Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Google Apps Script 活用ミートアップ#4 発表資料

366 views

Published on

2019/05/20 のミートアップの発表資料です!

Published in: Technology
  • DOWNLOAD FULL BOOKS, INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y3nhqquc } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

Google Apps Script 活用ミートアップ#4 発表資料

  1. 1. Google Apps Script活用ミートアップ #4 2019/5/20 @Nagatacho GRID アディッシュ株式会社 技術開発部 境野高義 (さかいの たかよし) ID: sakaimo
  2. 2. 今日はわたし的に「夢の共演」 まさかこの2冊の 著者と一緒に登壇するとは! (サインもらいましたw)
  3. 3. 自己紹介 ■経歴 ~2004年 - 無農薬野菜の電話セールス - アニメーション制作会社で制作進行 - 広告代理店の営業サポート - 未経験からJavaプログラマ 2004~2009年 - デジタルカメラのソフトウェアQA 2009~2017年 株式会社ガイアックスに入社 - QAチームの立ち上げ、リーダーとしてチーム運営 - 手動テストに加えてテスト自動化すこしだけ 2017~ アディッシュ株式会社に転籍 - 技術開発部で基盤事業のシステムの保守運用 - 現在は一つの事業部内の業務効率化に取り組んでる - 栃木県小山市出身 - 横浜国立大学教育学部卒業 - 「仕事は楽しく、遊びは真剣に」
  4. 4. 趣味 音楽が好きです。
  5. 5. 趣味 カメラが好きです。
  6. 6. 最近驚いたこと 右のQiita記事が注目される https://qiita.com/sakaimo/item s/4eee96ed254f42ba88c1
  7. 7. ● 社内で行ったノンプログラマ向け「GASレクチャー」の資料(スライド400ページ超え) ● 【gas】 Qiita殿堂入り記事 (http://youwht.ml/tag_dendou/gas) で3位だった (2019/5/16時点) 最近驚いたこと こんなん初めてみた
  8. 8. 今日話すこと - GASを使う背景 - 自動化チームを作りました - 社内でGAS事例 - 自動化チームの成果の見せ方
  9. 9. GASを使う背景
  10. 10. こんな会社にいます 最近リニューアルした オフィシャルサイトはこちら↓ https://www.adish.co.jp/
  11. 11. ここがポイント! こんな会社にいます
  12. 12. 例えば「投稿モニタリング事業」があります 開発が作った専用ツールを利用して、 運用部のメンバーが「目視監視」します。 それをSVメンバーが取りまとめて、クライアントに報告したりします。 (SV=スーパーバイザー)
  13. 13. 運用メンバーがいます SVもいます
  14. 14. 1拠点に複数のチームがあります
  15. 15. 国内に4拠点あります 仙台 東京 福岡 沖縄
  16. 16. 人がいっぱいいたら いろんな「手作業」があるよね!
  17. 17. 手作業はまだまだ残っている、の例 - 売上やコストの管理のために複数のスプレッドシートに手入力 - メンバーの勤怠管理、シフト作成 - 作業結果の集計とレポート作成 - メンバーの育成プランとその進捗 →業務効率を上げるために、手作業を自動化したい!(GASが活躍)
  18. 18. 業務効率を上げる → 解決には2通りあると思う ● 全体から: 事業プロセス全体を見直す、再構築する ● タイヘン ● 「ちゃんとやる」必要がある ● 部分から: いま目の前にあることをラクにする ● ある意味「部分最適」 ● 「いま困ってることを解決する」ことはできそう ● 「作り込まない」が大事
  19. 19. 業務効率を上げる → 解決には2通りあると思う ● 全体から: 事業プロセス全体を見直す、再構築する ● タイヘン ● 「ちゃんとやる」必要がある ● 部分から: いま目の前にあることをラクにする ● ある意味「部分最適」 ● 「いま困ってることを解決する」ことはできそう ● 「作り込まない」が大事 こっちのアプローチ
  20. 20. 自動化チーム発足
  21. 21. ● 社内GASレクチャを通してGASを教える (冒頭の「GASレクチャ資料」の話) ● 仙台、東京、福岡、沖縄、それぞれに「GAS使い」が生まれた 自分の作業を自分で自動化できたら強いよね 仙台 東京 福岡 沖縄
  22. 22. GAS使いが増えると ● Before ● 現場が困る→開発チームに依頼する→開発工数調整→待たされる→できたものが 思ってたんと違う→もめる ● After ● 困ってる本人、あるいはその現場を知ってるメンバーが自動化できる ● 現場主導で動ける ● もちろん自己責任
  23. 23. 事業部B 自動化チーム発足 (2019年1月から) 技術開発部 事業部A 事業部C 4人のチーム 全員「兼務」で だいたい3~5割を 自動化に投下 ←境野
  24. 24. 社内のGAS事例
  25. 25. GAS活#2 でお伝えした事例 例1) 集計結果を別シートに書き出すやつ - 「個別シート」に入力した情報を、定期的に「全体シート」に書き出す 例2) Gmail→スプレッドシート→Slack - 定期的に届くメールから、該当するものをスプレッドシートに書き出す。それを目視チェックして必要に応じて Slackに通知する 例3) スプレッドシート→S3→Chromeエクステンション - スプレッドシートに「設定値」→JSONにしてS3に置く→エクステンションで読み取る GAS活#2 発表資料 → https://www.slideshare.net/takayoshisakaino/google-apps-script-2
  26. 26. 自動化チームへの依頼の中から実例紹介を3パターン Backlogで管理してます
  27. 27. パターン1: 依頼が多いのは「通知してくれる君」 ● 何かをトリガーとして、SlackまたはChatworkに通知を飛ばしてほしい! ● 依頼の35件中11件がこれ!
  28. 28. どんな通知がほしいのか? ● スプレッドシートでチームの進捗を手動集計してて、完了した時 ● スプレッドシートの特定部分が更新されたら自動で通知 ● フォームに送信があった時 ● チーム内の「当番」を毎朝自動でリマインドしてほしい ● 毎日行うタスクが完了してなかったら教えてほしい ● 特定の件名のメールを受信したら通知がほしい ● 日時とチャネルを指定して通知したい(汎用的なやーつ)
  29. 29. パターン2: データ加工・集計 ● ツールAからダウンロードしたCSVを加工して、ツールBにインポートできるフォーマ ットにする、的なの。 ● 管理部からの依頼に多い ※正確性が求められる事が多いので依頼者とガッツリ組んで「正しい結果になってい るか」の確認が必要
  30. 30. データ加工・集計系の自動化での気付き GASもいいけど、Query関数で十分なこともあるよね!! いつも隣にITのお仕事 https://tonari-it.com/spreadsheet-what-is-query/
  31. 31. データ加工・集計で大事なこと 1) データを活用するには、活用しやすいデータにしておくこと。 2) 「生データ」と、それの「見せ方」を分けること。
  32. 32. パターン3: Chrome拡張との合わせ技1(設定画面としてのSS) これのS3を使わない版
  33. 33. Chrome拡張 GASにリクエスト → JSON取得 JSONの内容に合わせてDOMを書き換える パターン3: Chrome拡張との合わせ技1(設定画面としてのSS) GAS スプレッドシートで設定値を用意 doGet()でJSONを返す ブラウザで特定文字列をハイライトさせる君の例
  34. 34. パターン3: Chrome拡張との合わせ技2(SSに情報をためておく) ● Chrome拡張 ○ ブラウザの特定画面で、特定操作を行ったときにログをGASに送るとか、 ○ 画面からほしい情報を取得して、GASに送る ● GAS ○ doPost() で受けられるようにしておく ○ 受け取った中で必要なものを整形してスプレッドシートに書き出す
  35. 35. パターン3: Chrome拡張との合わせ技2(SSに情報をためておく) デモします (Qiita記事のタイトルとURLをスプレッドシートにためておく君) ↓ コードをこちらに公開しました https://qiita.com/sakaimo/items/3ee8feaf692d5e7455bb
  36. 36. Chrome拡張 ブラウザで adish.co.jp でログインしていないとGASにアクセスできない 注意点1:Goolgeのアクセス権限 GAS adish.co.jp の G suite管理下のSS
  37. 37. 注意点2: CORS対応 { "manifest_version":2, "name":"エクステンションとGASの連携", "version":"1.0", "permissions": [ "https://script.google.com/*" ], "content_scripts":[ { "matches":[ "https://qiita.com/*" ],
  38. 38. 注意点3: パフォーマンス 実用に耐えるか、は 要チェック
  39. 39. GAS x Chrome拡張 最強なのでは!?
  40. 40. 自動化チームの成果
  41. 41. こだわり: 「成果」を金額で表現する 弊社の決めごと - 時間あたりのコスト(円) - 1回の作業人数(人) - 1回の作業時間(時間) - 月あたりの作業回数(回) - 自動化できた割合(%) <参考図書> RPA導入や自動化の進め方、 考え方について とても参考になります。
  42. 42. 「成果」を金額で表現するのがこだわり 例えば - 時給2,000円の人が - 1回の作業で3人がかりで - 30分(0.5h)かかって - 毎日(月に20回)やってる作業を - 80%自動化できた場合 2,000円 x 3人 x 0.5時間 x 20回 x 0.8 =48,000円(月額) 時給の基準値を決めておく (正社員○円、アルバイト○円) ポイントは 「本人の手取りではなく会社が支払う額」 (実際は「自動化するためのコスト」がかかっているがこちらは月額ではなくイニシャルコスト)
  43. 43. とはいえ「金額」だけじゃない効果もある ● プログラムにやらせることで「正確性」が上がる ● つまりミスが減る ● 精神的負担が減る(その作業について気にしなくて良くなる) ● 逆に「正確性」を高めるためにオペレータに「確認作業を促す=作業時 間は増える」施策を取ることもある。
  44. 44. 成果の集計も自動化 1) Backlogに入力 2) GASがBacklogに取得しに行って
  45. 45. ダッシュボードに表示(Datadeckを利用中)
  46. 46. ご清聴ありがとうございました 私が知りたいこと 「みなさんはGASをどんなところで活用しているのか」 ぜひ懇親会で教えてください!!

×