Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
プレーリーダー野下から見た
『子どもの育ち』
2013/3/9 @のざわテットーひろば
のざわテットーひろば:NPO法人野沢3丁目遊び場づく
りの会
プレーリーダー・理事 : 野下 健
野下健プロフィール
 通称:のっしー
1978~ 幼少期
埼玉県狭山市
狭山台団地
学生期
東京農業大学
農学部
造園学科
都市空間から山村まで、人と自然が
ともに生きる快適で美しい環境デザ
イン。それを実現するために、科
学・技術・芸術を融合して総合的に
研究していく。
人が生活の為に、
自然素材を用いて空間を形造る。
楽しい公園って?
 図面を引く事で作られる公園に疑問。
<プレーパークとの出会い>
世田谷区駒沢「駒沢はらっぱプレーパーク」
江戸川区新田の森公園「発見きち」
「この公園は
劣化しない」
駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~
2003)
駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~
2003)
 遊びって何なのか、生きるって何なのか、
「子どもと、とことん遊びこんで、
子どもから教えてもらえ。」
 「PLの限界が、場の限界になってはいけな
い。」
子どもの可能性を引き出す
「き...
世田谷プレーパーク時代(2003~2004)
世田谷プレーパーク時代(2003~2004)
 不特定多数が通り抜ける立地。
配置を変える事での変化。
 遊び場を盛り上げる為の、
大人のネットワークの重要性
外からどう見えているか。
遊び場を支える人のつながり。
のざわテットーひろば時代 (2004~)
 PL1人での現場。PL不在での開園。
 狭い間口。何もない空間。緩やかな斜面。
 そもそも知られていない。
 低年齢をターゲットにした遊び場。
 まず、人が来るには?
子どもがイキイキ遊ぶ為...
駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~
2003)
子どもの可能性を引き出す
「きっかけ」の工夫。
世田谷プレーパーク時代(2003~2004)
外からどう見えているか。
遊び場を支える人のつながり。
子どもがイキイキと遊び、生きる為の「環
境」
一番身近な人、親。
量より質?
 子どもの発達リスク
→保育時間の長短による差異は見られない。
 <微細運動>
→保護者に育児相談者がいない場合 115.7倍
 <対人技術><理解>
→家族で一緒に食事をする機会がめったにない場
合
各々70 倍、43.7倍...
親になる (2010~)
 2011/8/31
長女 つむぎ
 2010/3/23 長男 環
大血管転位症により生後12時間で他界。
 親としての感情の存在
 何が起こるか分からない
親が
安心して
子育てで
きる社会
子どもの遊び
を受け止めら
れる場所
信頼できる子
育ての仲間
それらを支え
るサスティナ
ブルなシステ
ム
健やかな
子どもの
育ち
8年間の感謝
 土地を開放して、ひろばを始めてくれた山縣さん
 一緒に運営してきた皆さん
 たくさんのアドバイス、きっかけをくれた皆さん
 PL、社会人としての成長を見守ってくれた皆さ
ん
 この場所に遊びに来て過ごしてくれた皆さん
...
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
テットー最後の報告
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

テットー最後の報告

742 views

Published on

  • Be the first to comment

テットー最後の報告

  1. 1. プレーリーダー野下から見た 『子どもの育ち』 2013/3/9 @のざわテットーひろば のざわテットーひろば:NPO法人野沢3丁目遊び場づく りの会 プレーリーダー・理事 : 野下 健
  2. 2. 野下健プロフィール  通称:のっしー
  3. 3. 1978~ 幼少期 埼玉県狭山市 狭山台団地
  4. 4. 学生期 東京農業大学 農学部 造園学科 都市空間から山村まで、人と自然が ともに生きる快適で美しい環境デザ イン。それを実現するために、科 学・技術・芸術を融合して総合的に 研究していく。 人が生活の為に、 自然素材を用いて空間を形造る。
  5. 5. 楽しい公園って?  図面を引く事で作られる公園に疑問。 <プレーパークとの出会い> 世田谷区駒沢「駒沢はらっぱプレーパーク」 江戸川区新田の森公園「発見きち」 「この公園は 劣化しない」
  6. 6. 駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~ 2003)
  7. 7. 駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~ 2003)  遊びって何なのか、生きるって何なのか、 「子どもと、とことん遊びこんで、 子どもから教えてもらえ。」  「PLの限界が、場の限界になってはいけな い。」 子どもの可能性を引き出す 「きっかけ」の工夫。
  8. 8. 世田谷プレーパーク時代(2003~2004)
  9. 9. 世田谷プレーパーク時代(2003~2004)  不特定多数が通り抜ける立地。 配置を変える事での変化。  遊び場を盛り上げる為の、 大人のネットワークの重要性 外からどう見えているか。 遊び場を支える人のつながり。
  10. 10. のざわテットーひろば時代 (2004~)  PL1人での現場。PL不在での開園。  狭い間口。何もない空間。緩やかな斜面。  そもそも知られていない。  低年齢をターゲットにした遊び場。  まず、人が来るには? 子どもがイキイキ遊ぶ為には?
  11. 11. 駒沢はらっぱプレーパーク時代(2001~ 2003) 子どもの可能性を引き出す 「きっかけ」の工夫。 世田谷プレーパーク時代(2003~2004) 外からどう見えているか。 遊び場を支える人のつながり。
  12. 12. 子どもがイキイキと遊び、生きる為の「環 境」
  13. 13. 一番身近な人、親。
  14. 14. 量より質?  子どもの発達リスク →保育時間の長短による差異は見られない。  <微細運動> →保護者に育児相談者がいない場合 115.7倍  <対人技術><理解> →家族で一緒に食事をする機会がめったにない場 合 各々70 倍、43.7倍 保護者にサポートがあるか。 子どもの発達に見合った働きかけがされているか。 安梅勅江「夜間に及ぶ長時間保育に関する5年間追跡実証 研究」 平成13・14・15年度厚生労働科学研究
  15. 15. 親になる (2010~)  2011/8/31 長女 つむぎ  2010/3/23 長男 環 大血管転位症により生後12時間で他界。  親としての感情の存在  何が起こるか分からない
  16. 16. 親が 安心して 子育てで きる社会 子どもの遊び を受け止めら れる場所 信頼できる子 育ての仲間 それらを支え るサスティナ ブルなシステ ム 健やかな 子どもの 育ち
  17. 17. 8年間の感謝  土地を開放して、ひろばを始めてくれた山縣さん  一緒に運営してきた皆さん  たくさんのアドバイス、きっかけをくれた皆さん  PL、社会人としての成長を見守ってくれた皆さ ん  この場所に遊びに来て過ごしてくれた皆さん  出会ったすべての皆さん

×