Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

サウンドミドルウェアCRI ADX2 Ver3の新機能・使いこなし術のご紹介

311 views

Published on

2020年7月31日に開催されたウェビナーの講演資料です。

V3のアップデートでは、macOS・Windows両対応のほか、CRI Atom Craftを、使う人に合わせて使いやすくカスタマイズできるUIに刷新しています。

V3ツールを快適に使っていただくための効率的な使い方、ポイントを改めてご紹介すると共に、 その後、V3ツールがどのように進化しているか、V3から加わった新ツール、新機能をご紹介します。

セミナー動画はこちらをご覧ください。
https://youtu.be/EVWXF2nmj0U

Published in: Technology
  • Be the first to comment

サウンドミドルウェアCRI ADX2 Ver3の新機能・使いこなし術のご紹介

  1. 1. Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. CRI Atom Craft Ver.3 最新トピックス 2020年7月31日 株式会社CRI・ミドルウェア エンターテインメント事業本部・研究開発部 井藤 明義
  2. 2. 2Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ 自己紹介 井藤 明義 エンターテインメント事業本部・研究開発部 リードエンジニア ・2005年 株式会社C R I・ミドルウェア入社 ・C R I Audio C r aft 、C R I Atom C r aft など ADXのツール開発を担当。 自己紹介
  3. 3. 3Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ 目次 (1)ADX2 V3ツールの導入 (2)新しくなったCRI Atom Craft V3のUI (3)CRI Atom Craft Ver.3.00以降の新機能
  4. 4. 4Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ ADX2 V3ツールのライセンス CRI Atom Craft Ver.3.43.00から2つのオンライン認証を導入しました。 - ツールユーザーライセンス:ツール利用に必要なライセンス - プロジェクトキー :商用利用に必要なライセンス ライセンス導入で変わったこと ・ライセンスファイル更新が不要に(ツール利用は実質ライセンスが無期) ・商用利用またはデータ暗号化、HAPTIX、ブラウザー向けのビルドには プロジェクトごとにプロジェクトキーが必要になります。 *使用感の確認、評価目的の場合はプロジェクトキーは不要です。 V3ツール導入
  5. 5. 5Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ ツールユーザーライセンスの発行 ライセンスの発行は、ライセンス発行ツール「オーサライゼーションツール」 でメールアドレスを使って行います。 ライセンス発行の流れ 1. オーサライゼーションツールでメールアドレス登録 2. 確認メールを受信 3. 受信メールの確認コードをオーサライゼーションに入力 ADX2ツールが利用可能!! V3ツール導入
  6. 6. 6Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ プロジェクトキーの発行と登録 プロジェクトキーは、タイトルごとにパブリッシャー等から、 プロジェクトキー申請フォームで申請します。 発行されたプロジェクトキーをCRI Atom Craftプロジェクトに登録します。 プロジェクトキー発行の手順 1. プロジェクトキー申請フォームからプロジェクトキー申請 2. CRIから発行されたプロジェクトキーを受け取る 3. CRI Atom Craftの「プロジェクトキー管理」でプロジェクトキー登録 商用利用、制限機能が使用可能に!! *プロジェクトキーごとに有効になる制限機能は異なります。 V3ツール導入
  7. 7. 7Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ CRI Atom Craft のプロジェクトファイル互換 CRI Atom Craft V3(Windows) CRI Atom Craft V3(macOS) プロジェクトファイル 完全互換(*1) CRI Atom Craft V2(Windows) V2 から V3 へは要変換。Ver.3.40以降はV2には戻せない。 *1) ツールバージョンxx.yy.zzのxx.yyが同一の時、プロジェクトファイルの互換があります。 V3ツール導入
  8. 8. 8Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. 波形ファイル閲覧ツール「Solv」
  9. 9. 9Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■Solv Windows/macOS両対応の素材波形ビューア。 各種パラメータの確認、波形表示、途中再生など、素材チェックを便利に。
  10. 10. 10Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. 新しくなったCRI Atom CraftのUI
  11. 11. 11Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ CRI Atom Craft V3のUIコンセプト V2で寄せられた要望を元にUIデザインを変更しています。 - ビューを作業用途に合わせて配置変えしたい - タイムラインとリストを同時表示したい - アイテム選択時に画面を維持したい - リストで全てのパラメータを表示したい 用途に合わせた自由なレイアウト変更可能なUIデザインにすると共に、 ツール操作面について改善を致しました。 CRI Atom Craft V3のUI
  12. 12. 12Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ V2とV3で何が変わったの? レイアウト変更可能なUIを取り入れたことによって操作面を含め、 次のような点が変わりました。 ・自由なビューレイアウト(配置変更、タブ・ウインドウ化) ・アイテム個々の専用ビューから機能ごとのビューへ ・インスペクター(プロパティ、プロパティパネルの統合) ・リストエディターの列表示、一括変更操作 ・セッションウインドウの刷新 CRI Atom Craft V3のUI
  13. 13. 13Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ ビューの配置変更とタブ・ウインドウ化 - ビューのタイトル部分をマウスドラッグで、配置変更、タブ・ウインドウ化 - ウインドウ化状態からタイトルバーをダブルクリックで画面に収納 自由なビューレイアウト 移動ガイド(グレーの 背景)でマウスを離す とビュー移動決定 マウスドラッグで移動開始 (ダブルクリックでフロー ティング化)
  14. 14. 14Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ レイアウト情報の記録 レイアウトの「保存」、「削除」や「保存したレイアウトの呼び出し」は レイアウトメニューから行うことができます。 ・ショートカットキーでレイアウト変更可 ・レイアウトをロックするで上書き防止 自由なビューレイアウト
  15. 15. 15Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. 自由なビューレイアウト ■ 初期のレイアウト 用途に合わせた8種のレイアウトを用意しています。 - 1. 波形登録 - 2. プレビュー - 3. パラメータ編集 - 4. リスト編集 - 5. ミキサー - 6. カテゴリ・R E AC T 編集 - 7. AI S AC 編集 - 8. MA 1〜2は、波形登録、管理に特化した、シンプルな表示モード。 3〜8は、作り込むデータに合わせ、瞬時にパラメータにアクセスできるモード。 1.波形登録のレイアウト
  16. 16. 16Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■機能ごとのビュー 機能ごとのビュー V2 (アイテムごとの専用 ビュー)キューのビュー REACTのビュー V3 (機能ごとのビュー) タイムライン REACT インスペクター ツリーの選択でビューは変わらず内容のみ更新。 ツリーのアイテム選択は、内容のみ更新が基本動作に(ビューの連動なし)。 ダブルクリックで対応の専用ビューが全面に表示。
  17. 17. 17Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. 機能ごとのビュー ■ 各機能のビューを表示するには 「ビュー一覧バー」から表示/非表示を切り替えることができます。 「あの設定はどこ?」と迷子になったら、ビュー一覧バーを確認します。
  18. 18. 18Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■リストエディターの列項目表示 表示列の変更は、リストエディター上部の列グループボタンから。 アイテムの表示フィルターに応じて列グループボタンが変化します。 ※複数の列グループ選択可 Ver.3.44.00〜 リストエディター
  19. 19. 19Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■リストエディターの表示列のカスタマイズ 列グループボタンは、最大8つのカスタム設定が可能。 リストエディターのツールバー からカスタム列を作成できます。 リストエディター
  20. 20. 20Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ リストエディターのパラメータ一括相対編集 編集状態から上下ドラッグで相対値変更ができます。 リストエディター(一括編集) 編集状態からエディター内を マウスドラッグで相対値変更
  21. 21. 21Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■演算子を使ったリストエディターの一括相対編集 演算子を使って一括相対編集に対応。 「+=」「-=」「*=」「/=」 「+」「*」「/」 元の値と演算子の右側の値を+=、-=、*、/等で演算した結果を適用します。 リストエディター (一括編集) 変更前 入力 変更後 全てに0.5を乗算
  22. 22. 22Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ インスペクター インスペクターは、V2の「プロパティ」 、タイムライン直下の 「プロパティパネル」を統合したビューです。 パラメーターパレット以外の全てのパラメータを確認できます。 インスペクター リッチUI リスト 全パラメータ一覧ここでしか設定 できない項目も… インスペクター V2
  23. 23. 23Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. 新しくなったセッションウインドウ ■ セッションウインドウ UIを刷新し、次の機能を追加しました。 - 複数のセッション状態の記録 - プレビュー操作 - 3Dポジショニング - カテゴリのボリューム - DSP設定のスナップショット切り替え
  24. 24. 24Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. Ver.3以降の新機能
  25. 25. 25Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. Ver.3.00以降の新機能 ■ DSPバスエフェクトのカスタマイズ ADX2 ツールADX2 ライブラリ VST 2.4/3.x(64bit)CriAudioEffect I/F エフェクトライブラリ (自作可能) エフェクトプラグイン (自作可能) 相互変換 サンプル
  26. 26. 26Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ADX2 Expantion ■ McDSPエフェクトプラグイン 最新SDKにMcDSPエフェクトプラグインを同梱。 一ヵ月の無償試用が可能です。 収録エフェクトは4つ。リアルタイムで仕様可能。 ・AE600 Active EQ:特定の音声を明瞭にするマルチバンドイコライザ ・FutzBox:様々な音声環境を再現 ・ML4000 ML1:音割れを防いで音圧を上げるシングルバンドリミッタ ・SA2 Dialog Processor:セリフ向けマルチバンドイコライザ 対応プラットフォームは、 ネイティブSDK:Win, PS4, Xbox One, Switch Unity プラグイン:Win, iOS, Android, macOS
  27. 27. 27Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ 3種の新DSPエフェクト ビットクラッシャー 音声の量子化ビットや、サンプリングレートを落とす ことでローファイ、レトロなサウンドを演出できます。 フェーザー 原音とその位相を変えた音声をの2つの波の干渉を利用 して強力な音のうねりを作り出すエフェクト。 ヘッドフォン サラウンド音声(5.1ch、7.1ch)をヘッドフォン環境で バーチャルサラウンド 疑似的に再現するためのエフェクト。 発音数に依存せず、一定した処理負荷で動作するのが 特徴です。 Ver.3.00以降の新機能
  28. 28. 28Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. Ver.3.00以降の新機能 ■ 波形の非破壊トリミング タイムライン上で、波形のトリミング等が可能に。 ・カット ・トリム(使用範囲の調整) ・フェードイン/フェードアウト 元素材はもちろん非破壊です。 ちょっとした波形タイミング調整等は DAWに戻らずCRI Atom Craft 上だけで完結。
  29. 29. 29Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. Ver.3.00以降の新機能 ■ CSVから大量ボイスを登録 「キュー作成情報CSVからキューの作成」に対応しました。 キュシートを選択して右クリックメニューから実行できます。 シンプルなテキスト記述で一括登録。1キューに複数波形登録も可。
  30. 30. 30Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■アイテム作成、複製時の名前生成ルールの変更 アイテムの新規作成 メニュー、ボタンのアイテム作成時、即時に名前編集に コピー、複製時のサフィクス生成ルール コピー元名+”_” +サフィックス文字+数値 (V2はコピー元名+”_”+数値) サフィックス文字、数値の桁数は「ツール設定(その他)」から設定します。 Ver.3.00以降の新機能
  31. 31. 31Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ アクション 新規アクション - ポーズ・レジューム :再生中のキューの一時停止、再開 設定追加 - 再生アクション :開始ブロック指定( 指定ブロックから再生) Ver.3.00以降の新機能
  32. 32. 32Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ ビルド関連 ビルド関連 - マテリアルのバックグラウンドエンコード - JSON書式のACB、ACF定義出力 Ver.3.00以降の新機能 バッググラウンドエンコード
  33. 33. 33Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ CRI標準エフェクトのVST3化 CRI Atom Craft Ver.3.44.00で32バンドEQ、マトリクスをVST3化。 CRI標準エフェクトのVST3化を順次行なっています。 Ver.3.00以降の新機能 32バンドEQ マトリクス
  34. 34. 34Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ シーケンス時刻精度向上 シーケンスの時刻単位がミリ秒からマイクロ秒に。 ブロック切り替え、シーケンスループなど、つなぎ目のズレが軽減されます。 Ver.3.00以降の新機能 ■ キューのバスセンドの操作改善 バスマップのマスターアウト固定を廃止。 マスターアウト出力をしないバスセンド設定が可能に
  35. 35. 35Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. Atom Encoder Ver.3
  36. 36. 36Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ Atom Encoder Ver.3 AtomEncoder をVer.3に更新。(ADX2ツール Ver.3.43〜) - コーデックごとの「タブ」、「サウンド設定」が廃止に。 - 全てのエンコード設定はリスト上からの操作に。 Atom Encoder V3 コーデックタブ サウンド設定 廃止されたV2の設定 全てリストから パラメータを設定
  37. 37. 37Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ その他V3版CRI Atom Encoderの違い V3版CRI Atom EncoderではV2版と次の機能に違いがあります。 *除外、縮小した機能は、ご要望に応じて対応致します。 Atom Encoder V3 機能項目 V2 V3 ストリーミング設定 メモリ・ストリーム・ゼロレイテン シーストリーム ストリーム固定 ダウンミックスモード なし、モノラル化、ステレオ化 ダウンミックスなし ACBヘッダーの文字コード UTF8、Shift JIS UTF8固定 ACB出力時のキュー名情報 キュー名末尾に波形の拡張子を付加、 キュー名にコンテンツIDを使用 ファイル名固定 ビルド後のコマンド実行 ○ なし
  38. 38. 38Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. ■ CRI Atom Encoderのプロジェクトキー設定 Aotm Encoderで商用データを作成する場合にもプロジェクトキーが必要です。 Atom Encoderではプロジェクトキーを設定したCRI Atom Craftのプロジェクト ファイルを指定します。 Atom Encoder V3 AWBファイル出力画面から CRI Atom Craftのプロジェクト ファイルを設定します。
  39. 39. 39Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd. さいごに ■ CRIWAREとは CRIWARE は単なるパッケージではありません。 より素晴らしいゲーム制作をサポートするサービスです。 是非とも、皆様のご意見・ご要望をお聞かせください。 お問い合わせ… http://www.cri-mw.co.jp/contact

×