Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

宗像プレーパーク

648 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

宗像プレーパーク

  1. 1. みんなが過ごしやすい、居心地の良い 遊び場作りのために ~空間づくりの視点から~ 2014/3/21 @With Wind NPO法人日本冒険遊び場づくり協会 理事 NPO法人野沢3丁目遊び場づくりの会 (のざわテットーひろば) 顧問アドバイ ザー : 野下 健
  2. 2. 野下健プロフィール  野下健(のしたたけし)  通称:のっしー  1978年生まれ 埼玉県出身  妻と娘(2011/8/31生まれ)の3人家族  東京農業大学で造園(都市計画、公園設計など)を学んだ後、 世田谷区の委託事業“プレーパーク”にて、常駐プレーリーダー として3年勤務。  全国的にも珍しい屋外型子育て支援拠点「のざわテットーひろば」 (世田谷区)の立上期から常駐プレーリーダーとして8年勤務。  2013年4月家族とともに岡山県備前市に移住。  「第12回全国子育てひろば実践交流セミナーinおかやま」 事務局チーフとして従事。  現在、郵便配達員をしながら新たな活動を模索中。 大学 プレーパーク せたがや のざわテットーひろば 岡山
  3. 3. NPO法人日本冒険遊び場づくり協会概 要 子どもの自由な遊びを 支える重要な役割をもつ 「人」の育成・研修を 行います 全国各地の「冒険遊び場 づくり」に関する 相談に応じ各種事業を 通して支援します 子どもの遊びを取り巻く 環境の実態を捉える 調査研究を行い、 取り組みの指針を示します 冒険遊び場に関する情報を 発信し、現代における 冒険遊び場の必要性を広く 社会へ訴えます 市民主体による冒険遊び場 づくりを目指した 計画や場づくりを 行います
  4. 4. 冒険遊び場・プレーパークってなんだ ろう?  世界で最初の冒険遊び場 1943年 第二次世界大戦さなかの デンマーク「エンドラップ廃材遊び場」  提案したのは造園家ソーレンセン教授。 「こぎれいな遊び場よりも、ガラクタの ころがっている空き地や資材置き場で 子どもたちが大喜びで遊んでいる」 という長年の観察にもとづいたもの。  現在、ヨーロッパ全体で1,000カ所程度に広がっている。
  5. 5. 日本での冒険遊び場  1970年代半ばに大村夫妻が『都市の遊び場』を翻訳。 地域のPTA、学生(建築、造園etc)に呼びかけ、 世田谷区経堂の緑道予定地で「経堂こども天国」を開く。  1979年、国際児童年記念事業と して、世田谷区が梅丘の羽根木 公園内に、地域住民とともに冒険 遊び場「羽根木プレーパーク」を 開設。  現在全国で冒険遊び場づくりをして いる団体(ネットワーク組織含む)は 270団体。(2011年1月現在)  地域住民による運営が広がっているのは、 世界的に見た日本の冒険遊び場づくりの特徴。
  6. 6. 私たちが目指す “冒険遊び場づくりで大切にしたい事”  子どもの生活圏にあること  いつでも遊べること  だれでも遊べること  自然素材豊かな野外環境であること  つくりかえができる手づくりの要素があ ること ○住民によって運営すること ○住民と行政のパートナーシップを築くこと ○専門職のプレーリーダーがいること そしてその運営の為に以下の提案をしています。
  7. 7. 「何を」ではなく、「なぜ」から 始める。 サイモン シネック: 「優れたリーダーはど うやって行動を促す か」http://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_gr eat_leaders_inspire_action?language=ja
  8. 8. WHAT HOW WH Y
  9. 9.  私たちは通常、具体的なものから考え、あい まいな物に向かっていく。  しかし、とびぬけた個人や、とびぬけた組織 は それとは逆の方向から向かう。  人は「何を」ではなく「なぜ」に動かさ れる。
  10. 10. のざわテットーひろば 概要 東京都世田谷区野沢3-14-22 幅10m×奥行き50m 約150坪
  11. 11. のざわテットーひろば 入口
  12. 12.  「地域のみんなで子育てしよう!」をモットーに、開放 された私有地を使って、子育て当事者のお母さんを中心 としたボランティアで運営している遊び場です。  2007年10月より、世田谷区おでかけひろば事業(子育て 支援拠点事業)として助成を受けて運営しています。  2010年2月、NPO法人取得。 運営会員(ささえ手)48名 賛助会員(気持ささえ手)52名 のざわテットーひろば (NPO法人野沢3丁目遊び場づくりの会) ホームページ、 ブログもある よ!
  13. 13. 設立の経緯 ワンルームマンション建築反対の一環で買い上げた土地を 子どもの遊ぶ空き地のような場所にしたいと、 土地の所有者が冒険遊び場情報室に連絡を取る。 地域の子育てグループに呼びかけ、「野沢3丁目遊び場づくりの会」を設立。 冒険遊び場づくりのノウハウを参考にしながら運営を始める。(2001) 2007年10月 世田谷区よりおでかけひろば事業受託 (厚生労働省 地域子育て支援拠点ひろば型) 2010年2月 NPO法人取得
  14. 14. テットーひろばが大切にしている事 来場者同士の コミュニケーショ ンを大切にするこ と。 「共に」の関係で。 みんなで育てる場 にする。 多世代、多年齢 での関わりを 大切にすること。 外遊びの大切さを 伝えること。
  15. 15. みんなが過ごしやすい居心地の良い拠点作りのために ハード面での工夫 こどもの遊び空間と 大人の居場所の共存 どんな人でも ウェルカム! オープンな空間づくり 主役は それぞれ自分達。 柔軟性のある場づくり
  16. 16. 入り口の工夫
  17. 17. 動線・視線
  18. 18. 開け放ちの窓
  19. 19. 居心地の良い場所
  20. 20. 子どもの遊びと 大人の居場所
  21. 21. 半屋外、連続性
  22. 22. 安全基地・安心距離
  23. 23. 椅子の工夫 ヘリコプターペアレンツ
  24. 24. アフォーダンス ベクトル
  25. 25. みんなが過ごしやすい居心地の良い拠点作りのために ソフト面での工夫 こどもも、大人も ゆる~く過ごそう。 そのままの自分で いいんだよ。 楽しい! うれしい! 美味しい! 快感情でつながろう 誰が?どんなふうに? 中身の見える運営 「自分の場所」に なるといいな お客様扱いはしないけど、 仲間としてのちょっとした気 遣い。 スタッフらしくないスタッフ
  26. 26. 快感情でつながる
  27. 27. スタッフも率先して…
  28. 28. お客様にしない
  29. 29. スタッフの関わり方
  30. 30. 自主的活動 変えていける場所
  31. 31. ファシリテーション グラフィック 参加型会議の工夫
  32. 32. 板書の掲示
  33. 33. まとめ 居心地の 良い場 心地よ い 関係性 主体的 な 子育て 健やかな 子どもの育ち さりげないサポート
  34. 34. ご清聴 ありがとう ございました。

×