Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

4

Share

Download to read offline

ゼロからのscrum

Download to read offline

UMTP アジャイル開発事例セミナーでヤフー株式会社 荒瀬が発表した際の資料です。
http://www.umtp-japan.org/modules/activity2/index.php?id=234

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

ゼロからのscrum

  1. 1. ゼロからのscrum 荒瀬 中人
  2. 2. self- i n t r o d u c t i o n (C) Aflo
  3. 3. スクラムマスター 荒瀬 中人 社内CrashReport
  4. 4. 2008年 Yahoo!JAPANス入ク社ラ! ムマスター モバイルサービス、! モバイルサービス向け荒プラ瀬 ットフォーム開発を経て! 2014年よりcrashreport社担内 当
  5. 5. a g e n d a crashreport scrum feedback (C) Aflo
  6. 6. a g e n d a crashreport scrum feedback (C) Aflo
  7. 7. c r a s h r e p o r t (C) Aflo
  8. 8. crash? (C) Aflo
  9. 9. ♂!# (C) Aflo
  10. 10. $% (C) Aflo
  11. 11. & ♂& & ! (C) Aflo
  12. 12. crashreport (C) Aflo
  13. 13. $% ' (C) Aflo
  14. 14. ( )* ' (C) Aflo
  15. 15. + ) (C) Aflo
  16. 16. | - ) (C) Aflo
  17. 17.  . ) (C) Aflo
  18. 18. What we want crashを早くキャッチ 開発者に通知 分析、統計情報による解決 0 0 0 (C) Aflo
  19. 19. a r c h i t e c t u r e (C) Aflo
  20. 20. SDK Y! DB ! (C) Aflo
  21. 21. SDK Y! DB ! (C) Aflo 1API
  22. 22. SDK Y! DB Storm ! (C) Aflo 1API
  23. 23. Y! DB Storm SDK ! HBase (C) Aflo 1API
  24. 24. Y! DB Storm SDK ! HBase (C) Aflo 1API 1API
  25. 25. Y! DB Storm SDK HBase Web ( ! (C) Aflo 1API 1API
  26. 26. ♂ SDK ! Storm Y! DB HBase () Web (C) Aflo 1API 1API
  27. 27. ♂ SDK ! Storm Y! DB HBase API Web ) ( (C) Aflo 1API 1API
  28. 28. ♂ SDK ! Storm Y! DB HBase API Web ) ( 4  (C) Aflo 1API 1API
  29. 29. a g e n d a crashreport scrum feedback (C) Aflo
  30. 30. s c r u m (C) Aflo
  31. 31. 24h 2WEEKS planning daily scrum retrospective review (C) Aflo
  32. 32. planning 実施予定ストーリーと! タスクを決定! メンバーの貢献時間の 決定 (C) Aflo 0 0
  33. 33. daily scrum 進捗、課題、予定の 確認! 課題に対する対策の 確認 (C) Aflo 0 0
  34. 34. review 完了プロダクト発表! 進捗報告! 方向性の確認! 課題の相談 (C) Aflo 0 0 0 0
  35. 35. retrospective 課題の洗い出し! 対策(ルール)! 過去ルールの確認 (C) Aflo 0 0 0
  36. 36. m e m b e r (C) Aflo
  37. 37. SM:エンジニア PO:エンジニア PO:エンジニア PO:UXデザイナー (C) Aflo
  38. 38. PO3人? SM PO:エンジニア PO:エンジニア PO:UXデザイナー (C) Aflo
  39. 39. SM PO:エンジニア PO:エンジニア PO:UXデザイナー SDK DB UX 専門分野別PO (C) Aflo
  40. 40. g o a l (C) Aflo
  41. 41. + 既存システムの品質向上 + (C) Aflo
  42. 42. Webツール機能充実 + ( ( (C) Aflo
  43. 43.  iOS対応  + ( (C) Aflo
  44. 44. 既存システムの品質向上! Webツール機能充実! + (  iOS対応 + (  5 (C) Aflo
  45. 45. sprint8 scrum (C) Aflo sprint1 sprint2 sprint3 sprint4 sprint7 sprint6 sprint5
  46. 46. sprint 1 (C) Aflo
  47. 47. p l a n n i n g (C) Aflo
  48. 48. 7教科書通りの計画 6 . (C) Aflo
  49. 49. d a i l y s c r u m (C) Aflo
  50. 50. なんか、やりづらい。。。 8 6 )9 ?) (C) Aflo
  51. 51. re t r o s p e c t i v e (C) Aflo
  52. 52. タスク消費時間の最小単位は? (C) Aflo
  53. 53. タスク消費時間の最小単位は? 途中タスク追加していいの?? (C) Aflo
  54. 54. タスク消費時間の最小単位は? 途中タスク追加していいの?? タスクの完了基準がわからない。 (C) Aflo
  55. 55. タスク消費時間の最小単位は? 詳細なルールが必要! 途中タスク追加していいの?? タスクの完了基準がわからない。 (C) Aflo
  56. 56. タスク消費時間の最小単位は? 統一! 途中タスク追加していいの?? タスクの完了基準がわからない。 (C) Aflo
  57. 57. タスク消費時間の最小単位は? 途中タスク追加していいの?? タスクの完了基準がわからない。 Daily Scrum時に追加 (C) Aflo
  58. 58. タスク消費時間の最小単位は? タスクに追記! 途中タスク追加していいの?? タスクの完了基準がわからない。 (C) Aflo
  59. 59. sprint 2 (C) Aflo
  60. 60. メンバー間の認識が統一 ) 6 )9 : (C) Aflo
  61. 61. re t r o s p e c t i v e (C) Aflo
  62. 62. UX、開発両タスクを経験できた! 困ってる人のタスクがわかる! 助けられる! (C) Aflo
  63. 63. UX 好評! 困ってる人 助けられる (C) Aflo
  64. 64. sprint 3 (C) Aflo
  65. 65. ユーザインタビュー パフォーマンス向上 WebUI改善 iOS版設計 (C) Aflo
  66. 66. ユーザインタビュー 開発、UXストーリーが パフォーマンス向上 WebUI 優先順位通りに 誰iOS でも着手できる (C) Aflo
  67. 67. on schedule! (C) Aflo
  68. 68. what!? (C) Aflo
  69. 69. iOS版2ヶ月前倒しして! (C) Aflo
  70. 70. 無理でございます! (C) Aflo
  71. 71. Why? (C) Aflo
  72. 72. リソースが足りません! (C) Aflo
  73. 73. 1人追加すればできる? (C) Aflo
  74. 74. されど、慣れるまでの! セットアップ時間! もかかりますし。。 (C) Aflo
  75. 75. 終わったらお酒飲も!! (C) Aflo
  76. 76. やりまーす (≧∇≦) 給料UPあるかも! (C) Aflo
  77. 77. new member (C) Aflo
  78. 78. エンジニア + SM:エンジニア PO:エンジニア PO:エンジニア PO:UXデザイナー (C) Aflo
  79. 79. sprint 4 (C) Aflo
  80. 80. p l a n n i n g (C) Aflo
  81. 81. PBI ; ; < <  (C) Aflo
  82. 82. SprintBacklog 66 6= = (C) Aflo
  83. 83. d a i l y s c r u m (C) Aflo
  84. 84. 見送り多発。 66 < (C) Aflo
  85. 85. re t r o s p e c t i v e (C) Aflo
  86. 86. 仕様の理解に時間が掛かる。 誰に聞いていいかわからない。 (C) Aflo
  87. 87. 仕様サの理ポ解にー時間トが制掛か度る 誰に聞いていいかわからない (C) Aflo
  88. 88. sprint 5 (C) Aflo
  89. 89. ベロシティUP! - (C) Aflo
  90. 90. r e v i e w (C) Aflo
  91. 91. 関係者に共有 >  ( + ) . (C) Aflo
  92. 92. sprint 6 (C) Aflo
  93. 93. 全員で! 残ストーリーに! 取り組む?.  (C) Aflo
  94. 94. sprint 7 (C) Aflo
  95. 95. iOS Release! (C) Aflo
  96. 96. sprint 8~ (C) Aflo
  97. 97. 既存システムの品質向上! Webツール機能充実! + (  iOS対応  + ( 5 (C) Aflo
  98. 98. a g e n d a crashreport scrum feedback (C) Aflo
  99. 99. f e e d b a c k (C) Aflo
  100. 100. スクラム導入変化 (C) Aflo
  101. 101. 属人化 タスク フリーアサイン@ (C) Aflo
  102. 102. タスク 最優先のプロダクトから完了! スケジュール通り進みやすい! 障害に対して誰でも対応可 0 0 0 (C) Aflo
  103. 103. タスク 「違う職種に対して理解してくれる」 「必ず優先順位を考える」! 「フットワークが軽くない」 (C) Aflo 0 0 0
  104. 104. 関係者への報告 コンポーネント毎 sprint review! (聞かれた事だけ) @ (C) Aflo
  105. 105. 関係者への報告 関係者とのMTG約40%カット! 作業に専念できる! アジェンダの流れが決まってて! 準備コストが低い 0 0 0 (C) Aflo
  106. 106. 「発表スキルが磨かれる」! 「成果物を再確認できる」! 「ちょっとしたイベント気分」 (C) Aflo 関係者への報告 0 0 0
  107. 107. 見積もり 残タスク 工数 ストーリー ストーリーPt @ @ (C) Aflo
  108. 108. 見積もり PBI、ベロシティで一目瞭然! 見直しするからズレが少ない! あまり先の事は見積もれない 0 0 0 (C) Aflo
  109. 109. 見積もり 「優先すべきストーリーがわかる」 「今やらなくていいストーリーも! わかる」! 「依頼内容を忘れない」 (C) Aflo 0 0 0
  110. 110. 個人管理 可視化 チーム管理@ (C) Aflo
  111. 111. 課題の早期キャッチアップ! メンバーのリソース! 進捗の共有 0 0 0 (C) Aflo 可視化
  112. 112. 可視化 「相談しやすい」! 「次にやるべき事がすぐわかる」! 「待ちがない」 (C) Aflo 0 0 0
  113. 113. (C) Aflo 可視化
  114. 114. スクラム導入不変 (C) Aflo
  115. 115. バグの数・・・ (C) Aflo
  116. 116. 対応には変化あり 専任者 レビュー者が限定 誰でも対応 誰でもレビュー @ @ (C) Aflo
  117. 117. もっとも変わったもの (C) Aflo
  118. 118. One for All! All for One (C) Aflo Team
  119. 119. a p p r o a c h (C) Aflo
  120. 120. switch scrum ) 6 . ) 6 . A B ) 6 . C (C) Aflo
  121. 121. switch scrum ) 6 . ) 6 . A A A B ) 6 . C A (C) Aflo
  122. 122. 6 . switch 6 ))A B . (C) Aflo
  123. 123. 6 . )A )B team B A:SM! B:開発チーム (C) Aflo
  124. 124. )A 効果 ファシリテーション力UP! feedbackによる学び! サービスの横連携 0 0 0 (C) Aflo
  125. 125. )効果 SMとしての成長! 自チームスクラム向上! SM同士の情報共有 0 0 0 B (C) Aflo
  126. 126. 感想 SMに専念でき回しやすかった! ファシリテーションの勉強になっ た! デイリースクラムの工夫が参考 になった! 課題に対する対策への導き方が 参考になる 0 0 0 0 (C) Aflo
  127. 127. One for All! All for One (C) Aflo Group
  • LinZheng1

    Jan. 23, 2018
  • yukipiyopiyo

    Apr. 27, 2015
  • ryokosuge

    Apr. 7, 2015
  • JaneFReed

    Oct. 17, 2014

UMTP アジャイル開発事例セミナーでヤフー株式会社 荒瀬が発表した際の資料です。 http://www.umtp-japan.org/modules/activity2/index.php?id=234

Views

Total views

2,127

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

12

Actions

Downloads

7

Shares

0

Comments

0

Likes

4

×