金資産 3,501 6,179 その他 3,710 3,458 貸倒引当金 △335 △395 流動資産合計 116,585 113,668 固定資産 有形固定資産 建物及び構築物(純額) 39,657 40,180 機械装置及び運搬具(純額) 9,068 10,496 土地 9,356 12,691 建設仮勘定 1,510 1,911 その他(純額) 1,780 2,079 有形固定資産合計 61,372 67,359 無形固定資産 3,709 5,403 投資その他の資産 投資有価証券 21,311 14,296 長期貸付金 29 29 繰延税金資産 6,616 7,695 その他 2,201 2,136 貸倒引当金 △92 △107 投資その他の資産合計 30,065 24,049 固定資産合計 95,147 96,812 資産合計 211,732 210,481 - 4 -
  7. 7. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信 (単位:百万円) 前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間 (平成24年3月31日) (平成24年9月30日)負債の部 流動負債 支払手形及び買掛金 33,026 22,514 短期借入金 7,692 7,218 コマーシャル・ペーパー 23,500 26,000 未払金 10,800 12,780 未払法人税等 1,253 681 前受金 8,331 18,635 賞与引当金 4,797 5,171 製品保証引当金 249 516 受注損失引当金 658 1,038 その他 11,716 10,263 流動負債合計 102,027 104,820 固定負債 長期借入金 27,858 26,452 退職給付引当金 24,170 28,733 役員退職慰労引当金 116 152 環境対策引当金 1,070 1,014 債務保証損失引当金 12 12 繰延税金負債 43 36 その他 3,012 2,979 固定負債合計 56,283 59,380 負債合計 158,310 164,200純資産の部 株主資本 資本金 17,070 17,070 資本剰余金 13,197 13,197 利益剰余金 19,825 15,016 自己株式 △152 △153 株主資本合計 49,940 45,130 その他の包括利益累計額 その他有価証券評価差額金 2,664 1,658 繰延ヘッジ損益 △90 △97 為替換算調整勘定 △1,309 △1,289 その他の包括利益累計額合計 1,265 271 少数株主持分 2,216 878 純資産合計 53,421 46,280負債純資産合計 211,732 210,481 - 5 -
  8. 8. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 (四半期連結損益計算書) (第2四半期連結累計期間) (単位:百万円) 前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間 (自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日 至 平成23年9月30日) 至 平成24年9月30日)売上高 64,123 69,733売上原価 51,874 55,531売上総利益 12,249 14,202販売費及び一般管理費 17,746 19,297営業損失(△) △5,496 △5,095営業外収益 受取利息 13 8 受取配当金 234 233 受取賃貸料 127 106 その他 484 663 営業外収益合計 860 1,012営業外費用 支払利息 450 401 出向者関係費 536 664 持分法による投資損失 187 241 減価償却費 190 174 その他 417 473 営業外費用合計 1,783 1,955経常損失(△) △6,419 △6,038特別利益 投資有価証券売却益 0 - 負ののれん発生益 - 251 その他 - 0 特別利益合計 0 252特別損失 投資有価証券評価損 306 32 その他 1 1 特別損失合計 307 34税金等調整前四半期純損失(△) △6,727 △5,820法人税、住民税及び事業税 133 511法人税等調整額 △2,560 △2,549法人税等合計 △2,426 △2,038少数株主損益調整前四半期純損失(△) △4,300 △3,781少数株主利益 22 118四半期純損失(△) △4,322 △3,900 - 6 -
  9. 9. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信 (四半期連結包括利益計算書) (第2四半期連結累計期間) (単位:百万円) 前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間 (自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日 至 平成23年9月30日) 至 平成24年9月30日)少数株主損益調整前四半期純損失(△) △4,300 △3,781その他の包括利益 その他有価証券評価差額金 △941 △1,024 繰延ヘッジ損益 △37 △9 為替換算調整勘定 152 130 持分法適用会社に対する持分相当額 △0 25 その他の包括利益合計 △827 △878四半期包括利益 △5,127 △4,660(内訳) 親会社株主に係る四半期包括利益 △5,197 △4,894 少数株主に係る四半期包括利益 69 234 - 7 -
  10. 10. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 (単位:百万円) 前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間 (自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日 至 平成23年9月30日) 至 平成24年9月30日)営業活動によるキャッシュ・フロー 税金等調整前四半期純損失(△) △6,727 △5,820 減価償却費 3,360 3,603 貸倒引当金の増減額(△は減少) △4 71 負ののれん発生益 - △251 賞与引当金の増減額(△は減少) △279 301 退職給付引当金の増減額(△は減少) 1,072 1,008 受注損失引当金の増減額(△は減少) 17 △87 製品保証引当金の増減額(△は減少) △804 △156 受取利息及び受取配当金 △247 △242 支払利息 450 401 持分法による投資損益(△は益) 187 241 投資有価証券評価損益(△は益) 306 32 売上債権の増減額(△は増加) 26,472 34,030 たな卸資産の増減額(△は増加) △10,535 △11,349 仕入債務の増減額(△は減少) △2,590 △12,512 その他 △1,257 631 小計 9,420 9,902 利息及び配当金の受取額 262 248 利息の支払額 △455 △406 法人税等の支払額 △1,039 △1,159 営業活動によるキャッシュ・フロー 8,188 8,585投資活動によるキャッシュ・フロー 有形固定資産の取得による支出 △1,187 △4,113 有形固定資産の売却による収入 21 5 無形固定資産の取得による支出 △863 △1,101 投資有価証券の取得による支出 △1 △0 関係会社株式の取得による支出 △50 △5,215 関係会社株式の売却による収入 - 4,937 連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による - 219 収入 連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による - △216 支出 補助金の受取額 46 48 その他 △176 △136 投資活動によるキャッシュ・フロー △2,211 △5,572 - 8 -
  11. 11. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信 (単位:百万円) 前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間 (自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日 至 平成23年9月30日) 至 平成24年9月30日)財務活動によるキャッシュ・フロー 短期借入金の純増減額(△は減少) △1,604 △4,328 コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少) △6,000 2,500 長期借入れによる収入 1,022 930 長期借入金の返済による支出 △3,386 △3,492 自己株式の取得による支出 △0 △1 配当金の支払額 △906 △904 少数株主への配当金の支払額 △70 △50 その他 79 7 財務活動によるキャッシュ・フロー △10,866 △5,340現金及び現金同等物に係る換算差額 52 60現金及び現金同等物の増減額(△は減少) △4,837 △2,267現金及び現金同等物の期首残高 11,986 12,674新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額 49 -連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額 △0 -現金及び現金同等物の四半期末残高 7,198 10,406 - 9 -
  12. 12. (株)明電舎(6508) 平成25年3月期 第2四半期決算短信 (4)継続企業の前提に関する注記 該当事項はありません。    (5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 該当事項はありません。    (6)セグメント情報等 Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成23年4月1日 至平成23年9月30日) 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報  (単位:百万円)  報告セグメント 四半期連結損益 エンジニ その他 合計 調整額 計算書計上額 社会シス 産業シス 不動産 (注)1 (注)2  テム事業 テム事業 アリング 事業 小計 (注)3 事業 売上高  外部顧客への売上高 34,004 12,717 7,994 1,511 56,227 7,895 64,123 - 64,123  セグメント間の内部 2,064 2,480 147 131 4,824 5,168 9,992 (9,992) -   売上高又は振替高  計 36,069 15,198 8,141 1,643 61,052 13,063 74,116 (9,992) 64,123 セグメント利益又は △4,206 △1,054 △286 588 △4,959 208 △4,750 (745) △5,496 セグメント損失(△)(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その他の製品販売、従業員の福利 厚生サービス、化成製品等を提供する事業等を含んでおります。 2.セグメント利益又はセグメント損失の調整額 △745百万円には、セグメント間取引消去400百万円、各報告セ グメントに配分していない全社費用△1,146百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰 属しない一般管理費及び技術試験費であります。 3.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。 Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自平成24年4月1日 至平成24年9月30日) 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報  (単位:百万円)  報告セグメント 四半期連結損益 エンジニ その他 合計 調整額 計算書計上額 社会シス 産業シス 不動産 (注)1 (注)2  テム事業 テム事業 アリング 事業 小計 (注)3 事業 売上高  外部顧客への売上高 41,920 12,558 6,429 1,511 62,419 7,313 69,733 - 69,733  セグメント間の内部 1,964 2,645 196 131 4,938 6,530 11,469 (11,469) -   売上高又は振替高  計 43,885 15,203 6,626 1,643 67,358 13,844 81,202 (11,469) 69,733 セグメント利益又は △2,428 △1,556 △991 589 △4,386 471 △3,914 (1,180) △5,095 セグメント損失(△)(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その他の製品販売、従業員の福利 厚生サービス、化成製品等を提供する事業等を含んでおります。 2.セグメント利益又はセグメント損失の調整額 △1,180百万円には、セグメント間取引消去169百万円、各報告 セグメントに配分していない全社費用△1,350百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに 帰属しない一般管理費及び技術試験費であります。 3.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。 (7)重要な後発事象 該当事項はありません。  - 10 -

×