Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

夏まつり2016 Session4(事例ローテーション:インフォテック 謝花様)

298 views

Published on

匠の夏まつり2016(2016年9月14日開催)からインフォテック謝花様の事例セッションです。『匠Methodで「ジョカツ部」をRe-Design!!』というタイトルでご講演いただきました。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

夏まつり2016 Session4(事例ローテーション:インフォテック 謝花様)

  1. 1. 匠Methodで「ジョカツ部」をRe-Design!! 2016 . 9 .14 インフォテック株式会社 謝花 照美
  2. 2. 2 会社概要 Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  会社名 インフォテック株式会社  代表者 大森 太二郎  設立 1969年10月9日  資本金 2億500万円  従業員数 459名(2016年4月現在)  所在地 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル  事業内容 ソフトウェアの開発・保守、プロダクト開発・販売 ※情報システムに関する全てのサービスの提供  認定資格 ▽ QMS/品質マネジメントシステム ISO9001:2008 ▽ ISMS/情報セキュリティマネジメントシステム JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)
  3. 3. 3 アジェンダ Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved 1.ジョカツ部について 2.匠Methodとの出会い 3.実践する上で気をつけたこと 4.実践してみて 5.今後の活動
  4. 4. 4 1.ジョカツ部について Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  「女性活躍推進」タスクチーム  社長からのメッセージをもとに人事総務Gが企 画書を作成し2013年11月からスタート  活動の目標 ・女性の活躍推進の課題整理 ・女性社員自身から課題解決を提案 ・参加メンバー間のネットワーク構築 ・社員(男性および女性)の意識改革  今年で3年目で毎年テーマを決めて取り組んで います
  5. 5. 5 1.ジョカツ部について Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved ◎1年目の活動 「産休育休をする(した)社員が、産休育休後は会社に復帰し、 復帰後も事業継続に貢献するための働き方や働く場所を考える」 ・期間:2013年11月~2015年2月(14ヶ月) ・メンバー:コアメンバー3名を含む28名(3チーム) ・検討会:月に1回(2時間)本社会議室 ・内容:課題の洗い出し、課題解決の検討をおこない、 各チーム毎に役員に向けて報告会で提案を行いました。 その中の1つの提案「子の看護休暇の時間単位取得制度」を 設けることが出来ました
  6. 6. 6 1.ジョカツ部について Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved ◎2年目の活動 「若手女性社員に“長期的な女性の活躍”をイメージさせる」 ・期間:2015年4月~2016年3月(12ヶ月) ・メンバー:事務局(人事総務G)3名、サポーター5名 ・内容:2つのイベントを実施 ①ジョカツ部座談会(参加者13名) 「20代、30代どのように仕事に向き合ってきたか」、 「人生のターニングポイントは?」をテーマに3人のマネージャーが対談 ②キャリアビジョンワークショップ(参加者15名) 社外講師による『自分の人生における「仕事」の意味付けを理解し、 長期的なキャリアをイメージする』というテーマでキャリアビジョンを考える ためのワークショップを実施
  7. 7. 7 1.ジョカツ部について Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved ◎3年目の活動 「やりがいを持ち、会社に貢献できる人材になるためは」 ち ょ っ と 待 っ た人事総務G グループリーダー 提案ですが・・・ 匠Methodでデザインしなお しませんか? でも、続けていきたいんです!だからもう 1回ジョカツ部をデザインしなおさせてく ださい!おねがいしますm(__)m いろんな方々に協力いただいて、試行錯誤 してきていますが、なかなかいい流れに乗 れていないように感じています・・・。 なんでうまく行かないのか考えてみません か? いろいろ問題がありますね・・・(T_T) 実は色々な問題がありました 「会社と女性社員のベクトルが合わない」 「ジョカツ部の目的が見えない」 「参加してくれる社員が少ない」 ・・・etc
  8. 8. 8 1.ジョカツ部について Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved ◎3年目の活動 「匠Methodでジョカツ部をデザインしなおして、活動計画を 立て、それをもとに取り組みを行う」 ・期間:2016年6月~2017年3月 ・メンバー:事務局(人事教育G)3名、サポーター5名 ・内容: (前半)匠Methodでデザインしなおし活動計画を立てる (後半)計画した活動内容への取り組み
  9. 9. 9 2.匠Methodとの出会い Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  今年の5月から匠Methodの導入教育スタート ・研修は全12回(5月~8月)、前半は萩本様による匠Method、 後半は田中様による匠Method for salesforce(TMS) ・受講者は8名で匠BusinessPlace社の皆さんも参加して頂いた  研修中にジョカツ部での実践をスタート ・5/11から匠Methodの研修がスタート ・5/25に“匠Methodでデザインしなおしては”と提案 ・6/21からジョカツ部で実践 ・現在、まだ実践中(もう少し・・・)
  10. 10. 10 3.実践する上で気をつけたこと Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  メンバーが理解できるように資料を作成 ・作成するモデルを決めて、そのモデルのサンプルを用意し それにあわせて資料を作成  全員が思考し発言できるファシリテーション ・全員が納得したものを創りたかったので、思考・発言できる 場作りと、楽しくなりそうだと思うような雰囲気づくり  月1回の活動なので準備と振り返りを大事に ・活動できるのは月1回のため、前回の内容をすぐに共有できる ように資料を準備し、始める前に振り返りを行う
  11. 11. 11 4.実践してみて Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  思考の発散 ・説明不足だったこともあり思考を発散させすぎて収束が困難に なったためモデルの見直しを行った  ネガティブな発想 ・価値を描くときに「嬉しくない人もいるよね・・・」とネガティブな 発想をしてしまう  価値を描く力不足 ・ステークホルダー(特に経営者)が共感するような価値を描く ことが難しい
  12. 12. 12 4.実践してみて Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  思考の発散 ・価値分析モデルでの価値の出し方を明確に  ゴールが見えない ・ビジョンからゴールを導き出していくもの? ゴールを見据えた上で何をやっていかなければならないかを 考えていくもの?  価値を描く力不足 ・本当はそんなこと考えていないかも?という不安 ・コタツモデルの必要性
  13. 13. 13 5.今後の活動 Copyright © 2016. INFOTEC INC. All rights reserved  ジョカツ部として ・匠Methodで立てた活動計画をもとに実施し、価値の検証を行い より価値のある「ジョカツ部」に育てていきたい  会社として ・他グループへの教育を実施し、一人でも多く価値を描ける人材を 育成していきたい  個人として ・これから行うプロジェクトはもちろん匠Methodを活用して 行きます。また、社内に匠Methodを広める活動をしていきたい
  14. 14. 14 ご清聴ありがとうございました。 頑張るぞー!!

×