Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Chapter1 4.6

2,945 views

Published on

  • Be the first to comment

Chapter1 4.6

  1. 1. CV勉強会 発表資料 レベルセット法 4.6 – 4.12 Presented by takmin
  2. 2. 概要 • 4.6 局所成長速度場と拡張成長速度場 • 4.7 Narrow Band • 4.8 再初期化 • 4.9 差分法を用いたLevel Set Method • 4.10 Geodesic Active Contour • 4.11 Fast Marching Method • 4.12 領域の統合を用いたLevel Set Method
  3. 3. 4.6 局所成長速度場と拡張成長速度 場 4.4章のLevel Set Methodでは,成長速度Fijをグ リッド(ピクセル)ごとに補助関数φij及び画素値 Iijから毎回算出していた. 局所成長速度場 Fi , j  k I ,i , j (a  b i , j ) (20) 濃度勾配が 補助関数φ 大きいと小さ の曲率 くなる
  4. 4. 局所成長速度場 全てのピクセルごとにFを計算する F=2 F=3 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=1 F=1 Φ=0
  5. 5. 局所成長速度場 全てのピクセルごとにFを計算する F=2 F=3 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=1 F=1 F=3 F=1 F=3 F=3 F=1 F=3 F=3 F=2 F=3 F=2 F=1 F=1 F=3 F=2 F=1 F=2 Φ=0 F=1 F=3 F=2 F=3 F=2 F=1 F=3 F=2 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=1 F=2 F=3 F=2 F=3 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2 F=3 F=3 F=2 F=2 F=3 F=3 F=1 F=1 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=3 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=1 F=2 F=2 F=1 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=3 F=3 F=2 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=4
  6. 6. 拡散成長速度場 Φ=0の領域でFを計算 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2
  7. 7. 拡散成長速度場 注目画素の最近傍zero level探索 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2
  8. 8. 拡散成長速度場 成長速度をコピー F=3 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2
  9. 9. 拡散成長速度場 最近傍zero level setの成長速度をコピー F=3 F=3 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2
  10. 10. 拡散成長速度場 最近傍zero level setの成功速度をコピー F=3 F=3 F=2 F=1 F=1 F=1 F=3 F=1 F=1 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2
  11. 11. 拡散成長速度場 F=3 F=3 F=2 F=1 F=1 F=1 F=3 F=1 F=1 F=2 F=3 F=3 F=2 F=1 F=1 F=1 F=3 F=1 F=1 F=2 F=3 F=3 F=2 F=1 F=1 F=1 F=3 F=2 F=1 F=2 F=3 F=2 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=1 F=2 F=1 F=3 F=2 F=2 F=2 F=2 F=3 F=2 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2 F=2 F=3 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2 F=2 F=2 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2 F=2 F=2 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2 F=2 F=2 F=3 F=1 F=2 F=2 F=3 F=2 F=2 F=2
  12. 12. 境界進行の比較 局所成長速度 拡張成長速度
  13. 13. 境界進行の比較 局所成長速度 拡張成長速度
  14. 14. 境界進行の比較 局所成長速度 拡張成長速度
  15. 15. 4.7 Narrow Band 補助関数を画像全体に対して計算するのは無駄 ゼロ等高面の近傍のみ補助関数を更新すれば良い φ zero level set Narrow Band δ
  16. 16. 4.7 Narrow Band ところで、、、、、、 図19って正しくは↓じゃないですか???? φt
  17. 17. Step 1: 変数の準備 変数φi,j,Fi,j,Si,j ,Pk,n=0を準備する。 処理領域(narrow band)内か を表すフラグ φi-1,j-1 Fi-1,j-1 φi,j-1 Fi,j-1 φi+1,j-1 Fi+1,j-1 Si-1,j-1 Si,j-1 Si+1,j-1 φ=0 φi-1,j Fi-1,j φi,j Fi,j φi+1,j Fi+1,j Si-1,j Si,j Si+1,j φi-1,j+1 Fi-1,j+1 φi,j+1 Fi,j+1 φi+1,j+1 Fi+1,j+1 Si-1,j+1 Si,j+1 Si+1,j+1 Pk-1 Pk = (px,k, py,k) Pk+1
  18. 18. Step 2: 符号付き距離場の構築 • 初期閉曲線C(p,0)=C0(p)を設定 • 補助関数値φijを初期閉曲線からの距離を元に設定 • 閉曲線の周辺に幅δのNarrow Bandを設定 • Narrow Band内のSi,jを1,それ以外のSi,jを0に設定 φ C0(p) φ=0 Si,j=1 Narrow Band δ
  19. 19. Step 3: 成長速度の計算 • nに1を加える。 • Si,j=1の領域のみ成長速度Fi,jを計算 φ=0 Fi , j  k I ,i , j (a  b i , j )
  20. 20. Step 4: 補助関数の更新 • Si,j=1の領域のみ補助関数値φi,jを更新 i , j  i , j  tFi,j i , j φ=0 φ
  21. 21. Step 5: Zero level setの検出 • Si,j=1の領域においてφ=0となる位置を検出し,閉 曲線C(p,t)を求める C(p,t-1) C(p,t-1)
  22. 22. Step 6: 再初期化 • nが適当な間隔,または閉曲線がNarrow Bandの端に近づいた場 合,再初期化(後述)を行い,閉曲線からの符号付き距離をφi,jに設 定する. • 現在の閉曲線からの距離がδ以内にある領域のSi,jを1に,それ以 外を0にセットする. δ C(p,t-1)
  23. 23. Step 7: 繰り返し • Step 3~Step 6をφi,jの変化量が閾値以下にな るか,nがあらかじめ決められた繰り返し回数 を超えるまで繰り返す.
  24. 24. 4.8 再初期化 Upwind Schemeで補助関数を逐次的に更新 積分誤差も積算される 定期的に現在のzero levelからの距離を元にφ全体を更新 再初期化 φ φ 再初期化のイメージ
  25. 25. 4.8 再初期化 • 全てのグリッドで近傍zero level setを探索し, 距離を計算するのはコスト大 – Adalsteisonの方法 • First Marching Method(後述) – 倉爪らの方法 • 再初期化と拡張成長速度場の計算を統一
  26. 26. 4.8 再初期化 • Sussmanの方法 – Level Setの更新の間に以下の式を繰り返し解く d m  sgn(m )(1  m ) 0 (37) d m  1 で収束 傾きが一定 になる φ
  27. 27. 4.8 再初期化 • Sussmanの方法(僕なりの解釈) – Step 4 補助関数φの更新 i , j  i , j  tFi,j i , j – 以下の式でφを更新 i , j  i , j  sgn(i0 j )(1  i , j ) , 傾きが一定 i , j  1 で収束 になる φ
  28. 28. 4.9 差分法を用いたLevel Set Method • 補助関数を以下の式で更新していく方法 Φ t 1 1 A Φ t (Φ t 1  { }) t 1 i, j 行列Aを求めたい
  29. 29. 差分法の導出 φの更新式を以下のように定義する        (38)         (39) t 曲率   「更新の大きさ」=「φの曲率」×「φの傾きの大きさ」 曲率 φ 傾き φi,j
  30. 30. 差分法の導出 (38) ,(39)式を離散化する        (38)         (39) t     n n 1  ( xn ,  yn )      n 1 (40) t   n 1    これを最終的に,  f ( ) の形式に変形したい n n 1
  31. 31. 差分法の導出  n   n 1  ( xn ,  yn )      n 1 t   n 1    力技で式を展開(省略) in j  in 1 , t ,j   Ai  k , j l (in k , j l  in j ) k {0 , 1},l {1, 0}  , (43) 1 2 in 1 ,j Ai  k , j l  2 (45) h in 1, j l  in 1 k ,j
  32. 32. 差分法の導出   n 1   {1,0}  k {0,{1,0} Ai  k , j l t i , j  Ai  k , j l tin k , j l in1  ,j (49)  k {0, 1},l  1},l 新しい補助関数値を用いた式 古い補助 関数値 i, j を一列に並べたベクトル u   i, j  n n n 1 Αu  u n 1 n1 u Α u n
  33. 33. 差分法の導出 n 1 Αu  u n   1n1   1n11    ,   ,   0         n   n 1    1, H   1, H              A t  A t 1  A Ai , j 1t  Ai 1t  in j    in 1   i 1, j i , j 1  i k , j l t  ,   , j   k ,l              n   n 1    W ,1   W ,1          0    n    W , H   W1  n     ,H  行列Aがとてもデカイ! 要素数: W  H  2
  34. 34. 差分法の流れ 1. 変数φi,jと変数Ai,jと繰り返し回数nをグリッド毎に 準備 2. n=0として初期閉曲線C(p,0)を設定し,Cからの 距離を元に符号付き補助関数値φi,jを求める 3. nに1を追加し,φからAi,jを計算する 4. 以下の式からφを更新 1 n1 u Α u n 5. nの適当な間隔で,再初期化処理を行う 6. 3~5を収束するか指定回数を超えるまで繰り 返す
  35. 35. 差分法の導出 曲率だけでなく,画像の濃度勾配を含めた場合   k I (a  b )  (46) t 濃度勾配 曲率 の逆数 in j  in 1 , t ,j   Ai  k , j l (in k , j l  in j )  k I a in 1 k {0 , 1},l {1, 0}  , ,j (48) kI b 2 in 1 ,j Ai  k , j l  2 (47) h in 1, j l  in 1 k ,j
  36. 36. 差分法の導出   n 1   {1,0}  k {0,{1,0} Ai  k , j l t i , j  Ai  k , j l tin k , j l  k I a in1 t  in1  ,j ,j  k {0, 1},l  1},l i, j を一列に並べたベクトル u   i, j  n n n1 Αu  B  u n u Αn 1 u n 1 B 
  37. 37. 4.9.1 ADI法 •差分法は行列Aが巨大なため,計算量が大きい •行列Aの大部分の要素がゼロ 近似解法で計算の高速化・安定化を行う <ADI法> x方向の解とy方向の解を逐次的に計算する
  38. 38. 4.9.1 ADI法 x方向の更新 in j  in 1  Ai 1, j l (in 1, j  in j )  Ai 1, j (in 1, j  in j ) , ,j  ,  , t 通常の差分法  Ai , j 1 (in j 1  in j )  Ai , j 1 (in j 1  in j ) , , , ,  A i  k , j l k {0 , 1},l {1, 0} (in k , j l  in j )  , (43) ADI法 i*, j  in 1  Ai 1, j l (i*1, j  i*, j )  Ai 1, j (i*1, j  i*, j ) ,j (x方向) t  Ai , j 1 (in 1  in 1 )  Ai , j 1 (in 1  in 1 ) ,j 1 ,j ,j 1 ,j (44) y方向は前時刻n-1の値を利用する
  39. 39. 4.9.1 ADI法 i*, j  in 1  Ai 1, j l (i*1, j  i*, j )  Ai 1, j (i*1, j  i*, j ) ,j t (52)  Ai , j 1 (in 1  in 1 )  Ai , j 1 (in 1  in 1 ) ,j 1 ,j ,j 1 ,j  i*1, j   *  a i 1, j ai , j ai 1, j  i , j   bi , j (53)  *   i 1, j  更新する補助関数値 ai 1, j   Ai 1, j t (x方向のみ) ai , j  1  Ai 1, j t  Ai 1, j t ai 1, j   Ai 1, j t j ,j ,j  ,j  ,j 1  bin, 1  in 1  Ai 1, j t in 1  in 1  Ai , j 1t in 1  in 1 1 ,j 
  40. 40. 4.9.1 ADI法  * i, j を一列に並べたベクトル u *     * i, j n 1 A xu  b*    0   Ax   ai 1, j ai , j ai 1, j  0      1 n 1 u Α b * x まずはx方向のみ計算!
  41. 41. 4.9.1 ADI法 僕の解釈  * i, j を一列に並べたベクトル u*  i*, j   このテキストの表現が間違って いる? n 1 A xu  b * 本当はこういうこと?    0  1*,1  1*,H   b1,1  b1, H         i , j      bij *  ai 1, j ai , j ai 1, j   0     W ,1  W , H   bW ,1  bW , H   * *    2 行列Axの要素数= W 計算列数= H 行列Ayの要素数= H 2 計算列数= W 計: W 2  H  H 2 W W  H 2 よりは尐ない
  42. 42. 4.9.1 ADI法 y方向の更新 in j  in 1  Ai 1, j l (in 1, j  in j )  Ai 1, j (in 1, j  in j ) , ,j  ,  , t 通常の差分法  Ai , j 1 (in j 1  in j )  Ai , j 1 (in j 1  in j ) , , , ,  A i  k , j l k {0 , 1},l {1, 0} (in k , j l  in j )  , (43) ADI法 in j  in 1  Ai 1, j l (i*1, j  i*, j )  Ai 1, j (i*1, j  i*, j ) , ,j (y方向) t  Ai , j 1 (in j 1  in j )  Ai , j 1 (in j 1  in j ) , , , , (44) x方向は先程の逐次更新の値を利用する
  43. 43. 4.9.1 ADI法  n i, j を一列に並べたベクトル u n    n i, j A yu  b n *  * を使って計算 1 * u Α b n y 更新完了!
  44. 44. 4.9.2 AOS法 <ADI法> x方向の計算を行ってから,その結果を元にy方 向を計算 <ASO法> x方向とy方向を逐次的に別々に計算して,平均 を取る
  45. 45. 4.9.2 AOS法 x方向 i*, j  in 1  Ai 1, j l (i*1, j  i*, j )  Ai 1, j (i*1, j  i*, j ) ,j t A xu*  u n1  Ai , j 1 (in 1  in 1 )  Ai , j 1 (in 1  in 1 ) ,j 1 ,j ,j 1 ,j y方向 i*,*j  in 1  Ai 1, j l (in 1j  in 1 )  Ai 1, j (in 1j  in 1 ) ,j 1, ,j 1, ,j t A y u**  u n 1  Ai , j 1 (i*,*j 1  i*,*j )  Ai , j 1 (i*,*j 1  i*,*j ) u*  u** un  2
  46. 46. 4.10 Geodesic Active Contour 以下の式で定義された成長速度を持つ曲線を Geometric Active Contourと言う Ct  F ( )N (11) Fi , j  k I ,i , j (a  b i , j ) (20) 閉曲線の 速度場 法線ベク 濃度勾配 曲率 時間変化 トル が大きい ほど小 Ct  N の時,以下のLを最小にする L   C (q) dq   (q) dq ds '
  47. 47. Geometric Active Contour Ct  N の時,以下のLを最小にする L   C (q) dq   ds ' 輪郭線上速 閉曲線の 度場の合計 長さ C(p,t-1) 曲率の合計 輝度勾配について考えない場 合,閉曲線の長さを最小にす C(p,t) る方向に動く
  48. 48. 4.10 Geodesic Active Contour Geometric Active Contourの問題点: •対象によっては曲線の成長が不安定 •ノイズやギャップ(切れ)に敏感すぎる Geodesic Active Contour LR   g C (q)C ' (q) dq   g C ( s)ds (67) 境界の特徴 このLRを最小にするアプローチ
  49. 49. 4.10 Geodesic Active Contour LR   g C (q)C ' (q) dq   g C ( s)ds (67) この最小化を最急降下法で行うと(証明は参考文献にて) Ct  g ( I )N  g ( I )  NN  g ( I )  g ( I )  NN   F ' ( )N と解ける. ちなみに, F ' ( ) は F ( ) の微分という意味ではない.(お陰で長時間悩んだ)
  50. 50. 4.10 Geodesic Active Contour 補助関数の更新式は,以下の通り t   F ' ( )   g ( I )  g ( I )  N   g ( I )   g ( I )   境界特徴 境界特徴 補助関数 の勾配 の勾配 補助関数 補助関数 の勾配の の曲率 大きさ まだ直感的にわからない・・・。
  51. 51. 4.10 Geodesic Active Contour Geometric Active ContourとGeodesic Active Contourを比較して, 理解を深める. ここで以下の式の,a=0,b=1とすると Fi , j  k I ,i , j (a  b i , j ) Fi , j  kI ,i , j i , j g(I)は境界に関する関数なので,kと対応させる. 1 g ( I )  k I    1  G  I 濃度勾配の大きさ F  g (I )
  52. 52. 4.10 Geodesic Active Contour Geometric Active Contour Geodesic Active Contour t   F ( )  t   F ( )  '  k I    g ( I )   g ( I )    g ( I )  Geometric との違い 濃度勾配の空間的な変化 を見ている ボケやノイズ,ギャップに 強くなる
  53. 53. 4.10 Geodesic Active Contour Gradient vector fieldを用いたGradient vector flow: • エッジの位置情報だけでは動的輪郭の移動方向が正しく判別出来 ない • あらかじめエッジの大まかな位置を表すベクトル場を作成しておき, Geodesic Active Contourをこのベクトル場に基づいて移動させる.
  54. 54. 4.11 Fast Marching Method 閉曲線が,常に一方向にしか動かないと仮定するこ とで高速化を図る方法 常にF>0の例
  55. 55. 4.11 Fast Marching Method 常にF>0で,一次元の例: x  F  T (x) dT ( x) F 1 移動距離 成長 到達時間 dx 速度 多次元へ一般化 Eikonal方程式 T ( p ) F  1
  56. 56. 4.11 Fast Marching Method Eikonal方程式 T ( p ) F  1 2 2  T   T  T    y    y         maxD  1 x i, j i, j ,  2 ,  T , D T ,0  max Di jyT , Di jyT ,0 x 2  1 / Fi , j または maxD  1 x i, j  2   2  T ,0  min Di jxT ,0  max Di jyT ,0  min Di jyT ,0 , , ,   2  1 / Fi , j x Ti 1, j  Ti , j y Ti , j 1  Ti , j D T i, j D Ti, j h h Ti , j  Ti 1, j Ti , j  Ti , j 1 Di xT  ,j Di jyT  , h h
  57. 57. Step 1: 初期化,Heapの構築 初期境界に属するグリッドをknownのリストに追加し,到達 時間Tを0にセットする Heap形式のリスト known(T=0)
  58. 58. Step 1: 初期化,Heapの構築 knownの四近傍グリッドのうち,knownでないグリッドをtrial とする. trial Heap形式のリスト known(T=0)
  59. 59. Step 1: 初期化,Heapの構築 trialグリッドの時間をTi,j=1/Fi,jから求め,リストに登録する. trial Heap形式のリスト (4,2) T=1 known(T=0) (5,3) T=2 (4,4) T=4 (3,3) T=3
  60. 60. Step 1: 初期化,Heapの構築 trialグリッドの時間をTi,j=1/Fi,jから求め,リストに登録する. これらのグリッドを到達時間に関する昇順でソート trial Heap形式のリスト (4,2) T=1 known(T=0) (5,3) T=2 (4,4) T=4 (3,3) T=3
  61. 61. Step 1: 初期化,Heapの構築 trialグリッドの時間をTi,j=1/Fi,jから求め,リストに登録する. これらのグリッドを到達時間に関する昇順でソート trial Heap形式のリスト (4,2) T=1 known(T=0) (5,3) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4
  62. 62. Step 1: 初期化,Heapの構築 それ以外のグリッドをfarとし,到達時間を無限大とする far (T=∞) Heap形式のリスト (4,2) T=1 known(T=0) (5,3) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4
  63. 63. Step 2: Heap先頭の取り出し Heapの先頭に置かれた,trialリストの中で一番到達時間T が短いグリッドを選択し,リストから除外して,knownとする far (T=∞) Heap形式のリスト (4,2) T=1 known(T=0) (5,3) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4
  64. 64. Step 2: Heap先頭の取り出し Heapの先頭に置かれた,trialリストの中で一番到達時間T が短いグリッドを選択し,リストから除外して,knownとする known(T=1) Heap形式のリスト known(T=0) (5,3) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4
  65. 65. Step 2: Heap先頭の取り出し Heapの先頭に置かれた,trialリストの中で一番到達時間T が短いグリッドを選択し,リストから除外して,knownとする Heapから除外する際,同時にHeapを再構築する. known(T=1) Heap形式のリスト (5,3) T=2 known(T=0) (3,3) T=3 (4,4) T=4
  66. 66. Step 3: 取り出されたグリッド近傍の選 択 現在選択されたグリッドの4近傍のうち,farに属しているグ リッドをトライアルのリストに追加する known(T=1) Heap形式のリスト (5,3) T=2 known(T=0) (3,3) T=3 (4,4) T=4
  67. 67. Step 3: 取り出されたグリッド近傍の選 択 現在選択されたグリッドの4近傍のうち,farに属しているグ リッドをtrialにする known(T=1) Heap形式のリスト (5,3) T=2 known(T=0) (3,3) T=3 (4,4) T=4
  68. 68. Step 4: Heapへの追加と再構築 現在選択されたグリッドの4近傍のうち,trialに属しているグ リッドの到達時間Tを計算して仮登録し,Heapを再構築する. known(T=1) Heap形式のリスト (5,3) T=2 known(T=0) (3,3) T=3 (4,4) T=4 (4,1) T=2 (5,2) T=1.5 (3,2) T=4
  69. 69. Step 4: Heapへの追加と再構築 現在選択されたグリッドの4近傍のうち,trialに属しているグ リッドの到達時間Tを計算して仮登録し,Heapを再構築する. known(T=1) Heap形式のリスト (5,2) T=1.5 known(T=0) (5,3) T=2 (4,1) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4 (3,2) T=4
  70. 70. Step 5: 繰り返し/終了処理 trialに属しているグリッドが存在すればStep 2へ戻る.それ 以外の時は処理を終了する. known(T=1) Heap形式のリスト (5,2) T=1.5 known(T=0) (5,3) T=2 (4,1) T=2 (3,3) T=3 (4,4) T=4 (3,2) T=4
  71. 71. 4.12 領域の競合を用いたLevel Set Method 濃度勾配が明確でない場合 領域の競合を用いる
  72. 72. 4.12 領域の競合を用いたLevel Set Method 領域分割のためのエネルギー関数: C E (C , u )    ( I  u ) dxdy    2 ds    u dxdy  s  C Mumford-Shahの枠組み問題と呼ばれる なんのことかわからん!
  73. 73. 4.12 領域の競合を用いたLevel Set Method 分り易く画像全体を2つの領域 ΩinとΩout に分ける場合を考 える E (C , in ,  out ) 境界線の長さ C    ( I  in ) dxdy    ( I   out ) dxdy    2 2 ds  in  in s 領域Ω inでの輝度値の バラツキ I: 濃淡画像の輝度値 μ in ,μ out: 領域内外の輝度値の平均値 Ωin このエネルギー関数の最小化! Ωout
  74. 74. 4.12 領域の競合を用いたLevel Set Method E (C ,  in ,  out ) をストークスの定理を用いて時間tで偏微分   Ct   ( I  in ) 2  ( I  out ) 2 N   k N (82) このCtでエネルギー関数が最小 Ct  F ( )N t   F ( )  なので,  t     ( I  in ) 2  ( I  out ) 2    k  (83)
  75. 75. 4.12 領域の競合を用いたLevel Set Method    ( I   )  ( I   )     in 2 out 2 k (83) t レベルセットの補助関数更新時に,この領域分割の項を足 す?(テキストに記述なし)
  76. 76. Thank You!

×