Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
次世代CDNのトレンド
J-Stream 新CDNセミナー
2015年2月24日
鍋島 公章
株式会社Jストリーム
1© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
自己紹介
▶鍋島 公章 (なべしま まさあき)
▶masaaki.nabeshima@stream.co.jp
▶PMP、CISSP、シニアモバイルシステムコンサルタント、第1級アマチュア無線技師
▶Jストリーム技術部R&D担当
▶新規サービス...
Jストリームとは
▶日本初、かつ最大の企業向けストリーミング専業企業
▶1997年創業
▶動画配信サービスを核に、
総合的なソリューション提供
▶コンテンツ配信インフラ/ASPサービス
▶動画コンテンツ/Webサイト企画制作・構築・開発
▶動画...
uCDN/配信インフラ u収録スタジオ/制作環境
u配信プラットフォーム、ASPサービス u人的サポート・制作/運用体制
24/7での有人監視
六本木スタジオ
J-Stream Equipmedia など アカウント営業+専任スタッフによるサポ...
▶総合力:
▶ご担当者様が本業に専念するためのパートナー
▶動画関連業務に求められる、広範かつ非定型なスキルを提供
▶年間700社、10,000案件をハンドリング
▶製品だけでは解決できない顧客の課題を、
実践的な知見/行動と顧客本位なサポート...
Jストリーム ソリューション
Web
負荷分散
Equipmedia
MediaLize
動 画
マネタイズ
セキュリティ
運 用
開 発
制 作
CDN
LIVE
システム開発
映像制作
カスタマイズ
カスタマーサポート
サービス監視
...
ストリーミングとHTTP
▶専用プロトコルは先細り
▶HTTPへの移行
▶専用プロトコル
▶Apple HLS、Microsoft Smooth Streaming (SilverLight)、Adobe HDS
▶標準プロトコル
▶MPEG-...
MPEG-DASH
▶Dynamic Adaptive Streaming over HTTP
▶HTTP CDNとの親和性
▶MPD、TSファイルはキャッシュ可能
8
HTTPサーバ メディアファイル
TSファイル
MPDファイル
クライアン...
CDNとは
▶配信のアウトソース
▶ニーズ
9
種別 用途
国際配信 アクセスの高速化
国内配信 ピーク対策
オリジンサーバ
CDNサーバ
クライアント
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
CDNの基本ニーズ:国際配信(高速化)
▶TCPの速度制限(ショートセッション)
▶後進国
▶不十分な国際リンク
10
距離 通信延滞 最高速度
東京・沖縄間 0.04秒 12.5Mbps
日米間 0.10秒 5.0Mbps
日欧間 0.20秒...
CDNの基本ニーズ:国内配信(ピーク対策)
▶配信設備の壁
▶CDNの効果
▶設備費用の平準化
11
項目 上限値
クラウド
ホスティング
同時接続 200~
帯域 100Mbps
専用サーバ
同時接続 1,000~10,000
帯域 100M...
クラウドのCDNオプション
▶多くのクラウド事業者がCDNをオプションサービスとして提供
▶クラウド設備
▶インスタンスの接続は100Mbps
▶インスタンスの負荷に応じた自動起動があるが面倒
▶配信は専用設備から出した方が設備コストが安い
▶...
CDNの基本ニーズ
▶ピーク例
▶CDNの効果
13
ピーク同時接続 ピーク帯域
キャンペーン 通常の数~数十倍
メディア露出 同時接続:数千 数百Mbps
TV連動 同時接続:数十万 数十Gbps
仮定:1ページあたり10オブジェクト、1オブ...
CDNの歴史
▶1995年
▶キャッシュ技術の登場
▶1999年ごろ
▶主に画像の高速配信サービスとして市場に登場
▶第1次CDNブーム
▶2001年:インターネットバブルの崩壊
▶配信ニーズの縮小
▶いくつかのCDN事業者が破綻
▶2005年...
CDNの普及
▶2015年時点
▶CDNは成熟期へ
▶一般には成長率が低下
15
日本の上位サイト
(出展Alexa)
CDN使用率
(各種資料を参考にJストリームまとめ)
TOP 20 約9割
TOP 100 約5割
初期
採用者
後期
採用...
CDNのニーズ
▶年率20%程度で拡大(各種資料を参考にJストリームまとめ)
16
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
3,500
2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 201...
CDN高成長の裏側
▶HTTP CDNの領域拡大
17
機能面の拡大
ユーザ層の拡大
セキュリティ対策
動的コンテンツ
新プロトコル
無料CDN マルチCDN大口ユーザの
静的コンテンツ
従量制
HTTP CDNはより多くの
Webサイトにマッ...
動的コンテンツ
▶動的コンテンツ
▶多くのWebトラフィックは動的に生成されたもの
▶CMS、パーソナライズ
▶手法
18
CDN機能 国際配信 国内配信 コスト
CDN上でのリクエスト処理 ○ ○ ×
TCP高速化 ○ × △
動的ファイルの...
動的コンテンツ
▶動的ファイルのキャッシュ
▶基本:オリジンはキャッシュ不可として送信
▶ただしブラウザキャッシュの考慮が望ましい
▶CDN制御
▶CDN上で強制キャッシュ
▶特定URL、クッキー付画像等
▶情報のアップデート
▶CMSから削除...
セキュリティ
▶CDN機能
▶Web Application Firewall
▶特定の(一撃でノックアウト型)攻撃を遮断
▶攻撃たとえ:ピッキングで鍵を開ける
▶CDNのWAFは簡易版(フルセットのWAFはサイト単位のチューニング必須)
▶D...
新プロトコル
▶HTTPに関するマーケットニーズ
▶高速化、インタラクティブ性
▶新HTTP(SPDY、HTTP/2)
▶Web Socket
▶セキュリティ(Wifi環境におけるなりすまし)
▶常時SSL
▶CDNの貢献
▶新プロトコルへの対...
新プロトコル
▶次世代HTTP
▶メリット
▶高速化
▶サーバからのプッシュ
▶対応状況
▶既に一般ユーザに使われている
22
SPDY HTTP/2
概要 Googleが制定、HTTP/2のベース 正式版リリース(2015年2月)
対応サービ...
新プロトコル
▶Web Socket
▶メリット
▶双方向通信
▶常時接続
▶サンプル(JavaScript)
var WebSocket = require('ws') , ws = new WebSocket('ws://www.host....
新プロトコル
▶モバイル(Wifi)環境は危険
▶なりすまし、盗聴
24
クライアント Wifi
なりすましサイト
正規サイト
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
新プロトコル
▶SSLの動向
▶非SSLサイト
▶Chromeベータ版では非SSLサイトを危険なサイトとして表示するオプションが
追加
▶Google検索のランクダウン
▶主要サイト(既にSSL化済)からのリファラ取得不可
▶SSL証明書の低価...
新プロトコル
▶SSLの動向
▶常時SSL
▶HTTPサイトを閉鎖(HTTPSへのリダイレクトのみ許可)し、HTTPSのみとする
▶Google、Facebook、米国主要銀行等
▶普及率
26
指標 状況
SSLサイト率(グローバル) 約13...
新プロトコル
▶SSLトラフィック比率(北米2014年下期)
▶補足:Youtubeモバイルは動画のみhttp
▶ トップページ
▶ 視聴ページ
27
固定:19.16% モバイル:26.15%
Netfli​x 34.89Youtube 19...
マルチCDN
▶ニーズ
▶地域別の最適化
▶CDNのバックアップ
▶ベンダーロックインの排除
▶普及率
▶複数CDN事業者との契約率(単純な複数契約含む)
28
契約規模(年 US$) 複数CDNの利用率
1M 56%
0.5~1M 75%
0...
▶CDNのモニタリング
▶メタCDN
▶CDNシンジケーション
▶CDN事業者間の配信取引
▶国際配信
29
メタCDN
CDN A
CDN B
CDN C
オリジンサーバ
99.0
99.1
99.2
99.3
99.4
99.5
99.6
...
FEO
▶Front End Optimization
▶コンテンツの最適化
▶13のルール
▶HTTPリクエスト数の削減 、CDNの利用、Expiresヘッダーの追加、コン
ポーネントの圧縮、CSSは先頭に配置、scriptは後尾に配置、CS...
モバイルCDN
▶モバイルの状況
▶例:スマートフォン経由の売り上げ率
▶CDNの貢献
▶サイトの常時SSL化
▶モバイル網内の高速化
▶透過型アクセラレータを網内に配置⇒SSLの急速な普及とともに陳腐化
▶基地局への配信サーバ配置⇒かなり時間...
モバイルキャリア網
モバイルCDN
▶概要
32
優先処理バックホール
基地局
P-GW
PCRF
着課金
オリジンサーバ
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
サマリー
▶HTTP CDNの領域拡大
33
機能面の拡大
ユーザ層の拡大
セキュリティ対策
動的コンテンツ
新プロトコル
無料CDN マルチCDN大口ユーザの
静的コンテンツ
従量制
HTTP CDNはより多くの
Webサイトにマッチ
動画
...
サマリー
▶CDN誕生から15年が経過し、多くのWebサイトのニーズにマッチ
▶機能面の拡大
▶すべてのトラフィックをCDN化
▶静的コンテンツ:従来のCDN
▶キャッシュ可能な動的コンテンツ:詳細なキャッシュ設定、API
▶その他トラフィック...
参考資料
▶J-Stream CDN情報サイト
▶https://tech.jstream.jp/
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 35
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

次世代CDNのトレンド

4,826 views

Published on

CDN (Content Delivery Network)は、1990年代後半に登場して以降、Webサイトのピーク対策・アクセス高速化が可能なサービスとして多くの企業に導入され、技術面でもマーケットの変化に合わせて着実な進化を遂げています。

本プレゼンテーションでは、CDN開発に20年携わってきた技術者が、CDNの進化についての世界的なトレンド(SSL CDN、動的ファイルのキャッシュ、最新プロトコル対応等)を解説します。

Published in: Internet
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/369VOVb ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❶❶❶ http://bit.ly/369VOVb ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://urlzs.com/UABbn } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

次世代CDNのトレンド

  1. 1. 次世代CDNのトレンド J-Stream 新CDNセミナー 2015年2月24日 鍋島 公章 株式会社Jストリーム 1© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. 自己紹介 ▶鍋島 公章 (なべしま まさあき) ▶masaaki.nabeshima@stream.co.jp ▶PMP、CISSP、シニアモバイルシステムコンサルタント、第1級アマチュア無線技師 ▶Jストリーム技術部R&D担当 ▶新規サービスのマーケットリサーチおよび事業開発 ▶略歴 ▶1995年:NTT研究所においてCDN関連技術の研究を開始 ▶Japan Cache Project、APAN Cache WG Chair ▶2000年以降:いくつかの会社で配信系ビジネスの企画・運用に従事 ▶Internet CDN、ストリーミングCDN、違法P2Pモニタリング、スマホ向けポッド キャストクライアント、ライブチャット、IPTVヘッドエンド、デジタルシネマDCP 配信、モバイルキャリアCDN、キャリアSecurity Operation Center ▶2014年より現職 ▶著作 ▶サーバ負荷分散技術、実践ネットワークセキュリティ監査 2© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  3. 3. Jストリームとは ▶日本初、かつ最大の企業向けストリーミング専業企業 ▶1997年創業 ▶動画配信サービスを核に、 総合的なソリューション提供 ▶コンテンツ配信インフラ/ASPサービス ▶動画コンテンツ/Webサイト企画制作・構築・開発 ▶動画を活用した事業運営/運用サポート 3© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  4. 4. uCDN/配信インフラ u収録スタジオ/制作環境 u配信プラットフォーム、ASPサービス u人的サポート・制作/運用体制 24/7での有人監視 六本木スタジオ J-Stream Equipmedia など アカウント営業+専任スタッフによるサポート 自社保有CDN/配信サーバー 撮影/配信機材 4© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. Jストリームとは
  5. 5. ▶総合力: ▶ご担当者様が本業に専念するためのパートナー ▶動画関連業務に求められる、広範かつ非定型なスキルを提供 ▶年間700社、10,000案件をハンドリング ▶製品だけでは解決できない顧客の課題を、 実践的な知見/行動と顧客本位なサポートを惜しみなく提供して解決 ▶それがJストリームの存在意義です 5© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. Jストリームとは
  6. 6. Jストリーム ソリューション Web 負荷分散 Equipmedia MediaLize 動 画 マネタイズ セキュリティ 運 用 開 発 制 作 CDN LIVE システム開発 映像制作 カスタマイズ カスタマーサポート サービス監視 コンテンツ更新 AD-Network AD-Tech連携 Live中継 EQ Live デコパLIVE プロモーション 販売促進 マネタイゼーション CS向上 顧客維持 社内教育 社内情報共有 SecureCast SecureCast Pro SecureCast Plus White Label TACOS 6© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  7. 7. ストリーミングとHTTP ▶専用プロトコルは先細り ▶HTTPへの移行 ▶専用プロトコル ▶Apple HLS、Microsoft Smooth Streaming (SilverLight)、Adobe HDS ▶標準プロトコル ▶MPEG-DASH ▶Chrome23、Firefox31、IE11、Opera20 ▶YouTube、NetFlix 7 方式 状況 補足 Real Media × サーバビジネスから撤退(2015年) Windows Meida (mms) × SilverLightへ移行 Flash Media (rtmp) ↓ Android、iOSでFlash Playerは動かない © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  8. 8. MPEG-DASH ▶Dynamic Adaptive Streaming over HTTP ▶HTTP CDNとの親和性 ▶MPD、TSファイルはキャッシュ可能 8 HTTPサーバ メディアファイル TSファイル MPDファイル クライアント 変換 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  9. 9. CDNとは ▶配信のアウトソース ▶ニーズ 9 種別 用途 国際配信 アクセスの高速化 国内配信 ピーク対策 オリジンサーバ CDNサーバ クライアント © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  10. 10. CDNの基本ニーズ:国際配信(高速化) ▶TCPの速度制限(ショートセッション) ▶後進国 ▶不十分な国際リンク 10 距離 通信延滞 最高速度 東京・沖縄間 0.04秒 12.5Mbps 日米間 0.10秒 5.0Mbps 日欧間 0.20秒 2.5Mbps © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  11. 11. CDNの基本ニーズ:国内配信(ピーク対策) ▶配信設備の壁 ▶CDNの効果 ▶設備費用の平準化 11 項目 上限値 クラウド ホスティング 同時接続 200~ 帯域 100Mbps 専用サーバ 同時接続 1,000~10,000 帯域 100Mbps、1Gbps ピーク性能 設備費用 CDNなし CDNあり 共用の壁 100Mbpsの壁 1Gbpsの壁 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  12. 12. クラウドのCDNオプション ▶多くのクラウド事業者がCDNをオプションサービスとして提供 ▶クラウド設備 ▶インスタンスの接続は100Mbps ▶インスタンスの負荷に応じた自動起動があるが面倒 ▶配信は専用設備から出した方が設備コストが安い ▶10G接続の配信サーバ ▶CDNオプション ▶多くは単純な配信 ▶細かな設定、モニタリングは不可 12© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  13. 13. CDNの基本ニーズ ▶ピーク例 ▶CDNの効果 13 ピーク同時接続 ピーク帯域 キャンペーン 通常の数~数十倍 メディア露出 同時接続:数千 数百Mbps TV連動 同時接続:数十万 数十Gbps 仮定:1ページあたり10オブジェクト、1オブジェクトたり20KB CDNなし CDNあり オリジン トラフィック © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  14. 14. CDNの歴史 ▶1995年 ▶キャッシュ技術の登場 ▶1999年ごろ ▶主に画像の高速配信サービスとして市場に登場 ▶第1次CDNブーム ▶2001年:インターネットバブルの崩壊 ▶配信ニーズの縮小 ▶いくつかのCDN事業者が破綻 ▶2005年:本格的なCDN利用の開始 ▶Internetビジネスの黒字化 ▶2010年:第2次CDNブーム 14© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  15. 15. CDNの普及 ▶2015年時点 ▶CDNは成熟期へ ▶一般には成長率が低下 15 日本の上位サイト (出展Alexa) CDN使用率 (各種資料を参考にJストリームまとめ) TOP 20 約9割 TOP 100 約5割 初期 採用者 後期 採用者 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  16. 16. CDNのニーズ ▶年率20%程度で拡大(各種資料を参考にJストリームまとめ) 16 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 USM$ 小規模 大中規模 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  17. 17. CDN高成長の裏側 ▶HTTP CDNの領域拡大 17 機能面の拡大 ユーザ層の拡大 セキュリティ対策 動的コンテンツ 新プロトコル 無料CDN マルチCDN大口ユーザの 静的コンテンツ 従量制 HTTP CDNはより多くの Webサイトにマッチ 動画 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  18. 18. 動的コンテンツ ▶動的コンテンツ ▶多くのWebトラフィックは動的に生成されたもの ▶CMS、パーソナライズ ▶手法 18 CDN機能 国際配信 国内配信 コスト CDN上でのリクエスト処理 ○ ○ × TCP高速化 ○ × △ 動的ファイルのキャッシュ ○ ○ ○ 高速TCP リクエスト処理(Java,LUA) 動的ファイルのキャッシュ オリジンサーバCDNサーバクライアント CDNサーバ (オリジンシールド) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  19. 19. 動的コンテンツ ▶動的ファイルのキャッシュ ▶基本:オリジンはキャッシュ不可として送信 ▶ただしブラウザキャッシュの考慮が望ましい ▶CDN制御 ▶CDN上で強制キャッシュ ▶特定URL、クッキー付画像等 ▶情報のアップデート ▶CMSから削除API 19 強制キャッシュ API オリジンサーバCDNサーバ クライアント © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  20. 20. セキュリティ ▶CDN機能 ▶Web Application Firewall ▶特定の(一撃でノックアウト型)攻撃を遮断 ▶攻撃たとえ:ピッキングで鍵を開ける ▶CDNのWAFは簡易版(フルセットのWAFはサイト単位のチューニング必須) ▶DDOS対策 ▶大量の(数でノックアウト型)攻撃を遮断 ▶攻撃たとえ:トラックで家を破壊 20 遮断 オリジンサーバCDNサーバ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  21. 21. 新プロトコル ▶HTTPに関するマーケットニーズ ▶高速化、インタラクティブ性 ▶新HTTP(SPDY、HTTP/2) ▶Web Socket ▶セキュリティ(Wifi環境におけるなりすまし) ▶常時SSL ▶CDNの貢献 ▶新プロトコルへの対応 ▶オリジンサーバの変更不要 ▶CDNが新プロトコルへ対応 21© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  22. 22. 新プロトコル ▶次世代HTTP ▶メリット ▶高速化 ▶サーバからのプッシュ ▶対応状況 ▶既に一般ユーザに使われている 22 SPDY HTTP/2 概要 Googleが制定、HTTP/2のベース 正式版リリース(2015年2月) 対応サービス Google系、Facebook、Twitter等 Google系 対応ブラウザ Chrome、IE Chrome © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  23. 23. 新プロトコル ▶Web Socket ▶メリット ▶双方向通信 ▶常時接続 ▶サンプル(JavaScript) var WebSocket = require('ws') , ws = new WebSocket('ws://www.host.com/path'); ws.on('open', function() { ws.send(‘Hello World'); }); ws.on('message', function(message) { console.log('received: %s', message); }); ▶対応状況 ▶使用例 ▶スマホアプリのインタラクティブ通信 ▶テレビ連動:100万同時接続 23© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  24. 24. 新プロトコル ▶モバイル(Wifi)環境は危険 ▶なりすまし、盗聴 24 クライアント Wifi なりすましサイト 正規サイト © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  25. 25. 新プロトコル ▶SSLの動向 ▶非SSLサイト ▶Chromeベータ版では非SSLサイトを危険なサイトとして表示するオプションが 追加 ▶Google検索のランクダウン ▶主要サイト(既にSSL化済)からのリファラ取得不可 ▶SSL証明書の低価格化 ▶数千円/年程度、2015年中には無料発行組織が発足 ▶新HTTPプロトコル ▶基本的にSSLが使用される(非暗号版が実装されるか未定) 25© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  26. 26. 新プロトコル ▶SSLの動向 ▶常時SSL ▶HTTPサイトを閉鎖(HTTPSへのリダイレクトのみ許可)し、HTTPSのみとする ▶Google、Facebook、米国主要銀行等 ▶普及率 26 指標 状況 SSLサイト率(グローバル) 約13%(過去2年間で2.6倍) 上位5銀行 米国(すべて常時SSL化済み) 日本(4社がSSLエラー) 日本のTOP20サイト 約半分はSSLエラー(未対応) SSLサイト率 出典:http://httparchive.org © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  27. 27. 新プロトコル ▶SSLトラフィック比率(北米2014年下期) ▶補足:Youtubeモバイルは動画のみhttp ▶ トップページ ▶ 視聴ページ 27 固定:19.16% モバイル:26.15% Netfli​x 34.89Youtube 19.75 Youtube 14.04Facebook 19.05​ その他HTTP 8.62​その他HTTP 11.44 Facebook 2.98その他MPEG 6.32​ BitTorrent 2.80Netflix 4.51 iTunes 2.77​Instagram 4.​49​ ​MPEGその他 2.66SSL 4.03​ ​Amazon Video 2.58​iTunes 3.20 SSL 2.14​Google Cloud 3.07 Hulu 1.41​​Pandora Radio 2.72​ 出典:Sa​ndvine © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  28. 28. マルチCDN ▶ニーズ ▶地域別の最適化 ▶CDNのバックアップ ▶ベンダーロックインの排除 ▶普及率 ▶複数CDN事業者との契約率(単純な複数契約含む) 28 契約規模(年 US$) 複数CDNの利用率 1M 56% 0.5~1M 75% 0.25~0.5M 68% 出典:http://cdnpricing.com/ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  29. 29. ▶CDNのモニタリング ▶メタCDN ▶CDNシンジケーション ▶CDN事業者間の配信取引 ▶国際配信 29 メタCDN CDN A CDN B CDN C オリジンサーバ 99.0 99.1 99.2 99.3 99.4 99.5 99.6 99.7 99.8 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. マルチCDN
  30. 30. FEO ▶Front End Optimization ▶コンテンツの最適化 ▶13のルール ▶HTTPリクエスト数の削減 、CDNの利用、Expiresヘッダーの追加、コン ポーネントの圧縮、CSSは先頭に配置、scriptは後尾に配置、CSSの Expression()を回避、JavaScriptとCSSは外部ファイル、DNS Lookupsを削 減、コードサイズの圧縮、リダイレクト回避 、スクリプトの重複を回避、 ETagを正しく設定 ▶数倍程度の高速化が可能 ▶自動最適化 ▶難しい(含む専用FEO装置) ▶新HTTPにおけるプッシュ・ヒント機能の活用 30© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  31. 31. モバイルCDN ▶モバイルの状況 ▶例:スマートフォン経由の売り上げ率 ▶CDNの貢献 ▶サイトの常時SSL化 ▶モバイル網内の高速化 ▶透過型アクセラレータを網内に配置⇒SSLの急速な普及とともに陳腐化 ▶基地局への配信サーバ配置⇒かなり時間がかかりそう ▶トラフィック優先処理、パケット着課金 ▶米国では「ネットワーク中立性」問題があり進まない 31 ECサイト スマートフォン率(2014年10~12月) ZOZO TOWN 57.9% 楽天 44.0% Yahoo!ショッピング 35.4% 出典:各社決算発表 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  32. 32. モバイルキャリア網 モバイルCDN ▶概要 32 優先処理バックホール 基地局 P-GW PCRF 着課金 オリジンサーバ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  33. 33. サマリー ▶HTTP CDNの領域拡大 33 機能面の拡大 ユーザ層の拡大 セキュリティ対策 動的コンテンツ 新プロトコル 無料CDN マルチCDN大口ユーザの 静的コンテンツ 従量制 HTTP CDNはより多くの Webサイトにマッチ 動画 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  34. 34. サマリー ▶CDN誕生から15年が経過し、多くのWebサイトのニーズにマッチ ▶機能面の拡大 ▶すべてのトラフィックをCDN化 ▶静的コンテンツ:従来のCDN ▶キャッシュ可能な動的コンテンツ:詳細なキャッシュ設定、API ▶その他トラフィック:セキュリティ対策 ▶新プロトコルへのCDNによる対応 ▶SSL ▶次世代HTTP ▶ユーザ層の拡大 ▶完全従量制 ▶無料CDN ▶マルチCDN 34© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  35. 35. 参考資料 ▶J-Stream CDN情報サイト ▶https://tech.jstream.jp/ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 35

×