最先端学術情報基盤(Csi)委託事業報告交流会パネル

1,349 views

Published on

Published in: Education, Business, Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,349
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

最先端学術情報基盤(Csi)委託事業報告交流会パネル

  1. 1. 学術情報流通とIR研究者とIR<br />武田 英明<br />国立情報学研究所<br />takeda@nii.ac.jp<br />
  2. 2. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長<br />学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場<br />国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授<br />人工知能、Web情報学の研究者<br />私の立場<br />
  3. 3. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長<br />学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場<br />国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授<br />人工知能、Web情報学の研究者<br />私の立場<br />
  4. 4. 大競争時代<br />学術コンテンツサービスの今<br />
  5. 5. e-science<br />学術コンテンツサービスの今<br />分析サービス<br />著者同定<br />論文検索<br />電子出版<br />電子ジャーナル<br />オープンアクセス<br />
  6. 6. 国立情報学研究所(NII)の学術情報サービスの概要<br />Scholarly information services in NII<br />Projects<br />Books<br />People<br />Papers<br />WebcatPlus<br />ResearchMap<br />Researchers profiles <br />and SNS <br />CiNii<br />InformaticsSquare<br />NACSIS <br />CAT<br />ResearcherName<br />Resolver<br />KAKEN<br />indexing service for academic papers<br />12 million records<br />Book Catalogs<br />108 million +α<br /> records<br />JAIRO<br />Society support with publishing and <br />communication in Informatics area<br />Resolving and linking <br />service for<br />researchers' names<br />0.15 million<br />researchers<br />Official reports of <br />Grants-in-aid<br />For scientific <br />research<br />0.61 million reports<br />Powered by<br />Comprehensive<br />metadata harvester for Japanese IRs0.5 million articles<br />R&D Center for Scientific Information Resources<br />Scholarly and Academic Information Division<br />ReaD<br />(JST)<br />Google<br />Scholar<br />Academic Society<br />Google<br />J-Stage<br />(JST)<br />Academic Society<br />NDL <br />NII-ELS<br />NII-REO<br />CrossRef <br />Academic Society<br />Other Services<br />InstitutionalRepository<br />OLCer<br />InstitutionalRepository<br />Springer<br />InstitutionalRepository<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />Refereed and<br />Un-refereed <br />articles from societies or bulletins<br />3.4 million articles<br />Electronic journal repositories foruniversities<br />3.5 million articles<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />Other DB Services<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />UniversityResearcher<br />Database<br />UniversityLibrary<br />InstitutionalRepository<br />UniversityLibrary<br />Information on Papers<br />UniversityLibrary<br />UniversityLibrary<br />(43 organizations)<br />Information on Researchers<br />(130 organizations)<br />Information on Books<br />Universities and Institutes<br />
  7. 7. 分散、多様、オープンなサービスの連携としての研究情報の流通<br />(海外論文DB)<br />大学業績DB<br />機関リポジトリ<br />論文投稿査読システム<br />研究者SNS<br />論文データベース<br />研究資金公募システム<br />ユーザ認証連携<br />個人論文管理<br />データ連携<br />
  8. 8. メタデータのハーベスティング、API◎<br />大学業績DBなど大学内システムとの連携△<br />大学外のシステムとの連携<br />研究者同定と研究者ID連携△<br />学術情報流通の円環の要素としてIRの期待<br />
  9. 9. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長<br />学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場<br />国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授<br />人工知能、Web情報学の研究者<br />私の立場<br />
  10. 10. 利用側:アクセスは問題ない<br />CiNiiのアクセスは急増中<br />2009.4<br />新CiNii公開<br />2007.4<br />Google連携<br />
  11. 11. 研究者にとってIRは新しい公開ルート<br />たぶん、多くの研究者はその意味は理解できていない。<br />学術雑誌論文、国際会議論文<br />商業誌記事、著書<br />紀要、テクニカルレポート<br />Web<br />機関リポジトリ???<br />研究者の立場で<br />
  12. 12. 情報提供側:研究者にとってIR<br />機関リポジトリ<br /><ul><li> 一次資料
  13. 13. 紀要
  14. 14. テクニカルレポート
  15. 15. 未発表論文
  16. 16. データ
  17. 17. 二次資料
  18. 18. 既発表論文</li></ul>既存の公開方法<br /><ul><li> 学術雑誌論文
  19. 19. 国際会議論文
  20. 20. 商業誌記事、著書
  21. 21. 紀要
  22. 22. テクニカルレポート
  23. 23. Web</li></ul>自由に<br />今すぐ公開<br />(研究活動の一環)<br />アーカイブ(研究者にとって雑務)<br />セルフアーカイブ<br />オープンアクセス<br />
  24. 24. 一次資料(データ)<br />研究者の直接のニーズ:自由に/早く<br />研究者の背後のニーズ:安定運用/長期保存<br />一次資料(論文、著書)<br />研究者の直接のニーズ:カタログ登録<br />研究者の背後のニーズ:安定運用/長期保存<br />二次資料<br />研究者の直接のニーズ:安定運用/長期保存<br />研究者の背後のニーズ:<br />研究者が(Webじゃなくて)IRを使う理由<br />クラウド化<br />e-Scienceのツールとしての役割<br />研究のインフラ<br />書籍の電子化の流れ<br />“電子出版社”としての役割<br />IRの光↑と影↓<br />これはわかりずらい<br />“アーカイブ”としての役割<br />
  25. 25. 情報流通の円環の要素としてのIRの機能強化<br />IRの役割に応じた機能強化とPR<br />まとめ<br />

×