Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スタッフ向け救急

581 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

スタッフ向け救急

  1. 1. 救命手当て 市民の行う 一時救命処置 •心肺蘇生法(気道確保、心臓マッサージ) •AEDを用いた助細動 •気道異物の除去 応急手当 一時救命処置 以外の処置 •傷の手当(止血法、包帯法) •骨折の手当(固定法) •急病の手当 •搬送法 医療機関における処置・治療(二次救命処置)
  2. 2. 出血確認 意識の確認 傷病に 合わせた手当 止血 呼吸をしてい なければ心 肺蘇生
  3. 3.  自分自身の安全を確保します。 (感染なども含む)  原則として医薬品は使用しません。  あくまでも医師などに引き継ぐまでの 救命手当て・応急手当てにとどめます。  必ず医師の診療を受けることをすすめます。
  4. 4. 落下 転倒
  5. 5.  ケガの時、子どもは不安で混乱しています。 大人があわてない事。 周りが落ち着いていないと子どもは落ち着き ません。  子どもに応急手当てをすることを話してから 手当てをします。 同じ目の高さで目を合わせ、寄り添い触れな がら、ポジティブな声かけをしましょう。
  6. 6.  「いたいのいたいの、飛んで行け~」  “手当”“患部をさする” 痛み 感情 記憶 思考 判断など 痛みの 信号 安心感
  7. 7. •受け入れ可能な病院を探す。 •搬送方法(誰かの車、救急車、徒歩) •かかりつけの病院の有無を確認。 病院 •どんな状況で? •原因は? •見ていた人や子どもからも情報を集める。 状況把握 •人払い。パニックを避ける。 •協力してもらえる人を探す。 場の管理 応 急 手 当 代表や行政担当課、必要に応じて土地所有者などに連絡
  8. 8.  怪我は必ず発生します。 事前にできる事をしておくことでスムーズに対応でき ます。 ・ハザードの除去(日々の点検) ・発生時の準備(救急セット・連絡先)  怪我をしたその子が、 今後も自由に遊び育つ事が出来るように、 私たちは何ができるか。
  9. 9.  絆創膏  消毒液(マキロン系、オキシドール、ヨード系) →基本的に「おまじない」です。  滅菌ガーゼ、三角巾、サージカルテープ、 包帯(非伸縮)、ハサミ、とげぬき、綿棒etc. →応急処置などで役に立ちます。  その他(ポイズンリムーバー、抗ヒスタミン軟膏)
  10. 10.  わたしたちの「怪我に対する考え方」を 伝える看板やちらし。  緊急時連絡先マップ 消防署、外科(形成)、歯科、眼科、耳鼻科etc. 関係機関、団体内。  保険 活動に対しての損害賠償保険など。
  11. 11.  基本は洗浄のみ。 最新外科医療では「湿潤療法」が主流となってきている。 特に感染症が懸念される場合(汚れがひどい、すでに膿んでいる 場合など)を除いて、不必要な消毒は傷の治りを遅くする。  おまじないも効果大です。 絆創膏も消毒液も、大人から見て無意味でも、意外に効果があり ます。  一番大事なのは気持ちに寄り添うこと。 心が折れなければ、怪我なんてへっちゃらなんです。 "better a broken bone than a broken spirit"
  12. 12.  第一に、目の前の子どもの事を考えましょう。 「怪我に対する考え方」などはいったん忘れましょう。  子どもの気持ちに寄り添いましょう。 一番ショックを受けているのは本人です。 その気持ちを大切に。  親の気持ちに寄り添いましょう。 親心って尊いものです。  管理者ではなく、子育ての仲間として、 私たちには何ができるでしょうか。

×