Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
GYOMUハッカーであるために
努力している3つのこと
@takeruko 笹生健
About Me
 @takeruko 笹生健(さそうたける)
 外資系再保険会社@六本木の業務改善エンジニア
 スキルセット
 Python, VBA, SQL(変態級), PL/SQL , Java, bash, PowerShel...
笹生が考えるGYOMUハッカーの役割
業務は常に変化にさらされている!
ビジネス
拡大
ルール
変更
スタッフ
入れ替え
求められる「安定」
ビジネス 業務 スタッフの日常
IT活用で
実現 GYOMUハッカー
GYOMUハッカーの行動スタイル
1. 業務・現場の理解者
2. 日々の変化に適応する柔軟性・スピード感
3. 技術は手段、業務の継続的改善が目的
新しいものを積極的に取り入れるけど、
業務・現場にフィットするなら枯れた技術も使う
場合によって...
GYOMUハッカーであるために努力していること
1. 現場の話を聴くよりも、見に行く・やりに行く
2. アイデアを練るのではなく、サンプルを作る
3. 他人の改善よりも、自分の改善を優先する
1. 現場の話を聴くよりも、
見に行く・やりに行く
1. 現場の話を聴くよりも、見に行く・やりに行く
 ヒアリングで業務・課題の正確な把握は困難
 話者の主観による誇張・漏れが入るため
 業務を見せてもらった方が手っ取り早い
 オブザービング(observing)
 業務をやってみた方...
事例: 保険契約管理事務に弟子入り
 1社クライアントを担当して、保険契約管理事務をやってみる
 新規契約・変更を業務システムに入力、月次精算処理、
 四半期毎の顧客請求、年度決算処理、etc
 期間は1年間
 年度決算も理解するため...
座席表(弟子入り前)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
俺
(♂)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
同僚
(♂)
上司
(♂)
座席表(弟子入り後)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
師匠
(♀)
俺
(♂)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
事務
(♀)
同僚
(♂)
上司
(♂)
業務に弟子入りして判った事
 想像以上に作業の負担感が大きい!
地味なマウス操作・コピペの繰り返しが苦痛
ミスった時の作業やり直しがしんどい
請求処理の「確定」ボタンが怖くて押せない
システム開発時は、もっと真剣に操作回数を減らす努力を...
つらくなったので業務改善
 コピペ削減・作業ミス防止の機能・ツールを開発
 業務システム間データ連携機能を組み込んだり
 Excel VBAでデータ加工・チェックツール作ったり
半年間で作業を20%削減!スタッフからも好評!
「本当に必要...
2. アイデアを練るのではなく、
サンプルを作る
2. アイデアを練るのではなく、サンプルを作る
 動いているものを見せたほうが話が早く進む
 課題も見つかりやすく、軌道修正も容易
 社内ルールが障壁になったとしても、
既成事実を作ってしまえばルールが追いついてくる
事例:RPAパイロット導入
→俺「RPA入れるのどうでしょう」
→同僚「うまくいくわけない👎」上司「決裁通すの難しい👎 」
→俺「こっそり無償版を入れて試してみよう💢」
→俺「結構いい感じじゃないか🙌」
→俺「こんなのできました」
→上司・同僚...
3. 他人の改善よりも、
自分の改善を優先する
3. 他人の改善よりも、自分の改善を優先する
他人の改善を続けると、、、
→保守対象が増えて自分がパンク
→共倒れ
継続的な改善を維持するために
51:49の割合で自分の改善を優先
改善技術の向上にも繋がる
事例: 社内SE向けテンプレート・共通ライブラリ開発
 自分&同僚SEの開発効率化をコツコツと
 業務システム用のテンプレート
 Excel VBAの共通ライブラリ
 本当はVBA駆逐したい
 PythonとかKotlinやりたい
h...
失敗談@前職チームリーダー時代:
チームの改善工数枯渇→現場と一緒に残業地獄
6
7
5
8
6
7
1
0
1 1
0
1
Apr-14 May-14 Jun-14 Jul-14 Aug-14 Sep-14 Oct-14 Nov-14 Dec...
今後努力していきたいこと
 GYOMUハッカーを認めてもらうための努力
→改善効果を数字(=金額)で説明する技を確立
まずは現状の業務をトラッキング→数値化
可視化にはプロセスマイニングツールがいいかも
参考:プロセスマイニングツールとは
 システムログ→フロー図を描画・可視化・分析するツール
 fluxicon Disco, Celonis, など
解析
システムの操作・監査ログ
(ユーザーID, 操作ID, 案件ID,
タイムスタンプ,...
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

3

Share

Download to read offline

GYOMUハッカーであるために努力している3つのこと

Download to read offline

GYOMU Hackers Night vol.14 GYOMUハッカーになるために努力していること LT資料

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

GYOMUハッカーであるために努力している3つのこと

  1. 1. GYOMUハッカーであるために 努力している3つのこと @takeruko 笹生健
  2. 2. About Me  @takeruko 笹生健(さそうたける)  外資系再保険会社@六本木の業務改善エンジニア  スキルセット  Python, VBA, SQL(変態級), PL/SQL , Java, bash, PowerShell, HTML/CSS, JavaScript, C, C#, VB.NET  趣味  料理, 太極拳, 皇居ラン  主なTV出演歴  NHK Eテレ「すくすく子育て」
  3. 3. 笹生が考えるGYOMUハッカーの役割 業務は常に変化にさらされている! ビジネス 拡大 ルール 変更 スタッフ 入れ替え 求められる「安定」 ビジネス 業務 スタッフの日常 IT活用で 実現 GYOMUハッカー
  4. 4. GYOMUハッカーの行動スタイル 1. 業務・現場の理解者 2. 日々の変化に適応する柔軟性・スピード感 3. 技術は手段、業務の継続的改善が目的 新しいものを積極的に取り入れるけど、 業務・現場にフィットするなら枯れた技術も使う 場合によっては作らない(手順変更のみ)
  5. 5. GYOMUハッカーであるために努力していること 1. 現場の話を聴くよりも、見に行く・やりに行く 2. アイデアを練るのではなく、サンプルを作る 3. 他人の改善よりも、自分の改善を優先する
  6. 6. 1. 現場の話を聴くよりも、 見に行く・やりに行く
  7. 7. 1. 現場の話を聴くよりも、見に行く・やりに行く  ヒアリングで業務・課題の正確な把握は困難  話者の主観による誇張・漏れが入るため  業務を見せてもらった方が手っ取り早い  オブザービング(observing)  業務をやってみた方がもっと早い(!?) むしろ
  8. 8. 事例: 保険契約管理事務に弟子入り  1社クライアントを担当して、保険契約管理事務をやってみる  新規契約・変更を業務システムに入力、月次精算処理、  四半期毎の顧客請求、年度決算処理、etc  期間は1年間  年度決算も理解するため  工数の20%を使用  空いた時間で好きに業務改善して良い
  9. 9. 座席表(弟子入り前) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 俺 (♂) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 同僚 (♂) 上司 (♂)
  10. 10. 座席表(弟子入り後) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 師匠 (♀) 俺 (♂) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 事務 (♀) 同僚 (♂) 上司 (♂)
  11. 11. 業務に弟子入りして判った事  想像以上に作業の負担感が大きい! 地味なマウス操作・コピペの繰り返しが苦痛 ミスった時の作業やり直しがしんどい 請求処理の「確定」ボタンが怖くて押せない システム開発時は、もっと真剣に操作回数を減らす努力をすべき ミスった時のやり直しが簡単にできるように配慮すべき
  12. 12. つらくなったので業務改善  コピペ削減・作業ミス防止の機能・ツールを開発  業務システム間データ連携機能を組み込んだり  Excel VBAでデータ加工・チェックツール作ったり 半年間で作業を20%削減!スタッフからも好評! 「本当に必要なもの」を作ったので業務にマッチ 結果
  13. 13. 2. アイデアを練るのではなく、 サンプルを作る
  14. 14. 2. アイデアを練るのではなく、サンプルを作る  動いているものを見せたほうが話が早く進む  課題も見つかりやすく、軌道修正も容易  社内ルールが障壁になったとしても、 既成事実を作ってしまえばルールが追いついてくる
  15. 15. 事例:RPAパイロット導入 →俺「RPA入れるのどうでしょう」 →同僚「うまくいくわけない👎」上司「決裁通すの難しい👎 」 →俺「こっそり無償版を入れて試してみよう💢」 →俺「結構いい感じじゃないか🙌」 →俺「こんなのできました」 →上司・同僚「これはすばらしい👍」 →日本支店CFO「いいじゃないか👍」 →米国本社のCIO「Good👍」 →パイロット運用開始
  16. 16. 3. 他人の改善よりも、 自分の改善を優先する
  17. 17. 3. 他人の改善よりも、自分の改善を優先する 他人の改善を続けると、、、 →保守対象が増えて自分がパンク →共倒れ 継続的な改善を維持するために 51:49の割合で自分の改善を優先 改善技術の向上にも繋がる
  18. 18. 事例: 社内SE向けテンプレート・共通ライブラリ開発  自分&同僚SEの開発効率化をコツコツと  業務システム用のテンプレート  Excel VBAの共通ライブラリ  本当はVBA駆逐したい  PythonとかKotlinやりたい https://qiita.com/takeruko/items/832eb0036e017137a026
  19. 19. 失敗談@前職チームリーダー時代: チームの改善工数枯渇→現場と一緒に残業地獄 6 7 5 8 6 7 1 0 1 1 0 1 Apr-14 May-14 Jun-14 Jul-14 Aug-14 Sep-14 Oct-14 Nov-14 Dec-14 Jan-15 Feb-15 Mar-15 月次改善件数 累積で20%工数削減 工数のかかる改善タスクばかり →ビジネス拡大に追従できず死亡 メンバー1名取られる →リソース20%減 リソースを死守すべきだった →改善工数確保は マネージメントの責任
  20. 20. 今後努力していきたいこと  GYOMUハッカーを認めてもらうための努力 →改善効果を数字(=金額)で説明する技を確立 まずは現状の業務をトラッキング→数値化 可視化にはプロセスマイニングツールがいいかも
  21. 21. 参考:プロセスマイニングツールとは  システムログ→フロー図を描画・可視化・分析するツール  fluxicon Disco, Celonis, など 解析 システムの操作・監査ログ (ユーザーID, 操作ID, 案件ID, タイムスタンプ, etc) アクティビティ毎の 頻度・経過日数を可視化 →業務のボトルネック検知
  22. 22. ご清聴ありがとうございました
  • ssuserefdb6a

    Jul. 17, 2019
  • tak4hir0

    Jul. 15, 2019
  • Naoguitarist

    Jul. 2, 2019

GYOMU Hackers Night vol.14 GYOMUハッカーになるために努力していること LT資料

Views

Total views

485

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

49

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

3

×