Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

一階述語論理のメモ

6,086 views

Published on

一階述語論理をすぐ忘れるのでメモした(メモの断片その1?)

  • Be the first to comment

一階述語論理のメモ

  1. 1. ただの一階述語論理のまとめ Keisuke Otaki October 13, 2012 1
  2. 2. 一階述語論理 (0)• 花が赤い • red(flower) • red: 述語記号で引数に1つobjectを取る• すべての人間は死ぬ • Xは人間である ~ people(X) • Xは死ぬ ~ dead(X) • 人間Xは死ぬ ~ people(X) → dead(X) • すべての人間は死ぬ ~ ∀X. people(X) → dead(X) 2
  3. 3. 一階述語論理 (1)• 一階述語論理の構成要素 • 個体定数: objectを表す • 個体変数: いずれかのobjectを表す • 関数記号: object間の関数関係を表す • 述語記号: objectの性質やobject間の関係を表す • 限量子 • ∀ - 全称限量子 • ∃ - 存在限量子 • 論理記号 • 否定 ¬, 連言 ∧, 選言 ∨, 含意 →, 等価 =(≡) 3
  4. 4. 一階述語論理 (2)• 一階述語論理の項 (term) • 定数 c と変数 X は項である • n引数を取る関数fと項t1, ...,tnについて,f(t1, ..., tn)は項である •例 • taro, X, father(taro), father(X), father(father(taro)), etc.• 一階述語論理の原子論理式(atomic formula) • n引数を取る述語pと項t1, ..., tnについて,p(t1, ..., tn)は原子論理式であ る •例 • red(flower), isParent(taro, kenta), man(father(taro)) 4
  5. 5. 一階述語論理 (3)• 一階述語論理の論理式 • 原子論理式は論理式である • 論理式φ, ψについて,論理記号で結合された式も論理式である • ¬ φ, φ ∧ ψ, φ ∨ ψ, φ → ψ, φ = ψ • 変数Xと論理式φについて,Xに限量子をつけた式も論理式である • ∀X. φ, ∃X. φ 5
  6. 6. 一階述語論理 (4)• 世界の概念化 • 表現したい世界は個体の集合(対象領域)で表現可能と仮定する • object間の関係の表現 • 関数: objectを受け取り,objectを返す • 関係: objectを受け取り,Yes(True)/No(False)を返す •例 • 関係: AはBより大きい ~ isLarger(A, B) : Yes / Noを返す • 関数: 父親を返す関数 ~ father(X): Xの父親(object)を返す• 一階述語論理で表された論理式の意味を与える • 解釈Iと変数割り当てVを定める 6
  7. 7. 一階述語論理 (5)• 解釈I • 解釈は,定数や関数,述語が現実世界の何に対応するかを返す • 定数の解釈 • 定数aは現実世界のオブジェクトαを表現する: I(a) = α • 関数の解釈 • 関数fは現実世界の関数Fnに対応する: I(f ) = Fn • I(father) = “ある人の父親を表す関数” • 述語の解釈 • 述語pは現実世界の関係Pに対応する: I(p) = P • I(isLarger) = “あるものはあるものより大きいという関係” 7
  8. 8. 一階述語論理 (6)• 変数割り当て V • 変数割り当てVは解釈Iでは現実世界のものに対応付けられない変数 を,対象領域中の何らかのobjectに対応させる • 変数の種類 • 自由変数: ∀や∃といった限量子がついていない変数 • 束縛変数: 限量子によって束縛されている変数 • 自由変数の変数割り当て • 自由変数Xを対象領域のobject oに対応させる • V(X) = o • 束縛変数の変数割り当て • 後述 8
  9. 9. 一階述語論理 (7)• 解釈Iと変数割り当てVによる論理式の意味付け • ある構成要素εの意味を[ε]IVと表す • 定数 a: [a]IV = I(a) • 変数 X: [X]IV = V(X) • 項 f(t1, ..., tn): [f(t1, ..., tn)]IV = I(f )([t1]IV, ..., [tn]IV) • 述語 p(t1, ..., tn): [p(t1, ..., tn)]IV = I(p)([t1]IV, ..., [tn]IV) • 論理記号で結合された論理式は,構成要素φ, ψの意味を利用して命 題論理と同様に決定される• 束縛変数について • ∀X. φ: ドメインDのすべての要素dについて[φX/d]IVが真かどうか • ∃X. φ: D中のある要素dについて[φX/d]IVが真かどうか 9
  10. 10. 一階述語論理 (8)• 充足可能性 • 論理式φと解釈I, 変数割り当てVが与えられたとき,φの真偽値が計 算可能になった • 論理式φがあるI, Vのもとで真になるとき, φはIとVのもとで充足されるといい,⊧IV φ と表す• 解釈Iに依らずに真となる論理式φを恒真式とよぶ(トートロジー)• 解釈Iに依らずに偽となる論理式φを充足不能な論理式とよぶ• 解釈Iと変数割り当てVによってφの真偽値が変化する論理式は,充足可能な論理式と呼ばれる 10
  11. 11. 一階述語論理 (9)• 論理的公理 • φ → (ψ → φ) • (φ → (ψ → χ)) → ((φ → ψ) → (φ → χ)) • (φ → ¬ψ) → ((ψ → φ) → ¬φ)) • ∀X. φ → φX/t • ∀X. (φ → ψ) → (∀X. φ → ∀X. ψ) • φ → ∀X. φ (Xはφの自由変数でない) 11
  12. 12. 一階述語論理 (10)• 論理的帰結 (Logical consequence) • n個の論理式φ1, ..., φnの全てを充足する,ある解釈Iと変数割り当てV が,他の論理式ψを充足するとき,{φ1, ..., φn} ⊧IV ψと書く • φ1, ..., φnを充足する任意のI, Vについて,ψもまた充足されるとき, ψはφ1, ..., φnの論理的帰結と呼び {φ1, ..., φn} ⊧ ψ と書く • φ1, ..., φnという関係や性質が成り立つどのような世界において も,ψという関係や性質が成り立つ• モデル (model) • ある論理式φがある解釈Iについて,どのような変数割り当てVを行 なっても充足されるとき,解釈Iはφのモデルと呼ばれる 12
  13. 13. 一階述語論理 (11)• 一階述語論理における推論 • MP: Modus Ponens • φ→ψが真であり,φが真であれば,ψも真である • MT: Modus Tolens • φ→ψが真であり,¬ψが真であれば,¬φも真である • AND導入/除去 • φとψからφ∧ψを導入する,もしくはφ∧ψからφとψを導入する • 全称例化/存在例化 • ∀X. φからある特定の項tを用いて φX/tを導入する • ∃X. φから具体的な代入例 φ X/f(t1,...,tn)を導入する 13
  14. 14. 一階述語論理 (12)• 論理式の証明 • ある性質や関係φ1, ..., φnが成り立つ世界において,ある性質ψが成り 立つかどうかを調べる • {φ1, ..., φn} ⊧ ψを調べる • 証明とは,{φ1, ..., φn} 中の論理式や論理的公理からスタートし,述 語論理の推論を繰り返して実行して新しい論理式を作成し,最終的 にψに至る論理式の列である • 論理式ψに対する証明が存在するとき,ψは証明可能という. • 論理的公理から推論規則によってψが導けるなら ⊦ ψと書く • ある仮説の論理式集合Γと論理的公理から推論規則によってψが導 けるなら Γ ⊦ ψと書く 14
  15. 15. 一階述語論理 (13)• 証明と論理的帰結に関する完全性と健全性 • 健全性 (soundness) • Γ ⊦ ψならば Γ ⊧ ψである • 間違ったことは証明しない • 完全性 (completeness) • Γ ⊧ ψならば Γ ⊦ ψである • 必要なことは証明可能である• 論理式の集合Γを仮定してある論理式ψが証明可能かどうかを調べる証明手法の一つが融合法(resolution method)である • Γ ∪ {¬ψ}から矛盾が発生することを導く (背理法) • キーワード: 節形式と単一化 15

×