Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

参加資格と評価点 150707

9,705 views

Published on

Japan Business Model Competition
Preparation Materilas for applicants

  • Be the first to comment

参加資格と評価点 150707

  1. 1. Business Model Competitionの 参加資格と採点基準 2015年7月7日版 JBMC実行委員会委員長 早稲田大学研究推進部参与 大江 建 2015/7/8 (C) JBMC 大江建 1
  2. 2. International Business Model Competition (IBMC) • 第1回IBMC は2011年に実施されました。IBMCの提案者 は、 – Nathan Furr (Ph.D., Stanford; Entrepreneurship Professor, BYU) – Steve Blank (Entrepreneurship Professor, UC Berkley; Lecturer, Stanford) – John Richards (Entrepreneurship Professor, BYU) – Scott Petersen (Director, Center for Entrepreneurship & Technology, BYU) • IBMC の主な審査員は、 – Prof. Steve Blank (Stanford University) – Prof. Nathan Furr (Bringham & Young University) – Dr. Alxander Osterwalder が毎年審査しています。 (C) JBMC 大江建 22015/7/8
  3. 3. The Japan Business Model Competition (JBMC) • 第1回JBMC は2014年2月に開催されました。 3委員の実行委員会で始まった。 – 大江建(早稲田大学参与) – 更田誠(ASTEM) – 奥田聡(PrimeStyle社) • JBMC はIBMCの日本予選会としていちづけ られています。JBMCで推薦されたチーム が自動的にIBMCに参加できるようになっ ています。 (C) JBMC 大江建 32015/7/8
  4. 4. なぜ新規事業は失敗するのか 実験経営学 • 85%の新規事業は起業してから数年に消え てなくなる。これは成功しようと頭だけで事 業計画を立て、猛進するから問題である。 • 新規事業はあくまでも起業実験としてとらえ、 仮説を検証しながら成功に導くことである。 • 実験経営学の方法論を導入する必要がある。 • この実験経営学により起業率を改善し、新規 事業の成功率を改善する。 • ビジネスモデルコンペティションは実験経営 学のコンペティションといえます。 (C) JBMC 大江建 42015/7/8
  5. 5. ビジネスモデルコンペティション (BMC)の背景 • BPC の優秀チームがなかなか起業できていない 点を克服し、BMCの優秀チームの – 起業率を高くする – 成功率を高くする • BMC では次の2点が重要視する – 顧客が居るかどうか – 仮説を検証する • BPCでは次の1点が重要視される – 財務諸表などが主に評価される (C) JBMC 大江建 52015/7/8
  6. 6. Business Model Competition と Business Plan Contest の違い Business Model Competition (BMC) • 起業家への進捗が重要であ る。 • 多くの時間を顧客の問題点 とか顧客とのミーテイング に時間を使う必要がある。 – 顧客セグメント – 顧客価値 – 本当に売れるかの証明(既に多く 売れていればすばらしいが) • 簡単な損益計算書で十分で ある(儲かる証拠になるが) Business Plan Contest (BPC) • 論理的で丁寧な事業計画を 書くことが要求されている。 • 2次データの獲得に時間を つかうことが多い。 • 財務諸表の準備に時間を費 やすことが多い。 (C) JBMC 大江建 62015/7/8
  7. 7. Business Model Competitionの 参加資格 1. 学生チームメンバーは最低6単位を受講している学生である (社会人大学院生も学生である)。 2. 会社の経営陣のメンバーに学生が参加している。 3. 学生チームメンバーの策定したビジネスモデルである。 4. 学生チームメンバーが主体になって創立した会社である。 5. 学生チームメンバーが株式の20%以上、経営陣の株式の 50%以上を保持している。 6. 会社は2015年9月以前に売上がない。 7. 会社は2015年9月以前にVCなどの本格的などの資金調達が ない。 8. JBMC・IBMCでも、学生・社会人混成チームの応募は大歓迎 であるが、学生以外のメンバーは発表や質疑応答には参加 できない。 2015/7/8 (C) JBMC 大江建 7
  8. 8. Business Model Competitionに参加できないビジネ スの種類 1. 買収(A buyout) 2. 不動産事業(A real estate syndication) 3. 減税対策(A tax shelter) 4. フランチャイズ事業(A franchise) 5. ライセンス事業(A licensing agreement for distribution in a different geographical area) ------------------------------------------------------------- Japan Business Model Competitionの場合は下記の2事業は有効であるが、 IBMC参加資格内がないので、派遣副賞は受け取れない。 6.スピンオフ事業(A spin-out from an existing corporation) 7.既存事業の延長(An expansion of an existing company) 2015/7/8 (C) JBMC 大江建 8
  9. 9. Business Model Competitionの 採点分配 • 顧客の問題点が明確になっている (30%) • 仮説の検鏡の結果、顧客セグメントや提 供する価値などの重要な仮説が明確に なっていている。また検証後、必要性か ら仮説の変更をしている (35%) • ビジネスモデルが明確になっている(35%) 2015/7/8 (C) JBMC 大江建 9
  10. 10. ビジネスモデルコンペティション (BMC)の評価の考えかた • このコンペティションではビジネスプランコンテ スト(BPC)とは違う。 • 参加チームは2次データ、きれいな図表とか、完 璧なプレゼンテーションかで評価されない。 • このコンペティションでは: – ビジネスモデルの各要素が仮説化してあるか – 仮説を検証しているか。 – 顧客に当たって意見などを本当に顧客が購入し てくれるか聞いているか。 – 間違っていた仮説を破棄して新しい仮説にして いるか。 (C) JBMC 大江建 102015/7/8
  11. 11. ビジネスモデルコンペティション 評価項目 • ビジネスモデルコンペティションでは起業に向けて どのくらい進捗しているかを評価する。主な評価基 準は: 1. 仮説リストが作成されているか。 2. 失敗の条件が明確化されているか。 3. 検証計画が作成されているか。 4. 検証が有効に検証されているか。 5. 検証後、仮説を変更したか。 6. 事業に拡張性があるか。 7. 事業の社会的重要かどうか。 8. 購入してくれる証拠があるか。 (C) JBMC 大江建 112015/7/8

×