TIESに期待すること

502 views

Published on

2013/09/21 TIES Meeting Talk

Published in: Education
1 Comment
3 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
502
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
1
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

TIESに期待すること

  1. 1. TIESに期待すること 松木 孝幸(東京家政大学/日本ムードル協会理事)
  2. 2. 話すこと  TIES V8/V9の新規性  旧TIESの歴史  LMSを使う動機  最近のオンライン教育のはやり  Courseraでの経験  新TIESへの注文・期待 2
  3. 3. 3 TIES V8/V9の新規性
  4. 4. TIES V8/V9の新規性  Moodleを核としたパッケージの作成  MOOCs(LSOCs)を視野に入れている  ビッグデータの経験蓄積  旧TIESで数万の共有コース  旧TIESで3万人の利用者  学認(Shibboleth)を利用した負荷分散  オープン・ソース/ユニバーシティ/エデュケーション  V9:電子ブック(CHiLO Book=iBooks)  Moodleをバックグランドにしたインタフェース  認証が必要;映像は埋め込み;課題はMoodleと連携 4
  5. 5. 5 旧TIESの歴史
  6. 6. TIESの中断・再開  TIES V1~V6:1996-2010  1年間中断:2010年/2011年に何があったのか?  リーダー中嶋先生のGive Up  規模の拡大・サービス提供の維持・運営方法の問題  http://www.cccties.org/service/tiesmembership.h tml(リンク切れ)  TIES V8/V9:2012年に堀さんの登場! 6
  7. 7. 旧TIES(手作り)と Moodle(プロ作成)の比較  旧TIES  Moodle  講義デザイン  講義デザイン ☓  講義管理  講義管理 ○  シナリオフォルダ  シナリオフォルダ ☓  学生の学習管理  学生の学習管理 ○  コミュニケーショ ンツール  コミュニケーション ツー ル○  教材検索と共有  教材検索と共有 ○  ライブシステム  ライブシステム ○  Outcome/Rublic/バッジ (最新成績評価機能) 7
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. 当校:導入に対する障壁 (松木のつぶやき)  トップダウン方式が必要  大学(理事長・学長)にその気があるか?  ボトムアップ → 笛吹けど踊らず(マタイ第11章17節)  費用対効果(教育・宣伝)?  何かに特化する    表面的なFDからの脱却 一国一城である情報教員の意識の統一 一般教員の意識の向上が必須  教員の各種FD研修会への参加   大学コンソーシアム京都・FDセミナー   他大学の試み・努力を知る 私情協・FDセミナー 外注が現実的 10
  11. 11. CCC-TIES理事長 柳澤 安徳氏 11 (2012/06/24) これからはeラーニングだ. 頑張るぞ.(中嶋航一先生) 中嶋先生手を引く 堀さん登場
  12. 12. 堀真寿美氏 (2013/06/15)) 12
  13. 13. 13 LMSを使う動機
  14. 14. (文科省が立てた)目標 ゴール(≧経常費補助金の維持) 大学教育の質向上 大学教員の教育力向上 教育方法の質向上 14
  15. 15. eラーニングと家計簿 (by 中嶋航一)  衝動買いや刹那的な消費行動を改められる  収入に応じた支出の計画と計算が可能になる  過去の家計簿データと比較し現在の家計の問題の把握 と調整が可能  常に家計の状態を意識しながら支出と貯蓄を行う  無駄な支出や借金をしなくなる  他人のアドバイスを受ける際の重要な参考資料 15
  16. 16. eラーニングと家計簿 (by 中嶋航一)  自分の気分にまかせた行き当たりばったりの授業を改 められる  学生のレベルと動機に応じた授業の計画と設計が可能 になる  過去の授業と授業ビデオと比較し現在の授業の問題の 把握と調整が可能  常に学生の状態を意識しながら教材の提供を行う  他人の教材を共有することで、無駄な時間と労力を節 約できる  他人のアドバイス(FD)や外部評価を受ける際の重要 な参考資料 反論:eラーニング無しでも教育はできる 16
  17. 17. 17 最近のオンライン 教育のはやり
  18. 18. 最近のオンライン教育のは やり  簡単な機材で作成(Webカメラ/マイク/タブレット)  2~5分のビデオ・音声教材(ナノレクチャー)  オンラインツールを利用(YouTube/Bootstrap等)  情熱を持った語り手  数万~数百万人規模の受講者(半分はLurker:聴いて いるだけ) 18
  19. 19. 例1:カーン・アカデミー  小中高大対象  タブレット/マイク/画面キャプチャソフト  従姉妹をYahoo Doodleで教え始める→金融機関をや めて自己資本でオンライン教育を自宅で始める  ゲイツ財団5億円、グーグル2億円の寄付  総額12億円の運営資金  自宅でカーン・アカデミーを見る→学校で分からない ところを聞く  Flipped Learning/Classroom 19
  20. 20. 例1:カーン・アカデミー 20
  21. 21. 例2:ドットインストール (プログラム関連講義)  3分ビデオ/画面キャプチャソフト  YouTubeを利用  プログラミング言語学習サイト 21
  22. 22. 例3:Manavee  地域・経済等の格差のある高校生対象に東大生が始め たオンライン塾  板書のビデオ撮影中心 22
  23. 23. 23 Courseraでの経験
  24. 24. 例4:Coursera / Udacity / edX  衝撃の体験(2013年7月~9月初め)  Stanford大学のCoursera/StartupEngineeringを受講  いわゆるMOOCs (Massive Open Online Courses): 約10万人が受講  スタンフォード大学の教授 Balaji S. Srinivasan, Vijay S. Pande が講義  目標:Web上でアイデアを表現し、いわゆるCrowd Fundingサイト(ネットを通じて一般人から出資を募 る)を作る  AWS/Github/Heroku/Gravatar/Ubuntu/node.js そ の他の操り方を教わる(最先端のツール・言語を実践 的に教わる) 24
  25. 25. Coursera: StartupEngineering  サイトはシンプル;講師は情熱的 25
  26. 26. Coursera 東京大学  藤原帰一;村山斉 26
  27. 27. Udacity  元スタンフォード大教授(Google副社長)製 27
  28. 28. edX (KyotoUX)  Django framework (Python base)+node.js 28
  29. 29. 29 新TIESへの注文・期待
  30. 30. TIES V8への注文  全てのマニュアルがオフィス製品   TIES V8のUbuntu上へのインストール   PDF/テキストファイルにする フロントページ設定が2回出る Openmeetingsはconfigure/makeが多すぎる  一つのMakefileで大部分が終わるようにする  red5の起動スクリプトに改行がある  学認モジュールは必要?  配布は、zipよりもbzip2の方が圧縮率が高い  検収しているのかな? 30
  31. 31. TIESに期待すること1 (お願い・要望) 拡張性(スケーラビリティ)  C10K問題(クライアント数が1万になるとサーバーがパ ンクする問題)  Moodleの欠点:LAMP (Linux/Apache/MySQL/PHP)   ノンブロッキングIO型のソフトの活用 (MongoDB/node.js(express)/Scala/nginx等)  MEAN (Mongo, Express, Angular, Node) stackへ移行  旧TIESのように、これらでLMSを作り直せ Coursera等はノンブロッキングIO型ソフトに移行中  日本のMOOCs(LSOC)を目指せ   映像を含むCHiLO Booksは100MBにもなる  ネットワーク負荷の低いやり方を考えよ 31
  32. 32. TIESに期待すること2  情熱的な技術のある講師を募れ、受講者を呼び込め  情熱的なSIerは堀さん・小野さんで十分  ソフト開発にProject Managerを入れよ  良き人材と高品質のソフト開発用に資金を獲得せよ 32

×