Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ものづくりオープンメソッドIAMAS・岐阜高専連携講座ラピッドプロトタイピングとアーカイブ ワークショップライティングデザインとアーカイブ高尾 俊介/takawo shunsuke[Generative Idea Flow,東京藝術大学芸術情報...
自己紹介‣ 高尾 俊介‣ Generative Idea Flow‣ http://cenkhor.org‣ 2008年 情報科学芸術大学院大学修了(studio 2)‣ 現在 東京藝術大学芸術情報センター 教育研究助手
自己紹介‣ Generative Idea Flow はIAMASの卒業生を中心に構成  されており、発展性のあるプロトタイピング手法やプロ  ジェクトのアーカイブ方法などの研究を行っています‣ また、開発した手法を使用し、電子玩具や知育玩具の...
ワークショップ前半のリフレクション‣ 前半で製作したシェルの制作過程を写真で振り返って‣ 記録された写真からどういったことが見えてくるか‣ デザインプロセスの段階的な行程‣ 作られたモノのクオリティ‣ ここでの記録:プロトタイピングとモノをつな...
ライフログ‣ 日常生活の行動や習慣、出来事を継続してデジタルデー  タとして記録していくこと‣ Memex/MyLifeBits/‣ Blog,Evernote(メモ)/Twitter(つぶやき)/ルナルナ(バイ  オリズム)‣ Aided E...
写真・ビデオ共有サービス‣ Flickr
写真・ビデオ共有サービス‣ Picasa‣
写真・ビデオ共有サービス‣ 500px‣
写真・ビデオ共有サービス‣ YouTube‣
写真・ビデオ共有サービス‣ Vimeo‣
写真・ビデオ共有サービス‣ Tout‣
デザインプロセスにおけるアーカイブ‣ デザインした試作物をビデオや写真で記録すること‣ 複数人での共同参加のプロジェクトを想定‣ 情報を共有する機能‣ 開発速度を優先させるケースも多く軽視されがち
アーカイブの有用性‣ デザインを行う過程でその経路や試行錯誤を記録可能‣ 非同期・遠隔でのコミュニケーションを促進させる‣ 段階を記録することで、より作業行程が明確化する‣ アーカイブが蓄積されてデータベース化されることに  よって、類似・派生...
Interactive Sketch(インタラクティブ・スケッチ)
Interactive Sketch(インタラクティブ・スケッチ)‣ インタラクティブなプロダクト制作を支援する、アイデ  アスケッチの手法の研究。‣ 使用するペンの種類や描き方を統一することで、画力に  左右されないアイデアそのものを評価・検...
Process Archiving(プロセス・アーカイビング)‣ アイデアスケッチから実働プロトタイプまでの過程を記  録するための手法‣ 回転台と連動する自動撮影システムを用意して、制作過  程のものをYoutubeにアップロードする
Generative Idea Flowの活動‣ 主にプロトタイピングのデザインプロセスをアーカイブして検  証し、作業行程を分解し、デザインプロセスを再構築する‣ 作り手の視点に立った場合、バタフライ・スツールが柳宗理  の手から生み出された...
Generative Idea Flowの活動‣ レーザーカッターや、CNC、3Dプリンタといったファ  ブリケーションツールの普及に応じて、ものづくりの在  り方も必然的に変容を余儀なくされる‣ 今までとは違うアプローチが必要‣ ものづくりの...
ライティングデザインとアーカイブ‣ 以上の観点から、後半のワークショップでは、実際に撮  影用のライトボックスをデザインする‣ 撮影対象(Craft ROBOで切り出したシェル)の形状や  特徴に適した機能を備えた照明装置を、プロトタイピン  ...
ワークフロー1.Illustratorでのデザイン2.レーザーカッターでの出力3.組み立て4.撮影、アップロード5.リフレクション‣ 1-5を繰り返し行うことで、プロトタイピングの実践と、  アイデアを素早く具現化するファブリケーションツールを...
撮影とライティングについて‣ カメラ:自分が扱い易いものを使う‣ 三脚:基本的に使用する(試作段階の差を明確にするた  め)‣ 撮影アングル(視点・視座・視野)を考慮する‣ 被写体は中心に収まるように‣ 撮影してみる‣ 取り込む
Hello World!(的に写真をアップロードする)‣ Flickr Uploadr   ‣ Flickr Uploadrを起動                   ‣ アップロードする写                     真を選択して...
アップロードした写真を閲覧する‣ http://www.flickr.com/photos/g-i-f/‣
レーザーカッター用データの作成‣ 新規ファイルをRGB形式、幅400x高さ300mmで作成‣ カッティングパスをRGBの赤(255,0,0)線幅を0.03ptに‣ 照明用ホール=径30mm‣ Illustratorのバージョンを8で保存する
ワークショップ後半の進め方‣ 1回目プロトタイピング 35分‣ 途中経過報告+リフレクション 10分‣ 2回目プロトタイピング 35分‣ 発表10分‣ まとめ10分
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

111125 ものづくりオープンメソッドiamas・岐阜高専連携講座 takawo

750 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

111125 ものづくりオープンメソッドiamas・岐阜高専連携講座 takawo

  1. 1. ものづくりオープンメソッドIAMAS・岐阜高専連携講座ラピッドプロトタイピングとアーカイブ ワークショップライティングデザインとアーカイブ高尾 俊介/takawo shunsuke[Generative Idea Flow,東京藝術大学芸術情報センター]http://g-i-f.jp
  2. 2. 自己紹介‣ 高尾 俊介‣ Generative Idea Flow‣ http://cenkhor.org‣ 2008年 情報科学芸術大学院大学修了(studio 2)‣ 現在 東京藝術大学芸術情報センター 教育研究助手
  3. 3. 自己紹介‣ Generative Idea Flow はIAMASの卒業生を中心に構成 されており、発展性のあるプロトタイピング手法やプロ ジェクトのアーカイブ方法などの研究を行っています‣ また、開発した手法を使用し、電子玩具や知育玩具のデ ザインやメディア表現の領域で活動しています‣ http://g-i-f.jp
  4. 4. ワークショップ前半のリフレクション‣ 前半で製作したシェルの制作過程を写真で振り返って‣ 記録された写真からどういったことが見えてくるか‣ デザインプロセスの段階的な行程‣ 作られたモノのクオリティ‣ ここでの記録:プロトタイピングとモノをつなぐもの
  5. 5. ライフログ‣ 日常生活の行動や習慣、出来事を継続してデジタルデー タとして記録していくこと‣ Memex/MyLifeBits/‣ Blog,Evernote(メモ)/Twitter(つぶやき)/ルナルナ(バイ オリズム)‣ Aided Eye(写真、映像)
  6. 6. 写真・ビデオ共有サービス‣ Flickr
  7. 7. 写真・ビデオ共有サービス‣ Picasa‣
  8. 8. 写真・ビデオ共有サービス‣ 500px‣
  9. 9. 写真・ビデオ共有サービス‣ YouTube‣
  10. 10. 写真・ビデオ共有サービス‣ Vimeo‣
  11. 11. 写真・ビデオ共有サービス‣ Tout‣
  12. 12. デザインプロセスにおけるアーカイブ‣ デザインした試作物をビデオや写真で記録すること‣ 複数人での共同参加のプロジェクトを想定‣ 情報を共有する機能‣ 開発速度を優先させるケースも多く軽視されがち
  13. 13. アーカイブの有用性‣ デザインを行う過程でその経路や試行錯誤を記録可能‣ 非同期・遠隔でのコミュニケーションを促進させる‣ 段階を記録することで、より作業行程が明確化する‣ アーカイブが蓄積されてデータベース化されることに よって、類似・派生した制作物やアイデアから新しい制 作物などが生まれる可能性
  14. 14. Interactive Sketch(インタラクティブ・スケッチ)
  15. 15. Interactive Sketch(インタラクティブ・スケッチ)‣ インタラクティブなプロダクト制作を支援する、アイデ アスケッチの手法の研究。‣ 使用するペンの種類や描き方を統一することで、画力に 左右されないアイデアそのものを評価・検討がしやすい‣ 2005年から現在まで行なってきたスケッチセッション のデータをアーカイブして、アイデアの着想やセンシン グ方法、インタラクションなどの項目ごとにタグ付けす ることでデータベース化してアイデア・ディベロップメン トのための支援ツールとして準備。
  16. 16. Process Archiving(プロセス・アーカイビング)‣ アイデアスケッチから実働プロトタイプまでの過程を記 録するための手法‣ 回転台と連動する自動撮影システムを用意して、制作過 程のものをYoutubeにアップロードする
  17. 17. Generative Idea Flowの活動‣ 主にプロトタイピングのデザインプロセスをアーカイブして検 証し、作業行程を分解し、デザインプロセスを再構築する‣ 作り手の視点に立った場合、バタフライ・スツールが柳宗理 の手から生み出されたとしたら、着目すべきは柳宗理本人で もアイデア(根)でも実際の椅子(果実)ではなく、その間にあ る、デザイナーの試行錯誤やその変節点(茎と節)なのでは‣ デザインプロセスの中に、ものづくりのエッセンスが含まれて いる
  18. 18. Generative Idea Flowの活動‣ レーザーカッターや、CNC、3Dプリンタといったファ ブリケーションツールの普及に応じて、ものづくりの在 り方も必然的に変容を余儀なくされる‣ 今までとは違うアプローチが必要‣ ものづくりの在り方が変わるならそれに合わせてデザイ ンプロセスも変わるはず、変えるべき‣ デザイン手法が変われば必然的にアウトプットも変わる
  19. 19. ライティングデザインとアーカイブ‣ 以上の観点から、後半のワークショップでは、実際に撮 影用のライトボックスをデザインする‣ 撮影対象(Craft ROBOで切り出したシェル)の形状や 特徴に適した機能を備えた照明装置を、プロトタイピン グとリフレクションを繰り返しながら制作を進める‣ 形状のデザインはIllustrator、展開図の出力はレーザー カッターで行う‣ 制作の過程を撮影して、Web上にアップロードする。遠 隔地や非同期で共有し、フィードバックや検証に役立て る
  20. 20. ワークフロー1.Illustratorでのデザイン2.レーザーカッターでの出力3.組み立て4.撮影、アップロード5.リフレクション‣ 1-5を繰り返し行うことで、プロトタイピングの実践と、 アイデアを素早く具現化するファブリケーションツールを 利用して他者と共同で検証を行いながら機能性を高めてい くためのアーカイブの有効性を体験しながら学ぶ
  21. 21. 撮影とライティングについて‣ カメラ:自分が扱い易いものを使う‣ 三脚:基本的に使用する(試作段階の差を明確にするた め)‣ 撮影アングル(視点・視座・視野)を考慮する‣ 被写体は中心に収まるように‣ 撮影してみる‣ 取り込む
  22. 22. Hello World!(的に写真をアップロードする)‣ Flickr Uploadr ‣ Flickr Uploadrを起動 ‣ アップロードする写 真を選択してTagsを "gifws_A" (Aはグループ名) ‣ Add to setsを を"1111IAMAS・岐 阜高専連携講座「も のづくりオープンメ ソッド」"を選んで ‣ Uploadを押す
  23. 23. アップロードした写真を閲覧する‣ http://www.flickr.com/photos/g-i-f/‣
  24. 24. レーザーカッター用データの作成‣ 新規ファイルをRGB形式、幅400x高さ300mmで作成‣ カッティングパスをRGBの赤(255,0,0)線幅を0.03ptに‣ 照明用ホール=径30mm‣ Illustratorのバージョンを8で保存する
  25. 25. ワークショップ後半の進め方‣ 1回目プロトタイピング 35分‣ 途中経過報告+リフレクション 10分‣ 2回目プロトタイピング 35分‣ 発表10分‣ まとめ10分

×