Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenContrail Users Event at OpenStack Summit Paris 行ってきました

1,294 views

Published on

2014年11月にOpenStack Summit Paris 会期中に行なわれた OpenContrail Users Event に参加してきました。本スライドは、OpenContrail Day Tokyo 2014 – Autumn のライトニングトークにて発表したUsers Eventのレポートになります。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

OpenContrail Users Event at OpenStack Summit Paris 行ってきました

  1. 1. OpenContrail Users Event at OpenStack Summit Paris 行ってきました 2014年11月11日 Internet Initiative Japan Inc. Takashi Sogabe
  2. 2. イベント概要 ● OpenContrail Users Group Event at OpenStack Summit Paris – http://bit.ly/1uYbiHg ● Date/Time – 11/04/2014 – 09:30am – 12:00pm – OpenStack Summit Paris キーノートセッションの裏で、3駅 ほど離れたホテルで開催されました
  3. 3. 発表内容 ● Source-nat Implementation ● tcp cloud Deployment Experience ● Intercloud OpenContrail Deployments ● BIG-IP as a VNF on OpenContrail ● Symantec Deployment Experience ● Workday Deployment
  4. 4. Source-nat Implementation ● Speaker – Sylvain Afchain (eNovance) – Édouard Thuleau (Cloudwatt) ● 概要 – SNATでService Chaining を実現するための実装について の解説
  5. 5. SNAT for OpenContrail(1) ● SNATモジュールを chainの中に挟み込む ● Light Weight であること – VMの代わりに ip namespaceを使う ● VNCの schema を変更した – Virtual-machine – Network-namespace – 'source-nat' service typeの追加 – Vrouter agent から on-demand で制御される
  6. 6. SNAT for OpenContrail(2) ● Instance scheduler ● vrouter上でschedule service instance を動作 – vrouterでfailを検知したら再スケジュールする ● H.A. with active passive mode – 拡張案 ● Master/Slave switching の精度向上 ● Stateful対応 ● namespaceを agentが触るのを制限 ● Distributed SNAT (c.f. flowspac)
  7. 7. tcp cloud Deployment experience ● Speaker – Jakub Pavlik (tcp cloud) ● 概要 – tcp cloud(Private Cloud), tcp vpc上でOpenContrailを使ってい る – Contrail1.05 with Havana on CentOS6.4 – Corosync/Pacemaker, HAProxy, MySQL Galera でH.A.構成 – OpenStack Controller:3台, Contrail Controller: 2台 ● 全て virtual machine でdeploy, ただし OpenStack Controllerは除く
  8. 8. tcp cloud Deployment experience (2) ● なぜdeployにfabric を使わない? – showcase的使い方にはfabricで大丈夫 – OpenStack H.A.構成などを作る際にはfabricでは難しい ● TCP vPC の構成 – Sensu, Nagios を用いてノード管理 – 2 controllers, 1 analytics – Qfabric, SRX をハードウェアとして使っている – 経路交換にはOSPFを用いている
  9. 9. tcp cloud Deployment experience (3) ● H.A. issues – BGP peer restart時の不具合 ● 3 config nodes, 2 control nodes に増やして解決 ● Cassandra, Zookeeperの冗長構成に必要なノード数に依存 – Cassandraに溜め込まれるflow records の増加ペースが早 い – MTU configuration, QfabricとSRXで値が違う ● 9000に揃えた – Nova floating-ip-associateが動作しない
  10. 10. tcp cloud Deployment experience (4) ● 1.10 release への移行 – CentOS → Ubuntu へ乗り換える ● Q.A. – 全てのinstanceについて,block volume で起動している – Vm migration は実現していない – vPCは self managed service ではない – MPLS網への接続については、手作業で対応している
  11. 11. Intercloud OpenContrail Deployments ● Speaker – Aqeel Asim (Intercloud) ● 概要 – Intercloud: 会社の名前, IT Solution Provider, Europe based – 10,000 customers – In-house to cloud のソリューションを提供している
  12. 12. Intercloud OpenContrail Deployments(2) ● Deployments – vSRX, MX – Supermicro servers ● ユースケース – Traditional Data Cabinet – 複数のDCに跨っているData Cabinet を全てcloudに巻き取りた い – MX or vSRX ● Juniper FireFly Perimeter as a service – Service chaining – Active Directory
  13. 13. Intercloud OpenContrail Deployments(3) ● Challenges – Agilityを高める, Capex/Opexを下げる – NFV Orchestrator を OpenContrailベースで開発中 ● original の dashboard ● Contrail API に一皮かぶせてユーザに見せる感じ – Contrail OpenStack に移行したい
  14. 14. BIG-IP as a VNF on OpenContrail ● Speaker – Alex Walker ● 概要 – Big-IP を OpenContrail上で動作させるデモを実施 – Deployment time が5週間 → 5分に短縮されます – Big-IQ を使うと Big-IPの管理が容易になる ● ライセンス設定、REST-API
  15. 15. Symantec Deployment Experience ● Speaker – Raj Geda ● 概要 – なぜOpenContrailを使うのか? ● Speed, Agility, H.A. ● Multi-tenant, vDNS, Analytics ● vDNS – Public, private 双方のDNSに対応 ● Seamless upgrade
  16. 16. Workday Deployment ● Speaker – Alfred Shen ● 概要 – Workday: HR, Finance software company; クラウドベース – 40,000 servers in DC – Workday Private Cloud(WPC)に移行 ● OpenStack base, OpenContrail/KVM + Ceph ● HAProxy, vrrpでOpenStackのH.A.を実現 ● havana使用
  17. 17. Workday Deployment(2) ● Privisioning – Openstack upstream版を使っているので、fabricが使えない – Deploy script は自作 ● KMI integration を用いて keystoneの認証回りを強化し たい ● Siloになっている既存の構成を cloudベースに移行し ていく ● OpenStack関連のスタッフは全部で12人

×