Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170930 PCNこどもプロコン 招待講演 メイカーができるようになったこと

148 views

Published on

PCNこどもプロコン夏の基調講演
http://pcn.club/contest/

Published in: Economy & Finance
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20170930 PCNこどもプロコン 招待講演 メイカーができるようになったこと

  1. 1. 「メイカー」ができるようになったこと Masakazu Takasu @ tks メイカーフェア深圳
  2. 2. 自己紹介 世界的なDIYの祭典:メイカーフェア深圳(中国)/シンガポールの運営 世界でいちばんたくさんアジアのメイカーフェアに参加している 「メイカーフェアだいすきおじさん」
  3. 3. メイカーたちのお祭り「メイカーフェア」
  4. 4. 僕が子供だったときと今はとても違う ・僕は小学生のころ、15人ぐらいの電話番号を書いた手帳を 持っていた。それが僕のともだち全部だった。 そのともだちは、同じ学校の同じクラスで同い年だった。 クラス分けが変わると、ともだちともあまり会わなくなった ・みんなで似たようなゲームをするか、公園に行くかしていた。 ・子供だけじゃなく、僕の親もそんな感じだった。 インターネットで変わった ・インターネットを使うようになって、よく連絡する人がすごく増えた ・年齢もやってることも違うともだちが増えた ・他の人と違うことをすることが増えてきた 今のほうが楽しい ・他人が自分と違うのは当たり前になった ・得意なことだけやったほうがみんなのためになると思った ・インターネットやコンピュータ、新しいテクノロジーが世界を変えてくれる
  5. 5. たくさんの発明が世界を変えてくれた 発明のやりかたが、今は昔と違う ・電話帳や予定表や電話が全部インターネットになったことで、世界は変わった ・新しい道具やサービスが出てくるたびに、もっと世の中は変わっていく ・今ぼくは初めての場所に行くのが怖くないし、毎月何度も「行ったことのない 場所」にいく ・新しい道具や技術が出てくるたびに、いちばんおおきく変わったのは 「つくるひと、つくること、つくりかた、つくられるもの」 など、作る人たちの世界だった。 今日はそういう、「つくる」話
  6. 6. 発明品を多くの人に届けるには、たくさんのお金が かかる。 なので、モノをつくる前にお金を確保する会議をた くさんしていた。 それができない人は発明を人々に届けられなかった
  7. 7. インターネットができて、 コンピュータや開発ツールもすごく安くなった 面白いものはお金なしで広がるようになった
  8. 8. 昔は、何を作るにも先にお金集めをしていた。 今は、手に入るもので「まずつくってみる」よう になった。 モノのまえにお金の話をすると、 「今より安いです」「今より早いです」 のように、数字でわかりやすいものしか のこらない 先に何か作ると、 「おもしろいじゃん!」 が、先に来て、あとでお金の話ができるよ うになる
  9. 9. はじめるのは、一人でできる。 大きくしていくのはたくさんの人が必要。 IchigoJamのように安いツール、無料のプログ ラミング環境やソフトウェアがたくさんある。 3Dプリンタを使わせてくれる場所もある。 デザインの専門家、音楽の専門家、製造 の専門家などたくさんの専門家がいる。 イベントを開いたりもしなければ。 オフィスの家賃や掃除も、、 仕事がうまくいくと、人は増え続けて、 お金もかかる。
  10. 10. お金を出してくれるのもメイカー ロバート T モリス 世界で最初にインターネット上で増殖するウィルス(ワーム)を作り、アメリカでサイバー犯罪を取り締 まる法律ができたときの、最初逮捕者になる。 その後グレアムと一緒にViawebを設立 ポール グレアム 伝説的なプログラマ 作家としても有名で、著書に「ハッカーと画家」 世界で最初のサーバサイドサービスであるViawebを設立 (後にYahooに売却しYahoo Shoppingとなる) 成功したメイカーが、若いメイカーにお金を出資(ビジ ネスの手助け)する仕組み 「わかる人」に「わかる人」がお金を渡す
  11. 11. 「先にモノをつくって、メイカーからお 金を出してもらう」ようにすると、 面白い発明品がぞくぞくでてくる
  12. 12. Makeblock 2013年 社員5人のころ
  13. 13. Makeblock 2015年 社員200人のころ
  14. 14. Makeblockは今も毎月36時間の社内ハッカソンをして製品を増やして いる
  15. 15. TEAMOSA 2016年創業、超音波+温度でもっともおいしくお茶を入れられる システム。 台湾で代々茶農園を経営している3代目が家族経営で創業
  16. 16. DARMA
  17. 17. メイカーが大事すぎて、 シンガポールではメイカーが大臣に 国連で演説するヴィヴィアン外務大臣
  18. 18. なんで自分のArduinoを作ったのかって? 1つ目は、それが楽しいから。 2つ目は、頭の体操。やってみたかった。 3つ目は、どんないいアイデアも、やってみない とわからない。 これからもっともっと、どんなものでもコン ピュータでコントロールできるようになっていく。
  19. 19. シンガポールは首相もテクノロジーが大好き
  20. 20. メイカーは、ますます、 何でも作れるようになる。 みなさんと中国・深圳のメイカーフェア で会えるのを楽しみにしています。
  21. 21. どうもありがとうございました。 詳細はこちら「メイカーズのエコシステム」にて。 連絡先: 高須正和 takasumasakazu@gmail.com Twitter: @tks Facebook: takasu tks masakazu WeChat:takasumasakazu イラスト:「いらすとや」

×