Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

“本の虫”の自分が 『人を呼ぶ部屋』を作る難しさ

614 views

Published on

2007年に作成したエッセイを見つけたので公開します。
本好き(だった)自分が本を片付けるのに当たる苦悩と対処法をまとめています。

Published in: Lifestyle
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

“本の虫”の自分が 『人を呼ぶ部屋』を作る難しさ

  1. 1. 本の虫 の自分が 『人を呼ぶ部屋』を作る難しさ 070916(月) 1
  2. 2. 部屋作りを決心した理由 長年に渡って理系生活を続けていたが、ひょんなこ とから文系生活に戻り、自分もそれに合わせようと するようになった。 そのため、自分の部屋にもファション性を取り入 れ、人を呼べる部屋にしたいと思うようになった。 • • 2
  3. 3. 部屋作りの段取り 収納用のボックスを購入 CDのケースを処分 要らない本を処分 • • • 3
  4. 4. 隠すということ(1) ∼中身よりも外身∼ 中身が何であったとしても、それを塞いでおけば きれいに見える。 • 開いた状態 閉じた状態 v 4
  5. 5. 本の平積みは醜い。何も置かないか、縦に均等に並 べるのがよい。 • 隠すということ(2) ∼平積み禁止∼ ∼ 平積みの状態 平積みのない状態 机自体は整理されていないが、 平積みした本がないため きれいに見える v 5
  6. 6. 捨てる勇気!(1) 分かってはいるものの、本大好き人間の自分が本を捨てることを非常に つらいものであった(以前は自室を ミニ図書館 と考えていた)。 今読まない本であっても、本を持っていることがインテリの証であり、 また以前読んだ本を持っていることが思い出になるため。 しかし、処分しないと本は増える一方で、目標とする 人を呼べるファッ ション性の高い部屋 に変身を遂げることはできない。 • • • ミニ図書館と 人を呼べる部屋  との矛盾! 6
  7. 7. 捨てる勇気!(2) よって、思い切って捨てることにした。 捨てる基準は、一度も使ったことのないもの、使ったが役に立たなかったも の、今後絶対に使うことのないもの、思い出はあるが漫画喫茶など別なところ でも入手できるもの(キン肉マンの単行本など)、とした。 この実践によって、およそ3分の1くらいの本は処分することができた。 しかし、残りの3分の2は残ったままであり、これが 人を呼べるファッシ ョン性の高い部屋 を作るための足かせとなってしまっている。 なんとか、本棚1つくらいは処分したいと思う。不思議なことで、本棚 などの収納用品は持っているとそれが満杯になるくらいに物を購入して しまうものである。収納用品がなければ、それなりに物は買わないよう になると思う。 • • • • • 7
  8. 8. 部屋の狭さ 誰かと一緒に並んで座れるように(=ある意味下心とも言う)、二人掛けの ソファーベッドを購入しようかと考えた。 ロフトで雰囲気のいいソファーベッドを見つけたので、家に帰って寸法をもう 一度確認した。 横幅が125センチ(肘掛けをいれると140センチ?)になってしまい、設置困 難であることに気がついた。この部屋の狭さも足かせである。 今あるこの机を処分して、テレビ方向にパソコンを向けられるベッドと同じ幅 の机を購入するかどうか考えている。今後、この机で今までのように勉強&研 究を行うかは疑問であるが、この机の右側半分がただの物置になってしまって いるだけで、スペースの無駄であることは否めない。この当たりをもう一度深 く考えたいものである。 • • • • 8

×