Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

行動分析学に基づくScrumの導入

3,985 views

Published on

Regional Scrum Gathering Tokyo 2019での発表資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

行動分析学に基づくScrumの導入

  1. 1. 行動分析学に基づく Scrumの導入 ライフマティックス株式会社 土肥 拓生
  2. 2. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 2 スクラムとは、以下のようなものである。 • 軽量 • 理解が容易 • 習得は困難 スクラムガイドより 今日の目的
  3. 3. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 3 スクラムとは、以下のようなものである。 • 軽量 • 理解が容易 • 習得は困難 スクラムガイドより 今日の目的 でも
  4. 4. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 4 土肥 拓生 (Takuo Doi) ライフマティックス株式会社 CTO 国立情報学研究所 特任准教授
  5. 5. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 5 翻訳させて頂きました アジャイルイントロダクション 2018/12/28 バートランド・メイヤー (著) 石川冬樹 (監修) 土肥拓生, 前澤悠太, 末永俊一郎 (翻訳)
  6. 6. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 6
  7. 7. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 7 CSD研修の感覚をもう1度・・・
  8. 8. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 8 プログラマのためのScrum 自己組織的なScrumチームの目指し方 行動分析学に基づくScrumの導入 組織論技術論 形式知 暗黙知
  9. 9. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 9
  10. 10. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 10 Scrumの習得が困難な点
  11. 11. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 11 It depends
  12. 12. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 12 なぜ、It depends?
  13. 13. It dependsの理由 • 個人はそれぞれ異なる • チームはそれぞれ異なる • 組織はそれぞれ異なる • プロダクトはそれぞれ異なる • プロジェクトの状態はそれぞれ異なる 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 13 開発プロセスに従うのでは柔軟さに欠ける
  14. 14. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 14 スクラムは、複雑なプロダクトを開発・提供・ 保守するためのフレームワークである。 プロセスやツールよりも個人と対話を スクラムガイドより アジャイルマニフェストより
  15. 15. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 15 プロセス (Water Fall) マニフェスト (Agile) 考え方 厳格柔軟 厳格 柔軟 プラクティス (XP) 理想 手順 曖昧過ぎて難しい 焦点を絞る 厳格過ぎて到達できない 現状の現実解だが 理想は状況に依存するため 習得は困難 フレームワーク (Scrum) 何をどう使うと到達できるかは不明
  16. 16. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 16 プロセス (Water Fall) マニフェスト (Agile) 考え方 厳格柔軟 厳格 柔軟 プラクティス (XP) 理想 手順 曖昧過ぎて難しい 焦点を絞る 厳格過ぎて到達できない フレームワーク (Scrum) 何をどう使うと到達できるかは不明 状況を考慮して 理想を探索する手法 = 行動分析学
  17. 17. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 17 行動分析学とは?
  18. 18. 行動分析学 行動分析学は心理学の一つで、目の前の行動をその まま対象とし、行動を変える変数を実験によって探 る方法論をもっています。他の多くの心理学とは異 なり、何かができないときに、その原因を意思の弱 さや能力のせいにはしないところに特徴があります。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 18 出典: 使える行動分析学: じぶん実験のすすめ
  19. 19. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 19 行動 = 死人にはできないこと
  20. 20. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 20 ABC分析 先行事象 行動 後続事象 Antecedent Behavior Consequence
  21. 21. 行動随伴性 好子:その行動を強化する刺激 嫌子:その行動を弱化する刺激 後続事象として、 好子が出現すれば、その行動は強化される 好子が消失すれば、その行動は弱化される 嫌子が出現すれば、その行動は弱化される 嫌子が消失すれば、その行動は強化される 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 21
  22. 22. 行動随伴性の例 • 先行事象 子どもが駄々をこねている • 行動 怒鳴る • 後続事象 おとなしくなる : 好子 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 22
  23. 23. 行動随伴性の例 • 先行事象 会議に参加 • 行動 上司と異なる意見を述べる • 後続事象 上司の顔色が不機嫌になる:嫌子 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 23
  24. 24. 行動随伴性の例 • 先行事象 小腹が空いた • 行動 お菓子を食べる • 後続事象 小腹が満たされる:好子 太る:嫌子 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 24
  25. 25. 行動随伴性の補足 • ちりも積もれば的な好子、遠い将来の好子の強化 は弱い • 毎日トレーニングすると、3ヶ月後には痩せる • 日々精進すると、昇給する • 必ず好子が出現するよりも、確率的に好子が出現 する方が、その行動を継続させやすい • 嫌子によるマネジメントの方が即時性はあるが、 モチベーション低下を招きやすい 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 25
  26. 26. 行動随伴性の利用方法 • 行動に注目する • 原因を性格に求めない • 焦点化 • 標的行動(課題解決につながる行動)を特定する • 標的行動を強化する/弱化する • ABC分析により、標的行動に対して、好子が出現する、 あるいは、嫌子が消失する環境を作る • 標的行動を観察し、計測し、評価する 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 26
  27. 27. 行動随伴性によるマネジメント例 積極性のない部下ばっかりで、会議を開いてもだん まりで、時間だけが過ぎていってしまう。このよう な会社の状況を何とかしたい。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 27 先行事象 行動 後続事象 会議中 自分の意見を言う 上司が嫌な顔をする 同僚があざわらう 意見が理由なく却下 細かい指摘ばっかり あなたならどうしますか?
  28. 28. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 28 行動分析学を使ったScrum
  29. 29. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 29 Scrumがうまく機能しないのは どんなとき?
  30. 30. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 30 Scrum 役割 イベント 作成物 プロダクトオーナー 開発チーム スクラムマスター スプリントプランニング デイリースクラム スプリントレビュー レトロスペクティブ プロダクトバックログ スプリントバックログ インクリメント Scrumが機能しないのは、 • イベントの運営がうまくいかない • 作成物に問題があるか
  31. 31. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 31 スプリントプランニングがいつも時間超過してしま う。短い時間で終わらせるように、何度も指摘して いるが、変わらない。 ユーザストーリーの内容について議論する 時間をかけてプランニングポーカーを提示する 一度、合意した内容を蒸し返す 先行事象 行動 後続事象 ストーリーの理解が曖昧 議論する ストーリーを理解:好子 先行事象 行動 後続事象 ストーリーを理解 議論する (弱化) - バックログリファインメントを導入
  32. 32. レトロスペクティブを実施しているが、チーム内に やることに懐疑的な意見が多い。当然、有意義な議 論にもならず、作業の改善もあまり進まない。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 32 発言することが少ない 他人を批判する 否定的な表現を使う 改善につながる結論を出さない 表情が暗い 先行事象 行動 後続事象 レトロスペクティブ中 発言する 怪訝な顔をされる 先行事象 行動 後続事象 レトロスペクティブ中 発言する (強化) 拍手してもらう:好子 発言後、必ず拍手するルールを導入
  33. 33. レトロスペクティブを実施しているが、チーム内に やることに懐疑的な意見が多い。当然、有意義な議 論にもならず、作業の改善もあまり進まない。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 33 発言することが少ない 他人を批判する 否定的な表現を使う 改善につながる結論を出さない 表情が暗い 先行事象 行動 後続事象 ドーナツを食べる 笑顔になる レトロスペクティブにドーナツを出す
  34. 34. スプリントバックログの見積りがいつも不適切で、 スプリント内でストーリーを完了させられない。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 34 見積りを多く提示する 仕掛りのストーリーを残す 先行事象 行動 後続事象 プランニング中 見積を多く提示する プロダクトオーナー喜ぶ (好子) スプリントの終わりで落 胆する (嫌子) 先行事象 行動 後続事象 プランニング中 見積を多く提示する(弱化) 差分のスコアの改善(好子) プロダクトオーナーの評価の差分を 数値化し可視化
  35. 35. エンジニアのスキルが低く、インクリメントの品質 が悪い。特に、よくデグレしているとクライアント からクレームが入る。 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 35 テストコードを書く 回帰テストを実施する 先行事象 行動 後続事象 実装中 テストコードを書く プロダクトコードに避け る時間が減る (嫌子) バグが発生したら検知で きる(好子) 先行事象 行動 後続事象 実装中 テストコードを書く 数値化された安心感を確 認できる(好子) カバレッジや、ミューテーションスコア などを計測、可視化する コードレビューを実施する
  36. 36. Scrumと行動分析学 行動分析学に基づく改善案は仮説 Scrumの課題となる標的行動の変化が見られない場合 には、改善案を再検討する スプリントに基づく、フィードバックループと非常 に相性がよい 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 36
  37. 37. Lifematicsでの適用例 意欲に満ちたセンスあるエンジニアと仕事がしたい 「意欲に満ちた」って? 「センスある」って? 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 37
  38. 38. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 38 求めていたのは 「技術を学ぶ」 行動が多い人
  39. 39. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 39 学びを記録
  40. 40. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 40 学びを評価 2018/10 – 2018/12 で学びの記録に数値化し、 上位5人を忘年会で表彰さらに、5人からくじびきで当 たった1人に、賞品を贈呈 毎週、誰がどんなものを学んだのかをメールで通知
  41. 41. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 41 • 個人の好子/嫌子は異なる • チームで発生する後続事象は異なる • 組織で発生する後続事象は異なる • プロダクトにより標的行動が異なる • プロジェクトの状態により標的行動が異なる 行動分析学的なIt depends
  42. 42. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 42 Scrumが機能しない原因となる 標的行動を特定し、 個人の好子/嫌子を考慮して、 後続事象をデザインすればよい
  43. 43. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 43 プロセス (Water Fall) マニフェスト (Agile) 考え方 厳格柔軟 厳格 柔軟 プラクティス (XP) 理想 手順 曖昧過ぎて難しい 焦点を絞る 厳格過ぎて到達できない フレームワーク (Scrum) 何をどう使うと到達できるかは不明 行動分析学による整理と仮説検証
  44. 44. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 44 行動分析学的な思考を 使ってみてください
  45. 45. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 45
  46. 46. 2019/1/9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 46 Any Questions?

×