Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JSME_47th_Nigata

776 views

Published on

第47回医学教育学会年会(2015)@新潟
一般口演O-36-1

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

JSME_47th_Nigata

  1. 1. 医学教育学領域の 国際誌原著論文における 研究デザインと統計的手法に関する検討 CLASSIFYING THE RESEARCH DESIGNS AND THE STATISTICAL METHODS IN MEDICAL EDUCATION RESEARCH 廣江 貴則12, 錦織 宏2 TAKANORI HIROE, HIROSHI NISHIGORI 1 京都大学大学院医学研究科 医療統計学分野 DEPARTMENT OF BIOSTATISTICS, KYOTO UNIVERSITY SCHOOL OF PUBLIC H EALTH 2 京都大学大学院医学研究科 医学教育推進センター CENTER FOR MEDICAL EDUCATION, GRADUATE SCHOOL OF MEDICINE KYOTO UNIVERSITY 2015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health 第47回日本医学教育学会大会@新潟 O-36-1(一般口演)
  2. 2. 日本医学教育学会大会 COI開示 筆頭演者名:廣江 貴則 演題発表に関連し、開示すべきCOI 関係にある 企業などはありません。
  3. 3. OUTLINE 1. Background 2. Aim 3. Methods 4. Results 5. Discussion 6. Conclusion 7. Reference 32015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  4. 4. 1. BACKGROUND • 医学教育学における量的研究に適用される デザインや統計解析手法,数理モデルが複雑化 • 適用する統計手法や数理モデルの検討に統計の 専門家が参加する例は決して多くない現状 • 臨床家・疫学研究者による研究は多い • 医学教育学の文脈を理解して専門家と協働し, 必要なら適切な助言が可能な統計家は少ない • 養成が望まれるが,短期的には困難 • 他領域でも統計家が多いとはいえない 42015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  5. 5. 2. AIM • 医学教育学領域の量的研究で用いられる デザインや解析手法・数理モデルについて 整理し,疫学や臨床研究の手法との差異を 検討して必要な手法を示すことで, • 他分野,他領域で活動する統計家及び 数理科学系の研究者が医学教育学領域の 研究に参入,関与することを助け, • 医学教育学領域の量的研究の質向上に寄与 することを目的とする 52015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  6. 6. 3. METHODS (1/2) • Step 1:論文の分類 • Medical Education, Medical Teacher • 2014年掲載のAbstractのある記事 226編 • Letter, Commentaryなどは除外 • 量的手法,質的手法それぞれの専門家が2名が 同時にレビュー(見解が異なった場合は協議) • 見解が異なったケースはほとんどなかった • “Quantitative”, “Qualitative”, “Mixed Method”, “Review articles and Others”に分類 62015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  7. 7. 3. METHODS (2/2) • STEP 2:量的研究のアプローチと統計解析手法に 関する検討 • Step1で”Quantitative Research”, “Mixed Method”に分類された85編が対象 • 使用されたツールと統計解析手法,指標の計数 • 本文中の記述のほか,図表も参照して抽出 • 適用された手法の妥当性や解析結果の正しさに 関する検証は行わない • 査読制度が整備されて運用されている • データセットやSAPがない以上,検討は困難 72015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  8. 8. 4. RESULTS (1/3) 8 Quantitative 26, 27.7% 43, 32.6% 69, 30.5% Qualitative 25, 26.6% 17, 12.9% 42, 18.6% Mixed 5, 5.3% 11, 8.3% 16, 7.1% Review/Others 38, 40.4% 61, 46.2% 99, 43.8% SUM 94 132 226
  9. 9. 4. RESULTS (2/3) Medical Education Medical Teacher SUM Test/Exam 12, 38.7% 17, 31.5% 29, 34.1% Survey 18, 58.1% 31, 57.4% 49, 57.6% Others 4, 12.9% 1, 1.9% 5, 5.9% 92015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health *複数の方法が用いられているものは重複して計数 Medical Education Medical Teacher SUM Quantitative 26 43 69 Mixed 5 11 16 表2 量的研究における試験及び質問紙調査の件数とその割合 表1 量的研究とMixed Methodの件数(再掲)
  10. 10. 4. RESULTS (3/3) • サンプルサイズ:最少12, 最大4213, 中央値113 • 2群間比較試験が最も多い(44%) • 検定を行った場合の多重調整に関する記述はほとんどない • 調整されている場合はBonferroniかHolm法 • 効果量の記述はある(19%)が,考察はほとんどない • 統計的検定手法 • t-test, Chi-squared test, CMH-test, U-test • ANOVA/MANOVA • 信頼性の計算・検討 • 相関係数を使ったものが多い(31%) • ICC, PABAK, Generalizability theoryもごくわずか • モデルをつくる/用いるもの • 回帰解析(ほとんどがLogistic regression) • Structural Equation Modeling(構造方程式モデリング) 102015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  11. 11. 5. DISCUSSION (1/2) • 調査した範囲内において,量的研究はその 大多数が質問紙もしくは試験に関する内容 • 2群比較が最も多かったが,3群以上の比較 も一定数あり,ランダム化/割付も行われる • 分散分析やChi-squared testなど,基本的 な検定手法や回帰解析がほとんど • 検定の多重性の調整は,ごく一部の研究に おいて簡便な手法が用いられるにとどまる 112015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  12. 12. 5. DISCUSSION (2/2) • 基本的な研究支援であれば,統計家として仕事 をしていく上で困らない程度の知識があれば 現状においては事足りるかもしれない • ただし,評価(試験)の信頼性や妥当性の検証 に関する手法は高度化してきており,例えば ICCや一般化可能性理論による計算は,理論を ある程度理解していないと適用を誤り,正しい 結論に到達できない恐れがある • 理論とその適用範囲を研究者に対して平易に 解説できる能力が必要になる 122015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  13. 13. 6. CONCLUSION • 雑誌の採択方針にもよるが,調査した範囲では 量的研究は論文全体の3割程度 • 比較的シンプルなデザインが多用されるが, 評価に関しては高度な理論を用いたものも • 研究者に対して平易に解説する能力が必要 1. 抽出された手法のリストを医学教育学の 研究者に提示し,理解が難しい箇所を同定 2. 他分野から参入する人向けのリストを作成 3. 教育プログラムの開発も視野に 132015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health
  14. 14. 6. REFERENCE • Cook D. et al. Description, justification and clarification: a framework for classifying the purposes of research in medical education. Medical Education 2008; 42: 128-133. 142015 Takanori Hiroe, Department of Biostatistics, Kyoto University School of Public Health

×