Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

毎年恒例イベントを Azure Media Services を使ってオンラインで

336 views

Published on

これが私のおすすめリモート開発事例 by Startup/MVP - MSTechNight #11 - 2020/07/20

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

毎年恒例イベントを Azure Media Services を使ってオンラインで

  1. 1. 毎年恒例イベントを Azure Media Services を使ってオンラインで Tetsuya Odashima @TetsuyaOoooo Microsoft MVP for Microsoft Azure これが私のおすすめリモート開発事例 by Startup/MVP - MSTechNight #11 2020/07/20
  2. 2. 2 小田島 哲也 (おだしま てつや) ○ Microsoft MVP for Microsoft Azure ○ @TetsuyaOoooo ○ Qiita https://qiita.com/tetsuya-ooooo ○ SlideShare https://www.slideshare.net/tetsuyaodashima おしごと ○ パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 Azure 導入コンサル/技術支援 コミュニティ ○ ETソフトウェアデザインロボットコンテスト (ETロボコン) 実行委員会 https://www.etrobo.jp/ ✓ 「技術教育の機会を提供する」という歩みを止めてはいけない... 2020年はオンライン教育&ヴァーチャル競技会で開催中!! ✓ 令和元年度 情報化促進貢献個人等表彰 経済産業大臣賞を受賞!! 自己紹介 June, 2018 -
  3. 3. 詳しくは Qiita 記事で 本日のゴール とくに伝えたいとこ ここがんばった ここ工夫したとか ポイント! いろいろと かいつまんで やればできる! 話を聞いて 感じてくれ!! 3https://qiita.com/tetsuya-ooooo/items/d62a983da9887050c6ca 私が所属する事業部で毎年会場に集合して催していた キックオフをオンラインで開催しました。というお話
  4. 4. アジェンダ どうする?キックオフ いきさつ 要件を整理 配信方法を検討 システム構成と体制 毎年恒例イベントの オンライン化に向けて挑んだ システム構成と体制 ...とポイント アンケート結果 参加者からの声を紹介 まとめ 4
  5. 5. どうする?キックオフ いきさつ 要件を整理 配信方法を検討 5
  6. 6. 事業部キックオフの開催方法が決定 6 いままでは「とある会場に集合」して開催 コロナ渦の影響で、今年は「オンライン」で開催
  7. 7. 専門業者さんに頼むとお金かかる 7 撮影 編集 配信 • ”事業部らしさ” を出してやる! • 当初の予定より (大幅に?) コスト を抑えてやる! そんなのうちの小田島に頼めば、 自前で全部やれるぜ! (ボス) (ちょっと) (そこそこ) 腕に覚えがあってやる気ある我々がやる!
  8. 8. 8 要件を整理する ○ 事業部の社員「1,000人程度」がアクセス ○ 事業部の全社員が自宅からリモート参加、デバイス はいろいろと想定 • 社内ネットワークに負荷はかけられない • 社内インフラは使わない想定で開催すること ○ ライブ配信ではなく、撮影→編集→動画配信 ○ YouTubeなどのパブリックな場所での公開はダメ! • 限定公開もダメ! • 認証は必須! ○ 動画配信は「当日 14:00~16:00」と期間限定 • 当日 (土曜日) は会社が定める出勤日 ○ システムダウンはゼッタイダメ! • 大事な話を伝える場だから
  9. 9. 9 配信方法を検討する 手間をかけずに実施できるならそれはそれで良い ですよね いろいろと検討した結果、 「Azure Media Services」をメインにシステムを 構築することにしました ○ Zoom (有償版) で配信 • キャパ不足… (会社で所有するライセンスの問題で) ○ Microsoft Teams ライブイベントで配信 • キャパは最大10,000人、イベント当たり最大4時間 • 当日、誰がどこでやるんだ問題 • 私たちが自由に触れる Microsoft 365 テナントでは 各々検証を行っているのでジャマしちゃダメ ○ Azure Media Services を使って配信 • キャパ、開催日時・時間は気にしなくてOK (どうにかなる!) • 使った分だけお支払い • アプリをAzure ADと連携することで、アカウント管理も スッキリ
  10. 10. システム構成と体制 毎年恒例イベントのオンライン化に向けて挑んだ システム構成と体制...とポイント 10
  11. 11. システム構成&体制 11※事業戦略部=Azure 触ったことない方たち
  12. 12. アカウント管理まかせたい – Azure Active Directory ○ とにかくまかせたい! • 出欠名簿を持っているなら、そちらで一元管理して... • けど、Azure ポータル触ったことないよな... • ダメ元でパスしてみるか! ○ 頼む側も準備する • 必要最小限のロールを割り当てる →Azure AD 「ユーザー管理者」 • こんな時はこれやって!とチュートリアル (Microsoft Docs) を渡す • 自主練習!できるように→やってみてもらう 12※事業戦略部=Azure 触ったことない方たち
  13. 13. サクッと動画配信 – Azure Media Services ○ Azure ポータルでカンタンにできる (*1) ○ もっと詳しく知りたい (*2) 撮影 編集 アップロード エンコード 配信 13 (*1)…https://www.cloudou.net/azure-media-services/ams002/ (*2)…https://www.slideshare.net/dahatake/azure-media-services-114345700 ストリーミングエンドポイントは Standard + CDN で OK
  14. 14. 気になるアイツ – Blazor ○ Blazor WebAssembly • クライアントサイドで C# コードが動く! • いつも使っている開発環境! • Azure AD 認証も実装できる! • JavaScript 関数も呼び出せる! • Microsoft Learn で学べる!日本語! 14 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/build-blazor-webassembly-visual-studio-code/
  15. 15. ノンコーディングでビジネスレイヤー – Azure Logic Apps & SharePoint ○ Azure Logic Apps • サーバーレス、使った分だけお支払い • ノンコーディング、手軽で便利 • ビルド、ホスティング、スケーリング、管理、監視、メンテナンスは Azure におまかせ • リソースは無限にあるわけではない...リミッター (制限) 有 可能な限り引き上げる術 → 「高スループットモード」 (*1) ※プレビュー機能 回避する策は他にもある →「Fan-out パターン」 (*2) ○ データ格納場所は SharePoint リスト • 誰でもカンタンに操作できる • SharePoint コネクタがあり、カンタンに接続できる 15 (*1)…https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/logic-apps/logic-apps-workflow-actions-triggers#run-in-high-throughput-mode (*2)…親ロジックアプリが子ワークフローを生成して実行ロジックを完了する。作り方→ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/logic-apps/logic-apps-http-endpoint 5分間に実行されるアクション数 に既定の上限が設定されている
  16. 16. アンケート結果 参加者の声を紹介 16
  17. 17. アンケート結果 17 81.7% 18.3% 集中して視聴できた 集中して視聴できなかった 18.5% 16.9% 15.2% 12.9% 12.9% 11.8% 7.3% 4.5% 通信環境が不安定だったため 一方通行感が強く飽きてしまったため 会場参加と比較して臨場感が欠けるため 資料が見づらかったため 周囲 (家族など) が気になったため 視聴時間が長かったため 音声が聞き取りづらかったため その他 集中して視聴できなかった理由 ※「集中して視聴できなかった」の内訳 Q.リモートによる動画視聴について お聞かせください。 一方通行感が強く飽きてしまった 会場参加と比較して臨場感が欠ける 会場での「一体感」や「臨場感」に近づけるための 工夫が必要だった
  18. 18. まとめ 18
  19. 19. まとめ ○ 改めて、Azure Media Services のコスパを実感 • 1,000人程度に向けた動画配信が 30,000円くらい (超概算) でできるというオドロキ! ○ 参加者向けのフォローを Azure ポータルを触ったことがない方にまかせる • 必要最低限のロールを割り当て、事前に発生しうる事象とその対処法、やって欲しいことの操作手順を伝えて、自主練習 してもらって当日に備える • もしかして Azure ポータルがどんどん扱いしやすくなっている?(意識せずに使ってるから、気づいてない...汗) ○ 新しいテクノロジーにチャレンジ • 社内イベントなので、ちょっとくらいチャレンジ要素を含めても良いでしょ! ○ 余分なコストをカット • 新たにかかる人件費はほぼゼロ、ランニングコストもせいぜい十数万円くらい?経験値上がるからプラスじゃね! ○ オンライン開催も「選択肢のひとつ」と示せた、そして「自分たちだけでもオンライン開催できる」と示せた 19
  20. 20. ありがとう ございました Tetsuya Odashima @TetsuyaOoooo これが私のおすすめリモート開発事例 by Startup/MVP - MSTechNight #11 2020/07/20
  21. 21. [Appendix] 参考文献 1/2 ○ Azure Active Directory • Azure Active Directory での管理者ロールのアクセス許可 - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/users-groups-roles/directory-assign-admin-roles • Azure Active Directory でのユーザーの一括作成 - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/users-groups-roles/users-bulk-add ○ Azure Media Services • 動画配信プラットフォーム「Azure Media Services」とは? - くらう道 https://www.cloudou.net/azure-media-services/ams001/ • Azure Media Services で動画配信を試す!! - くらう道 https://www.cloudou.net/azure-media-services/ams002/ • Azure Media Services 大全 Daiyu Hatakeyama – SlideShare https://www.slideshare.net/dahatake/azure-media-services-114345700 • Azure Portal を使用したオン デマンド コンテンツ配信の概要 – Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/previous/media-services-portal-vod-get-started • Azure Media Services のストリーミング エンドポイント (配信元) – Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/streaming-endpoint-concept • CDN 統合を使用してコンテンツをストリーミングする – Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/scale-streaming-cdn 22
  22. 22. [Appendix] 参考文献 2/2 ○ Blazor WebAssembly • WebAssembly.org https://webassembly.org/ • Blazor https://blazor.net • ASP.NET Core Blazor の概要 – Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/aspnet/core/blazor/get-started?view=aspnetcore-3.1&tabs=visual-studio • Secure an ASP.NET Core Blazor WebAssembly standalone app with Azure Active Directory - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/aspnet/core/security/blazor/webassembly/standalone-with-azure-active- directory?view=aspnetcore-3.1 • ASP.NET Core Blazor で .NET メソッドから JavaScript 関数を呼び出す - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/aspnet/core/blazor/call-javascript-from-dotnet?view=aspnetcore-3.1 • Blazor WebAssembly を Azure Blob Storage でホストする – CloudSteady https://cloudsteady.jp/post/10344/ ○ Azure Logic Apps • Azure Logic Apps のコネクタ - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/connectors/apis-list • Azure Logic Apps でのトリガーとアクションの種類のスキーマ リファレンス ガイド - Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/logic-apps/logic-apps-workflow-actions-triggers 23

×