AgileJapan2012島根サテライト ワークショップ

1,389 views

Published on

AgileJapan2012島根サテライトのワークショップ向けに @jaVuBax と作成したスライド

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,389
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
53
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AgileJapan2012島根サテライト ワークショップ

  1. 1. AgileJapan2012 島根サテライト 変化を味方に〜成長の武器にITを〜ワークショップ 2012年3月16日
  2. 2. 変化に踏み出すための計画づくり http://www.flickr.com/photos/diabloazul/3015757838/
  3. 3. Q:組織の発展や、自己の成長のために、「現状をより良くしたい」あるいは現状に対する不安・不満から、「現状を変えたい」という思いをお持ちではないでしょうか?
  4. 4. とはいったものの、「変化することは 簡単じゃない・・」「どのように変化を 起こしたら良いか 分からない・・」
  5. 5. “変化の必要性を感じながらも行動に移せない現実”と対峙している
  6. 6. 背景にある思い〜「どれだけ効果があるか 分からない・・」「計画通りに 変化を起こせるか 分からない・・」
  7. 7. ”計画づくり”のワークを体験して頂くことで、変化に踏み出すための・ヒントをみつけて頂きたい・キッカケにして頂きたい
  8. 8. ワークショップでやること Todo Doing Done#01チェックイン#02ワーク#03クロージング
  9. 9. ワークショップでやること Todo Doing Done#01チェックイン チーム作り、自己紹介、目的共有 ワークに一緒に取り組む仲間を決めます 変化に踏み出すための#02ワーク 計画づくりワーク チームでテーマを設定して、 計画づくりのワークに取り組みます ふりかえり#03クロージング チーム内でワークの感想等を共有します
  10. 10. ワークショップでやること Todo Doing Done#01チェックイン #01チェックイン チーム作り、自己紹介、目的共有 ワークに一緒に取り組む仲間を決めます#02ワーク#03クロージング
  11. 11. #01チェックイン
  12. 12. チームを作る• 1チーム5人 • 参加人数によって調整可• 参加者全体でシャッフル
  13. 13. チームを作る• Step1 インデックスカードに 名前と誕生日を書いて下さい• Step2 誕生日順に一列に並んで下さい• Step3 @氏名 3月16日 前の人から順に1〜4の番号を 言ってください• Step4 番号毎に席を移動してください
  14. 14. チームを作る• Step1 インデックスカードに 名前と誕生日を書いて下さい• Step2 誕生日順に一列に並んで下さい• Step3 前の人から順に1〜4の番号を 言ってください• Step4 番号毎に席を移動してください
  15. 15. チームを作る• Step1 インデックスカードに 名前と誕生日を書いて下さい• Step2 誕生日順に一列に並んで下さい• Step3 前の人から順に1〜4の番号を 言ってください(チーム数に応じて調整する)• Step4 番号毎に席を移動してください
  16. 16. チームを作る• Step1 インデックスカードに 名前と誕生日を書いて下さい• Step2 誕生日順に一列に並んで下さい• Step3 前の人から順に1〜4の番号を• 言ってください• Step4 番号毎に席を移動してください
  17. 17. チーム内で自己紹介する @氏名 3月16日• 自己紹介ゲーム http://www.flickr.com/photos/cstmweb/3322870427/「あなたがハマっている事は」 絵• カードに で表現しましょう• チーム内で順番に自己紹介してください• カードを胸の前に出して絵を使って説明してくだ さい
  18. 18. チーム名を決める• チーム名を決めましょう!• 例) – 好きなアニメを付箋に書いて、チームで共有 する。その中で一番面白いものを選ぶ – 自己紹介の話題から関心の高かったものを選 ぶ
  19. 19. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン #01チェックイン#02ワーク#03クロージング
  20. 20. #02ワーク
  21. 21. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン 変化に踏み出すための#02ワーク 計画づくりワーク チームでテーマを設定して、 計画づくりのワークに取り組みます#03クロージング
  22. 22. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックインテーマを設定する登場人物を設定するフィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  23. 23. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックインテーマを設定する テーマを設定する登場人物を設定するフィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  24. 24. #1 テーマを設定する自分が関わっている現場で、変化を起こすことによって“実現したい姿” を、いくつか書き出しましょう・職場、家庭、etc・最低1コ
  25. 25. #1 テーマを設定する例1: 部門のメンバー全員が、 “やりがいと誇り”を持ちながら 仕事している職場例2: 笑顔が絶えない家庭
  26. 26. #1 テーマを設定するグループで取り組むテーマを決定します• プロジェクトオーナー – テーマの起案者 – ワークにおける最終意思決定者 – 最終意思決定者だからといって全てを知っており、考 えが正しいという訳ではありませんので、メンバーは 活発な意見を心がける(指示待ちにならない)
  27. 27. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する テーマを設定する登場人物を設定するフィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  28. 28. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する登場人物を設定する 登場人物を設定するフィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  29. 29. #2 登場人物を設定するテーマの実現に関わり、変化の影響を受ける人を書き出しましょう• プロジェクトオーナー主体• チームはオーナーを助ける• メンバーに登場人物を割り当てる(できれば)
  30. 30. #2 登場人物を設定する• 例1 – 経営者 、営業担当、管理者、開発者• 例2 – 祖父、祖母、夫、妻、子供
  31. 31. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する 登場人物を設定するフィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  32. 32. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定するフィーチャーを抽出する フィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  33. 33. #3 フィーチャーを抽出する• テーマの実現による 効能• 具体的な姿を書き出しましょう• 誰に対する効能か分かるように ソフトウェア >> 製品の特徴的な機能
  34. 34. #3 フィーチャーを抽出する• 例1 – 会社のビジョンに社員が共感している – 開発部門の状況がいつでも分かる – プロジェクトの成果が正しく評価されている• 例2 – 安心して仕事に行ける(夫、妻) – 両親と十分な時間を過ごせている(子供)
  35. 35. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する フィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  36. 36. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する #02ユーザーストーリーを ユーザーストーリーを抽出する 抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  37. 37. #4 ユーザーストーリーを 収集する• フィーチャー(効能)を構成する• 登場人物の状態やしたいこと• 目的が分かるように書き出しましょう
  38. 38. ユーザーストーリー のフォーマット○○として××したいそれは△△だからだ
  39. 39. “良い”ユーザーストーリーの例庭師として穴が欲しいそれは木を植えるためだ http://www.flickr.com/photos/apmethodist/3481199713/
  40. 40. 手段が目的にならないように価値が伝わるように http://www.flickr.com/photos/apmethodist/3481199871/
  41. 41. 単体で価値を生むhttp://www.agileproductdesign.com/presentations/user_story_mapping/index.html
  42. 42. じゃあ、これは?http://www.agileproductdesign.com/presentations/user_story_mapping/index.html
  43. 43. #4 ユーザーストーリーを 収集する• フィーチャーを形成する• 登場人物の状態やしたいこと• 目的が分かるように書き出しましょう
  44. 44. ユーザーストーリー のフォーマット○○として××したいそれは△△だからだ
  45. 45. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを ユーザーストーリーを 抽出する 抽出するワーク優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  46. 46. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを 抽出するワーク優先順位を設定する 優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  47. 47. #5 優先順位を設定するユーザーストーリーに、優先順位を設定する• 効果を最大化する順序をプロジェク トオーナーとチームで決める• ※最終決定件はプロジェクトオーナー
  48. 48. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを 抽出するワーク 優先順位を設定する 優先順位を設定する見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  49. 49. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを 抽出するワーク 優先順位を設定する見積る 見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  50. 50. #6 見積るユーザーストーリーの、規模を相対的に見積る• 期間(時間や人数)ではなく、 規模を表す数値を使って見積る
  51. 51. 絶対的な見積もりは難しい何cm? http://www.flickr.com/photos/dottiemae/5393993010/
  52. 52. 相対的な見積もりは得意何倍? http://www.flickr.com/photos/dottiemae/5393993010/
  53. 53. プランニングポーカー• フィボナッチ数列を使って予測を簡略化する – 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 50, 100...• 基準値を決めて相対的に見積もる – 基準となる小さめのストーリーを決めて「3」を設定し、残 りのストーリーは相対値で見積もる• チーム全員で同時に見積り、ギャップがある場合は話し 合う• 話し合いの後、もう一度見積もる(一致しなければ、また話し合う)• 3度やってもまとまらない場合のルールを決めておく
  54. 54. プロジェクトバックログ• ユーザーストーリーを優先順位に従って 並べたリスト• 優先順位の高いユーザーストーリーから 順に取り組む優先順位 ストーリー ポイント 01 ○○として××したい。それは〜 5 02 △△として□□したい。それは〜 3
  55. 55. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを 抽出するワーク 優先順位を設定する 見積る 見積るユーザーストーリーをマッピングする#03クロージング
  56. 56. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する#02 ユーザーストーリーを 抽出するワーク 優先順位を設定する 見積るユーザーストーリーを ユーザーストーリーをマッピングする マッピングする#03クロージング
  57. 57. プロジェクトの全体像を俯瞰して、関係者の思いを共有し計画し続けるためにユーザーストーリーと、プロジェクトバックログだけでは、ストーリー同士の繋がりや、フィーチャーとの関係性が把握しにくい・・ http://www.flickr.com/photos/77962574@N00/5986917185/
  58. 58. ユーザーストーリーマッピング http://www.flickr.com/photos/diabloazul/3015757838/
  59. 59. ユーザーストーリーマッピングで、 ゴールまでの地図を描く関係者全員で、一つの地図を見ながら、今どこにいるのかを確認し、ゴールまでの道のりを把握する為のツール計画し続けるためのツール http://www.flickr.com/photos/diabloazul/3015757838/
  60. 60. Step1:縦軸と横軸を作る 時間の流れ ・業務フロー ・ビジネスフロー優先順位
  61. 61. Step2:左上に登場人物を配置する 時間の流れ ・業務フロー ・ビジネスフロー優先順位
  62. 62. Step3:フィーチャーを配置する 登場人物の横に!優先 時間の(活動の)流れを意識して!順位
  63. 63. Step4:ユーザーストーリーを 配置する優先順位 フィーチャーの下に 関連するストーリーを 優先順にならべる
  64. 64. Step5:グルーピングする優先順位
  65. 65. Step5:グルーピングする フェーズ1優先順 フェーズ2位 フェーズ3
  66. 66. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する #02 ユーザーストーリーを 抽出する ワーク 優先順位を設定する 見積る ユーザーストーリーを ユーザーストーリーを マッピングする マッピングする#03クロージング
  67. 67. Q:変化に踏み出すための計画づくりいかがだったでしょうか? http://www.flickr.com/photos/diabloazul/3015757838/
  68. 68. ワークショップでやること Todo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する ユーザーストーリーを 抽出する ふりかえり 優先順位を設定するチーム内でワークの感想等を共有します 見積る ユーザーストーリーを マッピングする#03クロージング #02クロージング
  69. 69. #03クロージング
  70. 70. クロージング• 感じた事を付箋に書き出しましょう – 計画づくりのプロセス全体 – ユーザーストーリー – 規模による見積り – ユーザーストーリーマッピング – チームで取り組むということ• 感じた事をチームでシェアしましょう
  71. 71. ワークショップでやることTodo Doing Done #01チェックイン テーマを設定する 登場人物を設定する フィーチャーを抽出する ユーザーストーリーを 抽出する 優先順位を設定する 見積る ユーザーストーリーを マッピングする #03クロージング #03クロージング
  72. 72. 第9回アジャイルサムライ読書会島根道場( )
  73. 73. AgileJapan2012 島根サテライト 変化を味方に〜成長の武器にITを〜ワークショップ 2012年3月16日

×