イマドキの現場で使えるJavaライブラリ事情

28,426 views

Published on

2012/09/26(Wed) JJUG Night Seminar at Oracle Japan, Tokyo

Published in: Software
1 Comment
59 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
28,426
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,459
Actions
Shares
0
Downloads
86
Comments
1
Likes
59
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

イマドキの現場で使えるJavaライブラリ事情

  1. 1. イマドキの現場で使えるJavaライブラリ事情 NTTデータ先端技術 竹添 直樹 @takezoen
  2. 2. 自己紹介 竹添 直樹 NTTデータ先端技術 Scala、アジャイル オープンソース Project Amateras The Seasar Project Apache Click 執筆 イマドキのIDE事情(マイナビニュース) Seasar2徹底入門(翔泳社)
  3. 3. Scala逆引きレシピ 竹添直樹 / 島本多可子 出版社 :翔泳社 発売 :2011/7/3 ページ数 :632ページ 価格 :¥3,360 「仕事でScalaを使う」 「仕事で を使う」ことを前提としたレシピ集 を使う」 Scalaの基礎からユニットテスト、Play2、Akkaなどの フレームワークやビルドツールsbtまでカバー Scala = Javaよりも安全 + LLのように簡潔な記述
  4. 4. 現場で使えるJavaライブラリ 竹添直樹 / 島本多可子 / 小津美夕紀 / 亀井隆司 出版社 :翔泳社 発売 :2011/7/16 ページ数 :624ページ 価格 :¥3,780 の定番・実用(+ちょっと面白) の定番・実用( ちょっと面白)Javaライブラリを紹介! 全73の定番・実用( ちょっと面白) ライブラリを紹介! Commons Lang、ICU4J、Commons IO、Joda Time、Holiday.java、Commons Compress、Commons Codec、 Commons Configuration、Commons BeanUtils、S2Util、Guava、fastutil、log4j、Commons Logging、log5j、 Logback、SLF4J、log4jdbc、Velocity、FreeMarker、JSTL、Java Standard EL Functions、Commons FileUpload、 Url Rewrite Filter、SiteMesh、Kaptcha、HSQLDB、H2、Commons DbUtils、SX-DbUtils、Persist、Mirage、dom4j、 Commons JXPath、ROME、NekoHTML、HttpClient、Commons Net、JSch、Commons Email、JAX-WS、 Super CSV、POI、XLSBeans、jXLS、Jacob、iText、JasperReports、JODReports、JODCOnverter、JFreeChart、 charts4j、QRCode for Java、JSONIC、MessagePack、JAXB、XStream、Mockito、JMockit、DBUnit、Mockrunner、 Selenium、Ehcache、Java Memcached Client、jmemcached、Rhino、MVEL、Guice、OVal、Drools、args4j、 Quartz、Javassist
  5. 5. 執筆の経緯 Javaには膨大なOSSライブラリが存在する 言語やフレームワークの本は出ているけどライブラリの本 や記事は最近みかけない ずっとJavaをやってきた人には当たり前だけど、新しい Javaプログラマの人はどれを使っていいかわからない 定番のJavaライブラリのカタログ的な 書籍があるとよいのでは?
  6. 6. 発売から一年 執筆時はJDK 1.4でも利用できるものが多かったが、 JDK 1.5以降への対応が進んだ Githubで開発されているものが増えてきた ロギングライブラリはLog4jからLogback / SLF4Jが主 流に SeleniumやDroolsなど活発に開発が行われているもの もあるが、大部分のライブラリはメンテナンスフェーズに 入っている ASFで開発されているもの、企業がバックについている ものは継続的にメンテナンスが行われている Javaでは定番のライブラリやフレームワークが完全に 確立している状態
  7. 7. というわけで 書籍では取り上げることができなかった便 利なライブラリを紹介します。
  8. 8. JSONライブラリ 書籍で紹介したJSONIC以外にもいくつか の選択肢があります Jackson http://jackson.codehaus.org/ Gson http://code.google.com/p/google-gson/ JsonPullParser https://github.com/vvakame/JsonPullParser
  9. 9. JSONライブラリの性能比較 50000回の変換結果(ミリ秒) JSON Pull Parserは単純なList、Mapを使用でき ないため、代わりにライブラリが提供している JsonArray、JsonHashを使用 FROM TO JSONIC Jackson gson JPPList<String> JSON 32.2 35 50.4 380.3Map<String,String> JSON 55.7 37.9 58.3 783.5List<SampleBean> JSON 487.5 210.5 598.9 6930Map<String,SampleBean> JSON 482.8 205.7 609.5 -JSON List<String> 59.5 25.7 23.4 34.7JSON Map<String,String> 110.3 133.6 42.4 76.7JSON List<SampleBean> 1769.4 238.4 369.2 547.6JSON Map<String,SampleBean> 1829 364.5 397.5 -
  10. 10. 各JSONライブラリの性能特性 Jacksonがシリアライズ、デシリアライズ共に安定して高速 Gsonはパースは高速だがシリアライズが遅め JSONICは健闘しているが、JacksonやGsonには及ばな い。特にBeanへのデシリアライズが飛びぬけて遅い JsonPullParserは単純なパースは高速だがシリアライズ が遅い。使い勝手の面でもやや難がある 総合的にはJacksonがおすすめ
  11. 11. Thymeleaf http://www.thymeleaf.org/ XMLベースのテンプレートエンジン 特殊な属性を埋め込んだプレーンなXMLファイ ルをテンプレートとして使用可能 Tapestry、Mayaa、Wicket、Facelets等と同じ アプローチ 式言語にはOGNLを採用している Webアプリケーションで使用するための ResolverやContextが予め提供されている
  12. 12. Thymeleafのサンプル <html> <body> <ul th:if="${books.size()} gt 0"> <li th:each="book: ${books}"> <a th:href="${book.url}" th:text="${book.title}">title</a> </li> </ul> TemplateEngine engine = new TemplateEngine(); <div th:if="${books.size()} == 0"> engine.setTemplateResolver(new ClassLoaderTemplateResolver()); 書籍はありません。 </div> List<Book> books = new ArrayList<Book>(); </body> </html> Context context = new Context(); context.setVariable("books", books); String result = engine.process( "jp/sf/amateras/javalib/thymeleaf/ThymeleafSample.xhtml", context);<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"><body> <ul> <li><a shape="rect" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798121509">Seasar2徹底入門</a></li> <li><a shape="rect" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798123366">現場で使えるJavaライブラリ</a></li> <li><a shape="rect" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798125415">Scala逆引きレシピ</a></li> </ul></body></html>
  13. 13. Clione-SQL http://code.google.com/p/clione-sql/ 軽量なDBアクセスライブラリ 実行可能なSQL(2waySQL)をテンプレートと して使用することができる S2Dao、S2JDBCなどの外出しSQLファイルと 同じアプローチ(ただし記法は違います) 行やインデントに意味を持たせることでテンプ レートをシンプルに記述できる パラメータの型に応じて自動的に演算子を置換 するなどの便利機能もあり ドキュメントが不足している
  14. 14. Clione-SQLのサンプル Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:hsqldb:mem:.", "sa", ""); List<Book> books = sqlManager(conn) .useFile("jp/sf/amateras/javalib/clionesql/ClioneSQLSample.sql") .findAll(Book.class, params("publisher", "翔泳社").$("price", 3500) ); SELECT * FROM BOOKS WHERE PUBLISHER = /* $publisher */TITLE AND PRICE <= /* $price */10000 publisher=null、price=3500の場合: publisher=null、price=nullの場合: SELECT * FROM BOOKS WHERE SELECT * FROM BOOKS PRICE <= 3500 パラメータがnullの場合、行が削除される インデントされた行が全て削除されると (IF文などで分岐を記述する必要がない) 親の行が削除される
  15. 15. RESTEasy https://www.jboss.org/resteasy/ JBossで使用されているJAX-RS実装 非同期処理も可能 クライアントライブラリが便利
  16. 16. RESTEasyのサンプルサービスのインターフェース(サーバサイドはこのインターフェースを実装して作成) @Path("hello") public interface HelloService { @GET @Path("/{name}") @Produces("text/plain; charset=UTF-8") public String workd(@PathParam("name") String name); }クライアントからの呼び出し RegisterBuiltin.register(ResteasyProviderFactory.getInstance()); // インターフェースからクライアントを動的に生成 HelloService hello = ProxyFactory.create(HelloService.class, "http://localhost:8080/sample"); String result = hello.world("Taro");
  17. 17. Jsoup http://jsoup.org/ HTML5対応のHTMLパーサ jQueryのようにCSSセレクタを使用して要素の選択を行う ことができる DOMの操作もjQuery風の流れるインターフェースで行うこ とができる Document doc = Jsoup.connect("http://d.hatena.ne.jp/takezoe/").get(); Elements headlines = doc.select("div.section h3"); for(int i=0; i < headlines.size(); i++){ Element e = headlines.get(i); System.out.println(e.text()); } 似たライブラリとしてjOOX(https://github.com/jOOQ/jOOX )がある こちらはXMLしか扱うことができないが、JavaのDOM APIとの相互運用が可能
  18. 18. Zip4j http://www.lingala.net/zip4j/ パスワード付きZIPファイルの生成・解凍が 可能なライブラリ Java標準のAPIやCommons Compressはパ スワード付きZIPファイルに非対応 他にもいくつかの選択肢があります http://code.google.com/p/winzipaes/ http://www.ne.jp/asahi/hishidama/home/tech/soft /java/zip.html
  19. 19. Zip4jのサンプル // パラメータを準備 ZipParameters parameters = new ZipParameters(); parameters.setCompressionMethod(Zip4jConstants.COMP_DEFLATE); parameters.setCompressionLevel(Zip4jConstants.DEFLATE_LEVEL_NORMAL); parameters.setEncryptFiles(true); parameters.setEncryptionMethod(Zip4jConstants.ENC_METHOD_AES); parameters.setAesKeyStrength(Zip4jConstants.AES_STRENGTH_256); parameters.setPassword("1234"); // zipファイルを作成してファイルを追加 ZipFile zipFile = new ZipFile("sample.zip"); zipFile.addFile(new File("contents/memo.txt"), parameters);
  20. 20. jMagick http://www.jmagick.org/ JavaからImageMagickを呼び出すための ラッパ サムネイルやデバイス毎にリサイズした画像の 作成などに便利 Java標準のAPIだと縮小時の画像品質が悪 かったり、メモリ消費が問題になったり 動作にはImageMagikが必要 JNI経由でImageMagickを呼び出すため、共 有ライブラリを配置する必要がある
  21. 21. jMagickのサンプル MagickImage image = new MagickImage(new ImageInfo("javalib.jpg")); // 画像のサイズを半分に縮小 int width = (int) image.getDimension().getWidth() / 2; int height = (int) image.getDimension().getHeight() / 2; MagickImage resized = image.scaleImage(width, height); resized.setFileName("javalib_mini.jpg"); resized.writeImage(new ImageInfo());
  22. 22. Byteman https://www.jboss.org/byteman javaagentを使用して任意のクラス、メソッド に処理を挿入する プログラムの動作を一時的に変えたり ログを出力するコードを埋め込んだり 例外を投げるコードを埋め込んで異常系のテス トを自動化したり BMUnitというJUnit4と組み合わせて使用する ためのモジュールも提供されている
  23. 23. Bytemanのサンプル ルールファイルの例 RULE Sample Rule CLASS jp.sf.amateras.javalib.byteman.BytemanSample どこにルールを 適用するか METHOD hello AT ENTRY ルールの実行条件 IF TRUE DO 挿入する処理 traceln($1) ENDRULE 起動時にjavaagentとルールファイルを指定 > java -javaagent:lib/byteman.jar=script:rule.btm jp.sf.amateras.javalib.byteman.BytemanSample
  24. 24. jqPlot http://www.jqplot.com/ JavaScriptでグラフを描画するjQueryプラ グイン Javaライブラリではありませんが、Javaライ ブラリの代替品ということで 棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、バブル チャートなどを描画可能 ブラウザ上でグラフを描画するのでサーバ に負荷がかからない点がメリット
  25. 25. jqPlotのサンプル<html><head><title>jqPlot</title><script language="javascript" type="text/javascript" src="jqplot/jquery.min.js"></script><!--[if lt IE 9]> <script language="javascript" type="text/javascript" src="jqplot/excanvas.min.js"></script><![endif]--><script language="javascript" type="text/javascript" src="jqplot/jquery.jqplot.min.js"></script><link rel="stylesheet" type="text/css" href="jqplot/jquery.jqplot.min.css" /></head><body><div id="graph" style="height: 400; width: 600;"></div><script>jQuery( function() { jQuery . jqplot( graph, [ [ [ 1, 20 ], [ 2, 100 ], [ 3, 10 ], [ 4, 30 ] ], [ [ 1, 50 ], [ 2, 80 ], [ 3, 30 ], [ 4, 80 ] ] ], { title: 折れ線グラフのサンプル } );} );</script></body></html>
  26. 26. JGit http://www.eclipse.org/jgit/ JavaからGitにアクセスするためのライブラリ EGit(Eclipse用のGitプラグイン)で使用されており、現 在はEclipse Foundationで開発されている Pure Javaで実装されているため別途Gitをインストー ルする必要がない Antタスクとしても利用可能(一部のコマンドだけ?) Gitと連携していろいろな処理を自動化するのに使える かも?
  27. 27. JGitのサンプル // リモートリポジトリをclone Git.cloneRepository() .setURI("https://github.com/takezoe/solr-scala-client.git") .setDirectory(new File("git")) .call(); // ログを取得して表示 Iterable<RevCommit> logs = Git.open(new File("git")).log().call(); for(RevCommit rev: logs){ System.out.println(rev.getCommitterIdent().getEmailAddress() + " - " + rev.getCommitTime()); System.out.println(rev.getFullMessage()); System.out.println("--"); } // diffを表示 Git.open(new File("git")).diff().setOutputStream(System.out).call();
  28. 28. 執筆に関すること
  29. 29. 執筆環境 基本的にリモートで作業 4人での共著 はじめて全員で顔をあわせたのは執筆完了後 基本的に無料のツールを使用 原稿はOpenOfficeで執筆 MLはGoogleグループを使用 サンプルコード等はBitBucketで共有 PDFで校正 最近はWikiで原稿を書いています スマートフォン、WiMAXでいつでも・どこでも作業できる
  30. 30. 苦労したこと どこまで書くか? 全ての機能は書ききれない 基本的な部分+あまり情報がない部分 ライブラリのバグ、バージョンアップ HSQLDB Drools サイトがなくなっていたり、過去のバージョンの扱 いが微妙だったり java.netにホスティングされているプロジェクト SiteMesh
  31. 31. 技術書の難しいところ 出版までの時差 オンラインメディア、ブログ等に勝てない 情報の寿命 あまりに陳腐化の早いものは書籍には適さない
  32. 32. 書籍に適しているもの 最新情報よりもある程度固定化されたもの 技術的なものではなく、手法や考え方など読み 物として読めるもの すでに定番化している技術の入門・解説やリ ファレンス的なもの
  33. 33. 「現場で使えるJavaライブラリ」はこれらの条件を満たしているはず!
  34. 34. 失敗したかも ライブラリ名で検索しても引っかからない
  35. 35. 別のアプローチもあります 執筆中の書籍をダウンロード販売 ManningのEarly Access Programが有名 完成版を購入するよりも安価 できている部分をPDFでダウンロードでき、アップデー トされると通知が届く 最終的にはデザインも入った完成版が提供される 著者、読者双方にメリット 最新情報を部分的にであってもいち早く読める 読者からのフィードバックを書籍に反映できる
  36. 36. でも、完成しなかったらどうなるの? 完成しなかったら読者には返金されるの? 著者とはどういう契約になっているのだろう? 完成前に売れ行きの予想がついてしまう Early Access Programでの購入者が少なかっ たら著者のモチベーションダウンで執筆が遅れ るのでは?
  37. 37. ご清聴ありがとうございました 大事なことなのでもう一度 「Scala逆引きレシピ」 逆引きレシピ」 好評発売中です!
  38. 38. サンプルコード 今日紹介したライブラリのサンプルコードは Githubで公開しています https://github.com/takezoe/jjug-javalib

×