Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

部分最適化から全体最適化へ ― Webの情報品質管理手法

5,690 views

Published on

「パフォーマンス」とは何か?
その本質を突き詰めていくと、私たちが忘れていた、「速度」以外の要素が浮かび上がってきます。
現在のコンピュータを、「計算機」から「通信機器」へと変えたクロード・シャノンの情報理論を学ぶことで、その答えを得ることができます。
Webの表示速度を高速化することは、パフォーマンスの一部でしかなく、シャノンの理論は、情報の価値と、それを正しく伝えることもパフォーマンスの一部であると教えてくれるのです。
このスライドでは、情報品質管理という観点から、Webのパフォーマンスを考えています。

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

部分最適化から全体最適化へ ― Webの情報品質管理手法

  1. 1. 部分最適化から全体最適化へ Webの情報品質管理手法 html5j パフォーマンス部部長 株式会社Spelldata 竹洞陽一郎 yoichiro.takehora@spelldata.co.jp
  2. 2. 自己紹介 •株式会社Spelldata代表取締役社長 •Keynoteの日本の業務を引き継ぎました •元Keynote Systems日本代表 •統計学を基礎から学ぶ!中西塾管理人 •統計学を実践的に学ぶ!中西塾管理人 •やってきた事 •Layer1~7の技術 •定量化・定性化分析手法(Function Point法、COCOMII) •システム最適化 •Lotus Notes→ Windowsのシステム構築→ Unix/Linuxのシステム構築→ メール→ Webシ ステム→ ユーザビリティ→システム開発見積り・IT不良資産→ 仮想マシン→ CDN、Web高 速化、ストリーミング、RMT問題→ Webコンサルティング(パフォーマンス、UX)
  3. 3. 株式会社Spelldata
  4. 4. 容量による比較SoftBankVS docomo 同じサイトでも容量が違う〜SoftBankの非可逆圧縮処理のため docomo SoftBank
  5. 5. 圧縮配信のトレードオフ 通常は速さを齎すが、混雑する時間は遅延原因となる。 全てSoftBank
  6. 6. パフォーマンスと 情報品質の関係 「今日のテーマって、パフォーマンスですよね?」
  7. 7. 情報とは? •Information •心や精神において、形を与える(inform)もの •ギリシア語のeidosが語源 •「みめ、姿、形」という意味 •「データ」と「情報」の違い •「データ」が、数字、文字といった、表現の形の面を言うのに 対して、「情報」は内容面を指す。
  8. 8. 情報理論の父クロード・シャノン
  9. 9. 「通信の数学的理論」 原題「A Mathematical Theory of Communication」 「あらゆる情報は数値に置き換えて表すことができる」 という事を提唱。 この考えによって、コンピュータは、「計算機」から「情報 処理マシン」へと変革を遂げる
  10. 10. シャノンの情報理論のエッセンス 「価値ある情報を高速に、正確に送りたい」 何故、私たちは、「パフォーマンス」に拘るのか、その答 えがこれ。
  11. 11. 我々が持つべき疑問 •何故、「パフォーマンス」なのか? •そもそも、「パフォーマンス」とは何か? •語源は、per(完全に)+formare(形作る)=成し遂げる
  12. 12. 我々は、そもそも「価値のある」情報を、送っているのか? ↓ Webページの情報品質の重要性
  13. 13. Webの情報品質の管理手法 •「速さ」は、情報を伝える上での「質」の一つ •高速に伝えられた情報の「価値」が低いと? •コミュニケーションという総合的な観点で見ると、パフォーマ ンスが低いという事になる。 •単純に、「速度」だけに注力すると、広義の意味での 「パフォーマンス」は部分最適化となってしまう。 •今こそ、「情報の品質」を向上して、コミュニケーション の広義の意味でのパフォーマンス(質)を向上させませ んか?
  14. 14. 部分最適化から全体最適化 部分最適化(表示速度だけ)から、全体最適化(情報の質、 受け手の理解の誤り)を含めた、情報の品質管理の一部 として、表示速度を捉える。
  15. 15. シャノンの情報理論 •情報源符号化定理 •情報源から通信路に出される記号を符号化することを「情報 源符号化」と呼び、通信の量をできるだけ減らすために効率 的に符号化して圧縮できる限界を数学的に示した理論 •情報路符号化定理 •情報源から出された情報源符号が、雑音によって通信路で 誤って送られてしまう、このことに対処するために、別な符号 語に変換する操作が「情報路符号化」 •誤りの検出と訂正
  16. 16. 情報を高速に送るには? •通信路の通信容量を超えるスピードで情報が入ってく ると処理ができなくなってしまい、誤差だらけの情報に なってしまう。 •情報源からどれくらいのスピードで情報が出てくるのか? •通信路はどれくらいの処理スピードを持つのか? (単位時間あたりにどれくらいの情報を通すことができるの か) •誤りを減らすためにはどう送れば良いのか?
  17. 17. 情報源からどれくらいのスピードで情報が出てくるのか? •「情報エントロピー」という言葉で説明される。
  18. 18. 情報品質 情報の価値とは?
  19. 19. 情報の分類 「知らない」 という事を 知っている 「知らない」とい う事を知らない 「知ってい る」という事 を知ってい る
  20. 20. 情報の分類 •「知っている」という事を知っている •「存在」を知っていて、「内容」も知っている •「存在」を知っていて、「内容」も知っているつもり •「知らない」という事を知っている •「存在」を知っていて、「内容」は知らない •「知らない」という事を知らない •「存在」を知らない
  21. 21. インターネットで検索できる事 •存在を知っている事しか検索できない
  22. 22. キャズム理論
  23. 23. 神の与えたもうたモノは正規分布する
  24. 24. キャズム理論による分布 (正規分布) 「存在」の認知普及 (累積度数分布)
  25. 25. Awareness •意識が高い人か、低い人か
  26. 26. 情報の表現の選び方 レイト・マジョリ ティ アーリー・マジョ リティ アーリー・アダプ ター •存在自体を知らない •彼らの知っている言葉に関連 付けなければいけない •その「存在」を知っているが、 「内容」は知らない •その「言葉」に関連する言葉 で届く •その「存在」を知っている •その「言葉」で届く
  27. 27. 情報の三要素 •整合性 •情報の「主題」がぶれていない •完全性 •必要な情報が全て含まれている •アバウトネス •情報の「主題」が読み手の意図と合致している
  28. 28. 情報の価値
  29. 29. Webページの情報の価値 •「買う」か「買わないか」と悩むところに、決定を可能と する情報を提供する •要求を出来る・出来ない •性能を満たす・満たさない •価格が予算内、予算を超える •期日が間に合う、間に合わない •感情が動く・動かない
  30. 30. 情報の価値― on time, in time •on time ― 時間どおりに •in time ― 時間に間に合って
  31. 31. 目的、商品やサービス別にサイトを分ける コーポレート サイト ランディングページ (マーケティング) 販売ページ (営業) 商品・サービス
  32. 32. オフライン オンライン マルチチャネルによるコミュニケーションデザイン ランディ ング ページ TV 雑誌 新聞 チラシ ダイレク トメール 口コミ 検索 リスティ ング広告 ディスプ レイ広告 動画広告 SNS
  33. 33. サイトを分けるメリット •セグメント化しやすい •差別化しやすい •パーソナライズしやすい
  34. 34. コミュニケーションデザイン戦略とは? •顧客に提供したい「体験」を実現するために、どのよう にコミュニケーションをデザインするか、という考え方の 戦略。 •昨今、流行りのUX(UserExperience)の本質は、コミュ ニケーションをデザインする事
  35. 35. UX(User Experience)とは何か? •UXの定義~ISO9241-210:2010 •person‘s perceptions and responses resulting from the use and/or anticipated use of a product, system orservice •製品、システムもしくはサービスの利用もしくは利用によって予測さ れる人の認知と反応 •情報とは? •人の心(認知)に変化(反応)を引き起こす
  36. 36. UXに関する注釈 •NOTE 1 User experience includes all the users‘ emotions, beliefs, preferences, perceptions, physical and psychologicalresponses, behavioursand accomplishments that occur before, during and after use. 注釈1…UXには、使用前・使用中・使用後における、全てのユーザの感情、意見、好み、認知、 物理的且つ心理的反応、行動、成し得たことが含まれる •NOTE 2 User experience is a consequence of brand image, presentation, functionality, system performance,interactive behaviourand assistive capabilities of the interactive system, the user‘s internal and physical state resultingfrom prior experiences, attitudes, skills and personality, and the context of use. 注釈2…UXはブランドイメージ、見た目、機能性、システムパフォーマンス、相互作用行動並び に対話型システムの支援能力、以前の体験の結果によるユーザの内面及び物理的な状態、 考え、スキル、人格、そして利用のコンテキストから成り立つ結果である。 •NOTE 3 Usability, when interpreted from the perspective of the users‘ personal goals, can include the kind ofperceptual and emotional aspects typically associated with user experience. Usability criteria can be used to assessaspects of user experience. 注釈3…ユーザの個人的な目的の観点で見て解釈される際のユーザビリティは、一般的にユー ザエクスペリエンスに関係のある認知的ならびに感情的側面が含まれる。ユーザビリティの基 準はユーザーエクスペリエンスの側面の評価として使える。
  37. 37. UXテストには以下のものが含まれている必要があります •注釈1より •使用前・使用中・使用後における •感情、意見、好み •認知 •物理的且つ心理的反応 •行動 •成し得たこと •注釈2より •ブランドイメージ •見た目 •機能性 •システムパフォーマンス •相互作用行動並びに対話型システムの支援能力 •以前の体験の結果によるユーザの内面及び物理的な状態 •ユーザ(パネリスト)の考え、スキル、人格 •利用のコンテキスト(利用目的) •注釈3より •ユーザビリティテストはUXテストの一部として使えるが全てではない
  38. 38. “But the user experience is what we care about most, and we‘re expanding that experience beyond the box by making better use of the Internet.” でも、ユーザ体験こそが我々が最も気にかけている事で、そして我々は インターネットの利用をより良くすることで(Macなどの)箱を利用して得ら れる体験を拡張しているんだ。 ―スティーブ・ジョブズ 顧客に提供したい「体験」が、 商品やサービスを規定する。
  39. 39. 選択する=切り捨てる重要性 •「情報が何を消費してしまうかは、とても明白だ。受け 手の関心を消費するのだ。それゆえ、豊富な情報は関 心の欠落を生む。また、溢れる情報が、『関心』を消費 しようとしているとき、その『関心』を効果的に配置する 必要性が生まれる。」 -ハーバート・サイモン (ノーベル賞経済学賞受賞者。チューリング賞受賞者)
  40. 40. 選択肢の数が決断に及ぼす影響 •コロンビア大学ビジネススクールで経営学を教える シーナ・アイエンガー教授が行った実験。 •あるグループに6種類のジャムの商品サンプルを提示し、別 のグループには24種類提示する。 •24種類のジャムを提示されたグループは試食に積極的だっ たが、購入する割合は6種類のサンプルを提示されたグ ループのほうが10倍高かった。
  41. 41. 人が持てる関心は10以下。大抵は6~7つ。 •人はあまり多くの事に関心を持ち続けることができない。 •あなたにとって、サイトの運営は常日頃からの「関心事」ではあっても、顧客 にとっては一時の「関心事」でしかない。 •客観的統計データによってバイアスを排除することが大事 •過去の努力をムダにしたくないバイアス •過去に努力してきたもの、過去にたくさん投資をしたものについては、「もったいない」 と思い、それを辞めることが損をしてしまうと考えるバイアス。(これから将来に損をす る話であっても、過去の投資がもったいないと考えてしまう) •現状維持バイアス •今のままではマズイとは分かっていても、現状を変えるということには抵抗を感じてし まうというバイアス。(余程のことがない限り、現状を変えようとはしない) •保有したものは、手放したくないバイアス •一度保有したモノは、他人が思っている価値(客観評価)より、自分だけ高い価値を感 じてしまうようになる(愛着バイアス)
  42. 42. ASCII.jp:「近江牛」でGoogle上位のEC、脱・縦長ページで復活 リニューアル直後は、「以前より寂しい印象になった」、「購入意欲が減った」という他のECサイトオーナーからの厳しい意見 もあったが、結果として、平均売り上げは前年比132%と大幅に伸びた。
  43. 43. 画像の「コスト」 •1の写真は、1,000の言葉に勝る •報道写真家ジブ・コーレン •しかし、画像は重い=通信の「コスト」が高い •何でもかんでも、画像を使わない •「情報路符号化」としての画像― 文字で伝える情報の補完
  44. 44. 二週間で売上20%アップ
  45. 45. まとめ 「パフォーマンス」とは?
  46. 46. パフォーマンスとは、速さだけではない •「価値ある情報を高速に、正確に送りたい」 •速度は、情報品質の一部 •情報の価値を高めなければ、パフォーマンスが向上したとは 言えない。 •パフォーマンス向上=部分最適化ではなく、全体最適化 で!
  47. 47. Q&A まとめと質疑応答
  48. 48. 参考図書1
  49. 49. 参考図書2
  50. 50. 参考図書3
  51. 51. ご清聴 どうもありがとうございました。

×