Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PyCon JP 2014 plone terada

3,619 views

Published on

最新リリースCMSツール Plone 5 のモダンUIとテクノロジーの進化

Published in: Technology
  • Be the first to comment

PyCon JP 2014 plone terada

  1. 1. 株式会社CMSコミュニケーションズ 1 株式会社CMSコミュニケーションズ 最新リリースCMSツール Plone 5 の モダンUIとテクノロジーの進化 Manabu TERADA 2014/9/13 PyCon JP 2014
  2. 2. 株式会社CMSコミュニケーションズ About me Manabu TERADA @terapyon Owner of CMS communications Inc. Chair of PyCon APAC 2013 in Japan Member of Plone Foundation Member of NVDA Japanese Team Member of Gold Concert staff team CMScom We use Plone for building web site Universities, Public institutions Engineering company Supporting education tools 2
  3. 3. 株式会社CMSコミュニケーションズ Joining conference & My Talks PyCons PyCon APAC 2010 in Singapore PyCon mini JP PyCon JP 2011 PyCon JP 2012 Lightning talk PyCon APAC 2013 in JP PyCon APAC 2014 in Taiwan Panel discussion Lightning talk Plone Conferences Plone Conference 2008 in DC Plone Conference 2009 in Budapest Plone Conference 2010 in Bristol Lightning talk Plone Conference 2012 in Arnhem Lightning talk Plone Conference 2013 in Brasilia 30min talk Lightning talk 3
  4. 4. 株式会社CMSコミュニケーションズ Contents of this session 1 About Plone Plone & Zope / History / Basic functions 2 Plone 5 3 What is any modified for the major version up! Community of Plone 4 Q & A Foundation & Continuous version up. 4
  5. 5. 株式会社CMSコミュニケーションズ 1 CMS Plone About Plone 5
  6. 6. 株式会社CMSコミュニケーションズ6 About Plone and Zope Do you know Plone? Do you know Zope?
  7. 7. 株式会社CMSコミュニケーションズ About Plone and Zope Plone Content Management System Based on Python and Zope Powerful and secure Open source (GPL v2) Zope Web Framework NOT Light weight incude Object DB (ZODB) Open source (ZPL) 7
  8. 8. 株式会社CMSコミュニケーションズ8 Plone 4 (Top Page sample)
  9. 9. 株式会社CMSコミュニケーションズ9 Plone 4 (Edit Page)
  10. 10. 株式会社CMSコミュニケーションズ10 Zope (ZMI)
  11. 11. 株式会社CMSコミュニケーションズ Case study in Japan 大阪大学公式サイト 日本貿易振興機構 日本アセアンセンター 他 Other ブラジル政府 (www.brasil.gov.br) Open Security (http://www.opensecurity.at/) 他 11
  12. 12. 株式会社CMSコミュニケーションズ History of Plone Plone Python Red Hat Sports Others 2001 Starting Project 2.2.0 911 2002 RHEL2.1 W-cap Japan/Koria 2003 1.0(Feb 06) 2.3.0 RHEL3 2004 2.0(Mar 23) 2.4.0 Athens Olympic Plone Foundation Created 2005 2.1(Sep 06) RHEL4 東北楽天ゴールデンイ ーグルス発足 2006 2.5(Sep 19) 2.5.0 W-cap France 2007 3.0(Aug 21) RHEL5 2008 3.1(May 02) 2.6.0 / 3.0.0 Beijing Olympic iPhone 3G 2009 3.2 / 3.3 3.1.0 2010 4.0(Sep 01) 2.7.0 RHEL6 W-cap South Africa 2011 4.1(Aug 08) 3.2.0 311 2012 4.2(Jul 05) 3.3.0 London Olympic 2013 4.3(Apr 15) 2014 5.0(???) 3.4.0 RHEL7 W-cap Brazil 12
  13. 13. 株式会社CMSコミュニケーションズ Plone / Zope の基本機能と特徴的な部分の説明 Plone Out-of-Box Accessibility User / Group Management Access control Text Search with user’s role Multi languages Content history & Versioning Add ons Zope Application Server Multi platform Object publishing Multi Database Zope Management Interface 13
  14. 14. 株式会社CMSコミュニケーションズ Plone 5 2 CMS Plone 14
  15. 15. 株式会社CMSコミュニケーションズ15 About Plone 5 Plone 5 α 2 (Apr 28, 2014) released 大規模な変更、改造が行われている 現在、Bugfixを行っている段階 (Using github) Plone Users Group Japanでは、日本語翻訳を行っている 年内に正式版がリリース??
  16. 16. 株式会社CMSコミュニケーションズ16 New Plone (Plone 5)
  17. 17. 株式会社CMSコミュニケーションズ17 Plone 4
  18. 18. 株式会社CMSコミュニケーションズ モダンUIの採用 (大幅なUIの見直し) 最新技術を使って、ユーザインターフェースを実装 レスポンシブデザインを標準で採用 特に、編集画面など管理者用画面をすべて見直し 18
  19. 19. 株式会社CMSコミュニケーションズ19 モダンUIの採用 (ポップアップで機能を実現)
  20. 20. 株式会社CMSコミュニケーションズ 内部構造の見直し(Skinレイヤーの廃止) テンプレートなど view要素を構成する方法である、 portal_skinsの排除。(Plone 4から段階的に) Zope 3で採用された、 browserレイヤーを使用 獲得による上書き制御を見直したため速度アップ 明示的にテンプレートを呼ぶ仕組 20
  21. 21. 株式会社CMSコミュニケーションズ XMLによるモデル定義手法の採用 Plone 5から、Archetypes → Dexterity へ変更 Webブラウザでカスタムフィールドを作れる それをXMLで出力でき、保存したり、改造することが可能 Pythonでもモデル定義可能 21
  22. 22. 株式会社CMSコミュニケーションズ Archetypes vs Dexterity Archetypes class継承ベース 多くの機能が盛り込まれている 反面、メソッド数が500個とか 黒魔術的な点もある Dexterity interfaceベース スッキリした実装 Webブラウザでのモデル開発 XMLでもスキーマ定義可能 少ないPythonコードで実装可能 22
  23. 23. 株式会社CMSコミュニケーションズ Community of Plone 3 CMS Plone 23
  24. 24. 株式会社CMSコミュニケーションズ コミュニティとFoundationの存在意義 Community Global & Local Leader ship Annual Conference Local Symposium Developing Sprint Translators Foundation Ownership of Code Trademarks Domains Decision-making Official announcements Create promotional material, etc 24
  25. 25. 株式会社CMSコミュニケーションズ 継続的なバージョンアップの仕組み Board Members 7 people by election Govern The Plone Foundation Framework Team Developing Team Release manager about 5 people Control of the code 25
  26. 26. 株式会社CMSコミュニケーションズ Foundation & Developers Team Plone Foundation Board Members (7人) Member of Plone Foundation (約100人) Frame Work team (5人程度) Core Developers (約150人) 26
  27. 27. 株式会社CMSコミュニケーションズ Foundation & Developers Team Submit PLIP on Trac Voting by Frame Work team Developping Review Marge into main branch TEST Bug fix 27
  28. 28. 株式会社CMSコミュニケーションズ28 Thank you CMS Plone
  29. 29. 株式会社CMSコミュニケーションズ 4 Q&A CMS Plone 29

×