Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015

7,598 views

Published on

Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015

Published in: Technology
  • Login to see the comments

Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015

  1. 1. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 本社 情報システム本部 基盤システムグループ インフラソリューションチーム チームリーダー 榎本 貴之
  2. 2. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. @jawsdays 参加方法は簡単!3ステップ @awscloud_jp + #jawsdaysをつけてツイート投稿! 1番リツイート数を集めた人が 優勝者です! AWS公式TwitterとJAWS DAYS公式Twitterをフォロー ?? 17:00~の懇親会で優勝者発表です。 ※9:00~16:50のTweetが対象です。 + Kindle JAWS Tシャツ + ウェアラブル Moff Band JAWS Tシャツ Step 1 (参加条件になります) Step 2 Step 3 (Jaws Daysに関する投稿なら何でもOK!) JAWS Tシャツ お知らせ TwitterでJaws Daysに参加しよう! たくさんリツイートされた人にプレゼント!
  3. 3. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. 自己紹介 榎 本 貴 之 え の も と た か ゆ き 本社情報システム本部 基盤システムグループ インフラソリューションチーム チームリーダー 【好きなAWSサービス】 Direct Connect、CloudFront 【主な業務とか】 サーバやネットワーク、ミドルウェアの導入・運用・管理 比較的得意なのはMicrosoft SQL Serverで、ネットワーク機器が苦手
  4. 4. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Agenda  株式会社エイチ・アイ・エス会社概要  WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化  基本方針  AWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース:SQL Server  ファイル共有:DFS(分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携:Direct Connect  バックアップ:AWS CLI  まとめ
  5. 5. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Agenda  株式会社エイチ・アイ・エス会社概要  WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化  基本方針  AWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース:SQL Server  ファイル共有:DFS(分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携:Direct Connect  バックアップ:AWS CLI  まとめ
  6. 6. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. 会社概要 名称 株式会社エイチ・アイ・エス(東証1部:会社コード 9603) 登録番号 観光庁長官登録旅行業第724号 資本金 11,000百万円(平成27年2月1日現在) 設立 昭和55年(1980年)12月19日 本社 〒163-6029 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー29階 売上高 5,232億円(平成26年10月期連結業績) 従業員数 12,723名(グループ全体 平成26年10月31日現在) 加盟・認可団体 日本旅行業協会(JATA)、国際航空運送協会(IATA) 主な関連会社 旅行事業 テーマパーク事業 ホテル事業 その他事業
  7. 7. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. 全世界拠点網 世界127都市、186拠点、日本国内303店鋪のネットワーク※ ※2015年3月22日現在 ● ヨハネスブルグ Johannesburg 直近 OPEN 2015/02/02 シアヌークビル(カンボジア) 2015/02/27 クスコ ツアーデスク(ペルー) 2015/03/09 ジョグジャカルタ(インドネシア)
  8. 8. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Agenda  株式会社エイチ・アイ・エス会社概要  WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化  基本方針  AWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース:SQL Server  ファイル共有:DFS(分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携:Direct Connect  バックアップ:AWS CLI (CLI Tools)  まとめ
  9. 9. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. これから話すシステムについて  現地ツアー(オプショナルツアー)、レンタカーのあたりの話になります http://activities.his-j.com/ http://restaurant.his-j.com/ http://cars.his-j.com/ http://www.his-j.com/
  10. 10. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. AWS移行にあたって  移行のきっかけ  ハードウェアの保守切れ  Windows Server 2003のサポート終了  移行における要件  ハードウェアの保守期限までに移行を完了させる  OS(Windows)などのバージョンアップ(最新化)を行う  メンテナンスコスト等も含めて、全体のコストを下げたい  オンプレミスで稼働していたときよりサービスレベルが下がるのはNG  使えるサービスは使うが、 クラウドサービスを使うための無理な改修は行わない (改修による不具合発生のリスク抑えるため)  最重要ポイント  SIerやベンダーに頼らず、自分達で作る ※納期短縮、コスト削減、自社主導
  11. 11. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. H.I.S. オプショナルツアー/レンタカー on AWS システム概要図 Availability Zone Availability Zone Remote Desktop Gateway WEB/AP WEB/APNAT NAT Managers Remote Desktop Gateway Batch/ETC Batch/ETCSQL Server SQL ServerDFS DFS AD-DC AD-DC AlwaysOn DFS-R DFS-N Managers Route53 IAM Cloud Watch Cloud Trail Snapshots S3 Direct Connect Elastic Load Balancing WSFC
  12. 12. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース  SQL Server AlwaysOn on EC2  ファイル共有  DFS (分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携  AWS Direct Connect  バックアップ  AWS CLI (CLI Tools)
  13. 13. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース  SQL Server AlwaysOn on EC2  ファイル共有  DFS (分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携  AWS Direct Connect  バックアップ  AWS CLI (CLI Tools)
  14. 14. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. 比較:Amazon RDS for SQL Server vs SQL Server on EC2 Amazon RDS for SQL Server SQL Server on EC2 管理 ◎マネージド ×自分で管理 バックアップ ◎自動 △バックアップ時に若干のフリーズ ×自分で管理 ○自分で制御可能 メンテナンス ウィンドウ △時間指定のみで回避はできない ○自分で管理、制御できる タイムゾーン △基本的にUTC固定 ○日本時間が選択可能 (EC2のタイムゾーンに依存) 冗長化 ×Single AZ ※2015/3時点でのap-northeast-1 ◎AlwaysOnによるMulti-AZ対応 スケールアップ ○可能 (SPLAは2xlargeまで) ○可能 (ライセンスは別) スケールアウト ×不可 ○セカンダリをReadonlyで利用可能 ディスクの拡張 ×インスタンス再作成&データ移行 ○EBS追加で対応 費用 ○RDSの課金 △EC2の課金 ×SQL Server EEのライセンス
  15. 15. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. RDS for SQL Serverについてサポートに聞いてみた Q. A. RDS Single-AZの場合、障害時にどうなりますか? Multi-AZであれば障害発生に伴いフェイルオーバーが行われますが、 Single-AZの 場合フェイルオーバーができませんので、DBが直ちに影響を受け、アクセ ス不可もしくはパフォーマンス低下といった状態が予想されます。 RDSへ接続するアプリケーションから通常のDBアクセスを行う 事はできず、アプリケーションとしては接続エラーや、極端な応答速度低下といっ た形で影響が現れます。 サービス側で復旧が行われるまで、それらの症状は継続しますの で、DBへ接続する処理については実行不能な状態が続くとお考え 頂ければと思います。 サービス側では 可能な限り障害の影響を抑えるべく復旧を行いますが、直ちに復旧 は難しいケースや、場合によっては最後のバックアップ取得以降のデー タ復旧が難しいケース等も考えられます。 ※実際の回答です
  16. 16. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server AlwaysOn on EC2のホワイトペーパー Implementing Microsoft Windows Server Failover Clustering and SQL Server AlwaysOn Availability Groups in the AWS Cloud http://aws.amazon.com/jp/whitepapers/microsoft-wsfc-sql-alwayson/ ※構築していた当時より内容が更新されています
  17. 17. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server AlwaysOn on EC2 の作り方(手作り編)  ステップ0:VPCの構築  VPCの作成  Internet Gateway、Route Table、Subnet、NACL等の設定  セキュリティグループの作成  ステップ1:Active Directoryの構築  ドメインコントローラ用のWindowsサーバをLunch  Active DirectoryとDNSをインストール  ドメインコントローラに昇格  ステップ2:Windows Server Failover Clusterの構築  SQL Server用のWindowsサーバをLunch  メンバサーバとしてActive Directoryドメインに参加  Windows Server Failover Clusterの構築  ステップ3:SQL Server AlwaysOnの構築  SQL Serverのインストール  データベースの作成  AlwaysOn 可用性グループの作成
  18. 18. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server AlwaysOn on EC2 基本事項 Availability Zone Availability Zone SQL Server SQL ServerAD-DC AD-DC AlwaysOn  構築手順を全部紹介すると時間が足りないため、ポイントだけお話します  基本的な事項  SQL Server とは別にActive Directoryが必要  Windows Server Failover Clusterが必要  SQL Serverは2台で、AZを分ける WSFC SQL Server AlwaysOn 完成図
  19. 19. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Windows Server Failover Clusterの構築の重要ポイント  SQL Server用のWindows インスタンスに対して Private IP Addressを3つ設定する  Lunch時 or Lunch後 プライマリアドレス WSFC用アドレス SQL Server用アドレス
  20. 20. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server AlwaysOnの構築の重要ポイント  SQL Serverを構築するにあたっての超重要事項  データ、ログ、tempdb、バックアップで、ディスクを分ける  SQL Serverを実行するユーザに 「メモリ内のページのロック」の権限を付与する  MAX DOPを設定する  tempdbのデータファイルをCPUのコア数分作る
  21. 21. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server の設定:MAX DOP(並列処理の最大限度)  設定値は論理CPUコア数の「4分の1」、 またはNUMAノード上のCPUコア数(ソケット上のCPUコア数)の、 どちらか小さい値  わからなかったら「1」  デフォルトはゼロ  ゼロはダメ、絶対! ※ゼロ=無制限
  22. 22. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Amazon RDS for SQL Server での MAX DOP設定  Amazon RDSを使う場合も、前述のルールでMAX DOPの設定が必要です!  設定にはRDSのParameter Groupsを使用  パラメータ名は「max degree of parallelism」  RDSのデフォルトは「0」なので注意
  23. 23. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Amazon RDS for SQL Server MAX DOPの推奨値 インスタンスタイプ vCPU 推奨MAX DOP db.m3.medium 1 1 db.m3.large 2 1 db.m3.xlarge 4 1 db.m3.2xlarge 8 2 db.r3.large 2 1 db.r3.xlarge 4 1 db.r3.2xlarge 8 2 db.r3.4xlarge 16 4 db.r3.8xlarge 32 8 db.t2.micro 1 1 db.t2.small 2 1 db.t2.medium 2 1
  24. 24. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Amazon RDS for SQL Server をSAPで利用する場合のMAX DOPの推奨値 インスタンスタイプ vCPU 推奨MAX DOP db.m3.medium 1 1 db.m3.large 2 1 db.m3.xlarge 4 1 db.m3.2xlarge 8 1 db.r3.large 2 1 db.r3.xlarge 4 1 db.r3.2xlarge 8 1 db.r3.4xlarge 16 1 db.r3.8xlarge 32 1 db.t2.micro 1 1 db.t2.small 2 1 db.t2.medium 2 1
  25. 25. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. RDS for SQL Server が東京リージョンでMulti-AZ対応していない理由  RDS for SQL Server はミラーリングによってMulti-AZを実現している  自動フェールオーバーをサポートするミラーリング構成を作るには 3台のSQL Serverが必要。RDS的には3つのSubnetが必要  3台を別々のSubnet/AZにするには3つのAZが必要  東京リージョンはAZが実質2つでAZが足りない Availability Zone A Availability Zone B SQL Server プリンシパル SQL Server 監視 Availability Zone C SQL Server ミラー Amazon RDS for SQL Server Multi-AZ構成図 ※当人の適当な調べによる推測 クライアント アプリケーション
  26. 26. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース  SQL Server AlwaysOn on EC2  ファイル共有  DFS (分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携  AWS Direct Connect  バックアップ  AWS CLI (CLI Tools)
  27. 27. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Availability Zone Availability Zone 分散ファイルシステム (DFS) Windowsファイル共有の仮想化と冗長化  DFS名前空間(DFS-N)とDFSレプリケーション(DFS-R)を使う WEB/AP 名前空間サーバ ファイル共有の実体 (フォルダ・ターゲット) DFS名前空間 (DFS-N) クライアント Datas DFS DFS DFSレプリケーション (DFS-R) dfs01 Datas dfs02 Datas 名前空間サーバを 複数用意して冗長化 フォルダに対して レプリケートされているフォルダを割り当て his-j.comShareDatas 名前空間サーバ経由で 実体にアクセス his-j.comShare ルートとフォルダを作る サーバが停止した場合は、 自動的に別のサーバに接続
  28. 28. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. 分散ファイルシステム (DFS) の良し悪し  メリット  既存アプリケーションの改修がエンドポイントの変更程度となる  EC2+EBSとなるため、基本的にS3よりも高速  re:Inventでも紹介されている、由緒正しい構成  デメリット  Active Directoryが必須  DFSの管理が必要  インスタンスが最低2つ必要(コスト高)  S3のほうが安くて堅牢
  29. 29. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース  SQL Server AlwaysOn on EC2  ファイル共有  DFS (分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携  AWS Direct Connect  バックアップ  AWS CLI (CLI Tools)
  30. 30. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. オンプレミス(データセンター)にある他システムとの通信  AWS Direct Connectで万事解決 Amazon VPC 専用線 1Gbps × 2本 ルータ Direct Connect データセンター (オンプレミス環境) 相互接続ポイント Equinix TY2 ルータ Publicサービス (VPC外サービス) AWS エイチ・アイ・エス Direct Connect 事例: http://www.kvhasia.com/ja/case-studies/h-i-s-co-ltd/
  31. 31. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. AWS Direct Connect の導入効果  安心感  専用線という安心感は何物にも変えがたい  VPN接続が切れてしまうという不安からの開放  AWS≒新しいデータセンター  オンプレミスとまったく同じではない  従来と考え方が変わり、制約に対して柔軟に対応してゆくことが必要  EeterpriseでAWSを使う場合、一番最初に使うべきサービスは Direct Connectだと思う
  32. 32. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース  SQL Server AlwaysOn on EC2  ファイル共有  DFS (分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携  AWS Direct Connect  バックアップ  AWS CLI (CLI Tools)
  33. 33. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. EC2インスタンスのバックアップ概要 Region: ap-northeast-1 Region: eu-west-1IAM IAM Role EC2 EC2 AMI Snapshot  メンテナンス用のEC2を用意し、バックアップ等のメンテナンスタスクを実行。 該当EC2にはIAM Roleで必要な権限を割り当て。  バックアップはEC2が作られると、翌日よりAMI(スナップショット)を自動で 取得。登録作業等は不要(とても重要)。  取得したAMI(スナップショット)を別リージョン(たとえばヨーロッパ等)に 転送することで、データを遠隔地に保管。 IAM Roleを割り当てた メンテナンス用EC2 EC2インスタンスすべてに ついて、自動でAMI作成 AMIを別リージョンに転送 ec2-create-image ec2-copy-image ec2-describe-instances AMI Snapshot
  34. 34. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. EC2インスタンスのバックアップ  インスタンスIDの一覧取得  AMI作成  AMIの削除  削除するAMIに紐づくSNAPSHOTの情報を取得  削除するAMIをderegister  削除するAMIに紐づいていたSNAPSHOTをdelete ec2-describe-instances --region ${REGION} | grep ^INSTANCE | awk '{print $2}' ec2-create-image ${INSTANCE_ID} --name ${AMI_NAME} --no-reboot --region ${REGION} ec2-deregister ${DEL_AMI_ID} --region ${REGION} ec2-delete-snapshot ${SNAPSHOT_ID} --region ${REGION} ec2-describe-images ${DEL_AMI_ID} --owner self --region ${REGION} | grep ^BLOCKDEVICEMAPPING | grep EBS
  35. 35. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. ec2-create-imageの注意点  ec2-create-imageは成功しない(失敗する)場合があるので、 結果のチェックが必要  成功したかどうかはec2-describe-imageしてステータスをチェック  pending→実行中  available→成功(完了)  failed→失敗  失敗していても、慌てず騒がず、もう1回ec2-create-imageを実行  原因を追究するのは時間のムダ ec2-describe-images --owner self --region ap-northeast-1 | grep ^IMAGE | grep pending | wc –l ec2-describe-images --owner self --region ap-northeast-1 | grep ^IMAGE | grep available | wc –l ec2-describe-images --owner self --region ap-northeast-1 | grep ^IMAGE | grep failed | wc -l
  36. 36. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server データベースのバックアップ概要  バックアップ用EBSを用意しBACKUP DATABASEコマンドで フルバックアップファイルを出力。 その後、バックアップ用EBSのスナップショットを取る。  トランザクションログもバックアップ用EBSに出力。 回数が多いため、スナップショットではなく個別にS3へ転送。  古いデータの削除はS3のLifecycleを使う。 Availability Zone Availability Zone SQL Server SQL Server AlwaysOn ①BACKUP DATABASE ②BACKUP LOG ①バックアップ用EBSの スナップショットを取る ②LOGは個別にS3へ転送 ③Lifecycleで古いデータを削除 バックアップ用 EBS スナップショット S3バケットバックアップ用のEBSを追加
  37. 37. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. SQL Server データベースのバックアップ  フルバックアップ  トランザクションログバックアップ  S3転送  S3 Lifecycle BACKUP DATABASE [HISDB] TO DISK = N'D:SQLServerbackuphisdbhisdb_20150322.bak‘ WITH NOFORMAT, NOINIT, NAME = N'hisdb_20150322‘, SKIP, REWIND, NOUNLOAD, COMPRESSION, STATS = 10 BACKUP LOG [HISDB] TO DISK = N'D:SQLServerbackuphisdbhisdb_20150322_0300.trn' WITH NOFORMAT, NOINIT, NAME = N'hisdb_20150322_0300', SKIP, REWIND, NOUNLOAD, COMPRESSION, STATS = 10 aws s3 cp D:SQLServerbackuphisdbhisdb_20150322.bak s3://his-backup/SQLServer/Backup/hisdb/hisdb_20150322.bak
  38. 38. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Agenda  株式会社エイチ・アイ・エス会社概要  WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化  基本方針  AWS移行とMulti-AZ化のポイント  データベース:SQL Server  ファイル共有:DFS(分散ファイルシステム)  データセンター内システムとの連携:Direct Connect  バックアップ:AWS CLI (CLI Tools)  まとめ
  39. 39. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. まとめ Windows環境をAWSに移行しても、特に問題なく稼働中  良かったこと  ハードウェアの保守切れが無いので、5年後にリプレースを考えなくて良い  スケールアップの余地がハードウェアにしばられることがなくなった  障害時の対応がものすごく楽に(STOP→STARTで完了)  難しいネットワーク機器の設定が不要  短期間でのインフラ構築が可能  タイヘンだったこと  ap-northeast-1ではRDS for SQL ServerがSingle-AZだった  AlwaysOnやDFSの構築、検証にそこそこ時間が必要だった  必要となる運用系のスクリプトは、マニュアル片手にイチから自作した  障害報告で、理由を完全に説明できず、突っ込まれるとツライ  それなりにソフトウェアの改修と期間が必要だった  ソフトウェアライセンス(SQL Server EE)が高額
  40. 40. Copyright © 2014 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved.Copyright © 2015 H.I.S. Co., Ltd. All Right Reserved. Thank you !

×