関東LibreOfficeオフラインミーティング(#12) 発表

Mac OS Xでの
LibreOfficeビルド報告
(Ver.2)
2014年02月10日
testnoda
E-mail : testnoda at gmail.com
...
自己紹介
●

●

●

●

現在の職業は社内システムのプログラマーです。
技術的な関心事はシミュレーションモデルのオープンな
実行プラットフォーム開発です。そのため、オープン
ソース全般に興味を持っています。
自分の知識や技術を高める目的...
概要
●

本発表で紹介する手順は、「Building LibreOffice on Mac OS X: Tips
and Tricks」に記載の「最小限のセットアップ」の2014年2月現在の内
容を基本にしたものです。
( URL: http...
前提環境
●

Mac OS X 10.6.8 (Snow Leopard)

●

Xcode 3.2.6
PCに付属のCD-ROMで導入し、自動更新に
よって3.2.6にアップデートされたものです。

●

後述しますが、普段使いのMacで...
ビルド環境構築
gitインストール
●

インストール方法は自由。例えば以下の方法が簡単:
–

http://git-scm.com/ から、Mac用のdmgファイルをダウンロード

–

dmgファイルをダブルクリックして展開

–

以下...
ビルド環境構築
環境変数設定
●

~/.bashrcファイルを作成して、次の内容を記述:
export PATH=/opt/lo/bin:/sbin:$PATH

●

~/.bash_loginファイルを作成して、次の内容を記述:
sour...
ビルド環境構築
ターミナルを終了して再度起動
●

再度起動すると、例えば以下のようにPATH
に/opt/lo/binが追加されています:
ビルド環境構築
ディレクトリ作成
●

~/lo , ~/lo/packages を作成:
mkdir -p ~/lo/packages

●

以下のように結果確認できます:
ビルド環境構築
autoconf
●

autoconfをダウンロード、ビルド、インストール:
cd ~/lo/packages
curl -O http://mirrors.kernel.org/gnu/autoconf/autoconf-2...
ビルド環境構築
automake
●

automakeをダウンロード、ビルド、インストール:
cd ~/lo/packages
curl -O http://mirrors.kernel.org/gnu/automake/automake-1...
ビルド環境構築
GNU coreutils
●

GNU coreutilsから'touch'コマンドをダウンロード、ビルド、インストー
ル (Mac OS X 10.6 の場合のみ)):
cd ~/lo/packages
curl -O ht...
ソースコード準備
Gitリポジトリをクローン作成
●

'core'のGitリポジトリをクローン作成
cd ~/lo
git clone git://gerrit.libreoffice.org/core

作成後、以下のようにcoreディレク...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
●

リビジョンの指定には、次の2通りの方法があります。
–
–

●

●

タグで指定
ブランチで指定

タグは内容が固定されているので、タグを指定してビルドできればそれが
一番いいで...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
–

タグのチェックアウト実行(以下はlibreoffice-4.2.0.4の例):
cd ~/lo/core
git checkout libreoffice-4.2.0.4

–

以...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
●

タグで指定する場合は、以下の手順で行います。
–

チェックアウトしたいタグを確認:

cd ~/lo/core
git tag -l -n
–

以下実行例です:

タグ名

–
...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
●

ブランチで指定する場合は、以下の手順で行います:
–

まず、リモートのブランチを確認:
cd ~/lo/core
git branch -r

ブランチ名

–

次にリモートのブ...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
●

タグかブランチかによらず、何らかの原因でpullをしても差分がうまく取得されない場合もあります。その場合、以下
の手順でいったんローカルのGitリポジトリを削除してクローンしなおしま...
ソースコード準備

リビジョンを指定してチェックアウト
●

現在チェックアウトされているリビジョンがどこのタグまたはブランチにいるかは以下の手順で確認できます:

–

タグの確認:

cd ~/lo/core
git tag --conta...
ビルド実行
autogen.sh
オプション--with-langで表示言語を指定すると、日本語UIが表示できるようにビルドされます。

●

cd ~/lo/core
./autogen.sh --with-lang="ja"
●

libr...
ビルド実行
make実行
●

make実行:
cd ~/lo/core
make clean
make
所要時間は、プロセッサ1.4GHz、メモリ2GBのマシンで12時間くらい?でした。
コンパイルやリンクのような通常のビルド処理以外にも、l...
ビルド確認
●

以前は「make install」で/usr/local配下にアプリケーションができていましたが、新しいバー
ジョンでは、「make install」はなくなったようです。

●

アプリケーションは ~/lo/core/in...
起動確認

(日本語表示したところ。)
起動確認

日本語とKeyIDが
選択できます。
起動確認

(KeyID表示したところ。)
起動確認

(提供者表示。自分のユーザー名が出るようです。)
感想
●

●

●

●

●

●

●

検証時の最新バージョンだった、4.2.0.4は、これでビルドできました。
4.2系になってビルド時のユニットテストの項目が増えたようで、テストが通らずに
ビルドが失敗することが何度かありました。
...
ありがとうございました。
参考文献、著作権表示
●

本スライドの作成に当たって、The Document
Foundationの以下ページの記述を一部流用してい
ます:
–
–

●

●

https://wiki.documentfoundation.org/De...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Mac OS X での LibreOffice ビルド報告Ver.2(2014年2月10日発表)

1,423 views

Published on

Mac OS X での LibreOffice ビルド手順紹介と報告です。
前回発表した手順に加え、タグやブランチを指定してチェックアウトする方法やビルド時に問題が発生したときの対応を補足して、タグ4.2.0.4でのビルド報告をしました。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,423
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
134
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Mac OS X での LibreOffice ビルド報告Ver.2(2014年2月10日発表)

  1. 1. 関東LibreOfficeオフラインミーティング(#12) 発表 Mac OS Xでの LibreOfficeビルド報告 (Ver.2) 2014年02月10日 testnoda E-mail : testnoda at gmail.com (atを@に読み替えてください)
  2. 2. 自己紹介 ● ● ● ● 現在の職業は社内システムのプログラマーです。 技術的な関心事はシミュレーションモデルのオープンな 実行プラットフォーム開発です。そのため、オープン ソース全般に興味を持っています。 自分の知識や技術を高める目的で、オープンソースの勉 強会に参加させて頂いています。 本発表の主張・見解は、参考文献からの引用箇所を除い て、私の個人的見解に基づくものであり、いかなる組 織・団体等の見解とも関係ありません。
  3. 3. 概要 ● 本発表で紹介する手順は、「Building LibreOffice on Mac OS X: Tips and Tricks」に記載の「最小限のセットアップ」の2014年2月現在の内 容を基本にしたものです。 ( URL: https://wiki.documentfoundation.org/Development/BuildingOnMac/ja ) ● ただし、以下の手順を追加しています: – gitタグやブランチを指定してビルドする手順 – 日本語UIが表示できるようにビルドする手順 「ローカライズ版 LibreOffice のビルド方法」の手順を参考にしています: ( URL: https://wiki.documentfoundation.org/Development/How_to_build/localized/ja ) – ● これまで自分がビルドをしてて遭遇した問題とその対処方法 なお、本手順でのビルドは以下のリビジョン(タグ)で実績がありま す: – libreoffice-4.2.0.4
  4. 4. 前提環境 ● Mac OS X 10.6.8 (Snow Leopard) ● Xcode 3.2.6 PCに付属のCD-ROMで導入し、自動更新に よって3.2.6にアップデートされたものです。 ● 後述しますが、普段使いのMacではビルドが通 らずに、結局Snow Leopardをクリーンインス トールした環境を構築してビルドしました。
  5. 5. ビルド環境構築 gitインストール ● インストール方法は自由。例えば以下の方法が簡単: – http://git-scm.com/ から、Mac用のdmgファイルをダウンロード – dmgファイルをダブルクリックして展開 – 以下のような仮想ディスクができるので、その中のpkgファイルをダブ ルクリックします。インストーラが起動するので、後は指示に従ってイ ンストールします。
  6. 6. ビルド環境構築 環境変数設定 ● ~/.bashrcファイルを作成して、次の内容を記述: export PATH=/opt/lo/bin:/sbin:$PATH ● ~/.bash_loginファイルを作成して、次の内容を記述: source ~/.bashrc ● 以下のように内容確認できます:
  7. 7. ビルド環境構築 ターミナルを終了して再度起動 ● 再度起動すると、例えば以下のようにPATH に/opt/lo/binが追加されています:
  8. 8. ビルド環境構築 ディレクトリ作成 ● ~/lo , ~/lo/packages を作成: mkdir -p ~/lo/packages ● 以下のように結果確認できます:
  9. 9. ビルド環境構築 autoconf ● autoconfをダウンロード、ビルド、インストール: cd ~/lo/packages curl -O http://mirrors.kernel.org/gnu/autoconf/autoconf-2.65.tar.gz tar -xf autoconf-2.65.tar.gz cd autoconf-2.65 ./configure --prefix=/opt/lo make sudo make install ● 以下のように結果確認できます:
  10. 10. ビルド環境構築 automake ● automakeをダウンロード、ビルド、インストール: cd ~/lo/packages curl -O http://mirrors.kernel.org/gnu/automake/automake-1.11.tar.gz tar -xf automake-1.11.tar.gz cd automake-1.11 ./configure --prefix=/opt/lo make sudo make install ● 以下のように結果確認できます:
  11. 11. ビルド環境構築 GNU coreutils ● GNU coreutilsから'touch'コマンドをダウンロード、ビルド、インストー ル (Mac OS X 10.6 の場合のみ)): cd ~/lo/packages curl -O http://ftp.gnu.org/gnu/coreutils/coreutils-8.13.tar.gz tar -xf coreutils-8.13.tar.gz cd coreutils-8.13 ./configure --prefix=/opt/lo make sudo cp ./src/touch /opt/lo/bin/ ● 以下のように結果確認できます:
  12. 12. ソースコード準備 Gitリポジトリをクローン作成 ● 'core'のGitリポジトリをクローン作成 cd ~/lo git clone git://gerrit.libreoffice.org/core 作成後、以下のようにcoreディレクトリができています。 注意:https://www.libreoffice.org/developers の記述によると、 git://anongit.freedesktop.org/libreoffice/core から取得するようにありますが、本手順では、「Building LibreOffice on Mac OS X: Tips and Tricks」に従い、 git://gerrit.libreoffice.org/core からクローンしています。
  13. 13. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト ● リビジョンの指定には、次の2通りの方法があります。 – – ● ● タグで指定 ブランチで指定 タグは内容が固定されているので、タグを指定してビルドできればそれが 一番いいです。 しかし、タグを指定してもビルドが上手くいかないときや、リリース直前 の時期でリリースブランチの最新状態を試したいときなど、タグではなく ブランチを指定してビルドを試したくなることもあります。
  14. 14. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト – タグのチェックアウト実行(以下はlibreoffice-4.2.0.4の例): cd ~/lo/core git checkout libreoffice-4.2.0.4 – 以下実行例です:
  15. 15. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト ● タグで指定する場合は、以下の手順で行います。 – チェックアウトしたいタグを確認: cd ~/lo/core git tag -l -n – 以下実行例です: タグ名 – そのタグの説明 最新のタグが見つからない場合、以前にクローンしたGitリポジトリが古い可能性があります。その場合、以下の手順でリモートリポジトリから差分を取得します: cd ~/lo/core git pull --tags
  16. 16. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト ● ブランチで指定する場合は、以下の手順で行います: – まず、リモートのブランチを確認: cd ~/lo/core git branch -r ブランチ名 – 次にリモートのブランチをローカルに取得してチェックアウト: cd ~/lo/core git checkout -t -b libreoffice-4-2-0 origin/libreoffice-4-2-0 – ブランチの内容は日々更新されていくので、以下の手順で最新の状態にします: cd ~/lo/core git pull
  17. 17. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト ● タグかブランチかによらず、何らかの原因でpullをしても差分がうまく取得されない場合もあります。その場合、以下 の手順でいったんローカルのGitリポジトリを削除してクローンしなおします: cd ~/lo rm -rf core git clone git://gerrit.libreoffice.org/core
  18. 18. ソースコード準備 リビジョンを指定してチェックアウト ● 現在チェックアウトされているリビジョンがどこのタグまたはブランチにいるかは以下の手順で確認できます: – タグの確認: cd ~/lo/core git tag --contains=HEAD – ブランチの確認: cd ~/lo/core git branch
  19. 19. ビルド実行 autogen.sh オプション--with-langで表示言語を指定すると、日本語UIが表示できるようにビルドされます。 ● cd ~/lo/core ./autogen.sh --with-lang="ja" ● libreoffice-4.2.0.4では、MacOSXではOpenCL関連のエラーが出てユニットテストが通らなかったので、以下のようにオプション指定しました。 cd ~/lo/core ./autogen.sh --with-lang="ja" --disable-opengl --disable-opencl ● 処理成功すると以下のような感じになります:
  20. 20. ビルド実行 make実行 ● make実行: cd ~/lo/core make clean make 所要時間は、プロセッサ1.4GHz、メモリ2GBのマシンで12時間くらい?でした。 コンパイルやリンクのような通常のビルド処理以外にも、libreiffice.orgのサーバからファイルを取ってくるなど、かなりいろいろ な処理をやっているようです。新しいバージョンでは、ユニットテストも行っているようで、さらに時間がかかるようになりまし た。 ● 処理成功すると以下のような感じになります:
  21. 21. ビルド確認 ● 以前は「make install」で/usr/local配下にアプリケーションができていましたが、新しいバー ジョンでは、「make install」はなくなったようです。 ● アプリケーションは ~/lo/core/instdir 内にできます。 ● あとはダブルクリックで実行すると、通常のLibreOfficeと同様に起動できます。
  22. 22. 起動確認 (日本語表示したところ。)
  23. 23. 起動確認 日本語とKeyIDが 選択できます。
  24. 24. 起動確認 (KeyID表示したところ。)
  25. 25. 起動確認 (提供者表示。自分のユーザー名が出るようです。)
  26. 26. 感想 ● ● ● ● ● ● ● 検証時の最新バージョンだった、4.2.0.4は、これでビルドできました。 4.2系になってビルド時のユニットテストの項目が増えたようで、テストが通らずに ビルドが失敗することが何度かありました。 原因は、普段使いのMacだったため、/usr/libや/usr/localにいろいろとインストールし ていたのが良くなかったようです。自分でいろいろなツールをビルドして/usr配下に インストールしていると、それがLibreOfficeのビルドに影響するようです。 自分は、結局OSのクリーンインストールをしてやりなおしました。 また、OpenCL関係のユニットテストが通らないのでautogen.shのオプションで除外 しました。 autogen.shでOpenGLが自動的に無効化されるようですが、検証した手順では念のた めこれもautogen.shのオプションで明示的に除外しました。 Mavericksでのビルドは、ここで説明したのとは別にautogen.shのオプションを追加 するなどの対応が必要なようです。
  27. 27. ありがとうございました。
  28. 28. 参考文献、著作権表示 ● 本スライドの作成に当たって、The Document Foundationの以下ページの記述を一部流用してい ます: – – ● ● https://wiki.documentfoundation.org/Development/BuildingOnMac/ja https://wiki.documentfoundation.org/Development/How_to_build/localized/ja 本スライドは上記ページのライセンスに基づき、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス3.0の「表 示+継承」(CC BY-SA 3.0)で配布します。 本スライドはSlideShareにて公開します。

×