Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2013.7.4 家族法講演会

1,369 views

Published on

栃木県の各市町村の戸籍課の方々を対象にした講演です。家族法の大きな枠組みと、現代的課題についてお話しました。宇都宮市役所にて。 ※やや文字化けしています…。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2013.7.4 家族法講演会

  1. 1. 家族法のこれまでとこれから ――ハーグ条約問題などを素材に 2013.07.04 栃木県連合戸籍住民基本台帳事務協議会総会 於:宇都宮市役所 宇都宮共和大学 専任講師 吉良 貴之(法哲学) jj57010@gmail.com http://jj57010.web.fc2.com 1
  2. 2. 今日の内容 「家族法」について、その基本的な役割や 歴史的なあり方、今後の課題などを考えます。 ……とはいいつつ、法哲学的な偏り(?) が随所で 出るはずなので、家族法から考える法哲学、という 感じにも多少はなればと思います。 特に、① 家族の多様化、② 家族の国際化 にあたり、 具体的な話題をいろいろと素材にしつつ、家族法の そもそもの役割に立ち返りながら考えていきます。 2 ① 家族の多様化は、社会から個人を守る防波堤としての家族に どう影響を与えるか? ② そこにおいて「家族法」には何が求められるか? そもそも 「家族」って そういうもの なの?
  3. 3. 家族とは? 社会秩序の最小単位 としての家族(ヘーゲル) 3 社会と初めて出会う場としての家族 → 家族は他人の始まり?
  4. 4. 家族(法)はなぜ必要か? (1) 社会秩序形成の肩代わり — 特定の家族モデルを「制度化」する理由 ① 生殖と保育: 子育て ② 経済の基盤: 労働力の生産と育成 ③ 性愛の秩序: 夫婦間に「封じ込める」 ④ 教育の場 : 基本的な道徳から ⑤ 生活の保障: 相互の扶助義務 ⑥ 自律の基礎: 保護、休息、情緒安定 → どれも社会秩序にとって重要な関心事 → 本来であれば国家が行う役割を肩代わり 4参考、二宮周平『家族法(第二版)』(新世社、2005年)、序章1
  5. 5. 家族(法)はなぜ必要か? (2) 紛争解決と弱者保護 — 家族法は家族を「つくる」ルールである一方… — 家族で目に見える紛争になりやすいのは、 だいたい家族が「終わる」とき。 → 離婚、親権、相続、…etc. 5 1. 家族を「つくる」ときの手続きとモデルの提供 2. 家族を「終わらせる」ときの紛争解決ルール 弱者保護が 必要 「終わらせる」ルールは実務的に十分に厄介だが、 「つくる」ルールは紛争が見えにくいぶん、また難題。
  6. 6. 日本の家族法の歴史 — 1871(明治04)年 戸籍法の制定 → 徴税・徴兵の必要性から — 1898(明治31)年 明治民法の制定 → 家制度の確立: 戸主の強い権限 — 1947(昭和22)年 改正家族法 → 日本国憲法「個人の尊厳と両性の本質的平等」 → 家制度の廃止 6 1889-1892年 「民法典論争」 仏、英、独...…長いごたごた
  7. 7. 時代とともに変わる家族法 — 家族法には強行規定が多いとされるものの…… → 柔軟に解釈・運用される場合も多い → 法は「生き物」: 社会の変化に対応 — 【例】「内縁」の「準婚」化 ① 明文の規定なし、法的保護の対象外 ② 「婚姻の予約」、不当破棄したら契約違反 ③ 不当破棄の不法行為責任 ④ 協力扶助義務、貞操義務、解消時の財産分与 7 判例・ 通説の 変遷 第三者の法律関係に影響のある 相続権については一定の限界も。 解釈でできること、 できないこと…
  8. 8. 家族法の現代的課題 (1) 選択的夫婦別姓―1 8 2013.5.29 MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130529/trl13052911460001-n1.htm
  9. 9. 家族法の現代的課題 (1) 選択的夫婦別姓―2 9 2013.2.16 時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013021600242
  10. 10. 家族法の現代的課題 (2) 同性婚 10 2013.6.27 MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130629/trl13062921570004-n1.htm
  11. 11. 家族法改正の沈滞 ――ジェンダー保守化? — 1996(平成08)年 民法改正案要綱 ① 選択的夫婦別姓の導入 ② 非嫡出子の相続差別を撤廃 ③ 女性の再婚禁止期間を100日に短縮 ④ 5年以上の別居で離婚を認める ……など。 → 「家族の崩壊」を恐れる保守派からの根強い 反対のため頓挫しているとされるが…… → 選択的夫婦別姓などは、支持率も頭打ち。 11 ②は違憲判決が 出るかも…?
  12. 12. 一方で「進展」する分野も? ――立法による対応の例 — 2002年 ドメスティック・バイオレンス防止法 → 「家庭の問題」に法が積極介入 → 強姦罪の非親告罪化への流れも — 2003年 性同一性障害者特例法 → 戸籍上の性別変更を認める 12http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/20030710000533 危うさはある ものの…
  13. 13. ハーグ条約の批准と今後の家族法 (1) ――「家族観」も「世界標準」に? — ハーグ条約: 国際結婚の破綻において、相手方の承認を得ずに国外に連れ出 された子を、それまで住んでいた国に連れ戻す手続きを定める。 13 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130615/plc13061520260015-n1.htm
  14. 14. ハーグ条約の批准と今後の家族法 (2) ――いくつかの課題 【前提】 子の利益を判断するのに適しているのは、それまで 住んでいた場所。 …本当か? 【課題】 — 国内法の整備がいろいろ必要? 例)離婚後の共同親権 — 前提の非現実性? → DV被害の場所に連れ戻される… → サボイ事件 (2011年) ハーグ条約自体は各国の家族法に変革を迫るものではないが、 現実には国際的な統一ルールの形成が不可避? 14 各国で異なる「(法)文化」としての 家族はどこまで守られるべき?
  15. 15. まとめ: 多様化のなかの家族 ――「公序」とのバランス — 多様化する「家族」はどこまで 法的に認められる(べき)か? → 一定の「安心できるモデル」を提供することによる 秩序形成機能もあり……。 → 「選択的」夫婦別姓への反対が根強い理由は…… → 「繭」は多様化に耐えられるか? 15 ① 国家・社会から、個人を守るものとしての家族 ② 個人を抑圧するものとしての家族 ③ 多様な関係形成を抑圧する「特定の」家族モデル 家族の「多様化」と 個人の保護は微妙な 関係にある。

×