勉強会 イントロダクション

1,337 views

Published on

エンジニアの方の技術に対しての姿勢と勉強に対するモチベーションについての講演

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,337
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
49
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

勉強会 イントロダクション

  1. 1. エンジニアという『生き方』 てらひで
  2. 2. はじめまして <ul><li>さっそく質問です。 </li></ul><ul><li>「エンジニア」ってなにをする人ですか? </li></ul>
  3. 3. ケーススタディ <ul><li>エンジニアの A さんは、お客様から「入力ミスが多発するからそれをきれいにしてほしい」と相談を受けました。 </li></ul><ul><li>プログラムを調べた A さんは、その項目は数字が入ることが分かったのでアルファベットを削除しました。 </li></ul><ul><li>次の日、システムを使ったお客様は浮かない顔をしています。 </li></ul>
  4. 4. ケーススタディ <ul><li>お客様「実は特別な項目はわかるようにメモを残していたんだけど、メモが全部消えてる・・・」 </li></ul><ul><li>この行き違いはなぜ発生したのでしょうか? </li></ul>
  5. 5. 本当に大切なことは何だろう <ul><li>システムに具現化されていることはユーザが真に望んでいることなのだろうか? </li></ul><ul><li>システムの裏側にある業務的な背景の方が重要なのでは? </li></ul>
  6. 6. よく聞く話 <ul><li>「レガシーからのリプレイス案件です。」 </li></ul><ul><li>「仕様は現行のソースコードを解析した現行踏襲で・・・」 </li></ul>「は?」
  7. 7. なんのためにリプレイスするの? <ul><li>顧客が我々に求めていることはなんだろう? </li></ul><ul><li>顧客が本当に望んでいることはなんだろう? </li></ul><ul><li>我々エンジニアはそんな顧客に何をしてあげられるのだろうか? </li></ul>「でも、上司の命令が。。。」 「でも、一次受けの方針が。。。」
  8. 8. 流行物:もしドラ
  9. 9. もしドラ <ul><li>もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら </li></ul><ul><ul><li>ISBN : 9784478012031 </li></ul></ul><ul><li>2010 年 最も Amazon で買われた本「1位」 </li></ul><ul><li>130 万部を超えるベストセラー </li></ul><ul><li>NHK でアニメ化 </li></ul><ul><ul><li>http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/ </li></ul></ul><ul><li>AKB48 前田敦子主演で映画化 </li></ul><ul><li>要するに超流行してる! </li></ul>
  10. 10. マネジメント <ul><li>顧客はだれか? </li></ul><ul><ul><li>「やさしい問いではない。まして答えのわかりきった問いではない。」 </li></ul></ul>質問 「あなたの顧客は誰ですか?」 「あなたの強みは何ですか?」
  11. 11. エンジニア = 技術者 <ul><li>技術者たる者、日頃から技術に触れていないといけない </li></ul><ul><li>e.g. 「知恵の輪」の起源 </li></ul><ul><ul><li>鍛冶屋がその辺の金属片をまげて作った </li></ul></ul>
  12. 12. 我々の知恵の輪 SQL リファクタリング Java OSS ajax オブジェクト指向 DI PMBOK ITIL SLCP 要求開発 クラウド Android DDD アジャイル
  13. 13. 自己紹介 <ul><li>寺島 秀樹 </li></ul><ul><ul><li>所属 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>株式会社アクシスウェア( http://www.axisware.co.jp ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ソフトウェアデザイン事業部 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>チーフアーキテクト </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>アーキテクトとして全体最適や標準化を行う </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>連絡先 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>[email_address] </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>mixi :てらひで!!( ID : 3315992 ) </li></ul></ul></ul>
  14. 14. 経歴 <ul><li>2010/10 JSUG 勉強会 </li></ul><ul><ul><li>「 spring 概論」 近年の springsource にまつわる情報を発表 </li></ul></ul><ul><li>2011/02 デブサミ 2011 </li></ul><ul><ul><li>LT にて JSUG として発表( springsource の近況) </li></ul></ul><ul><li>2010/04 ~ 2010/12 全 6 回 </li></ul><ul><ul><li>中堅 Sier にてアーキテクト見習いの講習 </li></ul></ul><ul><li>2011/01 ~ </li></ul><ul><ul><li>Android 勉強会 </li></ul></ul><ul><li>弊社内にて毎月勉強会を開催 </li></ul>
  15. 15. ご提案 <ul><li>皆さん、勉強会を行いませんか? </li></ul><ul><li>本当に必要なこと、やりたいことを行うには「知識」が必要 </li></ul><ul><li>エンジニアとして「勉強すること」は「当たり前のこと」 </li></ul><ul><li>だけど、ひとりだと面倒くさいよね・・・ </li></ul><ul><li>そこで「勉強会」 </li></ul><ul><ul><li>一緒に学べることはたくさんあります! </li></ul></ul>
  16. 16. <ul><li>ご静聴、ありがとうございました。 </li></ul>

×